スポンサーリンク

       

2023年10月06日

【科学的健康本】『身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。』柳澤綾子


4058021160
身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて一番人気だった健康本。

「年間500本以上読破の論文オタク」というフレーズに、当ブログの読者さんのみならず、私も惹かれてしまいました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
まだ信じているんですか? その健康法。
世界では毎日何千もの論文が新しく発表されています。
医学的根拠は日々更新されているのです。
そこで、年間500本以上の論文を読破する論文オタクであると同時に、1万人以上の臨床経験を持ち現場に立ち続ける、今の実態を知り尽くす現役の医師である著者が、今あなたに本当に必要な情報を、正しくそしてわかりやすくお伝えします。

相変わらず中古価格が定価の倍以上しますから、若干とはいえお得なKindle版がオススメです!






【ポイント】

■1.昔のひじきと今のひじきは全く違う食べ物
 文部科学省が発行している『日本食品標準成分表』。1950年に初版が作られて以来、現在の最新版の2020年版までに8回改訂されています。最近の改定で話題になったのが、鉄分の王様とも言われていたひじきの鉄分量でした。ひじき100gあたり55咾△辰薪簡が6.2咾函突然9分の1の値に激減……、衝撃が走りました。
 原因はまさかの製造方法にありました。かつてはひじきの製造に使われる釜の主流が鉄だったのですが、工業生産されてゆく中で多くのひじきが鉄鍋ではなくステンレス鍋による製造に変わったかららしいのです。
 つまり、元々海藻としてのひじき自体に含まれている鉄分ではなかったということで、現在スーパーなどで売られているひじきには「鉄」が多いものは残念ながら少ないそうです。


■2.「ぬるめのお風呂で半身浴」は特別な疾患がある人だけ
 入浴の一番の効果は(2)の温熱効果によるものです。お湯によって体が温まると血管が広がり、結果として血流がよくなります。血流は体内に酸素や栄養分、ホルモン、免疫物質などの必要なものを隅々まで運ぶ機能があり、同時に抹消に溜まった老廃物や二酸化炭素、疲労物質などの不要なものを回収する働きがあります。
 つまりそのためには、一般的にはどうやら40〜41℃のお湯で、半身ではなくしっかり肩まで浸かった状態で10〜15分が、入浴の仕方、時間としてよさそうです。これによって体の深部体温が1℃上がり、ひいては血流の流れがよくなると言われています。
 ということは半身浴であれば単純に、この倍の時間がかかってしまうということのようです。
 つまり現状よいとされている入浴は、半身浴ではなく全身浴で、40〜41℃のお湯に10〜15分浸かる。これが今のところ、エビデンスが一番しっかりしているようです。


■3.適度な負荷は骨の強化に必須
 高い所に登ってジャンプしたり、滑り台を逆に駆け上がったり、高い鉄棒の上から飛び降りたり。そういう光景、あまり見なくなったような気がしませんか。
 社会が安全性に配慮するにつれて、私が子どもの頃は普通だった遊びもどんどん消えていった気がします。ダイナミックな遊びができた遊具も、忽然と姿を消したような。
 ではこれ、本当に子どもたちのためになっているのでしょうか。実は子どもの骨折は増えてきていることがわかっています。一体なぜなのでしょう?
 最近の独立行政法人日本スポーツ振興センターの発表によると、子どもの骨折は小学生から高校生までの全年代で増加しており、全体では30年前の約1.5倍、1970年と比べるとおよそ2.4倍にまで増えています。(中略)
 骨折が増加した要因の1つとして、幼少期からの運動の量や質が低下し、これに伴い骨折を回避する身体能力や骨の強度が低下しているためと考えられます。


■4.傷に消毒液は使わない
 では本当に、この発想は正しかったのでしょうか。それに答えを出した1980年代の有名な実験と論文がありました。傷の面に細菌を散布した上で、ヨード系消毒液で消毒した場合と生理食塩水だけで洗浄した場合の細菌の数を計測したものです。この場合はもちろん消毒液で消毒した場合のほうが、傷面の細菌数は優位に減少していました。
 しかし4日後にその傷の感染率を見てみると、なんと消毒液で消毒した群では100%細菌感染していましたが、生理食塩水で洗っただけで消毒はしていない群では全く感染していないということがわかったのです。むしろ傷は消毒するほうが感染するということがわかり、大変な衝撃が走りました。
 一般的に使用するものよりももっとずっと薄い消毒液を使用した場合であっても、どうやら傷を治すために必要かつ重要な働きをする線維芽細胞の増殖を抑制しているという報告もあり、さらには細菌と戦うために必要な白血球やマクロファージ(免疫機能を持つ大きめの細胞)にも有害らしいこともわかってきました。


■5.ナッツはむしろ早くから口にしたほうがいい
 2000年頃に食べないほうがいいという声明が出され、この頃の子どもたちはアレルギーの原因になりそうなナッツの使用は抑えられていたはずでした。なのに、ナッツアレルギーの子どもが一向に減らない、という現象が発生しました。
 そして2003年に、世界的にとても権威のある医学研究を取り扱う雑誌『NEJM』に驚くべき研究結果が出たのです。イギリスの子どもを対象とした研究で、「ピーナッツオイルを含む保湿剤を皮膚に塗っていた乳幼児のナッツアレルギーが、塗っていない子どもにくらべて高かった。そして母親の食事内容による差は出なかった」という研究でした。
 もしかして原因は食べるものではなく、皮膚への直接的な接触なのではないだろうかという、現在の考え方へスライドする大きなきっかけになった研究でした。(中略)
 さらにその後の研究で、ナッツを全く食べていない国の子どもたちと、よくナッツを口にして育つ国の子どもたちとでは、ナッツを全く食べていない国の子どもたちのほうがナッツアレルギーの発症が多い、ということがわかりました。
 他にもたくさんの研究が行われたのですが、これらの研究結果を踏まえてついに定説も動きました。例えば重度の肌疾患などが見られる乳幼児には、早期からのナッツの経口摂取を推奨するガイドラインなどが発表されるようになりました。


【感想】

◆普段、あまり健康本を読まない方なら、本書は「目からウロコ」の内容が盛り沢山ではないか、と思います。

では私はどうか、というと、知っている話もあり、そうでない話もあり、といったところ。

私は別に、健康本オタクというわけではないですが、一応、当ブログでの「健康」カテゴリーの記事(そのほとんどがレビュー)は180超あるようです。

健康 : マインドマップ的読書感想文

ただし注意をしなくてはいけないのは、どれだけ本を読んでいたとしても、かつて「正解」だったと思われていた説が、その後の社会情勢や、新たな研究結果によってひっくり返されることがあること。

まさに冒頭の内容紹介でも触れられていることなのですが。


◆たとえば「食事、栄養」がテーマの第1章から抜き出した、上記ポイントの1番目の「ひじき」がまさにそう。

かつて「鉄分豊富」と言われていたのは、ある時点までは確かに「事実」でしたが、今では見る影もありません。

ちなみに似たようなパターンで、切り干し大根も、製造工場でのステンレス製カッターの普及を受けて、鉄分が9.7咾ら3.1咾妨困辰燭里世修Δ任后

ならば、鉄鍋で調理をしたら、鉄分が補充できるのでは、とググってみたら、本当にそうらしく。

スキレットや鉄鍋を使うだけでこんなに変わる!効果的に鉄分をとる方法 - スポーツナビ

貧血気味の方は、お料理の際に試してみても良いかもしれませんね。


◆続く第2章の「睡眠、入浴」からは上記ポイントの2番目の「半身浴」のお話を。

いきなり「(2)の温熱効果」というフレーズが出てきましたが、これはその直前に「入浴による科学的効果3ポイント」という段落があったからに他なりません。

ちなみに残りは、「(1)水圧効果」と「(3)浮力効果」の2つ。

このうち、入浴の効果としてもっとも秀でているのが「温熱効果」なわけです。

もっとも、これはあくまで効率的に「温熱効果」を得るための話であって、逆に「長時間浸かりたい」という方だと、肩まで熱めのお湯に浸かるのは結構キツいでしょう。

また、小見出しにも書いたように特別な疾患(呼吸器疾患や心疾患等)がある方は当然半身浴でないといけないですし、あくまでケースバイケースとお考えください。


◆一方、「運動」がテーマの第3章では、上記ポイントの3番目の骨折のお話が気になりました。

子育てしていると分かるのですが、自分が子どもの頃に比べると、今の公園の遊具は、本当に安全というか、おとなしいものがほとんどです。

具体的にどんな遊具が消えたのか……をまたググってみたら、なつかしいものがわんさかとw

公園から消えていく危険遊具!昔遊んだ懐かしい遊具が危険遊具に指定されている事を知っていますか!? | 札幌市公園情報-札幌パーク(SapporoPark)

逆に10年以上前に目黒区にいた頃、近くにあった中根公園の滑り台は、オトナでもビビる迫力なのに、よく許されていたな、と。



……と思ったら、こちらも改修されて安全になったようです。

中根公園すべり台の改修が完了(2023年4月) | 目黒区議会議員 田島けんじ 公式サイト


◆また第4章の「予防、治療」からは、文字どおり上記ポイントの4番目の消毒に関するお話をセレクト。

傷といえば「マキロン」(殺菌消毒作用アリ)だった私にとっては、少々ショッキングな研究結果でした。

実際、病院のサイトでも「家庭の救急箱によくある消毒薬(マキロン・イソジン・オキシドールなど)は不要です」と断言していますしね。

病院報 Vol.7(これからのキズの治し方 )|京都民医連中央病院

ではどうすべきか、というと、まずは「生理食塩水」(流水でも可)で洗浄するのが一番で、洗った後は創傷保護剤を貼るべし、とのこと。

創傷保護剤とは、具体的にはこういうヤツですか。

B07NDNQ4DM
【Amazon.co.jp限定】BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 水仕事用 10枚入×2個+ケース付き 防水 指先 あかぎれ 絆創膏 早く きれいに 治す 痛みを和らげる ハイドロコロイド


◆そして上記ポイントの5番目のナッツアレルギーの件も、同じ第4章から。

私も子どもたちが幼児の頃は、アレルゲンになりうる食材は極力控えて、食事を与えていたものでした。

それがまさかの、「早めにあげろ」ですか……。

これ、エビデンスベースでそうであったとしても、なかなか勇気がいることだと思いますし、必要以上に避けたりはしませんが、積極的にというのは心理的な抵抗があります。

それに今後新たな説や研究結果が出る可能性もありますしね。

なお、同じ第4章では、常識とは異なる風邪の予防や対処法が記されているのですが、実は風邪は奥が深いので、できればこちらの本をお読みください。

4150504210
かぜの科学:もっとも身近な病の生態 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

参考記事:お前らもっと『かぜの科学』の凄さを知るべき(2015年01月21日)


健康本好きならば、見逃せない1冊!

4058021160
身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。
第1章 食事、栄養
第2章 睡眠、入浴
第3章 運動
第4章 予防、治療
第5章 美容
第6章 メンタル


【関連記事】

お前らもっと『かぜの科学』の凄さを知るべき(2015年01月21日)

【医療リテラシー】『自身を守り家族を守る医療リテラシー読本』松村むつみ(2021年10月22日)

【病院ハック?】『医者が教える 正しい病院のかかり方』山本健人(2019年12月06日)

【健康】『ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則』橋本将吉(2021年09月26日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0BSKR27YZ
超要約 哲学書100冊から世界が見える! 限られた時間で、圧倒的な知恵と多彩な考え方を手に入れたいあなたへ

単行本だと480Pの大作は、「82%OFF」のKindle版が2000円弱お得。

B0BYRGVMHZ
世界一やさしい「才能」の見つけ方 一生ものの自信が手に入る自己理解メソッド

過去最安値となっている自己理解本は、Kindle版が1000円強お買い得。

B01M25RM1K
NLPで最高の能力が目覚める コーチングハンドブック 知識と経験を最大化するセンスの磨き方

NLP系のコーチングハンドブックは、Kindle版が1100円以上お得な計算です!


この記事のカテゴリー:「健康」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
健康このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーリンク