スポンサーリンク

       

2023年02月10日

【読書術】『投資としての読書』本山裕輔


4866802170
投資としての読書


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて、大人気だった読書術本。

その人気ぶりを見て、やはり当ブログの読者さんは「読書術ネタ」がお好きなのだと、改めて実感した次第です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
知識やスキルを習得するために、忙しい仕事の合間をぬって、がんばって本を読んだのに、
「数日たつと内容をろくに覚えていない」
「自分の仕事にどう役立てればいいのかわからない」
などと、お悩みのビジネスパーソンの方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方たちに向けて
「読んだ本を自分の血肉化する」
「スキル・年収アップにつなげる」
ための読書術を徹底解説したのが本書です。

中古価格が定価を大きく上回っていますから、「18%OFF」のKindle版がオススメです!






Reading / ZapTheDingbat


【ポイント】

■1.最短でスキルを獲得できる「アウトプットありきの独学サイクル」
 繰り返しになりますが、最短ルートで効率良く独学を進めるためには、次の3つの条件を満たす必要があります。
目の前にアウトプットの機会が設定されている
今の知識量やスキルでは、期待されているアウトプットは出せない
,鉢△離ャップを埋めるために、インプットする必要がある
 この条件を満たすように設計したものが、前の図1-2の「アウトプットありきの独学サイクル」です。これには次の6つのステップがあります。
(1) 新たに得たいスキルを決める
(2) アウトプットの機会を作る
(3) アウトプットする
(4) 周囲からのフィードバックを収集する
(5) 必要な情報をインプットする(本書で紹介する読書術はこちら)
(6) 成果創出・スキルアップしながら、再投資する
(詳細は本書を)


■2.「短期的に得たいアウトプット」には「山登り型」の選書術
「短期的に得たいアウトプット」とは「できなかったことが、できるようになること」を意味しています。
 たとえば、「来週までに、○○業界についての知識が必要である」「来月から導入される1on1ミーティング制度に向けて、必要なノウハウを手に入れる必要がある」など、短期的な成果が求められるシーンを想像してみましょう。
 こういったシーンでは、時間が命ですので、事前に得たいアウトプットを設計し切ってから、本を選ぶ必要があります。
 イメージとしては、登る山と目指すべき頂上を決め、そこから逆算して効率的なルートを考えるような「山登り型」の選書術が必要です。
 では、どうやって山登り型で本を選んでいけば良いのでしょうか?
 コツを3つ紹介します。
コツ(1)「知っていること」「やったことがあること」を読んだほうが、問題意識を明確にしやすい
コツ(2)「困っていることは何か?」「何が明確になれば解決するか?」を事前に書き出す
コツ(3) 迷わず本を選ぶための「モノサシ」を持っておく


■3.本の深さを見極める3つのツッコミ
 本の深さを見極めるときは、次の3つのツッコミをしてみることをおすすめします。「So what?(だから何?)」「Why so?(それはなぜ?)」「So how?(どうやって?)」です。
 このツッコミは、私がコンサルティングファームにいた頃に、耳にタコができるほど言われた言葉です。考えの浅さを毎日のように思い知らされた、ノスタルジックなツッコミ三兄弟です。このツッコミ三兄弟をビジネス書に対して使ってみると、本の深さを測定できます。
 具体的には、本とその向こう側の著者に対して、次の3つのツッコミをしてみてください。
・ほかの本に書かれていないような「あっ!と驚く洞察」がなされているか?(So what?)
・主張の根拠は十分か? ツッコミどころが多すぎないか? データや理論に支えられているか?(Why so?)
・明日からすぐ実践できるほど超具体的な内容か?(So how?)


■4.要約は、「要点=問い×答え×根拠」ありき
「要約は要点ありきである」と書いてきましたが、その肝心の要点は「問い×答え×根拠」に分解できます。この3つの要素について詳しく見ていきましょう。
「要点」を押さえるうえで絶対に外してはいけないものは「問い」です。「著者がこの本の中で一番答えを出したがっている問いは何か?」「この本を通して、何を解き明かしたかったのか?」を明らかにするところから、要約はスタートします。
 では、どうやって問いを探していくかというと、「表紙」「はじめに」「おわりに」を見ることで、高い確率で発見できます。この3カ所を見ると、主に次の3パターンの表現で問いが記されています。
パターン(1) 明確に「問い」の形(疑問形) で書かれている
パターン(2)「本の目的は〜である」と書かれている
パターン(3) 本を書くに至った「背景」の中に隠れている
(詳細は本書を)


■5.資産本2『もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法』
 この本は、私に仕事の学び方を教えてくれました。メッセージは「仕事は爛灰牒瓩燃个┐覆気ぁ廚箸いΔ發里任后
 では、「コツ」とは何か?
 それは「ここさえ押さえておけば、誰だって70点は取れるであろう、本質的かつ具体的なポイント」のことです。
 この本は、「コツ」について、跳び箱を例にわかりやすく解説してくれます。
 たとえば、跳び箱を飛ぶときのアドバイスとして「もっと遠くから助走をつけなさい」「踏切の位置はここにしなさい」「手をついたときは肘を真っ直ぐにしなさい」など、具体的な方法をたくさん教わります。この本の著者に言わせると、これらのノウハウはすべて「コツ」ではありません。
 跳び箱を飛ぶときの「コツ」、それは「両腕で体重を支える感覚を覚えさせること」です。「床に座り、両脚の間に両手をつき、両腕で身体をちょっと浮かせてみる」という感覚さえ押さえれば、あっという間に跳び箱を飛べるようになるそうです。

4569633595
もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法


【感想】

◆今までも当ブログでは、コンサルタント上がりの方の読書術本をご紹介した事が何度かありました。

たとえば、私が最初に読書術本で衝撃を受けた、大石哲之さんのこの作品を読んだのは、13年半前ですか。

4584131864
ロジカルシンキング・リーディング

参考記事:すぐに使える「ロジカルシンキング・リーディング」テクニック5選(2009年09月04日)

実は上記記事では、本レビューの上記ポイントの3番目にある「So what?」「Why so?」にも触れられています。

また、本書の著者である本山さんが「大好きな著者」として挙げている山口周さんも、かつてこんな読書術本を出されていました。

4046011912
外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

参考記事:【読書術】『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』山口 周(2015年10月18日)

この本を読んで、急いでこちらの作品を購入したのに、結局積読のままという……。

4478005532
新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

さらには、比較的最近では、出す本どれもが当ブログで人気の羽田さんの作品も、「なるほど」と思わせられましたっけ。

4866801395
インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式

参考記事:【オススメ!】『インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式』羽田康祐k_bird(2021年07月18日)


◆ただ、今回の本山さんが上記のお三方と異なるのは、ビジネス書の書評サイト「BIZPERA(ビズペラ)」を運営されていること。

つまり恒常的に、読んだ本を対外的にレビューされていますから、本書で述べられているTIPSを、私たちは確認&検証できるワケです。

たとえば第1章から抜き出した、上記ポイントの1番目の「アウトプットありきの独学サイクル」のお話。

いきなり「独学」なんて単語が登場して、戸惑われたかもしれませんが、本山さんいわく「読書は独学の手段の1つにすぎない」とのこと。

そして、類書でも言われるように「アウトプットあってのインプット」、ということではあるのですが、ただのアウトプットではなく、「新たに得たいスキル」に直結するアウトプットになります。

この辺はそれぞれのステップが、本書に詳しく解説されていますので、そちらをご確認いただきたく。


◆とはいえ、今の時点ですぐに得たいスキルがなければ、読書に意味がないかといえば、そうではありません。

そこで本山さんが実践されているのが、第3章で解説されている「ペライチ整理法」(本の学びをA41枚にまとめる方法)。

本書には実際にまとめられた、ペライチ読書メモも収録されているのですが、いかんせん画像なのでご紹介できないんですよね……。

そこで代わりにご紹介したのが、上記ポイントの4番目の要約のお話。

すいません、ワタクシ、本の要約をするときに「問い」なんぞ考えたこともありませんでした。

また、その「問い」に対する「答え」の探し方もいくつかパターンがあり、それらも本書には収録されていますので、気になる方は本書をお読みください。


◆そして飛ばしてしまったのが、第2章の「二刀流選書術」。

まずは、上記ポイントの2番目の「山登り型」の方は、まさにコンサルタントが仕事の必要上行っているものでしょう。

さらに私にとって興味深かったのが、コツ(3)の「モノサシ」として、本山さんが挙げていた「わかりやすさ×深さ」の2軸でした。

このうち、「深さ」について解説されているのが、上記ポイントの3番目の「3つのツッコミ」。

確かにこのツッコミがクリアできるような本ならば、読む価値がある本と言えそうです。


◆なお、本書の第4章では、本山さんが「資産本」と呼ぶ良書が8冊登場。

各作品ごとに本山さんの書評と、ペライチ形式の「得た学び」が付されており、ここを読むだけでも本書の元は取れそうです。

ただ、アマゾンにも版元にも、この8冊が挙げられていないので、一応ネタバレ自重させてください。

もっとも1冊だけならいいかな、と、上記ポイントの5番目として挙げた作品は、そのタイトルすら知りませんでしたが、中古が15冊あっても7400円以上するという人気ぶり。

他にも「230ページ程度なのに定価が3000円以上する問題解決本」も、めっちゃ気になっています。

本山さんいわく「数多ある問題解決本の中で、個人的には『最も深くてわかりやすい』と思っている」のだそう。

……ただその本Kindle版がないので、レビューしにくいんですよね。

もっとも、それ以外の6冊は私でも名前くらいは知ってましたし、1冊は大昔にレビューしていましたから、ご安心を。


読書好きならば、読んでおくべき1冊!

4866802170
投資としての読書
第1章 費用で終わる読書、資産に変わる読書
第2章 成果は読む前に決まっている「二刀流選書術」
第3章 本の要点を一瞬でつかむ「ペライチ整理法」
第4章 私の「資産本」コレクション


【関連記事】

【オススメ!】『インプット・アウトプットが10倍になる読書の方程式』羽田康祐k_bird(2021年07月18日)

【読書術】『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』山口 周(2015年10月18日)

すぐに使える「ロジカルシンキング・リーディング」テクニック5選(2009年09月04日)

【読書術】『忘れる読書』落合陽一(2022年10月29日)

【成功本?】『ビジネス書ベストセラーを100冊読んで分かった成功の黄金律』堀元見(2022年08月26日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0BCHNQ1YX
3秒で勝負を決める ビジネスTikTok 新しい時代の動画マーケティング できるビジネスシリーズ

TikTokを活用したい方なら要チェックなこの本は、Kindle版が1200円以上お得。

B09HGQH66R
1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本

私も以前のセールで購入済みのアナリティクス本は、Kindle版が1400円以上お買い得。

B08VMLJ7LK
マーケターのように生きろ―「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動

当ブログでもレビュー済みのマーケティング&キャリア本は、中古が値崩れしていますが、送料を足せばKindle版に軍配が上がります。

参考記事:【キャリアデザイン】『マーケターのように生きろ―「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』井上大輔(2022年01月25日)


【編集後記2】

◆一昨日のの記事で人気が高かったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B0B6H696V8
こども行動経済学 なぜ行動経済学が必要なのかがわかる本

B096FJKDBR
数字でわかる! こどもSDGs 地球がいまどんな状態かわかる本

B09WN3HS8S
スピーキング力を手に入れるための 英語独習法

B08HPQX5Y3
東大現役合格→トップ成績で医学部に進学した僕の 超戦略的勉強法

よろしければご参考まで!


この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 08:00
読書・速読このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーリンク