スポンサーリンク

       

2023年01月23日

【マーケティング】『日本一バズる公務員』守時 健


B0B2JW6KJK
日本一バズる公務員


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「Kindle本ビジネス書キャンペーン」の中でも個人的に読んでみたかった1冊。

ゆるキャラの作り方から、SNSの運営方法、さらにはネットサイトの構築やふるさと納税のアプローチの仕方まで、読みどころ満載の作品でした!

アマゾンの内容紹介から一部引用。
高知県須崎市という人口約2万人の小さな町に「革命」を起こした、ある男の物語。新人職員にもかかわらず、ゆるキャラ・しんじょう君をプロデュースし、ゆるキャラグランプリで1位を獲得。さらに、ゆるキャラとSNSを駆使して、200万円しかなかったふるさと納税寄附額を約1000倍にまで増やすことに成功した。
彼はいったい何をしたのか――。地域活性化の秘訣だけでなく、モノやサービスをバズらせる仕組み、公務員という枠組みにとらわらず、人生を楽しく、自分のやりたいことを仕事にする方法のヒントが彼の生き方から得られる。日本の地方にはまだまだ牴椎柔瓩靴眠っていない!

中古は値崩れ気味ですが、送料を合わせるとこちらのKindle版が400円弱お買い得です!






【ポイント】

■1.ゆるキャラは対象を子どもにしたら"終わり"
 みなさんは、「人気のゆるキャラ」と聞いて、どんな景色をイメージしますか?
 幼稚園やイベント会場で小さな子どもたちの笑顔に囲まれている風景でしょうか、はたまた、女子中高生がグッズを持っている場面?
 そんな景色を想像した人は、考えを改めてください。子ども=未成年者をターゲットにしたゆるキャラに、未来はありません。(中略)
 当初、「幅広い世代に受け入れられるキャラクターにしよう」くらいのふんわりとしたイメージでスタートしたのですが、実際に運営を始めてみると、キャラクターの活動を追って全国のイベント会場に駆けつけ、SNSで情報を拡散してくれる人たちがいることに気がつきました。
 そんなゆるキャラの心強い味方を考察してみると、さらにあることに気がつきました。30〜50代の女性がめちゃくちゃ応援してくれるな、と。(中略)
 この層は特定のキャラクターではなく、ゆるキャラという存在自体を広く愛でていて、純粋に、ゆるキャラのいる世界を楽しんでいる人がほとんどでした。


■2.バズったツイートを分析し繰り返す
 とにかく、バズる文章は1回や2回ではうまく書けません。私がなんとなく140文字以内で表現することが得意なのは、今日までにとてつもない分析と投稿を繰り返してきたからだと思います。
 上達のためにおすすめなのが、バズっているツイートを「なぜこれはおもしろいのか」と分析し、自分で再生産していくことです。まずは、そっくりマネて書いてみてください。さらに、元のツイートを自分なりの言葉に置き換えてみると、バズる文章の構成がわかるはずです。
 コピー&ペーストで元のテキストを改変しながらオリジナルを伝搬しあうのを「コピペ文化」と呼ぶのですが、Twitterってまさにそれなんですよね。遠慮なく、気に入ったバズりツイートは自分なりに改変してみてください。


■3.SNSを運用する場合の心得
 老若男女問わず利用するTwitterでは、基本的にみなさんが善意で発言しています。「自分たちが正義である」と疑わない人もいて、善かれと思い狄佑箸靴峠わった発言瓩鬚靴討靴泙Δ海箸癲さらに、悪口を書かれたり個人情報を晒されたり、捨てアカウントで誹謗中傷をしてくる人がいたり……と、悲しい一面もあります。
 そんなSNSの世界、ことTwitterにおいて、私は「相手を怒らせない」努力をしています。気をつけているポイントは、この3つです。
●相手の意見を否定しない。
●何を言いたいのか、そこを探り当ててから返信。
●送信前に深呼吸し冷静に対応。
 140文字内で、誤解を生まずに真意を伝えることは簡単ではありません。お互いに誤解している可能性があることを踏まえ、冷静な対応を心がけています。


■4.地元のヒット商品は"よそ者"だから見つけられる
 よく「地域おこしはよそ者がやったほうがいい」なんて言われるのですが、まさにその通りだと思います。地域にはたくさんの魅力的な特産品がありますが、地域の目では当たり前すぎてその魅力に気づけないことのほうが多い。それを、今までとは違うアプローチで地域外に広めていくことが、よそ者である私の仕事だと考えています。(中略)
 実は私、売れた土佐包丁も、実際に使ったことはありません。
 商品の背景にあるストーリーを売っているだけなのです。あえて距離を置きつつ、商品の生い立ちを調べることで「売れるポイント」が見え、ブランディングできるというのは大いにあると思います。


■5."地獄"のECサイト運営で天国を目指す
 まず、ご自分ならどうするかな、と想像してみていただきたいのですが、たとえば「お刺身専門店 高知県」というキーワードで検索することってあります?
 万が一このキーワードで検索したとしても、お刺身のECサイトなんて日本に数万とあるでしょうし、新参者でアクセス数が絶望的に少ない地方のECサイトが上位に表示される望みはかなり薄いです。
 お客さん目線になれば、「ポイント貯まるし送料無料だから」と大手のプラットフォームを選ぶのも頷けるはずです。(中略)
 現在の『高知かわうそ市場』の盛り上がりは、基本的にしんじょう君のSNSからの流入です。ネット検索でお刺身通販を検索して上位に表示されるなんて、ほぼ無理じゃないですか。ゆるキャラは唯一「ステマするのがお仕事」として認められている存在なので、知名度を生かしてECへの動線をどんどん引いていきたいですね。


【感想】

◆冒頭で触れたように、テクニカルな内容が盛り沢山の作品でした。

まずは本書のテーマというか主役である、ゆるキャラの「しんじょう君」について。

すさきすきキャラしんじょう君 - しんじょう君オフィシャルウェブサイト

これはWikipediaによると
しんじょう君(しんじょうくん、ラテン文字表記:Sinjokun)は、高知県須崎市の新荘川で最後に目撃されたニホンカワウソ、および須崎市の名物である鍋焼きラーメンをモチーフにしたマスコットキャラクター(ゆるキャラ)である。
という設定になっているのですが、要は、高知県須崎市を盛り上げるためのゆるキャラということ。

本書では、そのコンセプトや造形、口癖等々について、著者であり生みの親である守時さんが解説されていて、なかなか興味深かったです。

中でも目からウロコだったのが、上記ポイントの1番目の「子どもにしたら終わり」という点で、理由を読んで納得の巻。

他にも自分が担当者だったら、参考にしまくる話が多々あった(「イベントに出演しまくる」「語尾を主張しすぎない」等)のですが、そういう境遇の方はかなりレアだと思うので、ここでは控えめにしておきます。


◆もう1つ意外だったのが、ゆるキャラこそSNSを活用せよ、という点で、イベント出てればいいワケではない模様。

そこで本書ではSNSの使いこなしについても指南されており、こちらは私たちビジネスパーソンにも大いに関係あると思います。

……ちなみに守時さんは、素人というか学生時代にTwitterのフォロワーが1万人くらいいたという「ネイティブ」のインフルエンサーであり、決してゆるキャラ頼りなワケではないことはご留意ください。

本書ではTwitterでバズるいくつかのパターンが紹介されているのですが、上記ポイントの2番目にあるように、「バズったツイートを分析し繰り返す」べし!

その際使い勝手がいいのが、俗に言う「ツイッター構文」と呼ばれるものです。

たとえば、意外な展開の最後に予想外のオチをもってきて、最後に「〜だったのすごくないですか」というツイッター構文を用いたのがこちら。


他にも本書では「君たちにいい事を教えてあげよう」なんて構文と、その実例(もちろん守時さん作)も紹介されていましたので、ご確認ください。


◆一方、バズれば出てくる(もちろんバズらなくても)のが、炎上というかトラブル。

特に上記ポイントの3番目で列挙されている「『相手を怒らせない』努力」というのは、非常に大事だと思います。

その辺が140字しかつぶやけないTwitterのつらいところで、ツリー形式にしてもその先まで読んでくれるとは限りません。

また、何万人にも見られたら、中にはうがった考え方や捻くれた人もいるもの。

実際、コロナ禍で「カンパチのフードロスを防ぎたい」とツイートしてめっちゃバズった際は、守時さんの個人Twitterアカウント宛に憶測に基づく中傷コメントが、大量に殺到したそうです。

……そういう「いわれのない中傷」には、「毅然とした対応」をとられたそうですが。


◆さらに後半には、須崎市のふるさと納税に関して奮闘したお話が満載。

何も返礼品にするような特産品がない、という地域でも、上記ポイントの4番目にあるように、「よそ者」だと見つけられたりするものです。

なお、引用内にある「土佐包丁」というのは、こちら。

【土佐打刃物】 黒打ち舟行型万能包丁 15cm 白鋼 - 高知県須崎市|ふるさとチョイス - ふるさと納税サイト

ちなみに、この包丁はふるさと納税でバカ売れして、工芸品部門ランキングの1位になったのだそうです。

逆に「コケた」特産品も紹介されていて、それはそれで「なるほど」と思ったのですが。


◆もっともふるさと納税をする人に比べたら、出品する人はどう考えても少ないでしょう。

とはいえ、ふるさと納税に限らず、普通のECサイトを運営する際、検索エンジンで自社が勝てる見込みは普通少ないハズ。

そこで注目したいのが、SNSからの流入です。

上記ポイントの5番目でも指摘しているように、ネット検索で勝てない分、SNSからお客さんを引きこむのが現時点における王道かと。

そう言う意味では、ぜひとも本書におけるTwitterのバズらせ方のTIPSをマスターしたいところです。

なお、この守時さん、今は市役所を辞めてふるさと納税に携わる会社を立ち上げているのですが、その理由は上記のサムネイルのリンク先にもあるとおり、至極真っ当なもので納得したワタクシ。


地に足のついたマーケティングが学べる1冊!

B0B2JW6KJK
日本一バズる公務員
第1章 誕生(Birth) ゆるキャラNo.1! しんじょう君が生まれた日
第2章 理論(Theory)ゆるキャラ成功の絶対条件
第3章 出陣(Kick off)しんじょう君、グランプリ王者への道
第4章 勝因(Know-How)必ず勝てるSNS攻略法
第5章 労苦(Rock!) 崖っぷち人生からの大逆転
第6章 成功(Victory)ふるさと納税を1000倍にしてみた
第7章 未来(Hopeful)それでも市役所、やめました


【関連記事】

いま、一番気になる『くまモンの秘密』を完全チェック!(2013年04月09日)

【確かにスゴ本】『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮(2012年07月06日)

【ブームの秘訣?】『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん(2017年05月03日)

【オススメ!】『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』ゆうこす(2019年09月19日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B082HG8W7H
マンガでわかる 愛着障害〜自分を知り、幸せになるためのレッスン〜

ロングセラーの新書をコミック化した作品とのこと。

中古はやや値下がりしていますが、Kindle版が600円以上お得となります。


【編集後記2】

◆一昨日の「Kindle本ビジネス書キャンペーン」の日経BP分の記事で人気が高かったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B09V7GBRTR
お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか 「自然に貯まる人」がやっている50の行動 (日本経済新聞出版)

B0B1D3GQL6
「本当の強み」の見つけ方 「人生が変わった」という声続出の「自己価値発見トレーニング」

参考記事:【パーパス?】『「本当の強み」の見つけ方「人生が変わった」という声続出の「自己価値発見トレーニング」』福井崇人(2022年06月06日)

B0B6H86G6W
アサーティブ・コミュニケーション (日経文庫)

参考記事:【オススメ!】『アサーティブ・コミュニケーション』戸田久実(2022年07月21日)

B09KSVLHR5
マンガ 会計の世界史 (日本経済新聞出版)

よろしければご参考まで!


この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーリンク