スポンサーリンク

       

2021年06月18日

【読書術】『ものの見方が変わるシン・読書術』渡邊康弘


4763139150
ものの見方が変わるシン・読書術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて人気の高かった読書術本。

タイトルは、いかにも流行を追ったかのようですが、内容的には意外と真っ当なTIPSが満載でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「1冊全部読み切れない」
「集中力が続かない」
「積読になってしまう」
このような「読書の悩み」や「読書への罪悪感」はありませんか?
本書では、最新の脳科学、認知心理学などの学説から、読書のこれまでの常識を覆します。

なお、上記未読本の時点ではなかったKindle版が「10%OFF」で配信されましたので、こちらもご検討ください!







Reading / GoonSquadSarah


【ポイント】

■1.本は自分のために読む
 本から、なにかひとつでも自分の人生や日常に役立てるものを見つける。見つけたものを実行する。そうした読み方だ。
 全部読まなくてもいいし、気に入った一行でも見つかればいい。斜め読みでも、飛ばし読みでも、キーワードをつなげて読むといった読み方でもOK。
 読書時間も1日3分ぐらいからでいい。何度でも、繰り返し読んでもいい。
もちろん、著者の意見を理解するのが、自分のためだったらそれでもOK。
 おそらくだけど、「そんなのは読書じゃない」という人が多いだろうから、これを新しい読書、「シン・読書術」と、この本ではお伝えする。
 このシン・読書術の第1の目的は、これまでの「著者の意見を理解する」ものとは違う。あなたのため、自分自身のために読むものだ。


■2.知的パフォーマンスを上げる4つの習慣
(1)水を一口含む
 イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者によれば、知的作業に集中する前に約0.5リットルの水を飲んだ人は、飲まなかった人と比べて、14%反応時間が速くなることを発見。のどの渇いた人に対して、実験を行ったところ、効果はもっとあった。
(2)ゆったりとした呼吸をすること
 ポイントは吐く息の長さと、吸う息の長さを一定にすること。ここから始めてみるのがおすすめだ。
(3)窓側に行き、太陽の光を感じる
じつは、太陽の光を浴びることで、私たちはビタミンD3を体内で生成することができる。
 ビタミンD3は、免疫力を高めることでも知られている。さらに血中のビタミンDの濃度が高いと認知機能を正常にしてくれる。
(4)部屋の温度調節をする
 ぼくは、セミナーやワークショップをする際、場の集中力を増幅させたり、場を盛り上げたりするとき、温度を気にしている。経験則として、夏場の目安は24度、冬場は22度。湿度は40%前後。ここを目安に温度調節を行っている。


■3.指で読むエクストリームリーディング
 開いた本に指を当てて、ただスピーディーに動かす。
 本のページの半分ぐらいに、人差し指を置いて、すべらせ、ページをめくっていく。それだけでも、断片的に情報が入ってくる。縦書き本なら、見開きの右ページから左ページへと指を横に動かして、めくっていく。
 横書きなら、見開き左ページの上から下、そして右ページの上半分へと上がり、右ページ下へとS字に動かしてめくっていく。
 この方法をする際に大事なのは、この速いスピードで、どういうようなキーワードが自分の中に引っかかってくるのかということだ。
 残像のように頭に残った言葉をつなげていく。引っかかったキーワードを頭の中で結びつけながら読んでいく。
 こうした読書を「エクストリームリーディング」と呼んでいる。
 毎秒1ページほどのスピードで本を読むことが可能だ。


■4.接続詞に注目して言いたいことを予測する
 長文読解のテクニックといえば、パラグラフリーディング。これは、パラグラフ(段落) の冒頭にどんな「接続詞」がきているのかに注目し、段落ごとの要点を捉えながら読み進める読解法だ。
 こうした接続詞を「論理マーカー」という。接続詞に注目していくことで、その段落の「言いたいこと」を予測できる。
 この方法は、英語の本で使いやすいし、日本語にも応用できる。
 著者は、一般論と違うことをあえて伝えようとしている。
 だから、「しかし」などの逆接を用いた後に、意見を述べる。
 そして、その逆接の前に「譲歩」や「一般論」を用いる。逆接の前には、「逆接をこれからしますよ」という爛侫薀悪瓩鯲てるのだ。
「譲歩」があったら、つぎに「逆接」、そしてそのつぎに著者の意見がある。


■5.目的は「SMART」で考える
 このSMARTを作成するコツはつぎのポイントをチェックするといい。
Specific(具体的)は、数字を入れる。
Motivating(動機づけ)は、自分ごとでワクワクすること。
Attainable(達成可能性)は、あと少しで手の届くもの。
Relevant(関連性)は、芋づる式に他の目標にも関連するもの。
Trackable(追跡可能性)は、期限が決まっているもの。
 たとえば、「読書力を向上させる」よりも、「1か月以内に、1冊30分で自分の目的に関するヒントを得る」とすることで、数字が入り、より自分ごとになり、期限も決まって具体的になっている。
 また、「ドラッカーの『マネジメント』を読みこなして、今年中に業績を10%上昇させる」や「ジム・コリンズの『ビジョナリーカンパニー』や『BE2.0』を読みこなして──」と、具体的に読みたいものを入れた目的でもいい。
 こうした具体的な目的があると、フィードバックが得やすい。


【感想】

◆いかにも「ビジネス書系読書術」といった感じの作品でした。

それが分かりやすいのが上記ポイントの1番目で、
全部読まなくてもいいし、気に入った一行でも見つかればいい。斜め読みでも、飛ばし読みでも、キーワードをつなげて読むといった読み方でもOK。
といった辺りは、それ系の作品ではお約束でしょう。

ところがその直後に「『そんなのは読書じゃない』という人が多いだろう」とあるように、さっそくアマゾンレビューでもそう考える人が、★1つのレビューを書いていたりします。

当ブログでは、「全部読まなくてもいい」なんて当たり前で、そこに噛みついてレビューを書く人がいるのが驚きなんですが、まぁ確かにミステリー買って、犯人が分かるページだけ読んで「読書」とは言わないように、読む本や人を選ぶのも事実かと。

ただ、ちょうど今、Kindle版がセール対象になっているこの本が、「全部読まなくてもいい」系のハシリだと思うのですが、かれこれ15年くらい前の作品ですからね……。

B00978ZRTU
レバレッジ・リーディング

参考記事:「レバレッジ・リーディング」本田直之(2006年12月06日)


◆ただ、続く上記ポイントの2番目の「知的パフォーマンスを上げる4つの習慣」というのは、私も初めて知りました。

特に初っ端の「水を一口含む」というのは、目からウロコ。

別に喉が渇いた状態で、本を読んでいたワケではないのですが、特に意識していなかったのも確かなので、とりあえず今後は、水を飲んでから読書を始めたいと思います。

また(2)の呼吸も、詳しく言うと「丹田を意識せよ」とのこと。
 丹田は、おへそから指3つ下の位置にある。この丹田を意識して、息を口からほーっと吐き出し、すぅーっと鼻から息を吸う。息を吐き出して、吸うのを1サイクルに、これをゆっくりと 1分間10サイクル以下、4回から6回することで、脳波が変わり、意識力、集中力が高まる。
ここまでやると、読書というより、集中術でも適用できそうですが。


◆一方、ポイントの3番目の「指をあてて読む」というのは、類書でも見たことがありました。

ただし本書は、それを「エクストリームリーディング」と名付け、スピード別に3種類に分けているのがミソかと(詳細は本書を)。

他にも本書は、下記参考記事で挙げたような読書術本と、そこで挙げられた読書術も紹介しており、それらを読んだことが無い方にとっては、「おいしいどこ取り」的な効果もあると思います。

たとえば、西岡壱誠さんの『東大読書』からは、私も下記記事で抜き出した「取材読み」をセレクト。

4492046259
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

参考記事:【読書術】『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』西岡壱誠(2018年06月03日)

詳細は上記記事を読んでいただくとして、「読み手の視点から、書き手の視点に変えてみるだけで、読書は一層面白くなる。これまでとは、ものの見方が変わる。読み方も変わる」という指摘は私も納得です。


◆また、上記ポイントの4番目の「接続詞に注目する」というTIPSは、読書術本ではないのですが、こちらの作品に詳しかったかと。

433403473X
文章は接続詞で決まる (光文社新書)

参考記事:【文章術】『文章は接続詞で決まる』石黒 圭(2017年04月11日)

実際、接続詞によって、段落の構成や著者の主張がどこにあるのか予想できるのですから、活かさない手はありません。

なお、上記ポイントの5番目にある「SMART」もおなじみではあるのですが、ここで挙げられているチェックポイントは、非常に腑に落ちました。

本を読むだけでなく、それを活かしていくためには、このように目的を明確にすべきなのだと思います。


◆ところで本書の巻末には、下記目次にもあるように、著書である渡邊さんのオススメ本を、275冊も掲載。

ジャンルを挙げていくと
「学習・読書」
「自己啓発・エッセイ」
「人生・伝記」
「ビジネススキル・仕事術・セールス・マーケティング・プレゼンテーション・文章術」
「お金・経済・政治」
「経営・起業」
「経営思想」
「未来・ポピュラーサイエンス・アカデミック」
「スピリチュアル/宗教」
「歴史小説」
と、おおよそ「文芸」以外のほぼすべてのジャンルをカバーしています。

ただしその冊数の多さから、寸評等はなく、タイトルと著者名、出版社が記載されているだけなので、一応ご留意を。

全部を列挙すると結構な量になる(当ブログでも紹介している作品が何冊もありました)ので、今回は割愛しましたが、このオススメ本リストだけでも、本書をチェックする価値はあると思います。


ビジネス系読書術本がお好きな方に!

4763139150
ものの見方が変わるシン・読書術
プロローグ これからの読書の世界へようこそ
1章 ものの見方を変える「読書の新常識」
2章 クリエイティブな能力を磨き、地頭をよくするシン・読書術
3章 論理的な能力を磨き、頭がよくなるシン・読書術
4章 不確実な時代を生き抜くためのシン・読書術
エピローグ 本を読むことでなにが起こるのか?
参考文献
巻末 新時代を生き抜くために必要なおすすめ275冊選


【関連記事】

【知的生産】『知識を操る超読書術』メンタリストDaiGo(2019年11月22日)

【読書術】『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』西岡壱誠(2018年06月03日)

【オススメ!】『僕らが毎日やっている最強の読み方』池上 彰,佐藤 優(2016年12月16日)

【オススメ!】『ULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド』スコット・H・ヤング(2020年03月06日)

【「1万時間の法則」の真実】『超一流になるのは才能か努力か?』アンダース・エリクソン,ロバート・プール(2016年08月05日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07HN2Q2F8
コンピュータ、どうやってつくったんですか? はじめて学ぶ コンピュータの歴史としくみ

いかにも分かりやすそうな、コンピュータの仕組み本は、Kindle版が1200円以上お得。

B08HM17HLF
アフター・リベラル 怒りと憎悪の政治 (講談社現代新書)

なかなか当ブログではご紹介しにくいテーマの新書は、Kindle版が300円以上お買い得。

B08LMFTRD6
今日も嫁を口説こうか (扶桑社BOOKS)

200以上の評価の平均が「4.8」という高評価エッセイは、Kindle版が600円以上お求めやすくなっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
読書・速読このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーリンク