スポンサーリンク

       

2020年11月12日

【起業】『スキマ時間・1万円で始められる リスクをとらない起業術』黒坂岳央


4804718729
スキマ時間・1万円で始められる リスクをとらない起業術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのも、昨日に続いて、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気を集めていた起業本。

よくこの手の本は、調子のいいことが書いてあったり、盛り盛りにしているものなのですが、本書はかなり「地に足の着いた」内容だと感じました。

アマゾンの内容紹介から。
資金ゼロ、経験・才能なしでも大丈夫!
高卒ニート→年収3000万の社長への転身を叶えた「これからの稼ぎ方」を教えます。
ここだけの超簡単ステップで、“フツーな自分"の中に眠る強みに気付いてお金と自由を手にしよう。

中古が定価を大きく上回っていますから、「15%OFF」のKindle版がお買い得です!





Startup / Skley


【ポイント】

■1.安易に会社を辞めてはいけない
 会社員あるいは学生を辞めることはいつでもできますが、戻ることは容易ではありません。「経済的な成功と自由を謳歌するぞ!」と気持ちだけ先走って浮かれ、せっかく苦労して入った会社を安易に辞めることだけは絶対に避けなければいけないのです。
 起業したビジネスが育ち、十分に収益をもたらしてくれるまでは慎重になりましょう。
 他人は好き勝手な意見を言いますが、誰もあなたの人生の責任をとってはくれないのです。
「会社を早く辞めて自分を追い込まないと本気になれない」という意見も見かけますが、これも真に受けるべきではないでしょう。
 なぜなら、どれだけ優れた商品・サービスでも、いきなりヒットして大きく稼ぐことはほぼありえないからです。起業していきなりヒットするのは奇跡のようなもので、そこを期待して辞めてしまうのは、イチかバチか大当たりを期待して1つに張るギャンブルと変わりません。


■2.自分の価値を棚卸しする
 参考例として、私のケースで説明をさせていただきます。
「はじめに」でも書いたとおり、私はニート、フリーターの期間を経て、英語を多読する独学で英語力を身につけました。その後、学費・生活費などが免除されるかたちで米国の大学に留学し、会計学を専攻。
 帰国したのはリーマン・ショック後で就職活動にはかなり苦戦しましたが、複数の外資系企業で英文会計、国際経営企画の仕事に携わりました。
 この中に、たくさんの「販売商品」が隠れています。
◆英語を多読する学習ノウハウ
◆高額な費用がかかる米国への大学留学を無料で済ませる方法
◆不況時の外資系企業への就職・転職術
◆英文会計の経験
◆国際経営企画の経験
 これらはお金を出しても買えない「宝」であり、経験した人にしか語れない価値あるノウハウの塊です。


■3.ホリエモンも認める起業4原則
(1)資本ゼロあるいは小資本で始められる
(2)在庫を持たない
(3)利益率が高い
(4)定期的に一定額の収入が入ってくる
 私自身も、大いにこれに賛成です。自身の起業の際にも、この4原則を強く意識していました。
 たとえば、フルーツギフトショップについて言えば、注文を受けてから仕入れをしていますから、元手はほとんどいらず((1))、基本的に在庫も持っていません((2))。そして、「高級フルーツ」というブランディングで商品原価・販売価格どちらも高めに設定しており、利益率は高いと言えます((3))。さらに、フルーツギフトは固定客が付きやすいのも特徴です。お中元や母の日ギフトなどで毎年必ず注文してくれる「ファン」を作ることで、売上は安定します((4))。


■4.目標設定は「期間」「手段」「定量」の3つを明確にする
 まず、よくある失敗として挙げられるのが、次のように実行不可能な計画を立てることです。
× 「値段を見ずに買い物ができるくらいに収入を増やしたい」→抽象的
× 「会社員の給料と合わせて月収100万円を超えたい」→期日が不明瞭
 このように、目標設定が抽象的で、期日なども不明瞭な計画だと、「計画を立てた」ということだけで満足してしまいがちです。新年に「今年の目標」を立てるものの、一切振り返ることなくその年を終える人が多いことからもそれがわかります。
 目標設定は、「期間」「手段」「定量」の3つを明確にしましょう。
× 健康的に痩せて、スリムな体型を手に入れる。
◯ ジムで筋トレ(手段)をして、半年後(期間)に5垳採漫閉衫漫砲垢襦
 という具合です。


■5.サイトのファーストビューに気をつける
 2019年に実施されたとある調査によると、スマホからのサイト利用は10代・20代で9割を超え、50代でも7割を超えていることが明らかになっています。60代に関しても、パソコンよりスマホ利用が上回っています。
 つまり、現代はスマホからアクセスされることを前提に制作が必須となります。
 しかし、記事や動画を制作するのはパソコンからです。「製作者はパソコンで作り、ユーザーはスマホからアクセス」という非対称性が、「使いにくいサイト」を生み出します。
 ファーストビューでは、以下の点に留意して制作をしてください。
◆スマホ画面からでも文字や画像が認識できる
◆スマホの通信速度制限下や電波が悪い状況でもサクサク表示される
◆サイトの読み込み速度が速い
◆ページにアクセスしたユーザーがサイトの内容を識別できる
 最低限、この項目をチェックしておく必要があります。


【感想】

◆冒頭でも触れたように、本書は起業本の中ではかなり堅実な内容だと感じました。

それが如実に表れているのが、上記ポイントの1番目。

「起業したビジネスが育ち、十分に収益をもたらしてくれるまでは慎重になりましょう」とあるように、ネットビジネスは収益が不安定になりがちです。

特にアフィリエイトサイトの運営は、Googleのアルゴリズムがちょっと変わっただけで、検索順位が大きく変わり、「天国から地獄」になるのも日常茶飯事。

実際、著者の黒坂さんの知人の方も、アフィリエイトサイトで月収80万円だったのが、アルゴリズムの変更によって月3万円になったそうで、これではとても脱サラなんぞできません。

また、検索結果が変わらなくとも、アフィリエイトの料率が変わっても収入の大幅減につながるのは、過去のアマゾンアフィリエイトでもおなじみでしょう。

まとめブログの「Amazonショック」再び アフィリエイト料率の引き下げ範囲拡大が発表される - ライブドアニュース

ゆえに黒坂さんは、会社員を辞めずに、休日や就業時間後に働くスタイルを、本書でも推奨されている次第です。


◆それではどうやって稼ぐタネを見つけるか?

本書では「会社員時代のキャリアや経験を活用する」のが理想的としています。

そこで行うのが、上記ポイントの2番目の「自分の棚卸し」。

黒坂さんは、これらを踏まえて、ブログ、Twitter、YouTubeで配信したり、雑誌やネットメディアで記事を寄稿されたりしています。

そしてこうした活動の結果、自身で運営する英語学習のオンラインスクールへの申し込みにつながっているとのこと。

とはいえ、私たちが自らを振り返った場合、自分自身では知識や経験に価値があるか否かを見極めるのは難しいかもしれません。

そんな時には、転職サイトの人材募集要項をチェックしたり、クラウドソーシングサイトで活躍中のフリーランスのPRを参考にすると良いのだそうです。


◆では実際に、どういうビジネスをすればいいのか?

本書では上記ポイントの3番目にあるように、ホリエモン氏が提唱する「儲かるビジネスの4原則」に従っています。

そこにあるように黒坂さんのネットショップもそうですし、何かやろうとした場合、これらに照らし合わせるべきかと。
「今、起業するならこれ!」という他人の意見に耳を貸して、不当に高額な塾や、リスクの高い物販ビジネスでよくわからない行為に手を染めると、部屋の中を売れない在庫が埋め尽くすという地獄にハマってしまいかねません。
ホント、売れる見込みのない在庫を抱えるのが一番怖いですよね……。

アフィリエイトは、その点在庫は持たないものの、上記で触れたように、利益率(料率)が変わったり、アルゴリズムによっては「定期的に一定額の収入」が望めない可能性が高いので、ひと工夫が必要になってくるわけです。


◆また本書では、第5章を費やして「PDCAサイクルの回し方」を指南しており、これがなかなかに秀逸。

PDCAそれぞれについて掘り下げている中、上記ポイントの4番目では「P(PLAN)」について触れられています。

確かにこの「期間」「手段」「定量」の3つは、明確にする必要がありますから、心していただきたいところ。

また「D(DO)」のところでは、「DOはTODOに落とし込みなさい」という指示もあって、これは当ブログでもおなじみである冨田和成さんのお言葉だそうです。

4844377493
鬼速PDCA

参考記事:『鬼速PDCA』が想像以上に凄い件について(2016年10月24日)

この第5章は、起業関係なく「PDCAネタ」としてもお読みいただけそうな感じですね。


◆さらに本書の第7章では、「お客さまの心を離さない『発信』テクニック」について解説していて、これがまたお役立ちでした。

特に上記ポイントの5番目の「サイトのファーストビュー」は、気を付けたい大事な点です。

今どきスマホからアクセスできないサイトはないと思いますが、レイアウト等まで意識されているかは微妙だったり。

私もこのブログのデザインは、一応自分のリクエストを反映してもらって作り変えている(もっともデフォルトと大差なし)ものの、スマホサイトについては、ライブドアの初期設定のままです。

それでも数年前から、スマホサイトへのアクセスが多くなっている以上、何とかしなくては……。

ちなみに、第8章のQ&Aもぜひお目通し頂きたいのですが、
Q4:税金や法人登記などの知識がなく、不安です。
A4:大丈夫、売れなければ心配は無意味、まずは売れるように頑張りましょう!
というのは「そりゃそうだ!」と大きくうなずきましたw


手堅く起業したい方なら一読の価値ある1冊!

4804718729
スキマ時間・1万円で始められる リスクをとらない起業術
第1章 今こそ、起業する絶好のチャンス
第2章 リスクを生まない起業の「考え方」
第3章 売れる商品・サービスはあなたの中にある!
第4章 失敗しない集客・セールスの鉄則
第5章 PDCAサイクルがビジネスを飛躍させる
第6章 「キャラクター作り」はプロに不可欠
第7章 お客さまの心を離さない「発信」テクニック
第8章 起業が楽しくなる30の答え


【関連記事】

【起業】『大人の週末起業』藤井孝一(2019年10月23日)

【必読】『1万円起業』緊急レポート(2013年09月11日)

【起業】『7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』ダン・ノリス(2016年11月28日)

【オススメ】『小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密』ピーター・シムズ(2012年04月05日)

【速報】『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』の拡大アップデート完全版がついに登場した件(2011年01月31日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B078X9K168
実践版GRIT やり抜く力を手に入れる

当ブログでもおなじみの「GRIT」をテーマにした実践本。

「71%OFF」という激安ぶりのおかげで、Kindle版が1000円弱、お得な計算です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
起業全般このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーリンク