スポンサーリンク

       

2011年08月02日

【Amazon】このブログでの人気本(2011年07月ランキング)





【はじめに】

◆今日お届けするのは、当ブログにおける「アマゾンアソシエイト売上ランキング」

今回も1日遅れとなりましたが、毎月コレをやらないと、新しい月が始まった気になれませぬ(?)。

参考までに、当ブログの過去3ヶ月の各月のランキングを。

2011年06月分

2011年05月分

2011年04月分

今回はアノ本がホッテントリ効果もあって、1位を獲得しました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【売上ランキング】

第19位

なぜあの人には「味方が多い」のか (PHPビジネス新書)
なぜあの人には「味方が多い」のか (PHPビジネス新書)

◆今回は、19位に同率で4冊並んでしまったんですが、まずはその中の1冊。

サブタイトルにあるように、「気配り」について淡々と述べられているのが、逆に凄みを感じさせます。

参考記事:【気くばり仕事術】『なぜあの人には「味方が多い」のか』山武也(2011年07月20日)


最強の文房具 (別冊宝島) (別冊宝島 1786 カルチャー&スポーツ)
最強の文房具 (別冊宝島) (別冊宝島 1786 カルチャー&スポーツ)

◆当ブログ定番ネタの文房具本

この本も、文房具好きなら、カタログとして眺めるだけでも十分楽しめます。

参考記事:【10選】『最強の文房具394』から選んだ注目のガジェット10選(2011年07月17日)


理系男子のための恋愛の科学
理系男子のための恋愛の科学

◆リアル書店で本書の著者名を見たときは、勉強本のイメージが強かったため、西内さん、何やってはるんですか〜!?」と叫んでしまったのがこの本。

でも、qqilleさんによると、西内さんはナンパ師だそうなので、ご安心を(?)。

参考記事:【文系でもおk】『理系男子のための恋愛の科学』西内 啓(2011年07月03日)


図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆6月はギリギリ圏外だったのですが、2ヶ月ぶりに復帰。

今年も年間ランキングのトップ候補の1冊です。

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


第18位

異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック (講談社プラスアルファ新書)
異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック (講談社プラスアルファ新書)

◆5月にご紹介して、その月のランキングには入っていましたが、1ヶ月間あけて7月に再登場したのがこちら。

7月にはモテ本ランキングも行っており、その影響もありそうです。

参考記事:【微エロ?】『異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック』和中敏郎(2011年05月23日)


第17位

女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)
女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)

◆この本も、上記モテ本ランキングで5位というポジションだったこともあり、久しぶりにランキングに登場してきました。

ただ、著者の伊東 明先生の本は、私が読んできた限りでは「ハズレがない」ですし、この本もオススメです。

参考記事:【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明(2011年03月04日)


第15位

瞬間説得―その気にさせる究極の方法
瞬間説得―その気にさせる究極の方法

◆この本は、さすがに6月30日という末日の記事だったため、7月にも売り上げが分散しており、2ヶ月続けてのランクインとなりました。

佐々木正悟さんも、この本とりあげてらっしゃいましたね。

参考記事:【超説得】『瞬間説得―その気にさせる究極の方法』ケヴィン・ダットン(2011年06月30日)


350万人が学んだ人気講師の 勉強の手帳 (手帳ブック006)
350万人が学んだ人気講師の 勉強の手帳 (手帳ブック006)

◆正直、「目からウロコ」レベルのすごいTIPSは見当たらないのですが、効果が期待できるであろう小ネタを100個もカバーしているこの本のコストパフォーマンスはかなり高いです。

この辺は、さすがにベテラン講師たる貫禄かな、と。

参考記事:【勉強法】『350万人が学んだ人気講師の 勉強の手帳』安河内哲也(2011年07月11日)


第14位

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

◆6月6位だったこの本は、7月もしぶとくランクイン。

前作がツボだった方なら、こちらも読むベシ!

参考記事:【スゴ本再び】『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』カーマイン・ガロ(2011年06月27日)


第13位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆モテ本ランキングでも1位でしたが、そもそもこの本は当ブログにおいては「ド定番」

年間ランキングでも常連ですし、未読の方はお早めに!

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


第12位

人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)
人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

◆当ブログはさておき、リアルで売れているらしい1冊。

ただ、脱サラしてしまった私には、今ひとつピンとこないわけなんですがー(すいません)。

参考記事:【出世の秘訣?】『人事部は見ている』に学ぶ出世の6つのポイント(2011年07月10日)


第11位

相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」
相手を思いのままに「心理操作」できる!―常に自分が優位に立つための「応用力」

◆この本も、モテ本ランキングでは13位に入っていました。

ただ、5月に記事にした直後には在庫が切れていたので、潤沢になった7月にお買い求め頂けたのかと。

参考記事:【会話術】相手を傷つけないようにモノをいう「8つのポイント」(2011年05月08日)


第9位

会話は「最初のひと言」が9割 (光文社新書 528)
会話は「最初のひと言」が9割 (光文社新書 528)

◆久しぶりに小飼さんにご紹介頂いたこともあって、想定外の伸びを見せたのがこちらの本。

ただ、小飼さんのおっしゃられていることはわかるのですが、遅刻したことについて『非を咎められたら改めてその時に「申し訳ない」と言っても遅くはない』というのは、ビジネスパーソンの振る舞いとしては、ちとリスキーだと思います、ハイ。

参考記事:【会話術】『会話は「最初のひと言」が9割』向谷匡史(2011年07月18日)


彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密
彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密

◆他の多くの本と違い、記事にはてブがたった1つしか付かなかったのに、見事ベスト10内に入った1冊。

かつて当ブログは、マーケット本をよく扱っており、その当時からの読者さんがお買い上げ下さったのかな、と……。

参考記事:【男性必読!】『彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密』パコ・アンダーヒル(2011年07月12日)


第8位

日経新聞を「早読み」する技術 (PHPビジネス新書)
日経新聞を「早読み」する技術 (PHPビジネス新書)

◆下記参考記事で取り上げたのは、この本の第1章からだけなのですが、それでもこれだけお買い上げ頂いたのはスゴイです。

ただ逆に、第2章以降について、活用して頂けたのかちょっぴり不安だったり……。

参考記事:【日経】『日経新聞を「早読み」する技術』に学ぶ7つのTIPS(2011年07月06日)


第7位

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

◆サイゼリヤ創業者である、正垣泰彦さんの処女作。

今まで雑誌やインタビュー等でお話をお伺いすることはありましたが、こうして1冊にまとめられると、やはりスゴいな、と感嘆することウケアイです。

参考記事:【スゴ本】『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』正垣泰彦(2011年07月24日)


第6位

普通のダンナがなぜ見つからない?
普通のダンナがなぜ見つからない?

◆タイトルの冒頭にあるように「勝間塾」の課題図書であるこちらの本。

すでに勝間さんのファンの方は買われていたはずですが、それでも勝間砲の威力はすさまじく、見事ベスト10に入りました。

参考記事:【勝間塾推奨?】『普通のダンナがなぜ見つからない?』西口 敦(2011年07月09日)


第5位

35歳からの「資格試験」勉強法
35歳からの「資格試験」勉強法

◆6年も前に出た勉強本ですが、書かれていることにはうなずける点が多かったです。

もっともこの順位は、マーケットプレイスでのお手ごろ価格にも起因するとは思いますがw

参考記事:【ウサギとカメ?】『35歳からの「資格試験」勉強法』山本浩司(2011年07月05日)


第4位

私立ヤリチン学院高等科 いま我々はモテるために何をすべきか?
私立ヤリチン学院高等科 いま我々はモテるために何をすべきか?

◆ネタ系のモテ本(?)が、まさかの4位に滑り込み!?

はてブがそこそこ付いたので、日ごろの読者の皆さん以外の方にも、お買い求め頂けたのかもしれませぬ。

参考記事:【モテ】『私立ヤリチン学院高等科 いま我々はモテるために何をすべきか?』尾谷幸憲(2011年07月26日)


第3位

米国製エリートは本当にすごいのか?
米国製エリートは本当にすごいのか?

◆タイトルや装丁から、てっきり留学本かと思いきや、「日本」や「日本人」を多角的に分析した1冊だったという。

著者が東洋経済の記者さんなので、本としての作りもしっかりしていると思います。

参考記事:【国際派?】『米国製エリートは本当にすごいのか?』佐々木紀彦(2011年07月21日)


第2位

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】

◆6月を圧倒的な大差で制したこの本が、余勢を駆って7月も2位に!

これは年間ランキングも楽しみです。

参考記事:マッキンゼーが選んだ『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の10個の原則(2011年06月23日)


第1位

「権力」を握る人の法則
「権力」を握る人の法則

◆6月に続いて、7月も「ホッテントリ砲」のパワーにより1位が生まれることに。

アクセスが大量に流れ込んだこともあり、クリック数も売上高も2位に大差をつけてのトップとなりました。

参考記事:本当は残酷な『「権力」を握る人の法則』 の話(2011年07月23日)


【感想】

◆5月が久々に絶好調だったのに対して、6月にちょっと下がって、7月はさらに微減という結果に終わりました。

ただし、3月や4月に比べると伸びているので、本来、当ブログの数字としてはこの辺が妥当なのかも。

もっとも、6月同様、7月もホッテントリ入りしたおかげで1位になった本がなければ、結構ヤバかったわけでして。

相変わらず「他力本願」と言わざるを得ません。


◆傾向としては、まずはモテ本が絶好調。

記事としてもこのカテゴリで6本書いていますが、やはり大きかったのが、上記でも触れたようにモテ本ランキングがあったこと。

7月紹介分以外で、この記事で取り上げている本が、4冊がランクインしています。

こうなると、やはりついついモテネタを漁りたくなってしまうのですが、そればかりなのもどうかと思われ。


◆一方で、かつては定番だった勉強本は、紹介した2冊が順当にお買い上げ頂きました。

それプラス、2年連続年間トップの『図解 超高速勉強法』を加えて、計3冊がランクイン。

モテ本は「オリジナリティの追求」が可能ですが、勉強本の場合、手法的には出尽くしている感があるので、今後は見せ方や切り口で勝負していくことになるのかもしれません。

ホントは英語の勉強本も取り扱えると、かなり幅が広がるんですが、ガチな英語勉強本は、私にはちょっと荷が重くて……。


◆ちなみに本ではないので割愛しましたが、実はシリーズ全体を合わせると7月のベスト3に入っているのがコチラw

(エム・エックス・ピー)MXP 深Vネック半袖Tシャツ MX11103
(エム・エックス・ピー)MXP 深Vネック半袖Tシャツ MX11103

参考記事:【消臭下着】「MXPマキシフレッシュプラス」が極めて秀逸な件(2011年07月15日)

お買い求めになった方はお分かりだと思いますが、とにかく消臭機能がすごいです。

汗や加齢臭だけかと思いきや、先日分煙が甘いファミレスから帰ってきた際、いつもなら下着までタバコの臭いが染み付いてキツかったところ、この下着だけは、数時間後には無臭になっていたという。

8月がいつも通り暑くなるようなら、まだの方は一度お試しアレ。


というわけで、皆様、今月もよろしくお願いします!


【編集後記】

◆昨日アマゾンアタックした1冊。

平成仮面ライダー変身伝
平成仮面ライダー変身伝

ウチは上の子が女のコだったので、ライダーを見始めたのは2人目がある程度大きくなったほんの1年前から。

ところが最近、過去のライダーが出てくるケースもあり、お父さんとしては、こんなことまで勉強しなくてはならないというw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

スポンサーリンク




               

この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。