スポンサーリンク

2019年05月15日

【結婚?】『結婚不要社会』山田昌弘

402295020X
結婚不要社会 (朝日新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは昨日の「未読本・気になる本」の記事の中でも、個人的に読んでみたかった作品。

結婚や少子化問題をテーマにした作品で知られる山田昌弘さんが、過去や諸外国との比較によって、現在の日本における「結婚」に関する問題点を明らかにされている1冊です。

アマゾンの内容紹介から。
なんのための結婚か?決定的な社会の矛盾がこの問いで明らかに―。好きな相手が経済的にふさわしいとは限らない、経済的にふさわしい相手を好きになるとも限らない、しかも結婚は個人の自由とされながら、社会は人々の結婚・出産を必要としている…。これらの矛盾が別々に追求されるとき、結婚は困難になると同時に、不要になるのである。平成を総括し、令和を予見する、結婚社会学の決定版!

なお、私は「20%OFF」とお得なKindle版で読みました!


  続きを読む

Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年04月10日

【未来予想】『2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生』高城 剛

4087861090
2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「ハイパーメディアクリエイター」高城 剛さんの未来予想本。

世界中を飛び回って、各地で得た「肌感覚」や、政治家、起業家等から聞いた話、さらには高城さんお得意のテクノロジーネタがミックスされて、ユニークな作品に仕上がっていると思います。

アマゾンの内容紹介から。
今から30年後、分断と対立がさらに進む世界の中で、日本が生き残るための選択肢はあるのか? アメリカ、中国、欧州の最新情勢と世界各国の最先端知識人への取材から導き出す、大胆な高城流未来予測!

なお、版元が集英社さんということで、Kindle版のセールはあまり期待できないかもしれません。



  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2018年12月10日

【ビジネスチャンス?】『未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019−2038』坂口孝則

未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019−2038 (幻冬舎新書)
未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019−2038 (幻冬舎新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「幻冬舎新書フェア」の中でも、特に人気の1冊。

最近ではテレビで見かける事も多いコンサルタントの坂口孝則さんが、これから20年に渡る「未来予想」と、その「ビジネスチャンス」について論じてらっしゃいます。

アマゾンの内容紹介から。
20世紀末からの20年、ビジネスの覇者は製造業からITへと移った。これから20年はさらなる変化を迎える。そのときビジネスパーソンに求められるのは、イノベーション(技術革新)を起こす力ではない。むしろ既存の技術を応用し、新たな業界へ攻める力と、戦略を立てるための業界横断的な情報収集力、そして先見の明だ。本書は、広範なデータに基づき、“コンビニ”“エネルギー”“インフラ”“宇宙”“アフリカ”など注目の20業界の未来を予測。変化の特徴、今後稼げる商品を提案する。20年分のビジネスアイデアを網羅した、時代の本質を見極める一冊。

なにせKindle版は「399円」という激安設定ですから、送料を足した中古よりも600円以上お買い得となっています!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2018年09月23日

【未来予想図】『日本再興戦略』落合陽一

日本再興戦略 (NewsPicks Book)
日本再興戦略 (NewsPicks Book)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日お知らせした「幻冬舎 電本フェス」の中でも一番人気の1冊。

ご存知落合陽一さんが、これからの日本の進むべき道を提言してくださっています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
AI、ブロックチェーンなどテクノロジーの進化、少子高齢化、人口減少などにより、世界と日本が大きく変わりつつある。
今後、世界の中で日本が再興するにはどんな戦略が必要なのか。
テクノロジー、政治、経済、外交、教育、リーダーなどの切り口から日本と日本人のグランドデザインを描く。

なお、セール期間中は「71%OFF」という激安設定ゆえ、中古よりも700円以上お買い得となっています!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2018年06月24日

【未来予想図?】『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』河合雅司

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)
未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「講談社キャンペーン」でも注目を集めていた1冊。

前作『未来の年表』が46万部超となった河合雅司さんの、待望の続編です。

アマゾンの内容紹介から。
少子高齢社会のリアルな脅威は、何気ない日常にこそ潜んでいます。10年後、20年後、あなたの身に迫る事態を一覧にしました。今からあなたにできる「メニュー」8つも提案。

なお、中古が相変わらず定価以上のお値段ですから、Kindle版が500円弱、お得な計算です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2017年09月14日

【社会】『人生100年時代のお金の不安がなくなる話』竹中平蔵,出口治明

479739059X
人生100年時代のお金の不安がなくなる話 (SB新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった新書。

おなじみライフネットの出口治明会長と竹中平蔵さんのお2人が、これからの日本や私たちの生き方に対して、アツい提言をして下さっています。

アマゾンの内容紹介から。
AIで雇用がなくなるのか。将来、年金はもらえるのか。これから日本はどうなるのか―。私たちがなんとなく抱えている将来の不安について、日本屈指のブレーンである竹中平蔵氏と、ビジネス界きっての教養人・出口治明氏が徹底討論。歴史、経済、世界情勢まで及ぶ話に、なんとなく感じていた「不安」が、一気になくなります!

なお、若干お買い得なKindle版も、すでにリリース済みです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2017年08月03日

【犯罪】『入門 犯罪心理学』原田隆之

入門 犯罪心理学 (ちくま新書)
入門 犯罪心理学 (ちくま新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月の月替わりセールの中でも、個人的に気になっていた1冊。

「犯罪」に対して持っていた先入観が崩され、「目からウロコ」となりました。

アマゾンの内容紹介から。
近年、犯罪心理学は目覚ましい発展を遂げた。無批判に信奉されてきた精神分析的をはじめ実証性を欠いた方法が淘汰され、過去の犯罪心理学と訣別した。科学的な方法論を適用し、ビッグデータにもとづくメタ分析を行い、認知行動療法等の知見を援用することによって、犯罪の防止や抑制に大きな効果を発揮する。本書は、これまで日本にはほとんど紹介されてこなかった「新しい犯罪心理学」の到達点を総覧する。東京拘置所や国連薬物犯罪事務所などで様々な犯罪者と濃密に関わった経験ももつ著者が、殺人、窃盗、薬物犯罪、性犯罪などが生じるメカニズムを解説し、犯罪者のこころの深奥にせまる。

現時点で中古に送料を足すとほぼ定価となりますから、Kindle版が400円以上お買い得となります!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2017年06月27日

【少子高齢化】『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」でも意外な人気を集めていた「未来予測本」。

ほぼ確実に予測される未来のお話だけに、「耳イタイ」ことこの上ありませんでした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。
これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!

なお、相変わらず中古にプレミアが付いていますから、Kindle版がお買い得です!



  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月21日

【激白!】『30代が覇権を握る! 日本経済』冨山和彦

30代が覇権を握る! 日本経済 (PHPビジネス新書)
30代が覇権を握る! 日本経済 (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、元・産業再生機構業務執行最高責任者で知られる冨山和彦さんの新作。

帯に過激なフレーズが並んでおりますが、実際、中身もかなり過激でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書では、高齢社会のための負担増を真っ向から否定。「おカネがある人間は、自力で生き抜く」ことを前提に、消費増税、年金負担額アップ、医療費の増など、ビジネスマンを追い詰める愚策を柔軟なアタマで、ひっくり返す!
働き盛り世代のモチベーションが上がり、立ち上がる気力が湧く本。また、団塊世代が日本の未来のために、品格を見せる気分になる経済オピニオン書。

「これからの日本を、私たちはどうしていくべきか」について考えさせられた1冊でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク