スポンサーリンク

2012年09月23日

【思考術】『考え方のコツ』に学ぶ7つの思考術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『暮しの手帖』編集長である松浦弥太郎さんが、自らの思考法について述べた1冊。

松浦さんのご本は、私は本書が初めてだったのですが、ユニークな考え方にはちと驚かされました。

アマゾンの内容紹介から。
「なぜ、なに、なんだろう」と考える。ゆたかに働き、ていねいに生きるための極意。『暮しの手帖』編集長が説く、すべての人に役立つ「仕事と生活」の指南書。

今回は特に、松浦さんの「思考術」で「これは!」と思うモノを7つ挙げてみましたので、ご覧ください。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む

Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年09月17日

【57連発?】『僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。』島田 始

僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。
僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、個人的に好きなジャンルである「アイデア本」

本書の著者である島田さんは、かつて『anan』『Hanako』の編集を通して、数々のブームを作り出されてきた方だけあって、本書も納得できる内容でした。

アマゾンの内容紹介から。
逆転の発想!ワコールの「胸が小さく見えるブラ」、人事だって稼いじゃう「ブライトンホテル」、「安心・安全」を約束しない旅行会社がある!?勝手に「日本一対決」をする熊本VS宮崎ほか、会社、ビジネスをぐいっ!と成長させたすごいアイデア57連発。

他にもアマゾンに「アイデア事例」がいくつも掲載されている通り、「ネタ満載」な1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年08月31日

はじめて『アイデア・ハンター』を使う人が知っておきたい6つのルール

アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方
アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、久々のアイデア本

リアル書店で見かけ、ビジネス書としては珍しい「黒い装丁」ゆえに、思わず手に取ってしまいましたw

アマゾンの内容紹介から。
エジソンもディズニーも、つねに「すごいアイデア」を探し求めて“狩り"に出ていた! iPodから南極探検隊まで、豊富な事例から導かれた4つの原則――誰もが身につけられるアイデアのたぐり寄せ方を伝授する。

なお、タイトルはお馴染み「ホッテントリメーカー」作でして、折角なのでタイトルに合わせてポイントを6つ選んでみました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年07月18日

【クリロジ思考?】『論理的なのに、できない人の法則』高橋 誠,岩田 徹

論理的なのに、できない人の法則 (日経プレミアシリーズ)
論理的なのに、できない人の法則 (日経プレミアシリーズ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これからの時代に求められる「クリロジ思考」("クリエイティブ&ロジカル"思考)について述べた1冊。

「クリエイティブ思考」と「ロジカル思考」は、思考として対極にあるのですが、本書では、これらの具体的な学び方や展開の仕方を指南しています。

アマゾンの内容紹介から。
アイディアがなければ、ポテトチップスだって食べられない―。今や、どんなに論理的でも、知識が豊富でも、結果を出せない時代。様々なアイディアや思いつきを形にする、「クリロジ思考」が違いを生み出すポイントです。多くのビジネス・シーンの事例から、クリエイティブかつロジカルな人になる方法を解説します。

どちらかの思考について掘り下げている本は多いですが、両方というのは、珍しいカモ!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月11日

【スゴ本】『表現の技術』高崎卓馬

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある
表現の技術―グッとくる映像にはルールがある


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店でチラ見して、即買いを決意してしまった1冊。

電通のエグゼクティブ・クリエーティブディレクター/CMプランナーである、高崎卓馬さんによって「物づくりの秘訣」が明かされています。

アマゾンに詳細がないので、版元のサイトから。
表現の使命はひとつ。
その表現と出会う前と後でその表現と出会った人のなにかを1ミリでも変えること。
未知の場所にあるココロという正体のよくわからないものにふれるために、僕たちはそのために、人生を削っていくのです。

広告屋さんの書かれた本は、それほど得意ではないのですが、この本はキテます!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月05日

【クリエイティブ】『「企み」の仕事術』阿久 悠

「企み」の仕事術 [ロング新書]
「企み」の仕事術 [ロング新書]

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、故・阿久 悠さんの最後の単行本の新書版。

たまたま、こんなツイートを目にしていたこともあって、リアル書店で思わず買ってしまいました。


本書では、阿久さんの書かれた歌詞に秘められた想いや戦略が、その歌詞ごとに詳細に語られており、圧倒されること必至。

マーケティングや企画に携わる方なら、読んで損のない1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月31日

【7つのコツ】『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II』ティナ・シーリグ

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II
未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、累計30万部突破した『20歳のときに知っておきたかったこと』の続編。

今回も、シーリグ女史の授業をベースに、「創造性とイノベーション」について掘り下げています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
人は誰でもクリエイティブな能力が備わっている。必要なのはそれを解放させてあげること。
あなたの創造性を開花させるためのヒントが満載です!

前作は自己啓発色が濃かったですが、本書はより実践的な内容となっています!

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月17日

【Amazonキャンペーン有】『お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術』岩波貴士

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術
お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今までの著作が、当ブログでおしなべてランキング入りしているという、岩波貴士さんの最新作。

ジャンルとしては「アイデア本」なのですが、その目指すところは「儲け」

書影のサブタイトルにもあるように、「45の作戦と300の視点」が詰まった、スゴ本です。

なお、記事の終わりに「アマゾンキャンペーンのお知らせ」がございますので、お見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月05日

【オススメ】『小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密』ピーター・シムズ

小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密
小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密

Kindle版アリ

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、起業家やクリエイティブな作業に従事する方なら「マスト」な1冊。

実はもう、TechWaveさんで大々的に取り上げられちゃっているのですがw

必読→4/5発売の日経BP刊「小さく賭けろ!」でスべりまくろう! 【増田(@maskin)真樹】 : TechWave

アマゾンの個別ページが、今回のこの記事を必要としないくらい良くできているので、本の帯から本書のコピーを。
グーグル、ピクサー、アマゾン、スターバックス、P&G、グラミン銀行、大物コメディアン、有名建築家に学ぶ最新・仕事の進め方

みんな小さく儲けて、素早い失敗、素早い学習を繰り返していた!
思わず付箋も貼りまくり!?




人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年03月17日

【驚嘆!?】『35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男』小山 良

35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男
35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、帯にもあるように「世間的には知られていない」貿易会社である「永光」の社長・小山 良さんのビジネスのヒミツを探った1冊。

ひとつの商品を100万個販売する「ミリオンセラー」は、この業界(輸入雑貨)では一生に一度あれば上出来のところ、小山さんは38回も達成しているという凄まじさです。

アマゾンの内容紹介に面白い逸話がありましたので、その部分を一部引用。
無名の小さな会社が次々にヒット商品を生み出すことを知って、日本の二大総合商社のうちの一社が、永光の買収に動いたことがあります。株式を取得して子会社にして、将来性のある優良会社として上場させ、その後の株価高騰を狙うという錬金術を目論んでいました。商社側は、買収後の永光の社長に社員を送り込むつもりで、小山さん自身も身を引くことを了承していたといいます。ところが、商社の担当役員が内情を調べてみると、社長ひとりのアイデアで伸びてきた会社であることがわかりました。彼がいない永光は抜け殻同然です。結局、社員として小山を取り込めない限り意味がないという判断で、この買収話は沙汰やみになりました。

その「ヒット連発」のカラクリが気になる方なら、要チェックです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年02月15日

【面白!】『今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦!』横山龍太

今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦! (ナガオカ文庫)
今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦! (ナガオカ文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ちょっと変わったアイデア本。

さまざまな企業の優れたアイデアを、クイズ形式で紹介しており、これが結構楽しめました。

アマゾンの内容紹介から。
日本のトップ企業や一流企業が大きく成長した独自のアイデア力をもとに、購買力をあげるために、消費者心理をくすぐる経済法則や心理学などを駆使した驚きのアイデアをまとめたクイズ本。
クイズ問題は61問収録。

思わず「( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェー」となることウケアイです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月11日

【名コンビ復活!】『IDEA HACKS!2.0』 小山龍介,原尻淳一

IDEA HACKS!2.0
IDEA HACKS!2.0


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、小山龍介さん&原尻淳一さんによる、お馴染み『HACKS!』シリーズの最新刊。

なんと、シリーズ第1弾の『IDEA HACKS!』の「2.0」バージョンであります。

お二人とも精力的に本を書かれていますが、このコンビで出されるのは久しぶりかと。

アマゾンの内容紹介から。
HACKSシリーズ第1弾の『IDEA HACKS!』をクラウド時代に合わせてパワーアップ!
平凡な人間が画期的なアイデアを生み出すノウハウを紹介します。全て新規書き下ろしです。
内容的には、思った以上に「深い」1冊でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 11:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月08日

東大生がひた隠しにしている『あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。』

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。
あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「マスコミ就職虎の巻」

何百倍、何千倍もの倍率で人材を厳選するマスコミ業界の入社試験に、各界の著名人がガチで挑戦すると言う興味深い1冊です。

アマゾンの内容紹介から。
「NHK」の就職試験に・・・あの「岩崎夏海」が、「博報堂/博報堂DYMP」の就職試験に・・・あの「箭内道彦」が、「読売新聞社」の就職試験に・・・あの「野口聡一」が、就活学生になったつもりで挑戦!!

就職活動中の大学生や大学院生はもちろん、就活前の学生(大学1、2年生)や、企画力や発想力を求める社会人も必読!!!
マスコミ業界のみならず、他業界に入社・転職する際にも役立ちそうな予感!?

なお、ちょっとアレな記事タイトルは「ホッテントリメーカー」作なので、ご留意を。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年11月20日

【クチコミ】「思わず人に教えたくなるネタ」7選@『営業部は今日で解散します。』

営業部は今日で解散します。 ~「伝える力」のアイデア帳 ~
営業部は今日で解散します。 ~「伝える力」のアイデア帳 ~


【はじめに】

◆先日、「未読本・気になる本」の記事でご紹介した、『営業部は今日で解散します。』

一見良く分からないタイトルとはうらはらに(?)、この本には「思わず人に教えたくなるネタ」が満載でした。

そこで今日は、その中から7つほどご紹介してみようかと。

TwitterやFacebookで流せば、ウケること間違いなし!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月28日

【知的生産術】『アイデアを形にして伝える技術』原尻淳一

アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)
アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ハックシリーズでもお馴染みの原尻淳一さん「知的生産術」に関するご本。

ウェブ上でも評判が良さそうだったので、買ってみたところ、なるほどかなり濃い目のコンテンツでした。

アマゾンの内容紹介から。
"効率的インプット"から"相手に確実に伝わるアウトプット"へ。そこからまた"新たなインプット"へ…。アイデアが溢れ出る仕組みはこうすれば必ずできる。ベストセラー著者にして凄腕マーケティング・プランナーがノウハウ全公開。新しい"仕事の教科書"。
まさに、"原尻流『知的生産の技術』"とも言える力作。

思わず付箋も貼りまくりです!

アイデアを形にする技術










人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月01日

【新たな時代に向けて】『新「伸びる人」の条件〜天才じゃなくても結果が出る「5つの力」の鍛え方〜』安達元一

新「伸びる人」の条件~天才じゃなくても結果が出る「5つの力」の鍛え方~ (フォレスト2545新書)
新「伸びる人」の条件~天才じゃなくても結果が出る「5つの力」の鍛え方~ (フォレスト2545新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、放送作家の安達元一さん自己啓発本

安達さんと言えば、「視聴率200%男」の異名がありますが、当ブログの読者さんとしては、むしろ本田直之さんとの共著、『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』でお名前が知られているかもしれません。

さて本書では、新しい時代に生き残るための力を5つ挙げ、それらについて安達さんの経験を踏まえた上で言及。

確かにこれからの時代で尖った人材でいるためには、安達さんのようなアイデア系のスキルの方が、より重要になってくる可能性が高いと思います。

類書とはちょっと違った仕上がりを、お試しアレ。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月27日

【スゴ本】『あなたを天才にするスマートノート』岡田斗司夫

あなたを天才にするスマートノート
あなたを天才にするスマートノート


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、オタキングこと岡田斗司夫さんの3冊同時発売のうちの1冊。

当ブログ的に、一番ツボなテーマだと思われる「ノート術」のご本、『あなたを天才にするスマートノート』です。

「天才にする」ですとか、「驚異のノート術」とあり、ちょっとマユツバだなー、と思って読み始めたものの、あらびっくり!

効果の性質も、その大きさも、想像をはるかに上回るものでした。

連日スゴ本が続いていて、ちょっとクドイようですが、この本もまたオススメせざるを得ません!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年12月27日

【アイデア】『自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法』米光一成

自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう
自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法―“企画の魔眼”を手に入れよう


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、久々のアイデア本

本書の著者である米光一成さんは、『ぷよぷよ』『トレジャーハンターG』『バロック』等に携わられたゲームクリエイターさんです。

アマゾンの内容紹介から。
人気ゲームクリエイターとして活躍中の著者が、クリエイティブシンキングのノウハウを紹介する本。著者の表現力、発想力に関する講義をベースに、一般向けに具体例を交えてやさしく解説します。
実際の講義をベースにしているだけあって、実践してナンボの1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年09月22日

【知的生産】『梅棹忠夫 語る』小山 修三(聞き手)

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)
梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『知的生産の技術』で知られる梅棹忠夫さんの最後のメッセージ。

吹田市立博物館館長である小山修三さんを聞き手に、亡くなる直前まで続けられた「放談」をまとめたものです。

その内容も、登山や探検に始まり、記録術、情報産業論、マナー等々多岐に渡る興味深いもの。

気さくな語り口で綴られた本書は、梅棹さんの著作を知らない方でも楽しめる傑作だと思います!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年08月21日

【プロの企画力】『「超一流」の構想術』中谷彰宏




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の土井さんのメルマガで知った1冊。

今頃2年前の、しかも今までほとんど取り上げたことのない中谷彰宏さんのご本、ということで、メルマガを読んだときには違和感を感じたのですが、読んでみたところ、確かに濃いです、コレ。

アマゾンの内容紹介から。
この本は、3人のために書きました。 1ヒラメキを、具現化して、実現したい人 2単発のヒットを、連打にしたい人 3ベストセラーよりも、ロングセラーを作りたい人 物量で来る男性は、モノでない勝負になった時に、必ず負けます。 モノの勝負は必ず物量勝負になります。 それでは、やっている側も疲れてきます。 「なんでもいいけど、お花を買ってきて」と言われた時に、何を買うかです。 ─中略─ モノはたまたま関係づくりのキッカケになっているのにすぎないのです。 「モノづくり」よりも「関係づくり」が大切です。
ぶっちゃけ、かなりの掘り出し物でした!


回転するようになりましたw
    ↓
人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年08月11日

【オススメ】『スイッチ! 「変われない」を変える方法』チップ・ハース, ダン・ハース

スイッチ!
スイッチ!


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログでも大人気だった「アイデアのちから」のハース兄弟の最新作。

アイデアのちから
アイデアのちから

参考記事:【オススメ】「アイデアのちから」が予想以上に面白かった件(2008年11月25日)

今回のテーマは、「いかに変化を起こすか」ということで、いくつもの事例を紹介しながら、「変化のしくみ」を掘り下げています。

アマゾンの内容紹介から。
会社や人生に持続する変化を起こすのが難しい。その原因はわたしたちの脳の中にある。「象使い(理性)」と「象(感情)」の支配権争いだ。象使いがスリムな体形を欲していても、象はがケーキに飛びついてしまう。頭のいい象使いが変化を求めても、象はいまの手順が大好きなのだ。だが、象と象使いの性格を研究していくうちに、ちょっと工夫するだけで、変化は驚くほど簡単なものになることがわかる。 本書では、大きな権限や強固な意志の持ち主ではない「ごく普通の人たち」が、会社や国を動かすような変化を生み出した例を豊富に挙げながら、それらに共通する「変化のしくみ」を明かしていく。
まさに、「企業の問題解決」から、「子育て」まで応用範囲の広いスゴ本

思わず付箋も貼りまくりました!

スイッチ






人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年08月07日

【オススメ】マルコム・グラッドウェル『失敗の技術』に学ぶ2種類の失敗

マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選2 失敗の技術 人生が思惑通りにいかない理由 (マルコム・グラッドウェルTHE NEW YORKER傑作選 2)
マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選2 失敗の技術 人生が思惑通りにいかない理由 (マルコム・グラッドウェルTHE NEW YORKER傑作選 2)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、マルコム・グラッドウェル『THE NEW YORKER 傑作選』の第2弾、『失敗の技術 人生が思惑通りにいかない理由』

先月ご紹介した『ケチャップの謎 世界を変えた"ちょっとした発想"』に続く、アンソロジー集です。

今回も興味深いお話が7つ収録されておりますが、私のような「スキルアップ好き」として見逃せないのが、表題となった「失敗の技術」

そこで、この部分について掘り下げてみたいと思います。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月31日

【オススメ】『未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論』岡田斗司夫&小飼 弾

未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論
未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、オタキングこと岡田 斗司夫さんと、当ブログではおなじみ小飼 弾さんとの対談集。

当ブログの傾向として、社会的な内容の本は、あまり積極的に取り上げていないのですが、本書はちょっと別。

何か知らぬ間にこんなに付箋貼ってしまいました…。

未来改造のススメ









小飼さんのブログなり著作には、日頃から接している私ですが、今般、岡田さんのお考えが結構新鮮だったので、そちらを中心にまとめてみようかと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月21日

【ネタ満載!】「業界のセオリー」鹿島 宏

ビジネス界に脈々と伝わる先人の知恵 業界のセオリー
ビジネス界に脈々と伝わる先人の知恵 業界のセオリー


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「業界ネタ満載」の1冊。

昨日、某カリスマ書店員さんがツイートされていたので、ご存知の方も多いことかと。

現時点でアマゾンのページに情報があまりないので、出版社のサイトから。

「困ったときは動物と子ども」(広告業界)「売れる商品には適量がある」(食品業界)「コンビニおでんは秋に売れる」(コンビニ業界)「アフターフォローは上客を呼ぶ」(保険業界)「出店は競合店の近くがいい」(居酒屋業界)など、さまざまな業界に脈々と伝わる「仕事のセオリー」を1冊の本にまとめました。仕事が煮詰まってどうしようもないとき、確実に数字を取らなくてはならないとき、ピンチを乗り切る必殺技が満載です。

その業界では「セオリー」でも、外部の人間からしたら「裏ワザ」的なお話が炸裂しております!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月16日

【理系式アイデア本】『ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!』デイビッド・マレイ

ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)
ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本田直之さん翻訳の「アイデア本」

原題が「Borrowing Brilliance」と言うだけあって、アイデアを「借りてくる」ことで、素晴らしいアウトプットを生み出せることが、数多くの事例とともに紹介されています。

ところで、この手のアイデア本として珍しいのが、著者のデビッド・マレイが「理系の発明家」であるということ。

アマゾンの内容紹介から、著者経歴を引用します。

発明家、企業家。工学部の学生の頃、ニュートンの「自然哲学の数学的諸原理」に触発され、卒業後は航空宇宙エンジニアとして、スペースシャトル、次期戦略ミサイル、地球を周回する国際宇宙ステーションなどをニュートンの方程式を応用し、NASAとの協働で設計・建設。その後、いくつかの会社を起業、最初の会社は「Inc」誌によって「急成長した全米100社」に選ばれた。フォーチュン500の企業数社で重役を務めたほか、ソフトウェア会社インテュイット社のイノベーション部門の統括経験もある。

この経歴を踏まえて読むと、本書の内容がより一層「腑に落ちる」ハズ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月07日

【注目!】マルコム・グラッドウェル新作『THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想”』がいよいよ発売!



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、マルコム・グラッドウェルの最新作、『THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎』

彼が専属ライターを務めてきた『ニューヨーカー』誌で発表した記事の中から、特に気に入っているものを選んだ傑作選の第1部になります(今後、2,3部が刊行予定)。

ちなみに今回のテーマは、「マイナーな世界の天才たち」

天才と言っても、アインシュタインやウィンストン・チャーチル、あるいはネルソン・マンデラといった世界の偉大な設計者たちではない。万能野菜カッターを開発・販売するロン・ポピールや、ヘアカラー商品の画期的なコピーを生み出したシャーリー・ポリコフなどである。

いずれもグラッドウェルらしい視点から選ばれた、ユニークな「天才」たちが描かれており、ファンでなくとも楽しめること請け合いです。

個人的には、ハードカバーなのに1500円しない点に惹かれてたりw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(2)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年05月28日

【着想】「金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック」岡崎太郎

金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック
金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、通販コンサルタントである岡崎太郎さんのマーケティング本

タイトル通り、ビジネスに関するユニークなアイデアがこれでもかと登場しております。

アマゾンの内容紹介から。

「なぜ」を考え抜き、「知恵」をしぼり、「常識」を180度ひっくり返して、「価値観」を大転換する。商品企画のプロが、大胆奇抜な着想プロセスを大公開。

私も、自分にはない「モノの見方」を知ることができました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年05月05日

【ものの見方】「生活者発想塾」博報堂生活総合研究所

生活者発想塾
生活者発想塾

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、博報堂生活総合研究所が、クリエイティブな社会の実現に貢献する目的で実施しているオープンスクール「生活者発想塾」を紙上で再現した1冊。

日頃、なかなか気づかないところにフォーカスする「視点」は、非常に参考になりました。

アマゾンのページの出版社からのコメントから引用します。

四半世紀以上にわたり生活者研究を続けてきたシンクタンクが、洞察と発見のテクニックを一挙公開。
『生活者発想塾』は創造力と元気をはぐくむ「ものの見方」集。
斬新でポジティブな発想を切り開くヒントが満載です。

なるほど、「プロ」は、このように発想するのだな、と。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年03月30日

【思考術】「思考のダイエット」佐野研二郎

今日から始める思考のダイエット
今日から始める思考のダイエット


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ちょっと変わった思考術のご本。

著者の佐野研二郎さんは、広告業界出身の「アートディレクター/クリエイティブディレクター」だけあって、出てくる事例や作品も広告絡みのモノが多いです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。

LISMO! やTブー! S、資生堂ザ?コラーゲンをはじめ、手がけた商品を次々ヒットさせているアートディレクターの佐野研二郎氏が、初めて明かす思考プロセス。「シンプル、クリア、ボールド」「タイムリミット10-10」「幕の内弁当よりカルビ弁当の法則」「言葉のアイコン化」「絵のダジャレ」「写メール仕事術」「キャラクターのコミュニケーション能力」など39のメソッドを紹介。この本は、能率とコストパフォーマンスを向上させ、険しい時代を生き抜くための、思考のダイエット本である。

もちろん、私たち一般のビジネスパーソンでも使えるネタしっかりありましたよ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年03月21日

【スゴ本】「ゲームデザイン脳 ―桝田省治の発想とワザ」桝田省治



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、私の大好きなジャンルではあるものの、今イチ当ブログではブレイクしない「アイデア・発想系」のご本。

ただし今回の本は、マジでキテます!

著者の桝田省治さんの作られる作品は、ゲーム素人の私は知らなかったのですが、「独特の世界観」が特徴なのだそう。

確かに本書で述べられている「モノの考え方」も、今までのアイデア系の本とは一線を画しています。

「ユニークな発想」に憧れる方なら必読かと!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(5)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月23日

【図】「ビジネスモデルを見える化する ピクト図解」板橋 悟



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力 』がスマッシュヒットを記録した板橋悟さんの最新作。

今回も、ビジネスモデルを可視化するツールである「ピクト図」が大活躍であります。

出版社のサイトより引用。

「誰が」「誰に」「何を」「いくらで」の4要素に注目すれば、儲けのしくみが見えてくる。ビジネスを絵で解読する新しい思考法。

『ドラクエ9』もiPodもユニクロのフリースも、ヒットの秘訣は「儲けるしくみ」にあった! ビジネスの基本要素である「誰が」「誰に」「何を」「いくらで」の4要素に注目し、シンプルなシンボル記号を使ってビジネスモデルを絵で解読。さらにその絵をアイデア発想にも応用できる、画期的なビジュアル思考法を紹介。

「FREE」「異業種種競争戦略」もこの本と一緒に読むと理解が深まるかも。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月15日

【アイデア】「怒る企画術!」吉田正樹

怒る企画術! (ベスト新書 265)
怒る企画術! (ベスト新書 265)

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、フジテレビ時代には名物プロデューサーとして知られた吉田正樹さんアイデア本

吉田さんのお名前は私でも存じてましたが、意外なことにこの本がデビュー作のようです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。

「トリビアの泉」「爆笑レッドカーペット」「笑う犬の生活」「夢で逢えたら」など数々のヒットを生んだ、元フジテレビ名プロデューサーによる初のアイデア発想本!「企画は因数分解できる」「一万円!タイトル会議」「部下に嫉妬しない」など、厳しい徒弟制度の下で培った考え方のコツを、アイデアを求めるすべての人にお教えします。

タイトルはアツいですが、本の中身はクールでしたよw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年10月09日

【アイデア満載】「企画のネタ帳」山口照美



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の土井英司さんのセミナーで、土井さんご自身から薦められたアイデア本。

著者の山口さんは、かつて「カラオケ内ボックスシアター」を考案し、ご主人とともに起業。

多くのマスコミから取材を受けた経験を活かして、PR代行&販促アドバイザーに業態変更したという、アイデアウーマンです。

そして本書の内容も、土井さんが薦められただけあって、かなり実践的

タイトル通り、企画でお悩みの方なら、読むべき1冊です。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(3)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年09月06日

【対談】『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ご存知「ホリエモン」こと、元ライブドア社長の堀江貴文さんと、「ひろゆき」こと、元2ちゃんねる管理人の西村博之さんの対談本。

二人ともいい意味で常識とは「ちょっとかけ離れた部分」があり、様々なテーマについて、本音ベースで(多分)語ってくれています。

いわゆる「常識」から逃れられない私から見たら、その軽やかさはうらやましい限り。

「考え方」「発想」に、チクチク刺激を与えてくれる1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:30
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年08月16日

【濃厚】「企画脳」秋元 康



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、かつては「おニャン子クラブ」、最近では「AKB48」のプロデュース等で知られる、秋元 康さんの文庫本。

「以前出た単行本の文庫化」ということですが、少なくとも登場する人物や商品等は完全にアップデートされており、「加筆修正」の域を超えている力作だと思われ。

アマゾンの内容紹介から。

『おニャン子クラブ』『とんねるず』『あずきちゃん』『川の流れのように』『Oh!マイ・コンブ』『愛が生まれた日』『湯川専務』『着信アリ』『イ・ビョンホン』『象の背中』『ジェロ』『AKB48』…。秋元康が関わる仕事は、なぜ、こんなにヒットするのか?20年以上、トップを走り続ける天才クリエイターの思考回路はどこが違うのか?秋元康の頭の中を見てみよう。

それにしても、この濃い内容が500円ちょっとで手に入るなんて。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:30
Comments(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年08月07日

【ヒットの秘密】「理系の企画力!」宮永博史



【本の概要】

◆今日ご紹介するご本は、タイトルに「理系」とあって、ビビらされましたが、かなり面白かった1冊。

著者の宮永さんは、「技術マーケティング」「事業化戦略」を専門とするコンサルさんです。

アマゾンの内容紹介から。

問題山積で商品企画がままならない。基本的にモノ余り。何を作っても売れない。そんなメーカーの嘆きが聞こえてくる。一方で、「高くても売れる洗濯機」「消せるボールペン」「安くて、すぐ納品できるカスタムロボット」といった商品を実現したのもまた、現場の技術者たちだ。成功を手にできた彼らは何が違っていたのか。技術力だけでヒット商品は生まれない。理系社員にも企画力が必要である。実際にヒット商品を生み出した現場へと目をやると、そこに共通してあるのは優れた「現場感覚」だった。問題に気づき、それを乗り越える方法を探ろうとする個人や組織の資質である。

そう、企画のタネは、現場にあるんです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年08月06日

【おもてなし】『「サービス」をサービス』指南役

「サービス」をサービス!
大和書房
発売日:2009-07-17
おすすめ度:4.5


【本の概要】

◆今日お送りするのは、以前、『「考え方」の考え方』紹介させて頂いた、クリエイティブ集団「指南役」さんの新作。

今回のテーマは「サービス」です。

と言っても、単純な「サービスマニュアル」ではなく、副題にあるフレーズは「かゆいところに手が届く禁断の仕事術」

そう、ハマれば破壊力抜群なネタが盛りだくさんでした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年06月30日

【商品開発の天才?】「ヒットの神様」内田 耀一, コイケ ジュンコ



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、マーケティングというよりは、商品開発「知られざる天才」の記録。

著者である内田耀一さんの手がけた商品は、誰もが知るベストセラーでありながら、今なお広く知られているロングセラーばかりです。

本の帯に記載されたものだけでも、

シッカロール、ジャルパック、チキンラーメン、マキロン、ヴィックスヴェポラッブ

と盛りだくさん。

さらに、プロ野球中継東京ディズニーランドの誕生の裏側にも大きく関わっていたというのですから、ちょっとビックリ。

マーケティング関係の方のみならず、私たちが普通に「読み物」として読んでも楽しめることうけあいです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年06月16日

【脳トレ】勝間和代・脳力UP

勝間和代・脳力UP
勝間和代・脳力UP
posted with amazlet at 09.11.27
勝間 和代
講談社
売り上げランキング: 7289


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、勝間和代さんの最新刊。

ブログでも明らかにされていたAERAのムック本に気をとられている隙に、いつのまにか(?)出ていました。

しかも内容は、かねてから「大好き」と公言されていた、「パズル本」であり、「携帯の公式サイト」もあるそう。

こっ、これは新たな展開かっ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年05月15日

【枯れた技術の水平思考】「任天堂 “驚き”を生む方程式」井上 理

任天堂 “驚き”を生む方程式
日本経済新聞出版社
発売日:2009-05-12


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日編集後記でちょこっと触れた、「任天堂 “驚き”を生む方程式」

既に小飼さんの記事土井さんのメルマガによって、アマゾンではバカ売れしており、今さら感が漂っておりますが、気にせず参ります。

アマゾンの内容紹介から。

任天堂はなぜ強い? WiiとDSのヒットで最高益を更新。不況下でも快走を続け、今や米アップルなどと比較されるイノベーション・カンパニーとなった任天堂。独創的な商品開発の舞台裏、“驚き”を生み出す仕組み、創業から受け継がれる哲学など、同社独自の「突き抜けた強さ」の秘密を解き明かす。製品広報や投資家向けIR以外、徹底した情報統制が敷かれ、関連書もわずかしかない中、岩田社長、宮本専務、山内相談役ほか経営トップらに直接取材を行い、これまで公にされてこなかった同社の経営の中身に迫った初の本。

単体で言うと、従業員一人当たりの営業利益が約3.3億円(2008年3月期)の会社の秘密をご覧アレ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:45
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年05月12日

【結構スゴ本】「オタク成金」あかほりさとる,天野由貴



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の記事の編集後記でちょこっと触れていた1冊。

すでに、この記事がホンテントリ入りしてしまったので、ご存知の方も多いと思いますが。

あかほりさとるいわく「ライトノベル業界そのものが危ない」:Half Moon Diary


◆上記記事の方と違って、私の場合「全くライトノベルを読んだことがない」人間なのですが、この本の著者であるあかほりさとる氏の「作品に対する方法論」には正直驚かされました。

「ラノベ・アニメ好き」やその作品の執筆者だけに独占させておくにはもったいないコンテンツかと。

何たって、こんなに付箋貼ってしまいましたし!

オタク成金







人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年05月11日

【ドッキリ】「人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない」小山薫堂



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日「もったいない主義」をご紹介したばかりの小山薫堂さんの新作。

メインタイトルに「人を喜ばせる」なんてありますが、ぶっちゃけサブタイトルの「サプライズがやめられない」の方が正しい内容です。

やってる事はほとんど「ドッキリ」かそれに類すること。

実は本の帯にはこう書いてあります。

(注)覚悟してお買い求め下さい!
今、初めて明かされる驚異の発想術!!
・・・なんてことを、この本に期待してはいけません。
ぼくがやってきたサプライズの全記録!!
これをどう役立てるかは、あなた次第です!
                        ―小山薫堂

いや、それって、面白ければ親でも騙す私にはかなりツボなんですがwww


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年04月08日

【発想】「もったいない主義」小山薫堂



【本の概要】

◆今日ご紹介するのも、先日の本田直之さんの講演会で、オススメ本として紹介された1冊。

当ブログとしては、鬼門(?)ともいえる、アイデア系のコンテンツです。

ただし、その中身はすこぶる美味

「企画」というのは、こういう発想を持ってやるべきなのか、と唸らされました。

読むだけでも新たな視点が手に入りそうなヨカン!!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:45
Comments(6)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年02月06日

【水平思考】「コトラーのマーケティング思考法」

コトラーのマーケティング思考法
東洋経済新報社
恩藏 直人(翻訳)大川 修二(翻訳)
発売日:2004-04-23
おすすめ度:3.5


【本の概要】

◆今日お送りするのは、ラテラルシンキングについてのオススメ本

勝間和代さんの「起きていることはすべて正しい」の中で紹介されていた1冊です。

アマゾンの内容紹介から引用します。

ニーズが満たされすぎた時代にあるべきマーケティングの姿とは? マーケティング界の権威・コトラーが気鋭のコンサルタントとタッグを組み、水平思考(ラテラル・シンキング)で発想するまったく新しいマーケティング手法、「ラテラル・マーケティング」を伝授。「発想の転換」のしくみを初めてセオリーに落とし込んだ快著!

事例が豊富で、読みやすかったです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年02月04日

【発想】「アイデアパーソン入門」加藤昌治



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、アイデア系の名著、「考具」で知られる、加藤昌治さんの新作。

そして本書は、その「考具」の続編に位置する作品のよう。

アマゾンの内容紹介から。

アイデア=スポーツ!
アイデア出しは練習できる。練習すれば、上達する。

24時間、アイデアがあふれ出てくる体質になる方法を説く、ベストセラー『考具』の副読本。

キーワードは「たぐる」。
「ぶつかる」「思い出す」「押さえる」「ほる」――生活の中のあらゆる出来事を自分の関心事に置き換える行動習慣を身につければ、通勤も、カラオケも、新聞や雑誌を読むのも、映画を観るのも、あっという間に「アイデアの素」に早変わり!

「考具」にハマった方なら、一読の価値アリです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月30日

20秒で理解するラテラルシンキング 



【はじめに】

昨日ご紹介した勝間さんの「起きていることはすべて正しい」をお読みの方ならご存知だと思いますが、この本の197ページから、ラテラルシンキングについて言及されています。

確か、勝間さんご自身も、このラテラルシンキングでご本を書かれるようなウワサも聞いていたのですが、現時点ではアナウンスもない模様。

そこで今日は、勝間さんのオススメ本や、当ブログでご紹介した本を中心に、ラテラルシンキングに関するご本を紹介してみようかと。


◆なお、タイトルはお約束の「ホッテントリメーカー」作。

たまたま冒頭の「3分でわかるラテラル・シンキングの基本」「3分」だったので、それに絡めてみますた(汗)。

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(1)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月25日

【オススメ】「アイデアのちから」が予想以上に面白かった件

アイデアのちから
日経BP社
飯岡 美紀(翻訳)
発売日:2008-11-06
おすすめ度:5.0

Kindle版アリ

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日「速報」をお送りしていた、「アイデアのちから」

背景やら何やらは、その時に書き連ねておりますので、さっそく本編を。

ぶっちゃけ、かなり面白かったです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(2)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月20日

【速報】「知らぬ間に勝間さんの解説本『アイデアのちから』が出ていた件」&「勝間本新刊情報」

アイデアのちから
日経BP社
飯岡 美紀(翻訳)
発売日:2008-11-06
おすすめ度:5.0


【はじめに】

◆昨日、リアル店舗をうろついていたところ出くわしたのが、この「アイデアのちから」

帯の文句がすごいです。

「全米150万部のベストセラー、遂に翻訳刊行。」

しかも、著者名、訳者名より大きく帯に「解説:勝間和代」の文字がでーんと(笑)。


◆ちょっと迷いながらも、一応巻末の勝間さんの解説文に目を通すと、冒頭にこんなフレーズが。

 この本は、私が2007年に読んだ原書の中で、最もお気に入りの1冊であった「Made to Stick」の邦訳版である。私はこの本が大好きであり、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っているので、そのため、頼まれてもいないのに、日経BP社が版権を取ったと人づてに聞いて、推し掛けて解説を書かせていただくことにした。

これだけで、即、購入決定しますた!

まだパラパラっとしか読んでいないのですが(ヲイ!)、スーダンから帰国途中の勝間さんに代わって、簡単にご紹介しておきます。

また、【編集後記】でも「勝間さんの新作情報」がありますので、お見逃しなく。


081126追記:

読後の記事をアップしました。


【オススメ】「アイデアのちから」が予想以上に面白かった件


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(7)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月19日

【コンサル的知的生産術】「スパークする思考 右脳発想の独創力」内田和成

スパークする思考  右脳発想の独創力 (角川oneテーマ21 C 158)
角川グループパブリッシング
発売日:2008-11-10
おすすめ度:5.0


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、新書ながらも奥が深い1冊。

著者の内田和成さんは、「仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法」のヒットで知られるコンサルタントさんです。

本書の「はじめに」で内田先生曰く

 本書のテーマは、「日ごろの私生活で自然と行っているクリエイティブな発想や行動をなぜ仕事では行わないのか?」というもの

だそう。

「ネタ」は探しているものの、仕事には結びつかない私にはピッタリなのかも(汗)?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:45
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年11月02日

【ネタ満載】『人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳』岩波貴士



【本の概要】

◆今日お届けするのは、連休にピッタリ(?)の軽く読みきれる文庫本。

著者の岩波貴士さんは、「日本アイデア作家協会」代表の経営コンサルタントさん。

「日本アイデア作家協会」

・・・いや、サイトはちょっとチカチカしてますが(笑)、ページ最下段に掲載されている書籍を見る限り、協会の会員さんの面子は、かなりのものですよ(汗)。


◆内容もタイトル通り「ネタ」が満載。

稼ぎたい人でなくとも「なるほど」と思うような「フツウとはちょっと違った視点」が味わえます。

コンテンツの割にはお手ごろな値段も魅力的です(笑)!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:15
Comments(2)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマーク