スポンサーリンク

2017年04月28日

【問題解決】『SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法』ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー,ブレイデン・コウィッツ、他

SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法
SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日ではなくその前の「未読本・気になる本」の記事にて大人気だった作品。

既に土井英司さんがメルマガでとりあげてらっしゃったので、ご存知の方も多いと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
グーグルで開発された究極のスピード仕事術「SPRINT」。
本書はグーグルとGV(グーグルベンチャーズ)の「成功の秘密」ともいうべきその驚異のノウハウを、世界の誰もが使えるように、開発者自身が徹底して具体的に紹介した、極めて貴重な一冊だ。

なお、低評価レビューの理由の大半が、「Kindle版が固定レイアウトだから」だったのですが、現在は差し替えられて通常のKindle形式とのことですから、買い控えてらしたかたもぜひ!


  続きを読む

Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2017年02月10日

【三田先生直伝?】『『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』〜三田紀房流マンガ論』三田紀房

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』〜三田紀房流マンガ論 (コルク)
『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』〜三田紀房流マンガ論 (コルク)



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」の記事でも大人気だった1冊。

マンガ家・三田紀房先生が、その仕事術や発想法を指南してくれています。

アマゾンの内容紹介から。
ベストセラー『ドラゴン桜』をはじめ、ヒットを飛ばし続けるマンガ家・三田紀房。彼の活躍を支えるのは、長いキャリアを経て築き上げた“成功の方程式”だ。「徹夜はしない。でも締め切りは守る」「企画は考えて出すものではない」「ベタを貫け」など、あなたの仕事を抜本的に進化させるノウハウをまとめて紹介。結果を出したい人、必読!

新刊なのにお値段が400円弱だったので、ある程度予想したとおりボリュームは少なめですが、その割には中身は濃い作品でした!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年08月13日

【問題解決】『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』鈴木鋭智

ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール
ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ちょっと前の「未読本・気になる本」の記事で取り上げたものの、失念していた1冊。

上記記事の直後に土井英司さんがメルマガでプッシュしてしまったので、戦意喪失した、というのはヒミツです(言いまくり)w

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書では、まず頭の中から「考えてもムダなこと」を削ぎ落とし、「考えるべきこと」を最小限(ミニマル)に絞り込むためのルールを説明します。
そしてもっと「クール」な解決策を見つけるための発想のヒントを紹介します。
「ロジカルシンキングを学ぶ前の最初の1冊」として読んでいただいても構いませんし、「人生をスッキリさせる心の持ち方」として読んでいただいても構いません。
「ミニマル思考」の人にとって、仕事も人生も、身の回りのすべては「新しい問題解決のゲーム」になるのです。

なお、Kindle版だと、「20%ポイント還元」を加味すれば、1000円ちょっとでお求めいただけます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年07月22日

【クリエイティブ?】『クリエイティブ思考の邪魔リスト』瀬戸和信

4023315214
クリエイティブ思考の邪魔リスト


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

「NewsPicks」での人気連載を書籍化したものとのことで、NewsPicks編集長の佐々木紀彦氏さんが、解説を書かれています。

アマゾンの内容紹介から。
マイクロソフト、フィットビットなどで活躍してきた凄腕マーケターが実践していること。計画は練らない、弱みは克服しない、徹夜はしない、など15の悪習慣さえ取り除けば、創造的思考を持つ人になれる。

なお、Kindle版は、新刊であるにもかかわらず、「21%OFF」とお買い得です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年06月30日

【問い】『Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法』ウォーレン・バーガー

Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法
Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった「思考術本」。

アマゾンのページにもありますように、ダニエル・ピンク、ティム・ブラウン、アダム・グラントといった著名作家たちが絶賛している注目作です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
全米のあらゆるメディアで絶賛された「驚愕の思考法」がついに日本上陸!
グーグル、IDEO、ネットフリックス、パタゴニアなど、最も革新的な企業で次々と爆発的な発想を生み続けている思考のメソッドの全貌が初めて明らかに!
「たった1行の問い」で、だれもが見たことのないような美しい答えを生む画期的な方法!

現時点では中古にはプレミアがついていますので、Kindle版がお得だと思います!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年05月20日

『メタ思考トレーニング』が想像以上に凄い件について

456982773X
メタ思考トレーニング (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げたアイデア本

著者の細谷 功さんの作品を当ブログで取り上げるのは、実は初めてなのですが、そのクオリティの高さに脱帽しました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
メタ思考とは、「物事を一つ上の視点から考える」こと。その重要性はしばしば語られますが、実践するのは容易ではありません。例えば自分自身を「幽体離脱して上から見る」こと(=メタ認知)は、自己成長のためには必須の姿勢であるとよく言われますが、実際にそれができている人はそう多くはないでしょう。
そこで本書では、メタ思考を実践するための二つの具体的な思考法(「Why型思考」と「アナロジー思考」)を紹介するとともに、それをトレーニングするための演習問題を多数用意しました。

なお、まだ先になりますが、Kindle版の配信も予定されております。

なお、タイトルが短かかったので、久々に「ホッテントリメーカー」のお世話になっておりますが、結構本心だったりw


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年04月23日

【ケース・スタディ】『「0から1」の発想術』大前研一

4093897638
「0から1」の発想術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた「ビジネスアイデア」発想本。

著者はお馴染み大前研一先生です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
これが「無」から「有」を生み出す思考法だ 。
【15の発想法】を身につければ、新しいビジネスアイデアが次々に湧いてくる!
大前研一氏が、イノベーションを生み出すための発想法を公開する。
ビジネス・ブレークスルー大学大学院で必修の「イノベーション講座」を待望の書籍化!

ビジネスモデル好きには、たまらない1冊です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年03月20日

【電通式?】『コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法』山田壮夫

4023314846
コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だったマーケティング本

本書の帯で野中郁次郎先生が述べられている、「やさしく書いてあるが、簡単な本ではない」という言葉に、読んでから深く納得致しました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
なぜ「その手があったか! 」というコンセプトをつくれないのでしょう?
その原因は、学校でも会社でも教えてくれたのは「正しく、論理的に考える」方法論だけだったから。
多くのひとは残念なことにイノベーションを起こす思考法を知らないのです。
数々のヒット商品を開発する電通のクリエイティブ/コンサルタントが「ロジカルシンキング」に代わる思考の方法論を紹介します。
それは単なる個人のハウツーの類ではありません。

Kindle版なら、今でしたら「26%OFF」に「20%ポイント還元」も付いて、かなりお得です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年02月10日

【仕事術】『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』佐藤オオキ

4344028902
400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも大人気だった仕事術本

著者の佐藤オオキさんは、デザインオフィスnendoの代表で、主に海外のさまざまな賞を受賞されているという方です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
みなさんのまわりにいる「仕事ができる人」に、仕事が遅い人はいますか?
著者は、常に400以上ものプロジェクトを動かしつつ、新規の仕事もどんどん引き受けています。
なぜ、それが可能なのか?
その秘密は「スピードにある」と言います。
「仕事の質は、スピードで決まる」をモットーにしている著者の仕事術は、すべての分野にフルに活かせます。

お買い得なKindle版も、ぜひご検討を!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年02月08日

【起業?】『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義』ティナ・シーリグ

448416101X
スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『20歳のときに知っておきたかったこと』の大ヒットで知られる、ティナ・シーリグ女史の最新刊。

夕べ土井英司さんのメルマガに先を越されてしまいましたが、めげずにお送りしたいと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
人生においてなにか意味のあることをしたいと思っている人は多くいますが、頭の中にあるアイデアを形にできる人は、そう多くはありません。自分がもつリソースをうまく使って、その目標を達成する道筋を示すのが、本書の役割です。
想像力、クリエイティビティ、イノベーション、起業家精神をはっきりと区別・定義し、それらが互いにどう作用するか、ひらめきをどう実現させるかを伝えます。
スタンフォード大学で長年ベンチャー教育を率いてきた著者が、「自分の手で人生を切り拓く方法」をだれもが実践できるフレームワークとして組み立て、豊富なエピソードを交えながら伝授する集中講義です。

お買い得なKindle版も、既に発売されております!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年02月07日

【11の公式】『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』西島知宏

4894516993
思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だったアイデア本

著者の西島知宏さんは、電通出身のクリエイティブ・ディレクターなんですが、著者紹介を見たら「国内外の賞を獲りまくり」で圧倒されました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
◆人生を切り替える「11の公式」であなたの頭のなかを変えていく
「思考」とは、実践できるアイデアを出すまでの過程で必要なもの。
つまり、思考のスイッチをオンにできなければ、結果的に行動にまで至らないのです。
そこで「思考が苦手」「行動できない」という悩みを抱えている人へ、誰でも使える思考の公式を伝授します。

お求めやすいKindle版もご検討を!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年01月20日

【メモ術】『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』小西利行

4761271426
仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

著者の小西利行さんの前作である『伝わっているか?』は、当ブログでもなかなかの人気だったので、期待されていた方も多いと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書は、いま広告業界でオファーが絶えない気鋭のコピーライターが、 自身のハイパフォーマンスを支えている「メモ書き」について解説したもの。 著者は、この「メモ書き」で常時、数十もの案件を同時並行で進め、 期待以上の結果を出し続けている。
「型」となるのは、以下の3ポイント ・情報をシンプルにまとめて整理する「まとメモ」 ・クリエイティブ発想を引き出す「つくメモ」 ・人に伝えて心を動かす「つたメモ」 この3ポイントを中心に、著者の実際の「メモ」を交えながら、 打ち合わせをしているとき、ひとりアイデアや考えをまとめているとき、 誰かに説明・説得するとき、メモに何を書けばいいのか?を解説する。

なお、お求めやすいKindle版も出ております!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2016年01月11日

【思考法?】『考え方の教室』齋藤 孝

4004315719
考え方の教室 (岩波新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、買ったまま積読状態になっていた思考術の本。

多作で知られる齋藤先生の本は、一応読む本を選んでいるのですが、個人的に本書は「正解」でした。←偉そう

アマゾンの内容紹介から。
“考える”力は練習でのばせる、そして“考える”ことは楽しい!まずは気持ちのストレッチ体操から。手を使う、声を届ける、肚を決める…新しいことを思いつく豊かな発想力も、瞬時に決める判断力も、具体的なレッスンの積み重ねによって身につく“技”なのです。この一冊で必ずや、あなたの“思考”は変わります。

なるほど「考え方」というのも、「技」化できるのだな、と。


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年12月28日

【働き方】『藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方』藤原和博

4799318187
藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方 (DISCOVER21世紀の学校)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これからの働き方を考える上でも見逃せない1冊。

自称「教育界のさだまさし」こと藤原和博さんが、「自分自身の付加価値を上げ、『希少性』を高める」方法を指南して下さいます。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「状況がさまざまに異なり変化する、「正解」なき「成熟社会」では、自分の頭の中で知識・技術・経験のすべてを組み合わせ、それぞれの状況に合わせて、自分も他者も納得できる「納得解」を導き出す「情報編集力」が必要です。」
本書では、リクルート社フェローから民間人校長へと転身し、教育界に前代未聞の変革を巻き起こし続ける藤原和博氏が、21世紀の「成熟社会」を生き抜くための働き方を講義します。

自分自身がコモディティ化しないためにも、要チェックです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年12月07日

【アイデア本】アイデア本のホッテントリ記事を読んで選んだ10冊


Beth concepting ideas for the Health Axioms / juhansonin


【はじめに】

◆昨日から、はてなブックマーク人気記事(ホッテントリ)となっていたのがこちらの記事。

マーケティングプランナーが本気で選んだ企画に役立つアイデア本15冊|Career Supli マーケティングプランナーが本気で選んだ企画に役立つアイデア本15冊|Career Supli

当ブログ的には、「アイデア本」というジャンルは、正直それほど人気があるわけではないのですが、こうしてブクマを集めるだけのニーズが世間的にあるのだと知り、少々驚きました。

そこで、上記記事で取り上げられている作品15冊のうち、当ブログでレビュー済みのモノ、さらにそれら以外で、私が「スゴ本」と思ったものを、あわせて10冊、簡単にご紹介。

私自身は「マーケティングプランナー」でもないですし、「本気で企画を選ぶ」機会もないのですが、参考になりましたら……。


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 19:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年11月09日

【意思決定】『「洞察力」があらゆる問題を解決する』ゲイリー・クライン

4894516748
「洞察力」があらゆる問題を解決する


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて一番人気だった作品。

ノーベル経済学賞受賞者であるダニエル・カールマン教授や、おなじみマルコム・グラッドウェルも推薦しているという注目作です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
個人にしろ、組織にしろ、問題を解決するためには、「いかにミスをなくすか」というウエイトに重きを置き、パフォーマンス向上を図っている。
しかし著者は、それに相対する、「見えない問題を見抜く力」を高めるほうが、問題発見・問題解決に効果があるという。
そんな「見えない問題を見抜く力」の答えを、実験室ではなく出来事の起こった現場に求め、論理的や分析的な方法よりも重要な問題解決法を提示する。

120もの事例を分析して導き出した結論とは!?


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年10月13日

【プロの発想法】『広告コピーってこう書くんだ! 相談室』谷山雅計

4883353397
広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、9月末の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

コピーライター作の書籍としては、個人的にはイチオシであった『広告コピーってこう書くんだ!読本』の続編が、8年の時を経てついに登場です!

アマゾンの内容紹介から。
コピーライティングのバイブルとして読みつがれているベストセラー『広告コピーってこう書くんだ! 読本』の実践・指南編。
"コピー脳"を育てる21のアドバイスのほか、広告業界ではじめてキャンペーンコピーの書き方を体系化して解説。
さらに、著者・谷山雅計が「ガス・パッ・チョ! 」(東京ガス)を生みだすまでに書きつづったコピーを「生ノート」として袋とじで公開。
アイディアや発想に悩んだとき、“コピーの壁"にぶつかったときに、進むべき道を教えてくれる1冊です。

切れ味鋭い発想法を学べる点で、私たちビジネスパーソンにも見逃せないかと。


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年08月25日

【天才の思考法】『超ロジカル思考 ―「ひらめき力」を引き出す発想トレーニング』高野研一

4532320224
超ロジカル思考 ―「ひらめき力」を引き出す発想トレーニング


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

下記に登場する7人の人物の思考ロジック中心に、ケーススタディ方式で学ぶことができる内容です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
スティーブ・ジョブズ自身も「実はやりたくなかった」アップルの成功要因とは?
ジェフ・ベゾスが「古い常識」を破壊できた理由とは?
セルゲイ・ブリンラリー・ペイジがグーグルの検索システムにとりいれた思考の仕組みとは?
フィリップ・コトラーが伝えるマーケティングの本質とは?
孫正義がイノベーションを起こすために毎日やっている習慣とは?
鈴木敏文がデータと同じくらい重視しているものとは?
──ビジネスの天才たちの「頭の使い方」を身につけよう!

なお、Kindle版も8月28日に発売されます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年08月17日

【スゴ本】『横井軍平ゲーム館: 「世界の任天堂」を築いた発想力』横井軍平,牧野武文

4480432930
横井軍平ゲーム館: 「世界の任天堂」を築いた発想力 (ちくま文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

単行本の中古が数万円単位で取引されていた(Max23万!?)という幻の名著が、いよいよ文庫化されました!

アマゾンの内容紹介から。
あふれるアイデアと徹底したユーザー目線によって「ウルトラハンド」「光線銃」「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」など、数多のヒット作を生み出した天才開発者・横井軍平。誰もが遊んだ名作から知る人ぞ知る珍作まで、世界中のゲームファンを虜にした商品を開発秘話とともに紹介する横井軍平の仕事の集大成。かつてのゲーム少年たちに捧げる遊びのバイブル。

前々から読んでみたい作品だったのですが、プレミアが付くのも納得のクオリティでした!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年04月03日

【フリクション!】『「消せるボールペン」30年の開発物語』滝田誠一郎

「消せるボールペン」30年の開発物語 (小学館新書 240)
「消せるボールペン」30年の開発物語 (小学館新書 240)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「文具ヲタ」なら避けては通れない必読の作品。

皆さんご存知、"消えるボールペン"「フリクションボール」の開発秘話が綴られた1冊です。

アマゾンの「編集担当からのおすすめ情報」から。
「ボールペン」は基本的にどれも仕組みが同じで、“枯れた技術”だと思われていますが、「フリクション」シリーズにはコペルニクス的転回と言えるほどのイノベーションが凝縮されています。世の中を変えるほどの商品を作り出すには、技術力に加えてひらめきや運、そしてそれを生かすための努力がいかに大切か、感じ取っていただけると思います。

予想通り面白くて、一気に読み切ってしまいました!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2015年03月22日

知らないと損する『クリエイティブコンサルタントの思考の技術』

4761270705
クリエイティブコンサルタントの思考の技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で、人気だった1冊。

その際にも触れたように、著者のケヴィン・ダンカンは以前、当ブログで『イギリス式シンプル問題解決法! 図解思考50のルール』をレビューしたことがある方です。

アマゾンの内容紹介から。
1人でもチームでも使えるアイデア発想のバイブル! ゼロから考え企画を実現する方法!限られた条件のもとで、最短でアイデアを生みだし、最高のカタチにする思考の技術。

なお、タイトルは久しぶりに「ホッテントリメーカー」のお世話になりましたw



  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年11月24日

すぐに使える『アタマの体質改善』テクニック6選

453231965X
アタマの体質改善


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、電通のコミュニケーション・デザイナーである武藤新二さんアイデア本

アイデア発想法というより、アイデアが自然と湧き出るような「アタマの体質」になることを、本書は目指しています。

アマゾンの内容紹介から。
広告業界の最前線で走り続ける著者が、22年間におよぶ様々な経験から学び、発見した、アタマの体質改善トレーニング、全公開。苦しくも、つらくもない。場所も道具も選ばない。日常にちょっとプラスすれば、できることばかり。それは、広告や番組、アプリや絵本、商品や事業企画、さらには社内プロジェクトも数々手がけてきた筆者が、エピソードと共に語る、現場感覚にあふれた実践法。会社ではきっと教えてくれない秘策が、ここにある。日々の小さな一歩から、大きな変化が生まれます。

なお、書名が短かったので、タイトルには「ホッテントリメーカー」を久々に用いてみたんですが、妙にしっくりくるのができましたw



  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年11月07日

『デザインコンサルタントの仕事術』が想像以上に凄い件について

4862761925
デザインコンサルタントの仕事術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、あのIDEOと肩を並べるデザインファームであるfrogの、常識破りのノウハウを明かした作品。

著者のルーク・ウィリアムスは、そのfrogのフェローであり、「ニューヨーク大学スターン・ビジネススクールのバークレー・アントレプレナーシップ・アンド・イノベーション・センター所長、およびイノベーション分野の教授を務める」人物でもあります。

アマゾンの内容紹介から。
アイデア出し、ソリューションへの仕上げ方からプレゼン術まで―アップル、マイクロソフト、ディズニーが絶大の信頼を寄せるfrogのノウハウが詰まった一冊。

なお、タイトルはちょっと煽り気味なんですが、久々に「ホッテントリメーカー」のお世話になりました!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年09月24日

【働き方】『500万人の成功体験からわかった「いい仕事」をする人の45の極意』デイヴィッド・スタート,O・C・タナー・インスティテュート

4478027358
500万人の成功体験からわかった「いい仕事」をする人の45の極意


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった1冊。

世界規模の人事コンサルティングファームであるO・C・タナー・インスティテュートと、その上級副社長であるデイヴィッド・スタートが、膨大なデータから「働き方」の秘訣を探ります。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
500万件以上のデータベースと、200人以上に対する徹底インタビューから導き出された「誰にでもできるつまらない仕事」を「自分にしかできない素晴らしい仕事」に変える45の方法。
「もっとも人気のない仕事」と言われている病院の清掃員から、広告営業マン、保険会社のコールセンタースタッフ、ダイソンやネットフリックスといった大企業の創業者、建築家、作家、アーティスト、スポーツ選手まで、ありとあらゆる職業に共通する「仕事の極意」とは?

なお、内容的には「スキルアップ」というよりは、「問題解決」「イノベーション」の分野に近かったです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年08月30日

【イノベーション?】『レッド・オーシャンで儲ける7つの法則』高橋正明

4839950849
レッド・オーシャンで儲ける7つの法則 (マイナビ新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも注目されていた1冊。

挑発的な帯は、リアル書店でも、かなり目立ちまくっていましたw

アマゾンの内容紹介から。
レッド・オーシャンとは、競争相手がひしめき、価格競争に陥った、まるで「血の海に染まった」ような成熟市場を意味します。いまやレッド・オーシャンしかないと言っていい閉塞感が漂う日本において、人々が求めているのは、まさにこのレッド・オーシャンからブルー・オーシャンを探す戦略でしょう。ブルー・オーシャンとは、競争相手のいない、「青々と広がる」ような未開拓の市場を意味します。本書では、レッド・オーシャンを脱出して儲ける戦略を「7つの法則」にまとめて解説します。絶望的な市場でもこれで稼げます!

タイトルには「レッド・オーシャンで儲ける」とありますが、実際には「レッド・オーシャンから脱出する」と読み替えた方がしっくりくる内容です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年05月29日

【マッキンゼー流思考術?】『思考を広げる まとめる 深める技術』太田薫正

思考を広げる まとめる 深める技術
思考を広げる まとめる 深める技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、元マッキンゼーコンサルタントである太田薫正さんの思考術本。

それほど厚くない本でありながら、事例が豊富で読みやすかったです。

アマゾンの内容紹介から。
拡散、集約、検証。3つのステップで書き出せば、だれでも自分で考える力を伸ばせる! 33の考え方で、あなたのアイデアを増やし、情報を整理し、価値を生む!

なるほど、マッキンゼーでは、こんな風に考えていたのか……。


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年05月15日

【オススメ!】『インサイドボックス 究極の創造的思考法』ドリュー・ボイド,ジェイコブ・ゴールデンバーグ

インサイドボックス 究極の創造的思考法
インサイドボックス 究極の創造的思考法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも大人気だった1冊。

アイデア本は、個人的に好きなジャンルなのですが、その中でも本書は「目からウロコ」の連続でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
画期的な発想や発明、枠の外(アウトサイド・ボックス)で考えて初めてできる、というのがこれまでのビジネス本や思考法について書かれた本の定説でした。
ところが、コロンビア大学のビジネススクールのジェイコブ・ゴールデンバーグとP&Gなどのメーカーでイノベーションを指導してきたドリュー・ボイドが、実際に歴史上のイノベーションと呼ばれるものを400例以上研究したところ、それはまったく逆だった、ということがわかります。
おおきなブレークスルーは実は「制約の中」(インサイド・ボックス)で考え抜くことで生まれたことを豊富な実例をもとに、立証していきます。

なお、著者の1人であるゴールデンバーグ教授は『ウォールストリート・ジャーナル』紙で世界を変える10人にえらばれたという気鋭の学者さんとのこと。

思わず付箋も貼りまくりです!




  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年03月22日

【創造力】『アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方』エリック・ウォール

アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方
アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げた作品。

ダニエル・ピンクやケン・ブランチャードが推薦文を寄せているという話題作です。

アマゾンの内容紹介から。
「ビジネスの論理性+アートの創造性」があなたの仕事と、これからを変える。TEDで話題をさらったグラフィティ・アーティストによる、クリエイティブなビジネス書。

私たち、ビジネスパーソンも「アーティスト」なんです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2014年03月16日

【ラテラル?】『ずるさで勝る水平思考トレーニング』木村尚義

ずるさで勝る水平思考トレーニング (SB新書)
ずるさで勝る水平思考トレーニング (SB新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ラテラルシンキングに関する作品を数多くお出しになっている木村尚義さんの最新作。

今回は、大ヒットした『戦略思考トレーニング』さながらに、新書でのクイズ形式を採用されています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
視野を横に広げることで、常識を覆し、枠にとらわれない考え方が自然と身につくクイズ形式のトレーニング本が遂に登場!
前提としている「枠」を外し、視点を横に広げ、幅広く考える思考法である「水平思考」(ラテラルシンキング)が、54問のクイズ形式で解きながら読み進むことで、自然と身につく1冊。

帯の「相手をくやしがらせる逆転の発想法」というフレーズがピッタリの1冊です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2013年10月10日

【スゴ本!?】『ルールを変える思考法』川上量生

ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)
ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「kawango」こと、ドワンゴ代表取締役会長、川上量生さん初の単著。

川上さんも、てっきりアスキー新書あたりから出されるかと思いきや、新創刊された角川EPUB選書の第一弾ラインナップとして登場です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
会員数3000万人を擁する「ニコニコ動画」をはじめ、「ブロマガ」「ニコニコ超会議」など、常に注目を集めるサービスやイベントを生み出し続けるドワンゴ。
GoogleやAmazon、アップルとは全く異なる路線で、同社が数千万人の人々を惹きつけるのはなぜか? (中略)
異色の経営者として名を馳せる一方、スタジオジブリに「見習い」として入社し、鈴木敏夫プロデューサーの鞄持ちになるなど、独自の発想で知られる川上氏の思考法・経営戦略・コンテンツ戦略をまとめた一冊。

川上さんのご本ならそうなるだろうと読む前から思ってましたが、当然付箋も貼りまくりました!




人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2013年06月02日

【超速レビュー?】『ひらめく人の思考術: 物語で身につくラテラル・シンキング』を読みました

ひらめく人の思考術: 物語で身につくラテラル・シンキング (ハヤカワ・ノンフィクション)
ひらめく人の思考術: 物語で身につくラテラル・シンキング (ハヤカワ・ノンフィクション)


【はじめに】

◆先日の「未読本・気になる本」の記事でご紹介した、木村尚義さんの『ひらめく人の思考術: 物語で身につくラテラル・シンキング』

「ラテラル・シンキング」自体、一般的なビジネスパーソンだと、若干とっつきにくいのに加えて、「物語形式」ということで、当ブログのようなスタイルのブログだと、なかなかメイン記事としては取り上げずらく、読後も放置したままとなっておりました。

とはいえ、このままスルーするには惜しい良書ですので、メモ書き程度に簡単にレビューをば。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 21:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2013年01月26日

【スゴ本!】『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、"朝生"田原総一朗さんが、"AKB"秋元 康さんにハゲシク迫った1冊。

タイトルには「仕事術」とありますが、コンテンツを扱う方や、マーケッターさん等のクリエイティブ関係の方なら「マスト」な内容です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
いまも私は、齢78にしてAKB48にハマり続けている。
この本は、そんなAKB48の真実、魅力を余すところなく伝えるとともに、AKB48を題材としながら、秋元康という希代の大作家・プロデューサーの発想術や仕事術を徹底的に解き明かし、企画やビジネスにおおいに役立つ本になったと信じる。
AKB48ファンはもちろんのこと、ビジネスパーソンにこそ読んでほしいと思う。 田原 総一朗

思わず付箋も貼りまくりです!




130129追記:田原さんご自身の記事がブロゴスにあがっていました。

秋元康さんに聞いてわかった「AKB48の戦略」に隠されたすごいノウハウ(田原総一朗) - BLOGOS(ブロゴス)


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2013年01月16日

【Amazonキャンペーン有】『お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳』岩波貴士

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳
お金をかけずにお金を稼ぐ【儲かる! ニッチ商売】気づきのネタ帳


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、出す本がことごとく「アタリ」の岩波貴士さんの新作。

「ネタ帳」を名乗るだけあって、相変わらず美味しいネタが溢れかえっておりますw

アマゾンの内容紹介から。
稼げるヒントは、ちょっとした発想のズレとスキマにある!ニッチ商売を発見する目利き術。

なお、本書の発売を記念してアマゾンキャンペーンも本日から行われますので、そちらの情報もお見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年12月19日

リア充がひた隠しにしている『たくらむ技術』

たくらむ技術 (新潮新書)
たくらむ技術 (新潮新書)

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった1冊。

売れっ子プロデューサーである加地倫三さんの「発想術」「仕事術」がコンパクトにまとまっています。

アマゾンの内容紹介から。
「ロンドンハーツ」「アメトーーク! 」(テレビ朝日系)など大人気番組のプロデューサーが、自らの「脳内ノート」を大公開! ヒット企画の陰にある数々の「たくらみ」とは? バカな番組を実現させるクソマジメな仕事術とは? 「トレンドに背を向ける」「企画はゆるい会話から」「勝ち続けるために負けておく」「文句や悪口にこそヒントがある」「スベる人の面白さ」……「面白いもの」が好きな人、「面白い仕事」がしたい人、必読の一冊。

なお、書名がシンプル過ぎるので、タイトルはホッテントリメーカーのお世話になりました。

……実際、加地さんリア充っぽいですしw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年10月09日

【アイデア】『ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か?』横井軍平

決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か? (P-Vine Books)
決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か? (P-Vine Books)

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、かつて任天堂で数々のヒット作を生み出したことで知られる、故・横井軍平さんのお話を集めた1冊。

さらに、横井さんの影響を受けたと自称するクリエイターの方々の寄稿も収録した、まさに「遺稿集」と呼ぶに等しい作りとなっています。

アマゾンの内容紹介から。
伝説の任天堂開発者本人によって語られた開発哲学「枯れた技術の水平思考」がついに、全貌を顕す。

横井流のアイデア発想法を身につけたいなら必読です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年09月23日

【思考術】『考え方のコツ』に学ぶ7つの思考術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『暮しの手帖』編集長である松浦弥太郎さんが、自らの思考法について述べた1冊。

松浦さんのご本は、私は本書が初めてだったのですが、ユニークな考え方にはちと驚かされました。

アマゾンの内容紹介から。
「なぜ、なに、なんだろう」と考える。ゆたかに働き、ていねいに生きるための極意。『暮しの手帖』編集長が説く、すべての人に役立つ「仕事と生活」の指南書。

今回は特に、松浦さんの「思考術」で「これは!」と思うモノを7つ挙げてみましたので、ご覧ください。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年09月17日

【57連発?】『僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。』島田 始

僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。
僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、個人的に好きなジャンルである「アイデア本」

本書の著者である島田さんは、かつて『anan』『Hanako』の編集を通して、数々のブームを作り出されてきた方だけあって、本書も納得できる内容でした。

アマゾンの内容紹介から。
逆転の発想!ワコールの「胸が小さく見えるブラ」、人事だって稼いじゃう「ブライトンホテル」、「安心・安全」を約束しない旅行会社がある!?勝手に「日本一対決」をする熊本VS宮崎ほか、会社、ビジネスをぐいっ!と成長させたすごいアイデア57連発。

他にもアマゾンに「アイデア事例」がいくつも掲載されている通り、「ネタ満載」な1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年08月31日

はじめて『アイデア・ハンター』を使う人が知っておきたい6つのルール

アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方
アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、久々のアイデア本

リアル書店で見かけ、ビジネス書としては珍しい「黒い装丁」ゆえに、思わず手に取ってしまいましたw

アマゾンの内容紹介から。
エジソンもディズニーも、つねに「すごいアイデア」を探し求めて“狩り"に出ていた! iPodから南極探検隊まで、豊富な事例から導かれた4つの原則――誰もが身につけられるアイデアのたぐり寄せ方を伝授する。

なお、タイトルはお馴染み「ホッテントリメーカー」作でして、折角なのでタイトルに合わせてポイントを6つ選んでみました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年07月18日

【クリロジ思考?】『論理的なのに、できない人の法則』高橋 誠,岩田 徹

論理的なのに、できない人の法則 (日経プレミアシリーズ)
論理的なのに、できない人の法則 (日経プレミアシリーズ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これからの時代に求められる「クリロジ思考」("クリエイティブ&ロジカル"思考)について述べた1冊。

「クリエイティブ思考」と「ロジカル思考」は、思考として対極にあるのですが、本書では、これらの具体的な学び方や展開の仕方を指南しています。

アマゾンの内容紹介から。
アイディアがなければ、ポテトチップスだって食べられない―。今や、どんなに論理的でも、知識が豊富でも、結果を出せない時代。様々なアイディアや思いつきを形にする、「クリロジ思考」が違いを生み出すポイントです。多くのビジネス・シーンの事例から、クリエイティブかつロジカルな人になる方法を解説します。

どちらかの思考について掘り下げている本は多いですが、両方というのは、珍しいカモ!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年06月11日

【スゴ本】『表現の技術』高崎卓馬

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある
表現の技術―グッとくる映像にはルールがある


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店でチラ見して、即買いを決意してしまった1冊。

電通のエグゼクティブ・クリエーティブディレクター/CMプランナーである、高崎卓馬さんによって「物づくりの秘訣」が明かされています。

アマゾンに詳細がないので、版元のサイトから。
表現の使命はひとつ。
その表現と出会う前と後でその表現と出会った人のなにかを1ミリでも変えること。
未知の場所にあるココロという正体のよくわからないものにふれるために、僕たちはそのために、人生を削っていくのです。

広告屋さんの書かれた本は、それほど得意ではないのですが、この本はキテます!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年06月05日

【クリエイティブ】『「企み」の仕事術』阿久 悠

「企み」の仕事術 [ロング新書]
「企み」の仕事術 [ロング新書]

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、故・阿久 悠さんの最後の単行本の新書版。

たまたま、こんなツイートを目にしていたこともあって、リアル書店で思わず買ってしまいました。


本書では、阿久さんの書かれた歌詞に秘められた想いや戦略が、その歌詞ごとに詳細に語られており、圧倒されること必至。

マーケティングや企画に携わる方なら、読んで損のない1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年05月31日

【7つのコツ】『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II』ティナ・シーリグ

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II
未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、累計30万部突破した『20歳のときに知っておきたかったこと』の続編。

今回も、シーリグ女史の授業をベースに、「創造性とイノベーション」について掘り下げています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
人は誰でもクリエイティブな能力が備わっている。必要なのはそれを解放させてあげること。
あなたの創造性を開花させるためのヒントが満載です!

前作は自己啓発色が濃かったですが、本書はより実践的な内容となっています!

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年04月17日

【Amazonキャンペーン有】『お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術』岩波貴士

お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術
お金をかけずにお金を稼ぐ【儲け】のアイデア発想術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今までの著作が、当ブログでおしなべてランキング入りしているという、岩波貴士さんの最新作。

ジャンルとしては「アイデア本」なのですが、その目指すところは「儲け」

書影のサブタイトルにもあるように、「45の作戦と300の視点」が詰まった、スゴ本です。

なお、記事の終わりに「アマゾンキャンペーンのお知らせ」がございますので、お見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年04月05日

【オススメ】『小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密』ピーター・シムズ

小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密
小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密

Kindle版アリ

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、起業家やクリエイティブな作業に従事する方なら「マスト」な1冊。

実はもう、TechWaveさんで大々的に取り上げられちゃっているのですがw

必読→4/5発売の日経BP刊「小さく賭けろ!」でスべりまくろう! 【増田(@maskin)真樹】 : TechWave

アマゾンの個別ページが、今回のこの記事を必要としないくらい良くできているので、本の帯から本書のコピーを。
グーグル、ピクサー、アマゾン、スターバックス、P&G、グラミン銀行、大物コメディアン、有名建築家に学ぶ最新・仕事の進め方

みんな小さく儲けて、素早い失敗、素早い学習を繰り返していた!
思わず付箋も貼りまくり!?




人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年03月17日

【驚嘆!?】『35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男』小山 良

35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男
35年間に38回のミリオンセラー<100万個販売>を達成した男


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、帯にもあるように「世間的には知られていない」貿易会社である「永光」の社長・小山 良さんのビジネスのヒミツを探った1冊。

ひとつの商品を100万個販売する「ミリオンセラー」は、この業界(輸入雑貨)では一生に一度あれば上出来のところ、小山さんは38回も達成しているという凄まじさです。

アマゾンの内容紹介に面白い逸話がありましたので、その部分を一部引用。
無名の小さな会社が次々にヒット商品を生み出すことを知って、日本の二大総合商社のうちの一社が、永光の買収に動いたことがあります。株式を取得して子会社にして、将来性のある優良会社として上場させ、その後の株価高騰を狙うという錬金術を目論んでいました。商社側は、買収後の永光の社長に社員を送り込むつもりで、小山さん自身も身を引くことを了承していたといいます。ところが、商社の担当役員が内情を調べてみると、社長ひとりのアイデアで伸びてきた会社であることがわかりました。彼がいない永光は抜け殻同然です。結局、社員として小山を取り込めない限り意味がないという判断で、この買収話は沙汰やみになりました。

その「ヒット連発」のカラクリが気になる方なら、要チェックです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2012年02月15日

【面白!】『今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦!』横山龍太

今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦! (ナガオカ文庫)
今がわかるリアル新常識 クイズ トップ企業の頭脳に挑戦! (ナガオカ文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ちょっと変わったアイデア本。

さまざまな企業の優れたアイデアを、クイズ形式で紹介しており、これが結構楽しめました。

アマゾンの内容紹介から。
日本のトップ企業や一流企業が大きく成長した独自のアイデア力をもとに、購買力をあげるために、消費者心理をくすぐる経済法則や心理学などを駆使した驚きのアイデアをまとめたクイズ本。
クイズ問題は61問収録。

思わず「( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェー」となることウケアイです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年12月11日

【名コンビ復活!】『IDEA HACKS!2.0』 小山龍介,原尻淳一

IDEA HACKS!2.0
IDEA HACKS!2.0


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、小山龍介さん&原尻淳一さんによる、お馴染み『HACKS!』シリーズの最新刊。

なんと、シリーズ第1弾の『IDEA HACKS!』の「2.0」バージョンであります。

お二人とも精力的に本を書かれていますが、このコンビで出されるのは久しぶりかと。

アマゾンの内容紹介から。
HACKSシリーズ第1弾の『IDEA HACKS!』をクラウド時代に合わせてパワーアップ!
平凡な人間が画期的なアイデアを生み出すノウハウを紹介します。全て新規書き下ろしです。
内容的には、思った以上に「深い」1冊でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 11:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年12月08日

東大生がひた隠しにしている『あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。』

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。
あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「マスコミ就職虎の巻」

何百倍、何千倍もの倍率で人材を厳選するマスコミ業界の入社試験に、各界の著名人がガチで挑戦すると言う興味深い1冊です。

アマゾンの内容紹介から。
「NHK」の就職試験に・・・あの「岩崎夏海」が、「博報堂/博報堂DYMP」の就職試験に・・・あの「箭内道彦」が、「読売新聞社」の就職試験に・・・あの「野口聡一」が、就活学生になったつもりで挑戦!!

就職活動中の大学生や大学院生はもちろん、就活前の学生(大学1、2年生)や、企画力や発想力を求める社会人も必読!!!
マスコミ業界のみならず、他業界に入社・転職する際にも役立ちそうな予感!?

なお、ちょっとアレな記事タイトルは「ホッテントリメーカー」作なので、ご留意を。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年11月20日

【クチコミ】「思わず人に教えたくなるネタ」7選@『営業部は今日で解散します。』

営業部は今日で解散します。 ~「伝える力」のアイデア帳 ~
営業部は今日で解散します。 ~「伝える力」のアイデア帳 ~


【はじめに】

◆先日、「未読本・気になる本」の記事でご紹介した、『営業部は今日で解散します。』

一見良く分からないタイトルとはうらはらに(?)、この本には「思わず人に教えたくなるネタ」が満載でした。

そこで今日は、その中から7つほどご紹介してみようかと。

TwitterやFacebookで流せば、ウケること間違いなし!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年04月28日

【知的生産術】『アイデアを形にして伝える技術』原尻淳一

アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)
アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ハックシリーズでもお馴染みの原尻淳一さん「知的生産術」に関するご本。

ウェブ上でも評判が良さそうだったので、買ってみたところ、なるほどかなり濃い目のコンテンツでした。

アマゾンの内容紹介から。
"効率的インプット"から"相手に確実に伝わるアウトプット"へ。そこからまた"新たなインプット"へ…。アイデアが溢れ出る仕組みはこうすれば必ずできる。ベストセラー著者にして凄腕マーケティング・プランナーがノウハウ全公開。新しい"仕事の教科書"。
まさに、"原尻流『知的生産の技術』"とも言える力作。

思わず付箋も貼りまくりです!

アイデアを形にする技術










人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク