スポンサーリンク

2014年04月22日

【権力を握る秘密】『独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門』木谷哲夫

独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門 (ディスカヴァー・レボリューションズ)
独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門 (ディスカヴァー・レボリューションズ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、マッキンゼー出身である木谷哲夫さんの、「権力」について解説した1冊。

「独裁力」という言葉からは、正直あまり良い印象は持てなかったのですが、実は組織を運営する上で、非常に大事な能力であることが分かりました。

アマゾンの内容紹介から。
権力アレルギーから脱皮せよ。そして、世界で闘おう。変化に迅速に適応し、組織が望む結果を得るために。リーダーもフォロワーも、すべてが知っておくべき「権力」のエンジニアリング。

世の中における様々な人事や企業合併等について、「そういう事だったのか!」と目からウロコが落ちること必至です!!

追記:今朝の日経2面にパナソニックの津賀社長が登場していますが、本書には、その「権力基盤を構築した方法」が紹介されていますので、こちらもぜひご確認を。


  続きを読む

Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年03月28日

【コンサル流?】『元NO.1外資系コンサルタントが教える逆説の思考』菅 正至

元NO.1外資系コンサルタントが教える逆説の思考
元NO.1外資系コンサルタントが教える逆説の思考


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で見かけてゲットした1冊。

著者の菅 正至さんは、「長く外資系企業にてコンサルタントや経営企画に従事し、外資の経営手法を日本企業に定着させる経験を積んできた」という経験をお持ちです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
まず常識を疑え!
外資系企業の要職を歴任した著者が体験から導き出した珠玉の「気づき」!

なるほど、経験が豊富なだけあって、中身はかなり「深い」です!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年02月13日

【イノベーション】『10年後躍進する会社 潰れる会社』鈴木貴博

10年後躍進する会社 潰れる会社
10年後躍進する会社 潰れる会社


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログで『戦略思考トレーニング』が大人気だった鈴木貴博さんの新作。

5つの業界において、「10年後」という「近未来」を予測されているのですが、これがなかなかに「目からウロコ」な内容でした。

アマゾンの内容紹介から。
自動車業界、銀行業界など、今話題の業界の10年後を、人気企業コンサルタントであり、ベストセラー『戦略思考トレーニング』の著者が予測する。確実に分かる未来を知ることで、私達がどうすべきかがわかる一冊。

「あの業界」「あの会社」が危ないだなんて!?


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年02月09日

【ビジネスモデル】『事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する』根来龍之

事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する
事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で目にして、思わず飛びついてしまった1冊。

早稲田大学ビジネススクール教授である根来龍之先生が、「ビジネスモデル」について解説されている「スゴ本」です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
注目のダントツ企業を題材にして、ビジネスを創造・発展させるための「5つのポイント」を解説します。
取り上げる事例は、アマソンの「キンドル」、セブン-イレブン、DeNA、ソフトバンク、玉子屋、サウスウエスト航空など。
それらの会社のビジネスモデルに埋め込まれたロジック(考え方)に注目し、「どういう発想で、勝つための仕組みを作り上げたのか」を解き明かします。

私もそうなんですが、「ビジネスモデル」好きの方なら、一読の価値アリです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年01月15日

知らないと損する『スマホは人気で買うな!』

スマホは人気で買うな! (日経プレミアシリーズ)
スマホは人気で買うな! (日経プレミアシリーズ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げた、吉本佳生さんの最新作。

その時は気が付かなかったのですが、本書はクイズ形式であり、ベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』の「経済学版」という位置づけなのだそう。

アマゾンの内容紹介から。
ビール500ml 缶が350ml 缶より安く売っている店があるのはなぜ? 学習塾がなぜ無料の夏期講習をするの? 儲かっているコンビニオーナーの一番の心配事は? モノの値段など身近なクイズで経済学思考が身につきます。

なお、タイトルは新年初めてで「ホッテントリメーカー」のお世話になりました!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年01月08日

【200の教え】『繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え』河野祐治

繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え
繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店でふと目にした1冊。

表紙の下の方に「東京カレンダー」とあったので、当初ガイドブック的なモノかと思いきや、ガチな経営本だったの巻w

アマゾンの内容紹介から。
頭から順番に読むのではなく、無作為に開いたページを自由に読むスタイル。たまたま開いたページを読むだけで、気がついたら繁盛店の感覚が身についてしまう不思議な教えが詰まったペーパーバック。

外食産業のみならず、「商売」の本質が学べることウケアイです!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年01月06日

【課金モデル?】『課金ポイントを変える 利益モデルの方程式』川上昌直

課金ポイントを変える 利益モデルの方程式
課金ポイントを変える 利益モデルの方程式


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、正月休み中にリアル書店でゲットした1冊。

著者の川上さんは経営学博士でいらっしゃるのですが、本書はとても分かりやすく、サクサク読んでしまいました。

アマゾンの内容紹介から。
残り99%のチャレンジャーが一人勝ちするためのビジネスモデルの発展型。「誰から」「どの商品で」「どんなタイミングで」儲けたらいいのか、8つのタイプに分け徹底解説。

ここで言う「99%のチャレンジャー」とは、中小企業+個人事業主のこと。

大企業流の経営学とはひと味違う、「ビジネスモデルのイノベーション」とは!?


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年10月18日

【セブン-イレブン流】『売る力 心をつかむ仕事術』鈴木敏文

売る力 心をつかむ仕事術 (文春新書 939)
売る力 心をつかむ仕事術 (文春新書 939)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEO、鈴木敏文さんの最新刊。

下記内容紹介にもあるように、ご自身だけでなく、異業種の方々の考え方にも触れられているのが、過去の著作とひと味違うところです。

アマゾンの内容紹介から。
「皆が反対することこそ成功する」――40周年を迎えるコンビニ業界トップのセブン-イレブンをはじめグループ総売上高九兆円の巨大流通企業、セブン&アイ・ホールディングスを率いる鈴木敏文さん。本書では秋元康、佐藤可士和、牛窪恵、鎌田由美子、小菅正夫各氏ら異分野の人々の考え方を引きながら、「『お腹がいっぱい』の人に何を食べさせるか」「海辺の店でなぜ、梅おにぎりが大量に売れるのか?」「人は『得』より『損』を大きく感じる」「動物の『絞り込み』で成功した旭山動物園」といった身近な話題を基に独自の経営理念を分かりやすく説いています。

サブタイトルには「仕事術」とありますが、やはりメインタイトルの方の「売る力」の方のマーケティングネタが満載でした!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年09月29日

【マーケティング】『「戦略力」が身につく方法』永井孝尚

「戦略力」が身につく方法 (PHPビジネス新書)
「戦略力」が身につく方法 (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、久々のマーケティング本

著者の永井さんは、シリーズ40万部突破の『100円のコーラを1000円で売る方法』を書かれた方なのですが、そちらと違って本書は物語形式ではありませんのでご安心をw

アマゾンの内容紹介から。
自分の仕事を「見える化」し、結果を出して、自分で評価し、かつ自分で説明できること。日々の業務に仮説検証プロセスを取り入れ、現場やチームメンバーと共有するかたちで仕事を進める。できあがった資料は組織の改善活動にそのまま活かされる。人、組織を巻き込み、成果を上げる戦略を紹介。

この部分だけだと、ピンと来ないかもしれませんが、実際には事例も豊富で分かりやすかったです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年09月22日

【オススメ!】『たくさん売りたきゃお願いするな! 「この人から買いたい」と思われる27の鉄則 』佐藤勝人

たくさん売りたきゃお願いするな! 「この人から買いたい」と思われる27の鉄則
たくさん売りたきゃお願いするな! 「この人から買いたい」と思われる27の鉄則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「来客リピート率80%、利益率40%を叩きだす、伝説のカメラ小売チェーン」である「サトーカメラ」のヒミツを明かした1冊。

本店のある宇都宮には、ヤマダ電機やケーズデンキ、ヨドバシカメラといった大手チェーン店があるにもかかわらず、栃木県のカメラ販売シェアでは15年連続ナンバーワン、県内のデジタル一眼の販売シェアでは50%以上というのですから、これはもう只者ではありませぬ。

アマゾンの内容紹介から。
大企業のトップ営業マンが次々研修に訪れる伝説のカメラ店の「販売の達人」が明かす、お客に"100%好かれる方法"。

販売に関係する方なら、必読です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年07月14日

【超仕組み化?】『無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい』松井忠三

無印良品は、仕組みが9割  仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)
無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「無印良品」で知られる「株式会社良品計画」会長・松井忠三さんが、無印良品の強さのヒミツを語った1冊。

昨夜、土井英司さんのメルマガが一足先に取り上げてらっしゃったので、ご存知の方も多いと思います。

アマゾンの内容紹介から。
38億円赤字からの「V字回復」を実現した経営者が語る、シンプルな仕事哲学。あらゆる会社・チームをよみがえらせる「仕事の仕組み」とは?「決まったことを、決まった通り、キチンとやる」だけで生産性は3倍に!

私たちビジネスパーソンも参考にすべき「仕組み化」が学べること必至です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年06月22日

【トヨタ流】『トヨタが「現場」でずっとくり返してきた100の言葉』若松義人


トヨタが「現場」でずっとくり返してきた100の言葉 (PHPビジネス新書)
トヨタが「現場」でずっとくり返してきた100の言葉 (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、文字通り「トヨタで言い伝えられてきた言葉」の数々を集めた1冊。

さすが「世界のトヨタ」と呼ばれるだけあって、「なるほど」と思わせられるものが多かったです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
販売台数世界一、利益1兆円達成!
世界のトヨタが60年間使い込んできた「不文律」を完全公開。

本書における「トヨタ式のものの見方や考え方、行動の仕方」は、ビジネスシーンや人生においても、役に立つことうけあいです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年06月20日

【ぶった斬り?】『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』山田 修

本当に使える経営戦略・使えない経営戦略
本当に使える経営戦略・使えない経営戦略

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも注目を集めていた1冊。

お恥ずかしながら、私は「名著」と呼ばれる経営本の多くをキチンと読んでいなかったのですが(ヲイw)、本書によって、概略的に学ぶことが出来ました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書はマイケル・ポーター以来、世に溢れてきた経営セオリーで主要なモノを取り上げ、それぞれの限界や実経営にそぐわない点を挙げ、理由を述べる。
さらに実経営に貢献できる経営セオリーを指摘し、その活用方を示す。

今回は特に、「使えない経営戦略」を7つ列挙してみましたので、ご覧下さい!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年05月20日

【組織崩壊?】『崩壊する組織にはみな「前兆」がある』今村英明

崩壊する組織にはみな「前兆」がある: 気づき、生き延びるための15の知恵 (PHPビジネス新書)
崩壊する組織にはみな「前兆」がある: 気づき、生き延びるための15の知恵 (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「東大法」「三菱商事」「スタンフォード大MBA」「ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)」という経歴をお持ちで、現在は信州大学経営大学院教授である今村英明さんによる「企業分析本」。

タイトルにもあるように「崩壊する組織」の前兆を15個列挙されています。

アマゾンの内容紹介から。
「社長の発言がころころ変わる」「社員が上司の顔色ばかり見ている」……多くの企業を見てきたプロが明かす、組織崩壊の前兆とは?

アナタの会社は大丈夫ですか……?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年04月16日

【待望の新刊!】『経営センスの論理』楠木 建

経営センスの論理 (新潮新書)
経営センスの論理 (新潮新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』(『スト競』)で知られる楠木 建さん待望の新刊。

あれだけのヒットの後、この3年間新刊を出されていなかったワケですから、『スト競』ファンの私としては、リアル書店で迷わずゲット致しました!

アマゾンの内容紹介から。
会社をよくしたければ、スキルよりもセンスを磨け! 「よい会社」には根幹の戦略に骨太な論理=ストーリーがあり、そこにこそ「経営センス」が現れる――。気鋭の経営学者が縦横に語り尽くした「経営の骨法」。

確かに、様々な事象に関して縦横無尽に語られていました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年04月15日

【46の習慣】『3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則』上野光夫

3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則
3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、装丁で勘違いして、以前読んだと思っていた自己啓発本

著者の上野光夫さんは、日本政策金融公庫勤務時代に出会った経営者は3万人を超え、融資総額は約2000億円にのぼるのだそうです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
心が折れない社長が無意識に行っている行動や心がけを、リアルな実例を出しながら46例紹介!
強い心をつくるためのヒントがいっぱいの本です。

なるほど、こういう経営者が成功を掴むんですね!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年03月04日

【名言集】『鈴木敏文「逆転発想」の言葉95 なぜセブン-イレブンだけが強いのか』勝見 明

鈴木敏文「逆転発想」の言葉95  なぜセブン-イレブンだけが強いのか (PHPビジネス新書)
鈴木敏文「逆転発想」の言葉95 なぜセブン-イレブンだけが強いのか (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、セブンイレブン創業者でセブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長である鈴木敏文さんの言葉を集めた1冊。

著者は、鈴木さんとは10年来の付き合いであり、鈴木さんに関する著書も多い勝見 明さんです。

アマゾンの内容紹介から。
業界の草分けであり、今なお圧倒的な業界ナンバーワンであるセブン‐イレブン。その創業者であり、巨大流通グループ・セブン&アイグループのトップである鈴木敏文氏の鋭い視点は、まさに今までの見方を180度変えてしまうような「逆転発想」と呼ぶべきものばかりである。本書はそんな鈴木氏の名言から、「鈴木流経営学」の真髄を解き明かしていく。

セブンイレブンの強さのヒミツがここに!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年03月03日

お前らもっと『ヤバい経営学』の凄さを知るべき

ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実
ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、東洋経済新報社さんの「ヤバい」シリーズの最新刊。

「経済学」「社会学」と来て、今度は「経営学」であります。

アマゾンの内容紹介から。
欧州No.1ビジネススクールの人気若手教授による初の著書。世界で行われている、経営のおかしなこと、間違っていることを痛快に解き明かす。余談たっぷりで読み口は軽いものの、内容はすべてアカデミックでの知見や、豊富な企業の調査やコンサルティングの経験から得た事実に基づいて記述されている。常識を裏切る内容の数々、読み物として面白さと新しい視点の気づき・発見の多さは『ヤバい経済学』にも匹敵する。紹介するトピックは、M&A、リストラ、成果主義、イノベーション、経営戦略、組織改革など。

今回は特に、経営上「良い」と思われているものの、実はそうでもないものについて7つ選んでみました。

なお、タイトルは「ホッテントリメーカー」作であります。

161011追記:Kindle化されました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年02月25日

【ブラック企業?】『儲かる会社、つぶれる会社の法則』に学ぶヤバイ会社の7つの特徴

5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則
5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャー」である藤野英人さんによる「会社あるある」本。

実際に投資の判断を下すために会社を観察されているだけあって、「なるほど」と思わせられる点が多かったです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
5300社の会社を訪問し、5700人の社長と会って投資判断をして、優秀な成績の「ひふみ投信」(2012年R&I最優秀ファンド賞受賞)のファンドマネジャーが明かす、会社の見分け方。
「買い」の会社と、「要注意」の会社とは?

今回はその中から「ヤバイ会社」の特徴を7つ選んでみましたので、ご覧ください。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年02月11日

【TDR】ディズニーランド経営のヒミツ7選

子どもといく 東京ディズニーリゾート ナビガイド 2012-2013 シール100枚つき (Disney in Pocket)

【はじめに】

◆今日は三連休最後の日ということで、ディズニー、特にTDR(東京ディズニーリゾート)の経営のヒミツについて掘り下げた本をご紹介してみようかと。

今まで鬼のように出版されてきたディズニー本を基本的にスルーしてきた私ですが、先日読んだ『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』でディズニーの収益ネタの話が気になっていたので、思わずリアル書店で購入してしまいました。

アマゾンの内容紹介から。
30年間右肩上がりの「経営マジック」とは?夢の国の「儲けのしくみ」を徹底解明。

今回は特に「なるほど!」と思わせられたポイントを7つ選んでみましたので、ご覧ください。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年11月10日

【50億?】『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』大塚 健

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!
難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、株式会社K-BOOKS代表取締役会長である大塚 健さんの仕事術&経営本。

最初タイトルを聞いた際には、ちょっと胡散臭さを感じたのですが、これがまたどうして、ガチに稼いでいらっしゃいました。

アマゾンの内容紹介から。
カネなし、コネなし、筋ジストロフィー。マイナスからのスタート。常識破りの仕事術と人材育成術。

たとえ「他力本願」であっても、「ラクして儲ける」のとは全く違いますので、ご了承ください!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年10月21日

せっかくだから『ビジネスで失敗する人の10の法則』について語るぜ!

ビジネスで失敗する人の10の法則
ビジネスで失敗する人の10の法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、数年前に出て話題となった、コカ・コーラ元社長ドナルド・R・キーオ氏による経営本。

私は諸事情により未読でしたが、某著者さん「え? マジ読んでないの?」的なアドバイスにより、今般読了致しました。

アマゾンの内容紹介から。
会社がうまくいかない理由は経営者や社員の個人的資質にある。10の法則が1つでも当てはまるならあなたの仕事は高確率で失敗だ。コカ・コーラの社長として12年間にわたり全世界の事業展開を指揮し、数々の成功と名声を得てきた経営者が、60年以上のビジネス経験から導き出した法則を初公開。

今ならマーケットプレイスでお手軽価格により入手することが可能です。

なお、タイトルは「ホッテントリメーカー」のお世話になりました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年10月16日

【戦略】『新しい市場のつくりかた』三宅秀道

新しい市場のつくりかた
新しい市場のつくりかた

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事の中で取り上げた1冊。

結構分厚い本なのですが、それを感じず読みきれました!

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書では、経営学の研究者として、主としてものづくりの現場を歩き、新市場の創造に成功した企業を多く見てきた著者が、経営学をベースに新しいビジネスの戦い方、企画発想のヒントを説いたものである。(中略)
ビジネスのヒントが詰まった、気鋭の経営学者による、日本発の新しい経営書がここにある。

『ストーリーとしての競争戦略』がお好きな方なら、要チェックです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年09月07日

もしものときのための『成功を引き寄せる名経営者の言葉』 10選

成功を引き寄せる名経営者の言葉
成功を引き寄せる名経営者の言葉


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、日本の著名企業経営者の皆さんによる「名言」の数々をまとめた作品。

本書の帯によると「土光敏夫、小林一三、渋沢栄一ほか実行力のある経営者たちの言葉を収録」とのことです。

アマゾンの内容紹介から。
「不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、平等に与えられた条件にすぎない。」先行きに明るさを見いだせない現代でも、前に強く踏み出す人は確かに存在する。逆境にもへこたれない、希望を見出す言葉。

まさに、今のような時代だからこそ、読んでおきたい作品かと。

なお、タイトルは「ホッテントリメーカー」のお世話になりましたw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年07月04日

【5つの問い】『クランチ・ポイント―危機を成功に導くリスクマネジメント・トレーニング』ブライアン・トレーシー

クランチ・ポイント―危機を成功に導くリスクマネジメント・トレーニング
クランチ・ポイント―危機を成功に導くリスクマネジメント・トレーニング


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログでは『フォーカル・ポイント』でお馴染みのブライアン・トレーシーによる「リスクマネジメント」に関する1冊。

タイトルにある「クランチ・ポイント」とは「窮地」のことであり、本書はこうした場面で取るべき行動を指南してくれています。

アマゾンの内容紹介から。
重要な顧客の喪失、投資の打ち切り、損害賠償訴訟…絶望的な状況こそ、圧倒的な成功を収めるチャンス。危機にとるべき21の行動を徹底解説。

今回は本書の中から「ライフハック風」に「5つの問い」を選んでみました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(1)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月23日

【オススメ】『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』鶴岡弘之

一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある (PHP新書)
一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある (PHP新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、世間的には無名な中小企業たちの、ユニークな経営についてフォーカスした1冊。

「限られた資源でも、ここまで突き抜けることができる」という事実は、読む人を励ましてくれることウケアイです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
3年にわたる日本各地の取材のなかから独創的な商品、サービス、経営手法で業績を伸ばしている11の会社を厳選して紹介。強い思いや信念に基づいた仕事への取り組みは、いかにして規模に左右されない経営の真実を生むのか。経営戦略の事例集としてだけでなく、自分もこのように働きたいという「幸せな働き方」の教科書として、万人に読んでもらいたい1冊。あなたの理想の会社は、町のそこの通りを曲がったすぐそばにある!

いくつかのエピソードでは、お恥ずかしくも感動して、ちょっぴりウルっと来てしまいました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月20日

【新グローバル】『グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる』倉本由香利

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ブログ「My Life After MIT Sloan」でお馴染みの倉本由香利さんのデビュー作。

何でも初日から重版が決まったそうで、アマゾンでも品薄になってしまうほどの人気ぶりです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
2013年、先進国と新興国の経済規模が逆転。
日本人の強みを生かして「失われた20年」を終焉させる新しいグローバル化とは何か?

日本企業の現場でグローバル化をリードする著者が示す、グローバル人材を育成し、組織を変革するためのバイブル。

ブログ読者の皆さんならご想像がつくように、かなり骨太な内容で、読み応え満点でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月09日

【オススメ】『ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問』牧田幸裕

ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問
ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前『ラーメン二郎にまなぶ経営学』を取り上げさせて頂いた牧田幸裕さんの戦略本。

『二郎本』と違って(?)、今回はかなり「ガチ」な内容ですが、図表や具体例が多く、分かりやすかったです。

アマゾンの内容紹介から。
多くの日本企業で現状を打破する経営戦略が描けていないのはなぜなのか。経営戦略なる代物は、そもそも役に立たないものなのか。この問いに答え、多くの日本企業が経営戦略策定のどこで躓き、どうすれば経営戦略を機能させ、競争力を高められるのかを明らかにする。

相変わらずポーターの『競争の戦略』に手が出せていない方にもオススメです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年05月20日

【これはスゴイ!】『経営学を「使える武器」にする』高山信彦

経営学を「使える武器」にする
経営学を「使える武器」にする


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、超実践的な「戦略策定」のノウハウが学べる1冊。

本自体は厚くないのですが、中身の濃さに圧倒されました。

アマゾンの内容紹介から。
定石を極めてこそ革新がある。幾多の大企業を蘇らせた「伝説の研修」を初公開!経営書から学んだ他社の成功戦略を適用しても、会社はピクリとも動かない……。そんなケースが大多数のなか、自社における「正解の戦略」を本当に掴み取るためには何をすべきなのか。東レ、みずほ、JR西日本、商船三井など、業界も規模も多岐にわたる数十社で、劇的な事業革新をもたらした実践的経営学、そのノウハウの全て。

本書を読めば、ポーターの『競争優位の戦略』を、自分の会社で実践することができるかも!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月15日

【実践的!】『つぶれない会社に変わる! 社長のお金の残し方』吉澤 大

つぶれない会社に変わる! 社長のお金の残し方
つぶれない会社に変わる! 社長のお金の残し方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、税理士・吉澤大さんの最新作。

吉澤さんが今まで出されている会計本や自己啓発本とは違い、本職である資金繰り関係について掘り下げてらっしゃいます。

アマゾンの内容紹介から。
無借金経営を目指さない、“お金のアウトレットショップ”を使う、借りられる時に借りておく、お金はできるだけ個人で残す、自宅は会社名義にする…「小さい会社」だからできるこれから10年、勝ち残る方法。

経営者の方や、財務関係者、さらには同業である税理士の方なら、必読の内容だと思われ!

……私は購入特典の「運転資金計算書 ひな形」他、「4大アイテムプレゼント」が有り難かったのですがw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月09日

【オススメ】『「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ』鈴木博毅

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、名著『失敗の本質』のエッセンスを分かりやすく解説した1冊。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

さらに本書では、現代の企業経営の事例にも当てはめて、「日本人の本質」にまで迫っているのが特徴です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
『失敗の本質』は素晴らしい示唆を含みながらも難解で、最後まで読み通せた人、きちんと理解できた人は少ないかもしれません。
そこで、本書は若手戦略コンサルタントが23のポイントに整理して、日本軍と日本企業が直面する「共通の構造」を、普通のビジネスマンでも理解できるようにやさしくまとめた本です。みなさんが所属するあらゆる組織への応用も可能です。
「あのとき」と変わらない日本人が陥る思考・行動特性を明らかにした名著には、組織再生、日本再生へのヒントが満載です。

想像以上に読みやすく、かつ、ためになるスゴ本でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年03月03日

【行動経済学】『鈴木敏文の実践!行動経済学』

朝日おとなの学びなおし 経済学 鈴木敏文の実践!行動経済学 (朝日おとなの学びなおし 経営学)
朝日おとなの学びなおし 経済学 鈴木敏文の実践!行動経済学 (朝日おとなの学びなおし 経営学)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、セブン-イレブン・ジャパンの代表取締役会長・CEOの鈴木敏文さんの「思考」に迫る1冊。

鈴木さんの本を数多く手がける、ジャーナリストの勝見 明さんとの問答形式により、セブン・イレブングループの戦略の意図を解き明かしています。

アマゾンの内容紹介から。
「顧客はなぜ、その商品を手にとるのか」。セブン・イレブン総帥の鈴木敏文氏の経営のコツは、注目の行動経済学のセオリーに通じる。「フレーミング効果」「損失回避性」など、抽象的な経済用語が、コンビニ・ビジネスの現場で叩き上げられた「鈴木語録」によって、みるみる理解できるようになる。コンビニだけでなく、さまざまなビジネスに、部下のマネジメントに役立つ「最新の経営バイブル」。

タイトルや装丁は軽めですが、中身はなかなか濃厚でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年02月20日

【名著】『パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法』ジョエル・バーカー

パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、結構昔の本でありながら、未だアマゾンのマーケットプレイスでもそれほど値崩れしていない「名著」。

たまたまHONZのこのエントリー(関連書籍の部分)で、私も何冊か著作を拝読させて頂いている内田和成先生が激プッシュされていることを知り、「これはご紹介しておかねば」、と思った次第です(遅すぎw)。

アマゾンの内容紹介から。
1980年代、どん底に沈んだ数々の米国企業に新しい理念を吹き込み、復活への精神的支柱となった著者が、しなやかな発想と成功のルールについて解き明かす。人間を、企業を、そして社会を支配するパラダイムの驚くべき力。

つい先日付箋を貼った本の画像を載せたばかりなので今回は割愛しますが、貼った枚数からいったら、今までの上5冊に入るくらいの充実ぶりでした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年02月12日

【コンビニ三国志?】『コンビニだけが、なぜ強い?』吉岡秀子

コンビニだけが、なぜ強い? (朝日新書)
コンビニだけが、なぜ強い? (朝日新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、コンビニ上位3社を分析しまくった1冊。

著者の吉岡秀子さんは、「自他共に認めるコンビニウォッチャー」であり、以前『セブン-イレブンおでん部会』を書かれた方でもあります。

アマゾンの内容紹介から。
不況にあえぐ小売業界のなかで唯一右肩上がりの業績のコンビニ。「小売」だけに留まらず「サービスステーション」の道を歩みだしたコンビニの現在を徹底取材。セブン-イレブン「御用聞きへの道」、ローソン「多面化で個性のある店舗展開」、ファミリーマートの「グローバル展開」……。三者三様の戦略から、不況日本の生きる道が見えてくる。

さすが右肩上がりだけあって、ビジネスヒントが満載でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月02日

【任天堂の力!】『ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力』ジェフ・ライアン

ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力
ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨年末、成毛眞さんに「今年最後のおススメ本になるかもしれない。それも飛び切りのおススメ本なのだ」と言わしめた1冊。

今や日本を代表する企業となった任天堂の成長過程を、アメリカサイドから検証するという興味深い内容です。

アマゾンの内容紹介から。
なぜ任天堂「だけ」がアメリカで成功できたのか?世界を魅了し続ける日本企業の栄光と試練。気鋭のアメリカ人ジャーナリストが迫る。
2012年最初にご紹介する本にふさわしい濃厚さでした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月30日

【ゴーン流!?】『日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ』漆原次郎

日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ
日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げた時点で、結構な反響があった1冊。

最近好調な日産の秘訣は、「クロスファンクショナルチーム」と並んで、日産独特な「会議のやり方」にありました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
日産の会議は考え抜かれ、合理的・効率的で、工学的に美しい。かつての日産と今の日産の違いは、この会議の在り方に集約されるといってもいい。
「意思決定者が出席しない!」「議事録もつくらない!」などの驚くべき会議手法を、日産自動車V-up推進・改善支援チームの全面協力のもと、日産の会議で使われる「11のツール」や「憲法」と合わせて明らかにする。つまらない会議、無駄な会議を連日繰り返す日本のサラリーマンや組織人にとって衝撃の書。
日本人の会議が明日から変る!

「クロスファンクショナルチーム」の方は、簡単には導入できませんが、こちらはその気になればかなり実践可能なハズ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年11月25日

【スゴ本】『勝てば官軍―成功の法則』藤田 田

勝てば官軍―成功の法則
勝てば官軍―成功の法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、日本マクドナルド創業者、藤田 田さんの最後の著作。

以前、本田直之さんに薦められて購入したものの、積読状態になっていました。

今般、やっと手をつけたところ、さすが本田さんがプッシュされるだけあって、中身は非常に濃厚。

1996年の本なのですが、今読んでもほとんど色あせていないのがスゴイです。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年11月07日

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『7つの危険な兆候』の真実

7つの危険な兆候 企業はこうして壊れていく
7つの危険な兆候 企業はこうして壊れていく


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「企業の失敗例」を徹底的に検証し、その原因と対策について掘り下げた1冊。

経営者や投資家のみならず、私たちビジネスパーソンが読んでも参考になる内容です。

アマゾンの内容紹介から。
過去25年分750件の失敗事例を徹底検証。名だたる企業・エリートでも陥る戦略の罠とその回避策とは。
本書の表紙裏にあった「さあ、名だたる企業が何億ドルも損失を出して教わってきたことを、われわれは、本書で学ぼうではないか」というフレーズには、思わず納得!

なお、タイトルは「ホッテントリメーカー」のお世話になりました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年10月27日

【アマゾンキャンペーン有】『幸福の商社、不幸のデパート』水野俊哉

幸福の商社、不幸のデパート ~僕が3億円の借金地獄で見た景色~
幸福の商社、不幸のデパート ~僕が3億円の借金地獄で見た景色~


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、水野俊哉さん久々の新刊。

今までの作品でも断片的に触れられていた、著者としてデビューする前の「経営者としての体験」を赤裸々に綴ったものです。

それはまさに「天国から地獄」。

サブタイトルにもあるように「3億円の借金地獄」を背負った水野さんの経験から、私たちも多くのことを学べるに違いありません。

なお、本日からスタートするアマゾンキャンペーンのお知らせもありますので、お見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年09月03日

【理系思考】『サイゼリヤ革命―世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話』山口芳生

サイゼリヤ革命―世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話
サイゼリヤ革命―世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ご存知カジュアル・イタリアンのサイゼリヤについて、「第三者的な目から」迫った1冊。

先日ご紹介した『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』が、創業者で会長の正垣泰彦さんの手によるものであるのに対し、本書は『月刊食堂』誌上で連載された「サイゼリヤ革命」を担当した山口芳生さんが、正垣会長だけでなく、その周囲の方からも話を聞いて書き上げたものとなっています。

その分、多角的にサイゼリヤが分析されていて、読みどころも多々。

思わず付箋も貼りまくりました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月21日

【目から鱗の経営本】『どうする? 日本企業』三品和広

どうする? 日本企業
どうする? 日本企業


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログらしくない(?)骨太の経営本。

土井英司さんがメルマガで激賞されたおかげで、アマゾンでは品切れになっていたため、近所の書店にて購入しました(現在は在庫復活したようです)。

アマゾンの内容紹介から。
成長ありきの経営はもう止めよう。腕時計、ピアノ、鉄などの事例から、日本企業がはまった落とし穴を検証。イノベーション、品質、多角化、国際化の難しさと恐さを示し、活路を探る。
経営本というと、苦手に感じられる方(含む私)は多いと思いますが、本書は一気に読み切れる面白さでした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月16日

【リーダー論】『これからのリーダーに知っておいてほしいこと』中村邦夫

これからのリーダーに知っておいてほしいこと
これからのリーダーに知っておいてほしいこと


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、パナソニック株式会社代表取締役会長である中村邦夫さんの経営本。

ドラッカリアンの一人として知られ、実力・実績がありながらも、中村さんには「自分に一人に焦点が当てられて、自慢と受け止められるような話を本にしない」という信念がおありでした。

しかし、「先行きが見通しにくいいま、若いリーダー層に向けて松下幸之助の経営哲学について参考になる話をしてほしい」との要請が松下政経塾とPHP研究所から中村氏にあり、「最初で最後」との約束でロングインタビューを了承。

そのインタビューを元に、編集サイドからの質問と、それに応じる中村氏の回答、さらに松下幸之助氏の著作からの抜粋というスタイルに再構成したのが本書になります。

ただ本書は、「旧来の幸之助神話を壊した男」と言われる中村氏の肉声に接することができる、という点だけでも読む価値があるのではないか、と。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年07月24日

【スゴ本】『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』正垣泰彦

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、サイゼリヤの創業者で現会長である、正垣泰彦さんの初の著書。

以前、こちらの記事を拝読し、もし正垣さんがご本を出されたら絶対読もうと思っておりました。

サイゼリヤがすげーw - teruyastarはかく語りき

ですから本書もリアル書店でチェックすることなく、アマゾンアタック!

実際、中身も予想通りスゴくて、付箋貼りまくりました。

外食関係者のみならず、全てのビジネスパーソン必読の1冊かと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(2)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月27日

【スゴ本再び】『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』カーマイン・ガロ

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨年、当ブログでも大ヒットとなった『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』の続編。

前作がジョブズの「プレゼンスキル」に特化していたのに対し、今回はジョブズの仕事全般について、多面的に掘り下げています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
iPhone、iPadなど画期的な製品で世界を変え、アップルを世界トップクラスの企業に復活させたカリスマ、スティーブ・ジョブズ。本書では、過去30年にわたり、スティーブ・ジョブズが人生や仕事で活用してきた法則を徹底的に解き明かします。この法則を取り入れると、生き方や仕事の進め方を変革し、自分の可能性を最大限に発揮できるようになります!
「こんなとき、ジョブズならどうするか?」がわかります!
前作がツボだった方はもちろん、「ジョブズのやり方」を垣間見たい方ならオススメです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月12日

【ユニクロ流】『柳井正の希望を持とう』

柳井正の希望を持とう (朝日新書)
柳井正の希望を持とう (朝日新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の未読本記事でも取り上げた、ユニクロの柳井 正さんの新刊。

朝日新聞土曜版「be」に連載されたコラムをベースにしているだけあって、中身が濃い割にはとても読みやすい印象を受けました。

アマゾンの内容紹介から。
ユニクロのカリスマ経営者が、元気のない日本のビジネスマンに向けて語る仕事論。人生は自分が主役だという信念を持ち、自分に期待すれば、どんなときでも希望を持つことはできる。自分に期待して、自分が人より少しでも得意な部分を探し、一生懸命に磨くことで必ず活路は開ける。業種、業界を問わず、すべてのビジネスマンに役立つ仕事に取り組む姿勢、ヒントが満載!
学生さんから経営者まで、幅広い層に受け入れられそうな1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年05月31日

【スゴ本】『プロフェッショナルコンサルティング』波頭 亮,冨山和彦

プロフェッショナルコンサルティング
プロフェッショナルコンサルティング


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、日本が誇るトップコンサルタントである波頭 亮さん冨山和彦さんの対談本。

日本企業の問題点から、若手コンサルタントへの提言等、極めて濃いお話が、これでもかと詰め込まれていました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
戦略系コンサルタントの第1人者・波頭亮氏と、企業再生の実践派コンサルタント・冨山和彦氏が、コンサルティングの心髄を解き明かす! カネボウ
再生の決め手となったたった1行のソリューション、NTTドコモと東京デジタルホンのケーススタディ、などこの2人だから話せる経営のリアルが語り尽くされた対談。
思わず付箋も貼りまくり。

プロフェッショナルコンサルティング









人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月27日

【仕事術】『天才が集まる会社の仕事術〜グーグル10の黄金律』桑原晃弥

グーグル 10の黄金律 (PHP新書)
グーグル 10の黄金律 (PHP新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、主にグーグルの主要3巨頭(ラリー・ペイジセルゲイ・ブリンエリック・シュミット)の言葉を集めた仕事術の本。

ライバルであるアップル社では、スティーブ・ジョブズの関連本が数多く出ているのに対し、グーグルは会社にフォーカスされることはあっても、ジョブズほど「人」にスポットが当たることはなかった気がします。

そこで、『スティーブ・ジョブズ名語録』の著者である桑原晃弥さんが、過去のグーグル本や雑誌からグーグルらしい象徴的なフレーズを抽出。

それらを、グーグルの10の黄金律ごとに編集しなおしたのが本書です。

メインタイトルでは「10の黄金律」の方が使われていますが、本書はそれ自体を掘り下げたものではないので、私はむしろ、サブタイトルである「天才が集まる会社の仕事術」の方がしっくりくるのではないか、と。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月18日

【成功者のヒミツ】『敗者の錯覚―あなたの努力が実らない40の理由』鈴木信行

敗者の錯覚―あなたの努力が実らない40の理由
敗者の錯覚―あなたの努力が実らない40の理由


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、成功するための「経営のエッセンス」が詰まった1冊。

著者の鈴木信行さんは、現在『日経ビジネス』の副編集長であり、本書は前職の『日経トップリーダー』で連載していたものを大幅に加筆・修正し、再構成したものになります。

仕事で数多くの成功者の話を聞いた鈴木さんは、「成功者の多くは、仕事から日常生活まで、私たちとは異なる思考で行動している」という事が分かったのだそう。

本書ではその「違い」を40にまとめて、コンパクトに列挙。

経営者のみならず、ビジネスパーソンでも当てはまる「成功法則」が知りたい方なら必読です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月03日

【マル秘?】『創業者夫婦が初めて語る「やずや」の秘密』栢野克己

創業者夫婦が初めて語る「やずや」の秘密
創業者夫婦が初めて語る「やずや」の秘密


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログとしては珍しい「ガチ」経営本

「やずや」の創業者である、故・矢頭宣男さんと、その後を継いだ美世子夫人に、著者である栢野克己さんがそれぞれ話を伺ってまとめあげたのが本書です。

アマゾンの内容紹介から。
10代は受験失敗、20代は就職・転職に失敗、30代の起業では1年で4回廃業、40代前半は“倒産”借金失意の日々。そんな“脱落者”が44歳で目覚め、年商6千万円が、今や400億円。
読むと勇気がもらえる1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!


  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年12月04日

【価格戦略】『マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか? クーポン・オマケ・ゲームのビジネス戦略』吉本佳生

マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか? クーポン・オマケ・ゲームのビジネス戦略 (講談社BIZ)
マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか? クーポン・オマケ・ゲームのビジネス戦略 (講談社BIZ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『スタバではグランデを買え!』でお馴染みの、吉本佳生さんの最新作。

今回のテーマは「クーポン・オマケ・ゲーム」という、中高生にとって身近なテーマであり、かつ、その世代が読んでも理解がしやすいよう、分かりやすい具体例が豊富に収録されています。

かといって、中身も中高生レベルかというとあにはからんや

ビジネス書を読み漁っている私にとっても、かなり深い内容が展開されていました。

特に、ビジネスモデルプライシングに興味のある方なら、必読の1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク