スポンサーリンク

2012年01月15日

【文章術】『伝わる!文章力が豊かになる本』小笠原信之

伝わる!文章力が豊かになる本
伝わる!文章力が豊かになる本


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の未読本関係の記事でご紹介した1冊。

昨年の6月にご紹介して、当ブログでも人気(月間ランキング9位)だった『伝わる!文章力が身につく本』の続編です。

伝わる!文章力が身につく本
伝わる!文章力が身につく本

本書も、前作同様「文章を書く機会がある方」なら知っておきたい点が多々。

「語彙力・表現力を高める」80のコツとテクニックをご覧アレ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む

Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年12月04日

【文章術】『Twitterで磨く! 20代からの「国語力」』福嶋隆史

Twitterで磨く! 20代からの「国語力」
Twitterで磨く! 20代からの「国語力」


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、Twitterを使った「文章術」のご本。

著者の福嶋隆史先生は、国語のスペシャリストであり、多くの著作を出されています。

そんな先生が注目されたのが、Twitter。

本書では、Twitterを利用することで、「言語コミュニケーション能力を磨き、日常生活を豊かに」していくことを目指しています。

果たして私も、ふぁぼられまくられるようになるのでしょうか?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年11月10日

【文章術】『150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方』高橋フミアキ

150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方
150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、久しぶりに文章術の本。

先日某リアル書店で平積みで大展開しているのを見て、思わず買ってしまいましたw

アマゾンの内容紹介から。
手紙・ブログ・メールから作文・自己PR・小論文・報告書まで…ニガテだった文章がみるみる書けるようになる10の文章パターンと48のテクニック。本当に書けるノウハウ満載。
短文から長文まで、パターン満載で勉強になりました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年10月02日

【文章術】『書くことが思いつかない人のための文章教室』近藤勝重

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日まとめ記事を書いたばかりの文章術の本。

著者の近藤勝重さんは、毎日新聞専門編集委員であり、かつては「サンデー毎日」の編集長だった方です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
ネタが浮かばないときの引き出し方から、共感を呼ぶ描写法、書く前の構成メモの作り方まで、すぐ使える文章のコツが満載。例題も豊富に収録、解きながら文章力が確実にアップする!
純粋に「良い文章」を書きたい方なら、一読の価値アリです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年09月29日

【計10冊】目的別に文章術本を選んでみました


Printing my articles / the Italian voice



【はじめに】

◆当ブログにおける、定番テーマの1つが「文章術の本」

ちょうど、はてなブックマークの人気エントリー文章力の記事があるので、便乗することにしましたw

文章術のカテゴリーとしてご紹介した中から、4つの目的別に選んだ本、計10冊。

必要に応じてご覧下さいませ。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 19:31
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年09月26日

【実践的】『文章は「書く前」に8割決まる』上阪 徹

文章は「書く前」に8割決まる
文章は「書く前」に8割決まる


【本の概要】

◆今日お送りするのは、当ブログでも『書いて生きていく プロ文章論』をご紹介したことのある、上阪 徹さんの新刊。

『プロ文章論』が文字通り「プロ向け」であったのに対し、本書は私たち「ビジネスパーソン向け」仕様となっています。

アマゾンの内容紹介から。
文章がうまいと言われる人たちが、ひそかに心がけていることとは?「文章のプロ」が伝授する実践文章論58のルール。
なるほど、私自身気を付けたいTIPSが多々ありました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年09月09日

【スゴ本】『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎

いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書 920)
いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書 920)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、コラムニストの堀井憲一郎さんによる「プロの文章術」の本。

「お金がもらえる文章」がどのようなもので、どのように書くべきかが、分かりやすく書かれています。

またそのことは同時に、ブログ等で人気を得るためにも有用であることは明らか。

私自身、ブロガーであるからかもしれませんが、鬼のように付箋を貼ってしまいました。


多くの人に読まれる文章を書きたい方なら必読です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年08月31日

【77のルール】『ラクに書けて 通る企画書 77のルール』富田眞司

ラクに書けて 通る企画書 77のルール
ラクに書けて 通る企画書 77のルール


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、初心者〜中級者向けの企画書作成本。

ちょっと薄めですが「ネタが77ある」とのことなので、購入してみました。

帯のフレーズから。
1枚で決める、シンプルに魅せる。企画の達人がやさしく教える、まとめる、書く、伝えるテクニック。
私のような初心者には、なるほどしっくり来る1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年08月20日

【マル秘10選】『「アイデア帳」に収めておくべき38の見出し例』から選んだ10パターン

セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで
セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

【はじめに】

◆つい最近、はてブ界隈で話題になったのが、こちらのエントリ。

タイトル決めテクニックの基本6ヶ条。WEB屋が知っておくべき最低限のこと。 - ジャスウィル社員ブログ タイトル決めテクニックの基本6ヶ条。WEB屋が知っておくべき最低限のこと。 - ジャスウィル社員ブログ

書かれていることは、ごもっともなんですけど、もっと具体例が知りたい方もいらっしゃったのではないか、と。

そこで今日は、以前ご紹介した上記『セールスライティング・ハンドブック』に収録された『「アイデア帳」に収めておくべき38の見出し例』という部分から、10パターンほどご紹介してみます。

参考記事:【スゴ本】『セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで』ロバート・W・ブライ(著),鬼塚俊宏(監修)(2011年04月10日)

実際に当ブログで「ホッテントリメーカー」で作成したタイトルを中心に、該当するものも併記しましたので、あわせてご覧ください


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年07月28日

【バイブル!?】『調べる技術・書く技術』野村 進

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)
調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、かなりの名著らしいのに、つい最近捕獲した新書。

どなたかのツイートで知ったのだと思うのですが、メモし損ねました(スイマセン)。

今般、この記事を書く前にググったら、土井さんスゴ本のdainさんも高評価ですし、マーケットプレイスでも値崩れなし。

今さらですが、モノを書く人すべてにオススメの1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年07月13日

【著者・編集者志望の人必読?】『見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩』

見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩
見城徹 編集者魂の戦士―別冊課外授業ようこそ先輩


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の『憂鬱でなければ、仕事じゃない』で、初めて著作を拝読させて頂いた見城徹さんの、かなり昔の本。

元々は、NHKの番組『課外授業ようこそ先輩』に見城さんが登場された際の模様を、書籍化したものだそう。

…って、この番組の次の回(2011/7/16)が津田大介さんで、思わず吹きましたがw

番組(&この本)の中で、見城さんは小学校6年生の生徒に作文を書かせ、それを元に班ごとに「編集」を行わせます。

その作業を通じて明らかにされる、見城さんの「編集者」そして「著者」についての考えとは?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年06月26日

【オススメ】『伝わる!文章力が身につく本』小笠原信之

伝わる!文章力が身につく本
伝わる!文章力が身につく本


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ビジネスパーソンなら押さえておきたい「文章術」に関する秀逸な1冊。

結構前に土井英司さんのメルマガで知ったものの、いきなりアマゾンで在庫切れになっていたので、入手するのに時間がかかってしまいました。

アマゾンの内容紹介から。
今スグ使えるちょっとした80のコツ。企画書、報告書、宣伝・PR文、レポート、小論文、作文、メール、ブログが明快に書けるようになる。
いやもう、「ちょっとしたコツ」というより、「知らないとマズいルール」だと思います!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年06月07日

【これは便利!】『ビジネスメール ものの言い方辞典』

ビジネスメール ものの言い方辞典 (PHP文庫)
ビジネスメール ものの言い方辞典 (PHP文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、タイトル通りのまさに「辞典」

ビジネスパーソンが毎日接する「ビジネスメール」の「言い方・言い回し」が、これでもか、とばかりに収録された文庫本です。

アマゾンの内容紹介から。
メールの主題を「ありがとうございます」「申し訳ありません」「お願いします」など、24のカテゴリに分類。その時々の状況や気持ちに合った表現を、すぐ引ける。「ぴったりな言い方」をするための、言い換えフレーズも豊富に収録(全部で約500フレーズ。「ありがとうございます」だけでも24通りの言い方を紹介)。きめ細やかな表現ができる。
当ブログのスタイルとしては紹介しにくいタイプの本なのですが、あまりに便利なので、つい取り上げてしまいましたw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年06月06日

【文章術】『文は一行目から書かなくていい』藤原智美

文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術
文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、芥川賞作家である藤原智美さん(一応言っておくと男性ですw)の文章作法のご本。

先日の記事の編集後記で取り上げた直後に、土井英司さんのメルマガにガッツリ先を越されてsmooth涙目の巻。

アマゾンの内容紹介から。
電子メディア隆盛のいま、何をテーマに、どのように書くか。ノンフィクション作家でもある著者が、プロとして身につけたテクニック。そのすべてを伝えます。
私自身にとっても、「耳イタイ」指摘がいくつもありました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年04月16日

【書評ブロガー必読!?】『ニッポンの書評』に学ぶ7つの書評作法

ニッポンの書評 (光文社新書)
ニッポンの書評 (光文社新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、書評界の第一人者である豊由美さん「書評論」

光文社のPR誌「本が好き!」で、2008年7月号から2009年11月号まで連載されていた連載を加筆修正してまとめあげたのが本書です。

その内容も、タイトル通り海外の書評との違いや、批評、感想文との違い、「文字数」「ネタばらし」問題と多岐に渡り、さらには、ブログやAmazonレビューにまで「物申す」というもの。

そこで今回は、非常に多くの付箋を貼った中から、「"トヨザキ流"書評作法」として、7つほど挙げてみようかと。

当ブログをご覧の書評系ブロガーの皆さんの参考になれば幸いです。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(3)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年04月12日

【ライティング】『入門 考える技術・書く技術』山崎康司

入門 考える技術・書く技術
入門 考える技術・書く技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の未読本関係の記事で取り上げた、ライティングに関する1冊。

出たばかりなのに重版確実で、都内某大型書店でも出足好調のよう。

アマゾンの内容紹介から。
著者の20年にわたる指導経験を生かし、主語や接続詞など、日本語ならではのポイントをきめ細かくフォロー。 ビジネス文書、eメールの書き方まで、すぐに使えるノウハウ満載。 1995年以来売れ続けるバーバラ・ミントの定番書 『考える技術・書く技術』の副読本としてもGOOD。
合言葉は「感謝の言葉にPDF」ですよ?!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年04月10日

【スゴ本】『セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで』ロバート・W・ブライ(著),鬼塚俊宏(監修)

セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで
セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「ガチ」ライティング本

本の帯に「広告の父、デイビット・オグルヴィ氏推薦!」とあって、思わず購入しました。

アマゾンの内容紹介から。
オンラインであろうとオフラインであろうと、広告の目的とはモノを売ることである。セールスライティングは「モノを売る」最大の武器となる。本書ではセールスコピーを書くためのすべてのテクニックを豊富な事例を用いて解き明かす。
実際にビジネスをなさっている方だけでなく、私たちブロガーにも役立つテクニックが多々ありました!

思わず付箋も貼りまくり。

セールスライティング・ハンドブック









人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年03月24日

【文章術】『100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに』酒井聡樹

100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-
100ページの文章術 -わかりやすい文章の書き方のすべてがここに-


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、タイトルにもあるように、たった100ページで構成されている文章術の本。

ページ数が少ない分、無駄な要素は限りなく少なく、本全体が「文章術のまとめ」のような仕上がりでした。

また、著者の酒井先生のプロフィールが「東京大学大学院理学系研究科植物学専門課程博士課程修了。現在、東北大学大学院生命科学研究科・准教授・理学博士。専門分野は進化生態学」というだけあって、本書も雰囲気的にはアカデミック。

内容的には論文やレポート、卒論等の執筆に特に適しているようですが、「ビジネス文書・個人的な情報発信の文書までを対象に含めている」とのことなので、私たちビジネスパーソンにとっても有意義であることは間違いありません。

私の場合は、「耳イタイ指摘」の連続だったワケですが。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2011年01月05日

厳選! 「『人を動かす文章術』」の超簡単な活用法8個

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)
誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ビジネスパーソンなら読んでおきたいライティングスキルを高める1冊。

タイトルに「人を動かす」とあるように、「上手い/下手」ではなく、実際に「人を動かす」ことを意識した文章の書き方を指南してくれています。

取り扱う範囲も、お願い文や稟議書、始末書といったビジネスシーンで活用する文章から、自己PR文やメールまで様々。

使えるネタが多くて、思わず付箋も貼りまくりました。

人を動かす文章術









なお、タイトルは新年一発目の「ホッテントリメーカー」作ですw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年12月05日

【文章心得】『書いて生きていく プロ文章論』に学ぶ7つの心得



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日内藤 忍さんが激賞されていた「文章論」のご本。

著者の上阪 徹さんは、『プロ論。』シリーズというヒット作を手がけながらも、「著者」ではなく「ライター」として、「書くこと」にこだわってらっしゃる方です。

そこで今回は、この本の中から、「文章を書く際に心がけたいポイント」を7つ抽出。

文章を書かないビジネスパーソンはいない以上、多くの方が読むべき1冊かと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年11月09日

【文章術】『短く伝える技術』山田進一

短く伝える技術 (Forest2545Shinsyo 25)
短く伝える技術 (Forest2545Shinsyo 25)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、スキルアップ系の1冊。

本書の著者の山田進一さんは、前作『魔法のプレゼン』が当ブログでも人気だった方です。

参考記事:【Amazonキャンペーン有】「口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン」山田進一(2010年07月14日)

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書では、「短文力」を使ってビジネス文書やメール・ブログやツイッターで、効果的に言いたいことを伝えるテクニックだけでなく「短文力」を「話し方」に応用する方法も説明しています。
文章だけでは習得しづらい「話し方」をよりダイレクトに学ぶため、読者全員にスペシャル無料音声ファイルもプレゼントしています。
この1冊で、「書く」「話す」場面で使える「短く伝える技術」を習得することができます!
前作同様「使えるネタが満載」でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年11月04日

【知的生産】『小宮式 知的アウトプット術』に学ぶ「書く力」を高める7つのポイント

小宮式 知的アウトプット術
小宮式 知的アウトプット術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、お馴染み小宮一慶先生の、知的生産に関する1冊。

先月後半に出たので「最新刊」と書こうとして、実はその直後に2冊も新作が出ていることが判明。

先日の内田 樹先生の出版バブルの話の時には名前が挙がりませんでしたが、小宮先生もかなりの量産作家さんでいらっしゃいます。

本書では、商業出版だけでなく、雑誌等の連載を「月に12本」、ご自身の会社のメルマガで「月に2本」、さらにはブログも毎日更新されている、という小宮先生のアウトプットの秘訣を追求。

帯には「限られた時間で最高の結果を出す!」との一節がありましたので、ブログに毎日3時間かけている私としては、正座して拝読させて頂きましたw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(4)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年10月26日

【ヤバ本】『ウェブで儲ける人と損する人の法則』中川淳一郎

ウェブで儲ける人と損する人の法則
ウェブで儲ける人と損する人の法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『ウェブはバカと暇人のもの』でお馴染みの中川淳一郎さんの新作。

過去の著作では、ネット界隈についてネガティブな発言をされていた印象がありましたし、また、読んだからといって、何かアクションがとれる類のものではありませんでしたが、本書は別です。

ネットニュース編集や、ネットプロモーションの企画といったお仕事をされているだけあって、タイトル通り「ネットで稼ぐための方策」をズバリ指南。

企業の広報・宣伝のみならず、マスメディア関係者や、はたまた私たち市井のブロガーにとってもお役立ちなテクニックが満載でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年10月07日

【メール術】「女心を鷲掴みにする驚異のメール術6箇条」@SPA!

女心を鷲掴みにする驚異のメール術












【はじめに】

◆月末でばたばたしていて記事にしそこなっていたのですが、雑誌『週刊SPA!』2010年10月5日号「ケータイメール術」の特集は、なかなか濃厚でした。

題して「女心を鷲掴みにする驚異のメール術」

講師は、雑誌『Oggi』でメールコラムを担当されている岡村佳代さんと、『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』が当ブログでヒットしたことでお馴染みの花婿学校の大橋清朗さん。

「NGメール集」や具体的な「モテメールの実例」等盛りだくさんでしたが、今回はおしまいにあった「絶対忘れてはいけない6箇条」をご紹介しておきます。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 19:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年09月27日

【号外】『ビジネス文章5ステップ上達法』アマゾンキャンペーンのお知らせ

ビジネス文章5ステップ上達法―今の自分の文章がわかる診断テスト付き
ビジネス文章5ステップ上達法―今の自分の文章がわかる診断テスト付き

【はじめに】

◆月末でバタバタしておりますが、キャンペーンのお知らせを。

私がヒヨッコブロガーの頃に、文章の書き方でお世話になった堀内伸浩さんが、本日からアマゾンキャンペーンを行われます。

本のタイトルは、『ビジネス文章5ステップ上達法』

誰でももらえる特典付きのキャンペーンサイトもありますので、ご覧下さいマセ。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 19:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年09月18日

【必読。】『「売れるキャッチコピー」と「買わせるキャッチコピー」』井手 聡

「売れるキャッチコピー」と「買わせるキャッチコピー」 (DO BOOKS)
「売れるキャッチコピー」と「買わせるキャッチコピー」 (DO BOOKS)


【本の概要】

◆今日お送りするのは、久々に「キャッチコピー」のご本。

表紙はちょっとアレですが、中身はキャッチコピー作りの様々な「型」を具体的な事例とともに紹介しており、かなり実践的だと思います。

アマゾンの内容紹介から。
売れるキャッチコピーづくりの基本を知りたい人、よいキャッチコピーがなかなか思い浮かばない人、買う気にさせる・心を打つコピーを作りたい人……必読です!
たった一行で、多くのお客様の心をつかむことができるキャッチコピーをつくろう! 「何を伝えるか」を決め、そのことを伝えるのに最も適したコトバを探し、効果的に並べる。そんなキャッチコピーの「型」を効果別に紹介!
この「型」をもとにアレンジすれば、より効果的なキャッチコピーが生まれます。
ちなみに、記事のタイトルの冒頭にある句点(「。」)にも意味があるんです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年08月22日

【文章術】『【決定版】成川式 文章の書き方 』に学ぶ文章術の7つのポイント



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日のPHPビジネス新書の記事で取り上げた「文章術」の本。

実は本書は何度か改訂がなされており、最初の版が出たのは1996年ですから、14年にも渡って読まれてきた定番本のようです。

アマゾンの情報が少ないので出版社のサイトから。
累計15万部のベストセラーに、メモ・挨拶・Eメールの技術などを加え、ビジネス仕様へ大幅改訂!
句読点とカッコの関係など間違えがちなルールから、間違いなく文意を伝えるコツ、相手の印象に残す工夫まで、文章の書き方を完全網羅。
「文章をつくるのが苦手」「人からわかりづらいと言われたことがある」「書類やメールの文面を気にしていない」……ひとつでも当てはまった人は要チェック! ビジネスマンなら完全保存の文章術です。
文章の書き方が一通り述べられているのですが、特に今回は、「私が知らなかったこと」「直すべきこと」を中心にポイントを7つまとめてみました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年07月26日

【77のテクニック】「キャッチコピー力の基本」川上徹也

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、私たちブロガーには必須の「キャッチコピースキル」を上げてくれる1冊。

先日上京された聖幸さんと、リアル書店を物色中に、二人で見つけました(聖幸さんも後にゲットされたよう)。

アマゾンの内容紹介から一部引用します。
情報があふれる現代社会においては、「タイトル」「見出し」「決めゼリフ」「キャッチコピー」など、受け手の気持ちをとらえて離さない「ワンフレーズ」が、すべてのビジネスシーンで何よりも重要になってきました。
そこで本書は、仕事で一番必要なのに、誰も教えてくれなかった「言葉の選び方、磨き方、使い方」を、普通のビジネスで使えるように、わかりやすく解説します。(中略)
広告、出版などのクリエイティブ業界の人だけでなく、商品開発や店頭でPOPを書く人まで、辞書代わりに1人1冊所持したくなる本です。
これは結構使えそうなヨカン!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年06月12日

【オススメ】「ヤフー・トピックスの作り方」奥村倫弘

ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)
ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、4月に読んだ「ヤフートピックスを狙え」と同じく、ポータルサイトYahoo! JAPANのトップニュースである「ヤフー・トピックス」について論じたご本。

ただし、著者の奥村倫弘さんは、Yahoo!で今現在働かれている方であり、外部から見た本である「ヤフートピックスを狙え」と違って、「内部から見た」ヤフー・トピックス(以下「トピックス」と略す)を描かれています。

ゆえに、安易な「こうすればトピックスに載れますよ」という話がないのは予想できましたが、むしろ「本質的な部分」で、どういうニュースがトピックスに「載るべき」なのかというお話には、思わず納得。

アマゾンのレビューの1つにあるように「いい意味で裏切られた」オススメの1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年04月17日

【攻略!】「ヤフートピックスを狙え」菅野夕霧

ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法 (新潮新書 362)
ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法 (新潮新書 362)

【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「日本一のポータル」である「ヤフー ジャパン」のトップページに鎮座するニュース、「ヤフー・ニューストピックス」(本書内では「ヤフートピックス」と表記)の攻略本。

そのヤフーへのニュース配信元の一つ、「市谷経済新聞」の運営を通して、「どういう記事がヤフートピックスで取り上げられるか」を分析されてらっしゃる菅野夕霧さんが、本書の著者です。

現時点でアマゾンに情報がないので、出版社のサイトから。

現在、日本最強のニュースメディアは「ヤフートピックス」である。ここで言及された商品は爆発的に売れ、地方都市のイベントでも全国的な注目を集めてしまう。逆に言えば、「宣伝費ゼロ円」で話題を作り出すことが可能になるのだ。「ヤフー」へニュースを提供し、「トピックス」への記事掲載経験も豊富なウェブ新聞の編集長が、「誰でもできる話題作りのノウハウ」を開陳する。

まえがきにもあるように、「売りたい商品やサービスがある人はもちろん、活性化を図りたいイベント関係者まで」見逃せない1冊。

そして、私のようなブロガーにも、得るところがありました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(0)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年03月25日

【メール作法】「好かれるメール 嫌われるメール」杉山美奈子



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、実践的な「メール術」の書き下ろし文庫本。

タイトルは「プライベートメール」っぽいですが、中身は結構ガチ「ビジネスメールの本」なので、ご安心をw

アマゾンの内容紹介から。

一通のメールが人間関係を好転させ、仕事の流れを変え、人生を充実させる。親近感がわく言葉づかいから上手なリアクション、返信のタイミング、スマートな切りあげ方、お願い・お誘い・ご案内など感じのいいメールの書き方、催促・お詫び・お断りなど書きにくいメールの書き方まで、メール上手の手の内を伝授!「うっ、どう書けばいいんだろう?」と思ったとき、使える文例満載。

今まで何気に使っていてNGだったモノがあったのは秘密ですw←笑えない


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年03月15日

【1枚でOK】『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』竹島 愼一郎



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、企画書作成に悩む方なら必読の1冊。

著者の竹島 愼一郎さんは、かつて「パワポで極める 1枚企画書」で、「1枚企画書ブーム」を巻き起こされた方。

本書は、それに続くシリーズの既刊「エクセルで極める1枚企画書」等のコンテンツも含め、「企画書デザイン編」と題した後半では、実践的なテクニックが多数収録されています。

新書にしては「詰め込みすぎw」の感がなきにしもあらずですが、その分「濃い作り」だと思われ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年11月20日

【ライティング】「書いて稼ぐ技術」永江 朗

書いて稼ぐ技術 (平凡社新書)
永江 朗
平凡社
売り上げランキング: 3907


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前「<不良>のための文章術」を取り上げたことのある永江 朗さんの「フリーライター推奨本」

参考記事:【文章術】「<不良>のための文章術」永江 朗(2008年12月17日)

「文章書き方指南」というよりは、ライターという職業のキャリア関係のお話が中心でした。

アマゾンの内容紹介から。

ライターは名乗れば誰でもなれるが、それで食べていけるかが肝心。小説家や評論家になるための踏み台? 印税生活なんて幻想? 「文筆生活」を夢見る人におくる実践的キャリアデザイン術。

自分自身、一時期紙媒体で記事を書いて原稿料を頂いていたことがあるだけに、非常に興味深く読むことが出来ましたし、また「メモ術」「読書術」「質問術」といった、「知的生産術」は、一般ビジネスパーソンの皆さんにもお役に立つはず!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年11月19日

【メール作法】「メール好感度」を格段に上げる6つの技術

「メール好感度」を格段に上げる技術 (新潮新書)
神舘 和典
新潮社
売り上げランキング: 3894


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、日頃からメールを駆使されているライターさんによる「お役立ちメール術」の本。

本書の「はじめに」に

メールの基本形についての1章、ツールとしてのメールソフトやパソコンについて知っておくための2章は、3章の補足と解釈してください。
 ですから、時間が惜しい方は3章から読み、その後、1章、2章と読み進んでいただければと思います。

とあったので、3章の「わずかな工夫で一気に上達するメール術」から読み始めたところ意外な収穫が

正直この本は、この「3章」と、それに続く「4章のケータイメールの部分」だけでも元はとれた感じ。

その中から6つ選んでまとめてみました。

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年09月17日

【文章術】「話は5行でまとめなさい」に学ぶ5つのポイント



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「文章を書く」機会が多い方には見逃せない1冊。

タイトルの「5行」というのは、何でも5行、というワケではなく、文章構造のお話です。

ただ、もしその手のコンテンツは類書でも見かけるからと言って、本書をスルーしたらちょっともったいないと思われ。

個人的には、本書のキモは、「書く内容」「ブラッシュアップ」の部分ではないかと。

今回はタイトルにちなんで(?)、「ピン!」と来たポイントを5つ挙げてみましたので、ご覧下さい!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年08月26日

【モテ?】「たった1通で人を動かすメールの仕掛け」に学んだ7つのメールテク



【本の概要】

◆今日お送りするのは、以前土井英司さんのセミナーでお会いしたことのある、浅野ヨシオさんのデビュー作。

リアルでお会いして、「キャラが立ってる人だなぁ」と思ったら、とうとう著者デビューであります。

アマゾンの内容紹介の「著者について」でも、キャラの立ち具合がわかろうというもの。

ソウルメールの達人、エリエス・ブック・コンサルティング主催 『ザ・プロフィール講座』講座認定講師。大学卒業後、某不動産会社に入社するも人間関係に耐えかね8ケ月で退職。28年間彼女もできなかったが、インターネットを使った超効率的出会い術を開発。 通算200人の女性とネットで出会い、探し始めてから3か月以内に2回の結婚に成功。そこで培った人の心を瞬時につかむメール力を駆使し、直近の1年半で100人を超えるビジネス書作家・オピニオンリーダーらとの交流を実現し、その“人脈力”を発揮している。

なるほど、こういうスタイルだと、ネットで女性と出会えるのか、と変な部分で納得w


◆今回は、その浅野さんのメールテクニックの中から7つほどご紹介してみます。

なお、おわりの方で告知している「Amazonキャンペーン」要注意!

ぶっちゃけ、「本はいらないけど(ヲイw)、こっちは欲しい」という人も出てきそうな「豪華(?)特典付き」ですよ!

090827追記

アマゾン送料対策(?)で文庫本の特集記事をアップしました。

【2009夏】オススメ文庫本10冊【今さら夏休み企画!】


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(8)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月29日

【メール】押さえておきたい5つのルール@日経産業新聞

【はじめに】

◆昨日の日経産業新聞ビジネススキル面にあったのが、「メール作法」の特集。

題して『メール上手で心つかむ―押さえておきたい5つのルール』

アドバイスは、お馴染み平野友朗さんと、「メール道」などの著者で知られる久米信行さんのお二人。

どちらかというとオーソドックスな内容ですが、ご参考まで。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 19:00
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月26日

【裏ワザ?】初心者でもできる「テレビに出る技6つ」



【はじめに】

◆先日読んだ「テレビで売り上げ100倍にする私の方法」と言う本。

いわゆるテレビを使った「PR戦略」について分かりやすく書かれており、この本の第2章に「放送作家がこっそり教えるテレビに出る18の技」というお話がありました。

もともと著者の野呂さんには150(!)くらいの手法があるそうなのですが、初心者でもできるのが、この18個なのだとか。

その中から私が「面白い」と思ったものを、6つほどご紹介してみようかと。

目指すは「ワールドビジネスサテライト」ですよ!?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(5)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月13日

【Amazonキャンペーン有】「だから儲かった手書きチラシ作成術 トラの巻」出村邦彦



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「手書きチラシ」の威力をまざまざと思い知らされる1冊。

著者の出村さんの過去の著作は、私は2冊とも購入済みで、いずれも手書きチラシの具体例が豊富なのが特徴でした。

儲かる手書きチラシ作成術
もっと儲かる全国手書きチラシ実例集
Amazy

本書は、手書きチラシの具体例もさることながら、出村さんご自身の「根底を成す考え方」にフォーカスが当てられています。

その分、「お客様はなぜ来店してくれるのか」「なぜ買ってくれるのか」といった、顧客心理を学ぶにはうってつけ。

これこそ本当の意味での「マーケティング」だと思われ。

なお、「アマゾンキャンペーン」のお知らせもございますので、最後までご覧下さい!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年07月07日

【文章術】『文章読本』から学んだ5つのポイント

林真理子の名作読本 (文春文庫)
文藝春秋
発売日:2005-10-07
おすすめ度:4.5


【はじめに】

◆先日ご紹介した勝間和代さん『まねる力』の中で、勝間さんが「本を書くコツをまねた」と言われていたのが、この『名作読本』に併録されている「林真理子の文章読本」

読んでみたところ、勝間さんが目をつけられただけあって、確かにすこぶる濃厚でした。

ブログやmixi日記はもちろんのこと、出版を志す方にも、参考になると思われますので、個人的にツボだったところを5項目ほどご紹介してみます。


<ポイント>

■「サービス精神」を考える
■押しつけがましくならないようにする
■「字ヅラ」を美しくする
■リズムをつくる
■「誰も自分のことなど知りたくない」と認識する


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年06月24日

【ロジカルライティング】「仕事ができる人の論理的に考え、書く技術」小野田博一



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、一連の「論理的な著作」でお馴染みの小野田博一さんの最新刊。

今までビジネス書畑以外で活躍されてきたと思うのですが、昨今のビジネス書ブームのトレンドゆえか、本書も東洋経済さんからの出版です。

上記サイトからの引用。

仕事ができる人は論理的表現がうまい! レポート、ビジネス文書を書く際に、論理的要素をちりばめれば見違えるほど良いできになる。そのノウハウをイラストを交え解説!

日頃から、あまり論理的ではない文章を書いている私には耳痛い1冊でしたよ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(2)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年05月26日

【超実用書?】「ネット語手帳」ネット語研究委員会



【本の概要】

◆今日は、昨日の記事とはうって変わって(?)「脱力系」であります。

先日「現代オタク用語の基礎知識」をご紹介しましたけれど、それよりもっと利用範囲が広い「ネット語」の解説書。

本書に登場する「頻出語100」「慣用句50」「ネット語集200」をマスターすれば、ネットに接する際のインプット効率が高まることウケアイ。

自分自身、意識して使っていた言葉もありましたが、そうとは知らずに多用していたものもあって、ちょっとビックリしました。


090528注記:
GIGAZINEさんでもこんなネタが!


最低限これだけ押さえておけばヘッドラインもスラスラ読める、日本の頻出現代ネット用語20選+α

リンク先


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:45
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年05月19日

【横書き文章術】「説得できる文章・表現200の鉄則 第4版 ネット時代の横書き仕事文はこう書く」



【本の概要】

◆今日お送りするのは「文章作成のアンチョコ」(?)。

読書する、というタイプの本ではなく、まさに「道具(ツール)」です。

アマゾンの内容紹介から。

1ページ1項目、パッと見て分かるルールと具体例。92年発行の初版から企業のビジネスコミュニケーションのバイブルとして愛用されてきたロングセラーの全面改訂版です。説得力のある文章の書き方から、ビジネス電子メールの作法や実例、そして画面で読む文章の注意点まで、ネット時代にふさわしい内容に一新。文章作成の悩みにズバリ答えます。

ブログより、むしろ「ビジネスシーン」で活躍してくれそうな1冊かと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年05月12日

【結構スゴ本】「オタク成金」あかほりさとる,天野由貴



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の記事の編集後記でちょこっと触れていた1冊。

すでに、この記事がホンテントリ入りしてしまったので、ご存知の方も多いと思いますが。

あかほりさとるいわく「ライトノベル業界そのものが危ない」:Half Moon Diary


◆上記記事の方と違って、私の場合「全くライトノベルを読んだことがない」人間なのですが、この本の著者であるあかほりさとる氏の「作品に対する方法論」には正直驚かされました。

「ラノベ・アニメ好き」やその作品の執筆者だけに独占させておくにはもったいないコンテンツかと。

何たって、こんなに付箋貼ってしまいましたし!

オタク成金







人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年03月08日

【文章術】「文章は写経のように書くのがいい」香山リカ



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、文章術のご本。

リアル書店で発見し、第1章を立ち読みして「即買い決定」しました。

その後、2章以降を読み続けていくにつれ、当初の思惑とは違った意味で、得るところがある作品だということが判明。

「書くこと」の事例として、ブログも頻繁に出てきますので、実際にブログをやってる方なら特に興味が出てきそうな1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年02月07日

3時間で覚える「エア新書」絶対攻略マニュアル



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、週末らしくネタ系のご本。

映画化されたベストセラー、「盲導犬クイールの一生」で知られる、石黒謙吾さんの新刊です。

本書の内容はまさに「エア新書」のタイトル通り、「架空の100冊の新書」のタイトルや帯コピー。

中身もさることながら、企画とその構成力に一本取られました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年01月04日

【スゴ本】「みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる。(勝つ広告のぜんぶ)」仲畑貴志



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、一連のウォークマンの広告や、「み〜んな悩んで大きくなった」(サントリー)、「おしりだって、洗ってほしい」(TOTO・ウォシュレット)等の名コピーで知られる、コピーライター仲畑貴志さんのご本。

リアル書店では何度も見かけていたのですが、「タイトル」「装丁」からてっきり「コピー集」だと思って、手にも取っていませんでした。

今般、宣伝会議さんからご連絡(≠献本)を頂き「仕事術的な側面をも持つ」と知り、アマゾンアタック

果たしてその内容は、「表現」の本質に迫る濃厚なモノでした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 10:19
Comments(2)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年12月17日

【文章術】「<不良>のための文章術」永江 朗



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これまた久しぶりのライティング関係のご本。

私が愛読しているdainさんのブログで知り、アマゾンアタックいたしました。

平凡なわたしが非凡な文章を書くために「不良のための文章術」:わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる


◆タイトルの冒頭の「不良」は、まえがきのルビにふりがなが振ってあって「プロ」とも読ませるよう。

そして、著者の永江さん曰く「プロが書く文章は、貨幣と交換されるためのものです。下世話にいうなら、おカネになる文章。」

そな、ストレートな(笑)。

というワケで、「人を惹き付ける文章」を書きたい方なら、必見です(汗)!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(2)TrackBack(1)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年11月11日

【図解vs文章】「図解vs文章―ビジネスにはどちらが強い?どちらが役立つ?」久恒啓一,樋口裕一



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、タイトル通り、ビジネスシーンにおける「図解」「文章」の比較本。

著者は、「図解派」久恒啓一先生(サイトもスゴイことになってます(汗))と「文章派」樋口裕一先生

アマゾンにまだ情報がないので、「プレジデント社」さんのページから。

 あなたのビジネス文書は、図解で描くべきか、文章で書くべきか。上司の説得に使えるのはどちら? 賛同者を増やしたいときに向いているのは?
 図を描く、文章を書く、この1冊で両方の技術、長所と短所がわかる!

試みとしては大変面白いと思われ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

2008年10月20日

【フツウにスゴ本】「ザ・コピーライティング」ジョン・ケープルズ (著), 神田昌典 (監修)

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ダイヤモンド社
神田 昌典(監修)齋藤 慎子(翻訳)依田 卓巳(翻訳)
発売日:2008-09-20
おすすめ度:4.5


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今まで何度か引き合いに出してきた「スゴ本」(汗)。

前書きでも、「ある広告人の告白」(これもスゴ本)等の名著を残しているデイヴィッド・オグルヴィはこう述べています。

ジョン・ケープルズは違う。何と49年間も、コピーライターの仕事に専念してきたのである。だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。この本は間違いなく、いままでで1番役に立つ広告の本である。

確かに、結果重視の科学的アプローチには、ぐうの音も出ませんでした。

マジですごいです(汗)!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

  続きを読む
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(6)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク