スポンサーリンク

2021年08月15日

【メンタル】『超メンタルアップ10秒習慣〜心がどんどん強くなる』飯山晄朗


B0842N3TS8
超メンタルアップ10秒習慣〜心がどんどん強くなる


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「Kindle本夏のキャンペーン」でも意外に人気の高いメンタル本。

著者の飯山晄朗さんは、一昨年の夏の甲子園で準優勝した星稜高校野球部や、平昌五輪で金メダルを獲得したスピードスケート睫攤敍畫手、一昨年のジャパンオープンで単複優勝を果たした日比野菜緒選手といったアスリート達の、のメンタルトレーニングを担当されてきた方です。

アマゾンの内容紹介から。
仕事も人間関係も好転。受講者殺到のメンタルコーチによる、脳科学×心理学に裏づけされた小さな習慣。

送料を加算した中古よりは、このKindle版が500円弱お買い得です!





Berkeley High Soccer Wins NCS Championship / Ed Oswalt


【ポイント】

■1.「感動の涙」でストレスに強くなる
「涙を流すのは弱虫なんじゃないか」
 と考えている人もいるかもしれませんが、実は「感動の涙」を流すことは「あること」にとても効果的なんです。
 それは、「ストレスに強くなる」ということです。
 感動の涙を流す涙腺は、副交感神経のコントロール下にあり、涙が交感神経から副交感神経へのスイッチの役割を果たします。副交感神経が優位になることで、緊張状態を緩めて、リラクゼーション効果をもたらすのです。
「感動の体験なんてなかなかないよ」という人でも大丈夫。
 実は、脳は現実のことか空想のことかを区別できません。
 つまり、
「本や映画を見て感動した」
「スポーツ観戦して感動した」
 など、何かに触れて感動したということでもオッケーなのです。


■2.人を称賛して心のブレーキを外す
 自分がうまくいっていないときに、人を称賛できる人はなかなかいないものです。
 ただ、この感情は自分自身の成功の障害になってしまうことがあるんですね。
 脳の性質として他人に対して思った感情は、自分に対して思った感情と同じとして捉えてしまいます。
 ですから成功しようとすると「これは良くないこと」と心のブレーキが働いてしまうのです。この潜在意識に刷り込まれている心のブレーキを外すことが必要です。
 脳は入力(思い)よりも出力(言葉、動作)を信用しますので、この機能を利用します。
 人の功績に対して、言葉や態度に表して喜ぶのです。なかなか人を称賛できないという人は、極端ではありますが、実際に思っていなくてもいいから称賛してみてください。


■3.力んだら、逆にもっと力を入れてみる
 大事な仕事や試合で、力が入り過ぎて身体が硬くなってしまうことがあります。(中略)
 このようないわゆる猯呂鵑西態瓩里箸に、「肩の力を抜いて」「リラックスしていこう」などと思っていても、逆に力が入ってしまいます。
 また周りから「力を抜け!」「リラックスしていけ!」と言われてもなかなか身体は言うことを聞いてくれないんですね。
 私たちの身体は環境の変化によって自然と入ってしまった力を抜くことは難しいですが、自分で意識的に入れた力であれば、簡単に抜くことができます。
 ですから、あえて自分で力を入れて、その後一気に脱力すればいいんです。
 例えば、まず肩を上げて力を入れてから、一気に力を抜いてみます。
 そうすることで、肩の力が抜けてラクな気持ちでプレゼンや商談、試合などの本番に臨めるようになります。


■4.目標がないなら「どんな感情を得たいか」考えてみる
「目標が特にない」という場合は、「得たい感情」を思い浮かべてみるのが有効です。
 得たい感情が明確になれば、「どうすればその感情が得られるようになるか」を考えられるようになり、自然と目標が生まれ、モチベーションが上がるのです。(中略)
 例えば、「ベンチ入りできる可能性がなく目標がない」という高校球児がいました。本人はベンチ入りだけがすべてじゃないとわかりつつも、その他の目標が持てないでいました。
 そこで、私はこう質問しました。 「そうか。じゃあ君は野球部を通してどんな感情を得たいんだ?」「やりきった充実感が得たいです」「では、どうなったら野球生活が充実していたと言える?」「チームが甲子園に進み、自分がそのサポートをできている時です」「どんなサポートをしたらいい?」「メンタルリーダーです」これで目標が明確になりました。
 その後、この選手は実際にメンタルコーチングで学んだことを選手たちに落とし込んでいく重要な役割を担い、大変充実した高校生活を送ったのです。


■5.プレッシャーが生まれたら「喜ばせたい人の顔」を思い浮かべる
 プレッシャーを感じるのは、失敗に対する恐れがあるからです。 「ここで行動しないとやばいよな…」といった心理状態ではうまく能力は発揮できません。
 ではどうすればいいかというと「喜ばせたい人の顔を思い浮かべる」ということが大切です。
 「失敗したらまずい」ということは自分だけに意識を向けて仕事しているということです。そうするとプレッシャーに押しつぶされてしまいます。
 そんな時は「誰かを喜ばせたい」と大切な人が笑顔になっている状態をつくりましょう。(中略)
 自分の心の支えになるような人への感謝や、恩返しの気持ちがプレッシャーから解放してくれるのです。
 自分以外の喜ばせたい人に意識を向けてみましょう。


【感想】

◆冒頭の内容紹介にある「小さな習慣」という表現がまさにピッタリの作品でした。

下記目次のように章分けはされているものの、基本的には上記ポイントのようなTIPSが全部で51個ある仕様。

たとえばそのポイントの1番目は、第1章の「心の弱さを解消する」からのものになります。

ちなみに大昔にご紹介したこの本で、受験直前に生徒たちを「とある方法」で感動させる(皆大泣きになります)と、不思議なことに合格率が上がる、と著者の木下さんが言われていまして。

4893468537
ココロでわかると必ず人は伸びる

参考記事:【感動】「ココロでわかると必ず人は伸びる」木下晴弘(2007年08月15日)

何故なのだろう、と私も思っていたのですが、今般この部分を読んで納得しました。

なるほど、「ストレスに強くなる」ことができれば、それは試験にも有利だったワケですよ。


◆続く第2章のテーマは「人間関係」。

他の章と違って、この章は「自分」だけでは収まらないTIPSが登場します。

たとえば、上記ポイントの2番目にあるような「他人の成功」は、本来なら「妬み」や「嫉み」が沸き上がっても不思議ではない状況でしょう。

そこでもあえて「他人を称賛する」ことを本書は推奨しています。

確かに、いざ自分が成功しようというときに、過去に「妬んだ」ことで潜在意識にブレーキをかけられてはたまりませんよね。

なお私は、つい先日読んだこちらの本にあった、内村光良さんの「利他+利己のマインド」を思い出したのですが(下記記事のポイントの4番目)。

B096RC5MHX
チームが自ずと動き出す 内村光良式リーダー論 (朝日新書)

参考記事:【理想の上司?】『チームが自ずと動き出す 内村光良式リーダー論』畑中翔太(2021年08月09日)


◆一方、第3章から抜き出した上記ポイントの3番目のTIPSは、プレゼン本等で見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに自然に力が入って固まった場合と違って、「自分で意識的に入れた力」であれば、抜くことは可能です。

これは緊張しがちな方には、ぜひ取り入れておきたいTIPSだと言えるでしょう。

逆に上記ポイントの4番目の「『どんな感情を得たいか』考えてみる」というTIPSは、類書でも見た記憶がありません。

これは第4章から引用したものなのですが、いわゆる「目標設定」を取り扱った本でも、触れられたことがなかったのではないか、と。

正直、これを「感情」というのはやや違和感があるのですが、要は「『得たい感情』のための目標」と考えると、見つけやすいかもしれませんね。


◆そして最後のポイントの5番目は、第5章の「行動する自分になる」からのもの。

自分のためならできないことでも、他人のためならできる、という話は類書でもありましたから、このTIPSも納得です。

特にその大切な人が「笑顔になっている状態」というのがミソかと。

あらかじめ、誰を思い浮かべるかを考えておいた上で、プレッシャーを感じる場に立っていただきたいと思います。

なお、この第5章の最後には、全TIPSをまとめた「メンタルアップチェックリスト」も収録。

まずは自分にあったもの、やってみたいものから取り入れてみてください。


気軽に試せて効果もありそうな1冊!

B0842N3TS8
超メンタルアップ10秒習慣〜心がどんどん強くなる
第1章 心の弱さを解消する
第2章 人間関係疲れをなくす
第3章 真のポジティブ思考を得る
第4章 目標達成への近道
第5章 行動する自分になる


【関連記事】

【感動】「ココロでわかると必ず人は伸びる」木下晴弘(2007年08月15日)

【理想の上司?】『チームが自ずと動き出す 内村光良式リーダー論』畑中翔太(2021年08月09日)

【メンタル】『メンタルコーチが教える 潜在能力を100%発揮する方法』鈴木颯人(2021年07月12日)

【メンタル】『メンタル・クエスト 心のHPが0になりそうな自分をラクにする本』鈴木裕介(2020年04月21日)

【正しい目標設定とは?】『絶対的な自信をつくる方法---「OKライン」で、弱い自分のまま強くなる』森川陽太郎(2014年07月17日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B08GPWNCVV
自己満足ではない「徹底的に聞く」技術

当ブログでもレビュー済みである、赤羽雄二さんの聞き方本は、中古がほとんど定価並みなので、Kindle版が1100円弱お得。

参考記事:【アクティブリスニング?】『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』赤羽雄二(2020年09月07日)

B08SHSDRPK
PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

「チャラ男」に見えながらも、しっかり気くばりしている藤森慎吾さんの作品も、中古が値崩れしているものの、このKindle版の方がお買い得です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク