スポンサーリンク

2021年06月29日

【感情マネジメント】『「また怒ってしまった」と悔いてきた僕が無敵になった理由』加藤隆行


B08F28KWLW
「また怒ってしまった」と悔いてきた僕が無敵になった理由 (小学館クリエイティブ)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「ぴっかぴか小デジ!感謝祭2021年夏」の中でも、注目を集めていた1冊。

タイトルを見て、てっきり「アンガーマネジメント本」かと思いきや、もっと広範囲な「感情全体」がマネジメントできる作品でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「もう怒りたくないと思っている時点で、アナタは優しい人」と著者は言います。
元システムエンジニアならではの分析力と問題解決力は折り紙付きで、著者の心理カウンセリングを受けた人は「世界がガラッと変わった」と驚くそうです。
怒りや不安のコントロールが苦手な人は、ぜひ本書を読んでみてください。根本的に解決する方法がわかります。

中古は値崩れしていますが、送料を合わせるとこのKindle版が400円以上お得となります!






Anxiety / winhide


【ポイント】

■1.感情をカラダで全肯定するワーク【簡易版】
(1)イライラ、モヤモヤ、ザワザワ、ドキドキとした感情が出てきたら、胸やおなかなど違和感や不快感のある場所に手を当て、深呼吸する。
(2)「感じていいよ」「出てきていいよ」(「怖くていいよ」「怒っていいよ」「不安でいいよ」「嫌でいいよ」「泣いてもいいよ」などでもよい) と、声に出す。
(3)カラダの違和感や感覚だけを、しっかりじっくりと感じて観察する。ある程度収まっていけば終了する(5分〜 20分程度)。
 これだけです。
 根源的な感情は内臓に出ると書きましたが、ほかの部分(たとえば肩が固まる、目が重いなど) が気になる場合は、その部位を感じてあげれば結構です。
 人は無意識に、感情を感じないように「否定」「抑圧」しようとしてしまうため、明示的に「いいよ」と声に出すことで、感じることに「許可」を出しています。これが感情への「肯定」となります。


■2.怒りをこじらせる「呪いのコトバ」を手放す
 本書を手にとった人や、ボクのカウンセリングに来る人たちは、いわゆる「いい人」なのに怒ってしまう、という矛盾した状態にいることがほとんどです。
 そんな人たちは、世間では一見すばらしいと思われているコトバで自分を縛り、「怒り」を抑え込んでいることがあります。みなさんも次のような聞こえのいい「呪いのコトバ」を持ち歩いていないでしょうか。
・「もっと相手を理解しなくては」
 ⇒相手を理解する前に、自分(の感情) への理解がないと、怒りを扱えません。
・「冷静にならないと」
 ⇒冷静になることと、怒りを否定することは違います。
・「周りに迷惑をかけてはいけない」
 ⇒怒りの感情を認めてあげることと、迷惑をかけることは別のものです。
・「自分さえガマンすれば、丸く収まる」
 ⇒収まっていないから、本書を手にとったのでしょう?
 呪いのコトバを手放して、「怒ってもいい人」になりましょう。


■3.「嫌」なものは「嫌」でいい
「嫌と言うべきではない。それはわがままだ」と思い込んでいる人が、日本人にはかなりいます。「イヤ」というコトバが言えないのも、親や先生の言うことをなんでもよく聞く「いい子」を求められてきた弊害です。
 しかし、横柄な上司や先輩に対しても、「悪い」と裁くのでなければ、「イヤ」で「嫌い」と思ってもいいのです。(中略)
「嫌」なものは「嫌」でいい。生理的なものは、とくに「嫌」でいい。
 だけど「悪」ではない。

 この区別が大切です。
「悪」にしてしまうと、思考が攻撃に転じてしまいます。
 優しい人ほど、「嫌」が言えないことが多いですが、そのガマンを続けると、相手、または自分への「怒り」へと変わっていってしまいます。
「嫌」という気持ちも、大切な感情です。しっかりと見極めてください。


■4.恐れや不安は開示してしまおう
【危険モード】から抜け出し、【安全モード】でいられる居場所を自分自身でつくっていくために、その「恐れ」や「弱さ」を、周りにも開示することをオススメします。
自分の「怖い」を隠しているから、周りが自分を脅かす「敵」に見えて、おびえてしまうのです。
「いやあ、みんなから置いていかれそうで、怖いんだよね」
「みんなと比べちゃって、不安や劣等感でいっぱいなんだよ」
 アナタが周囲からそう言われたら、どう思うでしょうか。
「素直な人だな」と親しみを感じませんか。そして、その人を元気づけたり、応援したくなったりするものです。
 もし、こうやって自分の「恐れ」を認め開示することができたのなら、次はぜひ相手の「恐れ」や「不安」にも共感し、アナタから応援してあげてください。
 そうすれば、アナタの周りはあっという間に仲間だらけになって、気持ちも【安全モード】へと切り替わっていきます。


■5.泣かないことの危険性
 カウンセリングで人生が大きく変わったという人たちに、どんな変化があったかを聞くと、多くの人が「(人前で) 泣けるようになった」と言います。
 ショックがあったのに「悲しまない」「泣かない」ことは、カラダが緊張した【危険モード】のままでいるということです。
 そのままの状態でいると、周囲を敵や危険なものと認識しやすくなり、戦ったり逃げたり固まったりと、ネガティブ感情にどっぷりと 浸かった生き方を繰り返してしまいます。今アナタの周りにトラブルや悩みごとばかりある原因は、もしかするとそれかもしれません。
 泣ける自分になると、モードが切り替わります。そうすると、世界の見え方も大きく変わってくるのです。
「エライぞ、よく泣かなかったな」と褒められてきた人もいるでしょう。でも、これは「泣かれたら困る」という親の都合を押しつけているだけで、じつは子どもの感情の否定を助長しているとは、ほとんどの人が気づいていません。


【感想】

◆私自身、今まであまり気にもかけていなかった「感情」の働きや重要性を、改めて認識できた1冊でした。

本書で扱う「感情」の種類は、下記目次の第3章から第8章にあるように、「怒り」「嫌悪」「不安」「悲しみ」「喜び」の5つ(「怒り」が2回登場するので)。

これら感情を抑え込むとカラダに残ったり、妄想が広がったりするため、全肯定する必要があるとのことです。

そこで簡単に感情を肯定し、自己肯定感を上げるために行うのが、上記ポイントの1番目にある「感情をカラダで全肯定するワーク」。

こうやってカラダと対話するクセをつけると、カラダが何を感じているかに、いち早く気づけるようになり、感情に振り回されることも減っていくのだそうです。

なお、タイトルに【簡易版】とあるように、本格的なワークは本書の巻末に【完全版】として収録されていますから、そちらもぜひご確認を。


◆このポイントの1番目は第2章からでしたが、第3章以降では、各感情についてみていく次第。

さっそく第3章では「怒り」がテーマです。

そこで気を付けたいのが、上記ポイントの2番目の「呪いのコトバ」。

まさに「怒り」という感情を抑え込んでいるのが、こういったコトバの数々ですから、思い当たるフシのある方はご注意ください。

また本書では、「怒り」を相手にぶつけることなく発散する方法を指南。

たとえば、「車を運転しながら大きな声を出す」というのは、著者の加藤さんの習慣ですし、他にも「その場で垂直ジャンプ」「罵詈雑言を書き出す」といったTIPSもありました。

なお、すでにやっていることであっても「怒りは大切な感情だ」という意識でやるのがミソなのだそうです。


◆続く第4章では「嫌悪」がテーマ。

「嫌い」も「悪い」も自分を守るために大切なものですが、「嫌い」はカラダが本能レベルで拒否しているもので、「悪い」はアタマ(思考) が自身の価値観に反するものをジャッジしているものなのだとか。
 たとえば、ボクはヘビが嫌いですが、「ヘビが悪い」とは言いません。
 ヘビ自体にいい悪いはなく、ただ単に「ヘビに近づくことが危険だ」と犂兇犬覘瓩ら「嫌い」なのです。
 このように、カラダからの「嫌い」は肯定してあげる必要がありますが、その一方で、アタマからの「悪い」は、少し疑う余地があります。
なるほど確かに。

そこでご覧いただきたいのが、上記ポイントの3番目です。

「嫌」なものは「嫌」でいいけど、「悪」ではない、と区別しないと、思考が攻撃に転じてしまいますから、私自身も気を付けなくては。


◆一方、第5章のテーマは「不安」です。

「不安」と「焦り」と「恐怖」の違いは、対象との距離や時間によって違うそうなのですが(詳細は本書を)、多くの不安は過去に感じた感情が、未来にもそれが起きるに違いない、という「思い出し怖い」なのだとか。

そこで上記ポイントの4番目にあるように、周りに開示してしまうのが吉。

また、上記ポイントの1番目の「感情をカラダで全肯定するワーク」も効果があるのだそうです。

なお、第6章の「悲しみ」に関しては、上記ポイントの5番目にあるように、「泣く」ことの重要性を改めて実感しました。

実際本書でも、積極的に「泣く」ことを推奨しており、鉄板のコンテンツを用意すべきとのこと。

それに関しては、以前ご紹介したこちらの本が参考になると思います。

B00KAU5UWI
泣く技術 一瞬でストレスを消す「涙活(るいかつ)」入門 (PHP文庫)

参考記事:【涙活】『泣く技術』寺井広樹(2014年02月11日)

いずれにせよ、感情を理性(アタマ)で抑え込んでいる方は多いでしょうから、ぜひ本書を読んで「目からウロコ」を味わっていただきたく。


自分や相手の感情を肯定するために読むべし!

B08F28KWLW
「また怒ってしまった」と悔いてきた僕が無敵になった理由 (小学館クリエイティブ)
序 章 怒りを抑えられないのはなぜだろう
第1章 怒りを否定していませんか?
第2章 アタマが感情をこじらせている
第3章 【怒り】のエネルギーは使いよう
第4章 【嫌悪】は怒りへと変わる
第5章 怒りの裏には【不安】が隠れている
第6章 【悲しみ】を否定して怒りで強がる
第7章 【怒り】のほんとうの目的を知る
第8章 怒りを肯定すると【喜び】が増す
最終章 感情は敵ではないことに気づく


【関連記事】

【メンタル】『悩み・不安・怒りを小さくするレッスン 「認知行動療法」入門』中島美鈴(2016年12月23日)

【怒りの本質論】『怒りに負ける人、怒りを生かす人』安藤俊介(2016年03月25日)

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『他人を気にしない生き方』の真実(2016年03月06日)

【涙活】『泣く技術』寺井広樹(2014年02月11日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B089QDWJ2F
沖縄から貧困がなくならない本当の理由 (光文社新書)

昨年出た沖縄本は、中古が値崩れしていますが、送料を加味するとKindle版がお買い得。

B08LMVLVPD
ホワイトハッカー入門

こちらの作品は読む人を選びそうですが、中古が定価を超えているのに「82%OFF」の「499円」という超激安設定のため、Kindle版が2300円強お得な計算です!


【編集後記2】

◆一昨日の「高額書籍キャンペーン」の記事で人気の高かったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B07C5PWQMK
世界で一番やさしい会議の教科書 実践編

参考記事:【ファシリテーション】『世界で一番やさしい会議の教科書 実践編』榊巻 亮(2021年06月28日)

B08M99QJT5
世界のビックリ建築を追え。 (扶桑社BOOKS)

B08CV3SSVS
神社検定副読本 マンガならわかる!『日本書紀』 神社検定公式テキスト (扶桑社BOOKS)

B07B3TPQNJ
英文法のトリセツ  じっくり基礎編 /とことん攻略編/中学レベル完結編 合本版

よろしければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク