スポンサーリンク

2021年06月05日

【習慣術】『ワーママはるのライフシフト習慣術』尾石 晴(ワーママはる)


B0928PJJ4D
ワーママはるのライフシフト習慣術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「プライムデーセール」の中でも人気である、尾石晴さんの習慣術本。

タイトルに「ワーママ」とは入っていますが、男性である私にとっても非常に有益な内容でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
ライフシフトとは、「人生の向きや位置を変え、人生に変化を起こす」。
人生100年時代には、「教育⇒仕事⇒引退」の3ステージの時代から、ステージの移行を数多く経験する「マルチステージ」の人生が到来することを意味します。
その変化に対して、どのような人生戦略を立てていくか。
これからの人生をライフシフトするために、
「仕事」「人間関係」「子育て」「お金」「学び」
これらの5つのテーマについて、具体的な思考法&実践法を習慣術としてまとめたのが本書です。

評価平均が「4.6」と高いこともあってか、中古が値下がりしていないため、このKindle版が1000円弱お買い得です!






Nursery School visit / Scottish Government


【ポイント】

■1.夫婦は共同経営者であると考えてキャリアデザインを行う
 例えば、「子どもが小さいうちは大変だとわかっているけど、年齢的にどうしても仕事のアクセルを緩めたくない」と夫が言うのであれば、「じゃあ、あなたが(夫が)アクセルを踏むのは今のタイミングね」と家族として支える話をします。次に、「私がアクセルを踏むのは、子どもが小学校に上がったタイミングにしたい」など、お互いのキャリアビジョンを話し合うのです。
 短期の目線で見てしまうと、「家事育児をやっているか、やってないか」「夫ばっかりが好きなように仕事している、していない」といった、今の話にフォーカスしがちになります。
 しかし、長期目線でお互いのキャリアのアクセルの踏みどころを、夫婦で調整し合って、家族を運営していくほうが、健全なキャリア形成が行なえるのです。


■2.「良し悪し族」ではなく「好き嫌い族」になる
 例えば、挨拶をしない人がいたとしても、「挨拶をしないのは好きじゃないな」と嫌い族になって終わりです。挨拶するしないを「良しか悪しか」のジャッジをしないのです。「自分は嫌い」、それでいいのです。
 自分が正しい、良いと思うと、相手は悪くなります。正義感から相手を「正しく攻撃」していい理由になってしまいます。そうではなく、「好きじゃない」で終わりにして、感情や行動を起こさせないようにしているのが「好き嫌い族」です。(中略)
 好き嫌い族なら、「自分は好きじゃないが、相手はそれが好きなんだな」で終わりです。この好き嫌い族で生きると、モノの見方が変わり、不機嫌な自分に出会う回数が減りました。機嫌をニュートラルに保てます。


■3.生活に溶け込む知育方針「ながら知育」
 ながら知育とは「〇〇しながら知育する」、もしくは「やっていることの意味を置き換えて知育する」 ことを指します。
 例えば、子どもに「電車ごっこしよう」と言われても、平日の帰宅後に、電車を動かすだけの遊びに、30分も1時間も付き合うのは、正直忙しいワーキングマザーには大変です。
 そこで、遊びの時間を知育の時間に置き換えてみます。電車の行く先に都道府県パズルを置いて、一緒に到着した県名や県庁所在地を復唱すると、子どもはおもしろいように都道府県名を覚えたりします。子どもから見たら「電車を使った遊び」ですが、親から見たら「知育」の時間。これが「ながら知育」です。


■4.資産運用ではリスクとリターンを考える
 基本的に、リスクとリターンは比例します。「リスクが大きいものほど、リターンが大きい」「リスクが小さいものほど、リターンが小さい」です。
 ちなみに、このリスクとリターンは、「コントロールできるもの」 と「コントロールできないもの」があります。
 例えば、私は不動産賃貸業もしていますが、不動産賃貸業はミドルリスク・ミドルリターンと言われています。なぜかと言うと、コントロールできるリスクがあるからです。
 例えば、入居者さんが孤独死するリスクはコントロールできないリスクです(人間の死期はコントロールできません)。しかし、「孤独死しそうな年代の人を入居させない」とすれば、リスクコントロールが可能になります(大学生専用のアパートにするなど)。入居者に夜逃げされて、家賃がもらえないリスクもありますが、そもそも賃料が高い物件しか扱わず、法人貸しにするなどしてコントロールができます。


■5.職業人生は2度あると意識する
 私は会社員を16年していたので、スクール運営や、オンラインでヨガを教える経験なんてありませんでした。しかし、会社員時代の「交渉力」「プレゼンスキル」「論理思考」などが、ヨガスタジオ運営やレッスン提供に結びついています。第二の職業人生を選びたいと思ったときに、ヨガはその1つになっているのです。(中略)
 目の前の興味関心に耳を傾けて、経験を積んでいくと、そこから考察やさらなる行動がつながっていきます。「やりたいことがない」と思って「やりたいこと探し」をするよりも、まずは経験をしていくほうが、スタートとしては大事です。
「職業人生は、人生に二度やって来る可能性がある」と意識しながら、現在の生活を送るのと、何も考えず定年までを過ごすのとでは、その後の人生は大きく変わります。複数の職業人生を生きる可能性を考えてみると、あなたの「種」も見えてくるはずです。


【感想】

◆私自身にとっては、うなずきまくりの1冊でした。

冒頭でも触れたように男性にも有益ですが、特に子育て中のママさんなら刺さること必至!

我が家でも、子どもたちが小さい頃に本書を読んでいたら、と思う個所が多々ありました。

中でも下記目次にもあるように、第3章のテーマは「子育て」であり、私も数年前だったら、もっと派手にハイライトを引いていたと思います。

上記ポイントでは割愛したのですが、私もヨメも、子どもが「喉が渇いた」と言ったら水を出してしまう「召使いママ(パパ)」になっていた次第(詳細は本書を)。


◆さて、前から順番に見ていくと、第1章のテーマは「仕事」です。

ただし、普通の仕事術とは違い、本書では夫婦単位でキャリアを考えることを推奨。

例えば上記ポイントの1番目にあるように、お互いのキャリアビジョンを話し合うことは、円満な関係を築くには非常に重要だと思います。

実際、我が家でもヨメが出産後に大学院に通っていた時期もあり、その間は私の稼ぎだけでしのぎました。

またボリュームの関係で割愛した、「4つの質から考える生産性を上げるコツ」というTIPSは興味深かったです。

ちなみにここでいう「4つの質」とは「結果の質」「関係の質」「思考の質」「行動の質」のことであり、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱する「組織の成功循環モデル」からのもの。

戦略を実行する第2ステップ―組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する:戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方(1/2 ページ) - ITmedia エグゼクティブ

本書ではこれを、家庭や仕事に当てはめて解説していますので、ぜひご覧ください。


◆続く第2章では「人間関係」について言及が。

やはり上記では割愛しましたが、「可処分時間を平等にする」というのは、夫婦仲を良くするには必須だと思います。

なお、上記ポイントの2番目の「好き嫌い族」のお話は、「機嫌良く過ごすための3つのコツ」のひとつでした。

これは夫婦間のみならず、ご近所さんやネット界隈でも言えること。

また、別のコツである「ストレス解決用アクションを持つ」のオススメの「すぐにできるご機嫌アクションをリスト化する」というのは、さっそく取り入れたいと思います(詳細は本書を)。


◆一方、第3章の「子育て」に関しては、上記でも触れた「召使いママ」の他、上記ポイントの3番目の「ながら知育」がツボでした。

そういえば「ながら」とはちょっと違いますが、我が家でもムスコが小さい頃、この本にハマっていた時期がありまして。

4893095102
あつまれ!全日本ごとうちグルメさん

そこで彼が食いしん坊なのと、自宅が中央区だったことを活かして、銀座界隈の都道府県のアンテナショップに、この本に載っている名産品を買いに行ったり、その場でグルメを食べたものでした(結果デブになる)。

また、もし過去に戻れるなら取り入れたかったのが、「わが家の子育て指針」を持つというTIPS。

著者の尾石さんのオススメは「宇宙飛行士選抜基準」を子育て指針にすることなのですが、よく読んでみると
求められているのは、 基礎的学力に裏付けられた、「コミュニケーション」「チームワーク」「リーダーシップ・フォロワーシップ(補佐力)」 など、一般の会社員でも必要な能力
ということで、なるほどこれはアリかもしれません。


◆さらに第4章では「お金」がテーマということで、ここでは節約ネタのほか、上記ポイントの4番目にあるような「資産運用」のお話も登場します。

ただ、不動産投資はハードルが高いですし、ここは普通に尾石さんも実践している
「インデックスファンド」×「積立」×「長期」
が無難でしょう。

そして最後の第5章では、当ブログでもおなじみの「学び」がテーマです。

なお、「大人の学び」を継続させるには、「努力の娯楽化」がカギになるのだそう。
「努力の娯楽化」とは、客観的には努力の投入に見えても、本人から見ると楽しくてやっているので、主観的に努力だと思わない状態になります。一橋大学の楠木建教授が提唱されている考え方です。
実際、尾石さんもこの流れでヨガを極めて、上記ポイントの5番目にあるように「第二の職業人生」にまで昇華させたわけですしね。


生活の質を高めたい方なら、一読の価値ある1冊!

B0928PJJ4D
ワーママはるのライフシフト習慣術
第1章「:仕事」の習慣──夫婦は共同経営者、自分のキャリアを大切に
第2章「:人間関係」の習慣──ライフステージに合わせた思考法
第3章「:子育て」の習慣──親も子も自立する関係
第4章「:お金」の習慣──家族と自分のために経済的自立を目指す
第5章「:学び」の習慣──人生を豊かさを決めるエッセンス


【関連記事】

【時間術】『やめる時間術 24時間を自由に使えないすべての人へ』尾石晴(2021年01月21日)

【地位財?】『幸せとお金の経済学』ロバート・H・フランク (著),‎ 金森重樹 (翻訳)(2017年12月28日)

【行動遺伝学】『日本人の9割が知らない遺伝の真実』安藤寿康(2018年02月10日)

【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B08LN869VZ
発達障害・グレーゾーンの子の受験を突破する学習法―――「子どもの未来が開ける」学び方メソッド

テーマ的に読む人を選びそうな作品ですが、Kindle版が1000円弱お得。

B08NV485WN
僕の献立〜本日もお疲れ様でした〜

なるほどおいしそうなお弁当のレシピ本は、Kindle版が1000円弱お買い得。

4140886331
名著ではじめる哲学入門 (NHK出版新書)

下記のように当ブログでもレビュー済みの哲学本は、Kindle版が400円弱お求めやすくなっています!

参考記事:【哲学】『名著ではじめる哲学入門』萱野稔人(2021年01月20日)


【編集後記2】

◆一昨日の「プライムデーセール」の早川書房分の記事で人気が高かったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B0915NCXLZ
デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方 (ハヤカワ文庫NF)

B089M77R61
三体供々暗森林(上)

B089M7M21Q
三体供々暗森林(下)

B00ARDNMEQ
ファスト&スロー (上)

よろしければ、ご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク