スポンサーリンク

2021年03月29日

【知的生産】『即興型ディベートの教科書 〜東大で培った瞬時に考えて伝えるテクニック』加藤彰


B08L851NWT
即興型ディベートの教科書 〜東大で培った瞬時に考えて伝えるテクニック (スーパー・ラーニング)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「あさ出版 30周年キャンペーン」でも人気の1冊。

思いのほか本格的な作品で、読み応えがありました。

アマゾンの内容紹介から。
「伝える力」「聞く力」は武器になる!知識・思考力・プレゼン力が身につく!

中古がそれほど値下がりしていないのに「70%OFF」という値引率のおかげで、Kindle版が1200円弱もお買い得となっています!





Debate Competition / Rotary Club of Nagpur


【ポイント】

■1.よくあるディベートへの誤解
 ディベートと言うと、「論破するための口喧嘩のようで怖そう……」という人がいます。
 ディベートをする人のことを、理詰めでまくしたて、相手の矛盾を執拗に突いてでも勝つことで快感を得るような人たちのようにイメージしているのかもしれません。
 しかし、ディベートの目的は、論破ではありません。「第三者」を論理的かつ感情的に、説得、魅了することです。
 論破は、相手を言い負かすことだけが目的です。そこからは何も生まれません。得られるのは、ちょっとした快感と相手の反発だけです。
 自分の考えを押し通すために相手を言い負かそうとばかりしている人に、好感をもつ人はいません。でもディベートは、感情にも訴えかけて賛同を得るメソッドです。「相手を言い負かそう」とするだけでは勝てないのです。


■2.即興型ディベートの7つのステップ
 即興型ディベートは、前述の通り議会を模しており、政治家が一般大衆を説得することがモデルになっています。
 与党(賛成側)と野党(反対側)に分かれ、約20分の準備時間のあと、多様な議題に関して交互に議論します。スピーチ時間は1人目と2人目は1人3〜7分で、3人目は1人2〜4分です。(中略)
 ディベートの流れは、次の通りです。
● STEP1 賛成側・反対側・審査員に分かれる
● STEP2 ルールを決める
● STEP3 審査員が議題を発表する
● STEP4 チームごとに作戦会議を行なう
● STEP5 賛成側、反対側が交互にスピーチを行なう(いろいろなスタイルがありますが、本書では初心者向けの3対3のディベートとします)
● STEP6 お互いの健闘を称え、試合を振り返る
● STEP7 審査員が討議、勝敗を決定してフィードバックを行なう
(詳細は本書を)


■3.「AREA」の型で考える
 賛成側・反対側の双方に押さえておいてほしいことがあります。
「AREA」という「型」です。
「AREA」とは、Assertion、Reasoning、Example、Assertion の頭文字で、 主張(結論)、 理由、 例、 主張という、サンドウィッチ形式の型です。(中略)
 タバコを廃止するという議題で具体的に見てみましょう。
● 主張(Assertion):タバコは喫煙者の健康に悪いので禁止すべきである。
● 理由(Reasoning):タバコには有害物質が含まれているし、中毒性もあるため継続的に健康リスクが高まる。
● 例(Example):肺がん、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすこともある。
● 主張(Assertion):なので健康に悪いタバコは禁止すべきである。


■4.「キーワード検索」でリサーチするコツ
 キーワードは、1つ替わるとヒットする情報が大きく変わってしまいます。
「ウエ」(抽象化する)、「ヨコ」(言い換える)、「シタ」(具体化する)の3つの観点をもつと、キーワードにたどり着きやすくなります。
 例えば、先ほどの「日本の議会に女性枠を導入すべきだ」という議題でリサーチを行なう場合、検索ワードは次のようになります。
● ウエの例:「議会」を抽象化して、「政治」「政界」
● ヨコの例:「女性枠」を言い換えて、「クオータ制」「アファーマティブアクション」(英語含む)
● シタの例:「女性枠」を具体化し、一制度としての「パリテ法」
 この3つの観点から、いろいろなキーワードを出してみましょう。


■5.プレゼン力を鍛えて論理・感情に訴える
 即興型ディベートにおいては、「論理的なわかりやすさ」と「感情的なわかりやすさ」の両輪が大事です。
 即興型ディベートで言う「論理的なわかりやすさ」には、次のような特徴があります。
● アイデアの結論が最初に述べられ、根拠によって支えられている
● 単純に犖世い辰僂覆鍬瓩任呂覆、その理由や例が説明されている(中略)
「感情的なわかりやすさ」には、次のような特徴があります。
● まるで目の前で起きているかのような、具体的な描写を通じて五感に訴えかけている。例えば、ある政策をとらない場合、最も被害を受ける人のドラマを描写している
● 声のトーン、表情、身振り、視線、相手との距離等、猗鷂生貪瓩淵灰潺絅縫院璽轡腑鵑魍萢僂靴討い(中略)


【感想】

◆冒頭で「本格的な」と申し上げましたが、まさに「即興型ディベート」を実践したい方にはうってつけの作品でした。

同じ冒頭の内容紹介や、帯にある「知識・思考力・プレゼン力が身につく!」とあるので、何となく「読めばそういう力が身につくのかなー」と本書を手にしたのですが予想を上回る「ガチ」具合だったという……。

何せこの「即興型ディベート」、オリンピックやワールドカップのように「世界大会」があり、国内でも中高生や大学生が部活動として行っているモノ。

さすがに昨今のコロナの関係で、オンライン開催になってたりしていますが。

【申込受付終了】第6回 PDA高校生即興型英語ディベート全国大会2020【オンライン開催】 - PDA 一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会

本書はその「即興型ディベート」の概略からルール、練習法や勝ち方まで、手取り足取り指南してくれているワケです。


◆つまり実際に「即興型ディベート」を行いたい方には「ありがたい限り」の作品な一方、そこまででもない方には、少々オーバースペック気味と言いますか。

そこで上記ポイントでは、「即興型ディベート」を実践しない方でも、日々の生活に活用できる部分を抜き出してみました。

たとえば上記ポイントの1番目は、「ディベートへの誤解」を解くためのもの。

イメージとしてよくある「相手を言い負かす」ものとは違うことがお分かりいただけると思います。

確かにビジネスシーンでも、相手を正論で論破するよりも、相手自身に納得してもらう方が変なわだかまりもありませんし、その後の取引にもつながるかと。

「感情にも訴えかけて賛同を得るメソッド」ならば安心でしょう。


◆とはいえ、一応本書のPart1の第2講から抜き出した上記ポイントの2番目では、最低限知っておきたい「即興型ディベート」の流れを挙げておきました。

というのも、ここを押さえておかないと、本書のPart1の第3講以降で何をやっているかが分からないから。

そしてこの7つのステップにおいて特に重要なのが、STEP5の「賛成側、反対側が交互にスピーチを行なう」から抜き出した、上記ポイントの3番目にある「AREA」の型です。

これはおなじみの「PREP法」に近いというか、ほぼ同じといって良いかと。

なるほど普段から、この「AREA」の型で考える習慣を付けると、そのままビジネスにも活かせそうです。


◆さて、続く第3講では「小学校ではお弁当と給食、どちらがいいか?」という議題について、実際の「即興型ディベート」の模様を収録。

これがまた「賛成側1人目」「反対側1人目」「賛成側2人目」「反対側2人目」……といった具合に、すべての発言が順番に載せられており、「即興型ディベート」がどんな感じかが分かるようになっています。

さらには続くPart2の第4〜8講で、各発言者ごとの「コツ」と「ポイント」が解説されている次第。

いや、この辺は本当に「即興型ディベート」を実践したい方には至れり尽くせりなんですけど、上記ポイントではバッサリ割愛させていただいております(すいません)。

逆に上記ポイントの4番目では、かなり飛んでPart4の第14講から「『キーワード検索』でリサーチするコツ」をご紹介してみました。

この「ウエ」「ヨコ」「シタ」というリサーチの仕方は、ディベートのみならずビジネスにおいても使えると思います。


◆さらに同じ第14講からの上記ポイントの5番目は、そのままプレゼンに活かせるもの。

「論理的(ロゴス)」「感情的(パトス)」に分かりやすく訴えることができれば、そのままプレゼンにおける聴衆のココロも動かせることでしょう。

確かに、この「即興型ディベート」を試合形式で行えるくらいにマスターしていれば、プレゼンくらいなら普通にこなせそうです。

かといって、「今からチームを組んで実践するには……」という方がほとんどでしょうから、せめて本書も上記で挙げたような部分を中心にお読みいただければ、と。

……もしくは巻末に「補講」として、「即興型ディベート」のエクササイズが10個ほど収録されており、その中には1人でも行えるものもいくつかありますから、1人で訓練に励むもヨシ。


思考力やプレゼン力をアップしたい方なら、要チェックな1冊です!

B08L851NWT
即興型ディベートの教科書 〜東大で培った瞬時に考えて伝えるテクニック (スーパー・ラーニング)
Part1 即興型ディベートのルールと流れ
Part2 賛成側・反対側の「立論」のコツとポイント
Part3 審査員の役割と務め方
Part4 「ディベート力」を鍛える練習方法


【関連記事】

【論理思考】『「超」入門!論理トレーニング』横山雅彦(2016年08月17日)

【オススメ!】『論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法』倉島保美(2015年05月30日)

【議論】『反論が苦手な人の議論トレーニング』吉岡友治(2014年09月16日)

【質問力?】『すごい説得力: 論理的に考え、わかりやすく伝える話し方』に学ぶ6つの質問テクニック(2012年07月26日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0823Q4YQK
サッカーとビジネスのプロが明かす育成の本質 才能が開花する環境のつくり方

元祖「天才プレーヤー」菊原志郎さんの育成本。

「69%OFF」と値引率が高めのため、Kindle版が600円以上お買い得となります。


【編集後記2】

◆一昨日の「あさ出版 30周年キャンペーン」で人気が高かったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B08KXWYPK7
MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業 〜世界最高峰の「創造する力」の伸ばし方

B08M9MR8FK
ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒

B08L851NWT
即興型ディベートの教科書 〜東大で培った瞬時に考えて伝えるテクニック (スーパー・ラーニング)

B07VDTBQ9T
改訂新版 書く技術・伝える技術 (スーパーラーニング)

日本酒の本は意外でしたが、宜しければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク