スポンサーリンク

2021年03月26日

【信頼?】『世界NO.1執事が教える“信頼の法則” 「信じていい人」「いけない人」の見分け方』新井直之


B0192JV7I8
世界NO.1執事が教える“信頼の法則” 「信じていい人」「いけない人」の見分け方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「KADOKAWA春の読書フェア」の中でも、個人的に読んでみたかった1冊。

「世界NO.1執事」としての著作も多い、新井直之さんが「信頼」をテーマに語った作品です。

なぜ、大富豪は家族ぐるみでの付き合いをしたがるのか?服装や話し方、発言の妥当性、仕事ぶり…。主人をトラブルから守るために執事たちが蓄積してきた「信頼できるかどうか」を見極めるテクニックを大公開!世界の大富豪から絶大な支持を受ける執事の仕事術。

このKindle版が「70%OFF」の「458円」という激安設定のため、実質800円弱お買い得となっています!






Butler / Jun Seita


【ポイント】

■1.お金で信頼が失われるのを防ぐことはできる
 たとえば、顧客との面談時間の直前にトラブルが発生して遅刻しそうになったとき、「遅れても、ほんの数分だから、1本電話を入れれば事足りる」と考えるのは誤った判断です。
 信頼を最優先で考えると、わずかな遅刻も避けなければなりません。なぜなら、人はマイナス面ほどよく記憶するものだからです。マイナス面を残しておくと、いつの間にか悪評が広がる事態を招くので、絶対に残してはいけないのです。
 したがって、時間のロスが多い電車ではなくタクシーで相手の会社に向かうことを選択するのが正解です。
 自腹でタクシー代を支払うことになりますが、信頼を失わずに済むなら出費を選択します。お金で信頼を築くことはできません。しかし、お金を掛けることによって、信頼が失われるのを防ぐことはできるのです。


■2.「ここだけの話」をする人に注意する
 大富豪に取り入ろうとする人のなかには、「ここだけの話」を爐土産瓩忙ってくる人がいます。自分と取引しないのは損だと思わせたいのでしょうが、そういう言い方を大富豪はとても嫌います。
 なぜなら、こうした言葉づかいの人は、よそでも同じように話している──大富豪は経験則から、そう思っているのです。私たち執事も「ここだけの話」を連発する方を大富豪に会わせることはありません。
 よく似た言い方で、「○○さんにだけはお話しするのですが……」と語りかけてくる人もいますが、その言葉を裏返すと、よそで聞いてきた話を無関係の人にべらべら披露している、と見ることができます。したがって、そのような言葉づかいの人に対して、私たちは「秘密や約束を守らない人なのではないか」と疑いの目を向けることになります。


■3.言い訳は10秒以内に
 まずは、「すみません」「ごめんなさい」と潔く謝るのが信用を得るための第一歩となります。そのうえで、過ちを犯した理由や、約束が果たせなかった事情を簡潔明瞭に説明します。そういう人は信用されるでしょう。たとえば、こんな感じで言います。
「見積もりが遅れて申し訳ありません。見積もりを作成するための資料が揃わなかったものですから。2日後でしたらご用意できますが、それで間に合うでしょうか。見積もりが遅れた分、製品の納期は短くさせてもらいます」
 事情説明は1つだけ、10秒以内で済ませ、すぐに対応策を提案するのです。そのとき、相手にとってプラスになる申し出ができれば、ミスを帳消しにできる可能性が高いばかりか、「頼りになる人だ」と思われるかもしれません。


■4.通常の質問に感情的に答えたら要注意
 通常なら税関の通過に1週間はかかりますから、1カ月という納期は、受注後、すぐに輸出したとしても間に合うかどうかわからないスケジュールです。
 だからこそ、しつこく「本当に期限を守ることができるのか」と何度も聞いたのですが、営業担当者は「信用してください、絶対に何とかしますから」としか言いません。そんなやり取りを繰り返していると、営業担当者の語気が次第に強まり、感情的になってきたのがわかりました。
 その様子を見て、大富豪と私は「これは怪しい」と感じました。
 人はやましいことがあると、つい感情的になり、声も変化します。ドラマや映画などで描かれる、女性が男性に浮気を問い詰めるシーンを思い出してみてください。男性が「浮気なんかしていない!」などと感情的に反論したりしますが、やましいことを隠している人ほど、それを悟られまいと反応が過剰になるのです。


■5.何かを贈られたら、少し多めにお返しする
  人付き合いの基本は、誰かから何かを贈られたら、少し多めにお返しすることです。「おはようございます」と声を掛けてもらったとき、「おはようございます」と返すだけならそれでおしまいです。
 ところが、たとえば「よいお天気ですね」と一言添えて返すと、新しい関係が始まります。その後は、お互いに顔を合わせれば欠かさず挨拶を交わすようになり、やがて雑談を楽しむくらい仲良くなるかもしれません。
 多めにお返しすることは、「あなたとの関係を続けたい」というメッセージを贈り返すことなのです。


【感想】

◆上記ポイントを見ていただいてもお分かりのように、大富豪か否かに関係なく、有益なTIPSが満載の1冊でした。

ただ、本書を読んでいて思ったのが、とにかく大富豪というかお金持ちに近づこうとするヤカラの多いこと!

それも売り込みならばまだしも、半ばサギのような「騙す」ことを目的とした人物までアプローチしてくるのですから、それを防ぐ執事も責任重大です。

また、本書のテーマである「信頼」を、いかに大富豪が重要視しているかを知れたことでも、本書を読んだ意義がありました。

何でも、信頼を築けないことを理由に大富豪が付き合いをやめるときには、「相手には何も言わないまま笑顔で別れ、関係を断つ」のだそうですから、相手はその理由が分からないワケで。


◆というわけで、信頼を保つうえでよく問題になりそうなのが、約束を守れないこと。

上記ポイントの1番目にあるように、時間に遅れないようタクシーを使うことに、躊躇してはいけません。

もちろん、電車遅延に備えて早めに行動するのは当然ですが、それでも遅れてしまったら、信頼が失われるのを覚悟しなければならない、ということ。

万が一言い訳をするにしても、上記ポイントの3番目でいうように「10秒以内」が鉄則になります。

そして、もしマイナスからのリカバリーを試みるならば、その「倍返し」を基本とし、「ここまでしてもらわなくてもいいよ」と言われるのを目指すのだとか。

それはたとえ、たった1つのミスやトラブルで、契約を失われることになったとしても同じであり、信用・信頼がマイナスになったまま事を終わらせると、その不信用が他に連鎖する恐れがあるため、それを防ぐのだそうです。


◆また、特に富裕層でありがちなのが、上記ポイントの2番目のように、取り入ろうとする人がでてくること。

こういう「ここだけ」じゃない人は、もっとも信頼できないタイプの1つでしょう。

しかもこの手の話に乗って何かモノを買った場合、今度は「大富豪の〇〇さんにもご購入いただいたんですよ」と、セールストークに用いられてしまう可能性もあります。

実際、新井さんは仕える大富豪が、世界で数台しかないオーダーメイドのバイクを購入した際にそんな目にあったそうで、営業担当が「ここだけの話、〇〇の社長さんにも買っていただきました」と言ってきたのだとか。
 私は不安になり、「(依頼主の大富豪の)名前は決して他へは漏らさないでください」とお願いしました。万が一にも、ネット上で「有名な超高級バイクを持っているのは、○○会社社長の○○さんです」と書かれてしまうと、どんな厄介なことが起こるかわからないからです。
ところが案の定、その営業担当は他の人に依頼主の名前を明かしていたそうで(別のディーラーからそのバイクを譲って欲しいと連絡があって判明)、なるほど、これは「信頼できない人ホイホイ」だな、と。


◆同じく「信頼できない人ホイホイ」となりそうなのが、上記ポイントの4番目の「感情的な回答」です。

そもそも、その回答の中に「絶対に何とかします」と「絶対」の2文字がある時点で、怪しさ満載。

この時は大富豪が新車で旅行に出かけたい、という希望があったため、それに間に合わせる必要があったのですが、もしこのディーラーが本気で何とかしようとしていたら
「緊急通関の費用を払って2日で通関させます。船で輸送する時間は、短縮できませんから、ぎりぎりでしょう。あとはすぐ出荷してくれるかどうかの問題です」
といった具合に、理路整然と説明していたでしょう。

実際、新井さんは心配になって節目ごとに報告を入れるよう依頼したものの、結局あれこれ言い訳を重ねた挙句、結局予定には間に合わなかったそうです。


◆なお、本書の最終章は「執事が教える『信頼される人』10のルール」と題したTIPS集。

上記ポイントの5番目は、ここからのものになります。

ただし、相手から「あなたを信頼しています」と声をかけてもらったら、少し多めにお返しするだけでは足りません。
その人との付き合いをさらに深めていきたいと思うなら、持てる力のすべてを傾けて「倍返し」したいものです。
そう、マイナスからのリカバリー同様、プラスの状態からでも「信頼」には「倍返し」が基本です。

すると相手からも多めにお返しがあるでしょうから、それもさらに「倍返し」……としていくうちに、信頼がどんどん増していく次第。


人から信頼されたいと思う方なら、要チェックです!

B0192JV7I8
世界NO.1執事が教える“信頼の法則” 「信じていい人」「いけない人」の見分け方
序章 なぜ執事は信頼できる人を見抜けるのか
1章 執事が見てきた「信頼」の法則
2章 執事が知っている信頼できない人のダメ習慣
3章 執事の現場から学ぶ信頼のヒント
4章 執事が教える「信頼される人」10のルール


【関連記事】

【お金の真実】『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』新井直之(2015年10月10日)

【傾聴?】『1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」』渡辺直樹(2019年03月01日)

【コミュニケーション】『3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方』小西美穂(2018年06月26日)

【信用】『信用される人が絶対にやらない44のこと』山武也(2015年06月22日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07QVNNCX2
京大変人講座―――常識を飛び越えると、何かが見えてくる (三笠書房 電子書籍)

変人が多いことで評判(?)の京大を舞台にした1冊は、Kindle版が300円以上お得。

B071CWZ2NM
熱学思想の史的展開1 ──熱とエントロピー Math&Science (ちくま学芸文庫)

思いっきりガチな科学ドキュメントは、Kindle版がKindle版が500円弱お得な計算です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク