スポンサーリンク

2021年03月09日

【子育て】『子どもにいいこと大全』成田奈緒子(監修),石原新菜(監修)


B08HLQDX8P
子どもにいいこと大全


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月の「Kindle月替わりセール」にて、意外とお求めいただいている子育て本。

収録されている62個のTIPSの対象年齢層は、「幼児〜小学生」ということですから、該当するお子さんがいらっしゃるご家庭の方なら、一読の価値がある作品だと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書では子どもの自律神経を整える”いいこと習慣”を、生活リズム、睡眠、食、運動などの様々な切り口からご紹介。子どもだけでなく、親子で実践することで、自律神経の働きが整い、朝はしゃきっと起き、昼は集中して活動し、夜になると眠くなってぐっすり眠れる健康的な毎日が手に入ります! 
子どもの生活リズムの乱れが気になる、昼間なのにぼーっとしている、食が細くなっているなどが気になったら、ぜひ本書で紹介する”いいこと習慣”を実践してみてください。

中古に送料を加えると、定価に近くなりますから、このKindle版が600円以上お得な計算です!






sleeping child / offbit2010


【ポイント】

■1.いつも快適だと自律神経は怠ける
 じつは、自律神経が育つのは、ちょっとつらい場面に遭遇したときです。「暑い!」「寒い!」「暗い!」「おなかがすいた!」「全速力で走って息がきれそう!」など、体が「このままでは危ないぞ」とキャッチできる刺激を送ることが、自律神経をきたえることにつながります。(中略)
 では、現代の子どもたちの生活をチェックしてみるとどうでしょう? 夏も冬もエアコンで快適な温度、危ない遊びはなるべくさせない、夜も明るい部屋で動画やテレビを見て遅寝遅起き……。子どもを大切に思うあまり刺激になることを先回りしてとり除いたり、大人の生活リズムを子どもにもあてはめてしまったりしていませんか?
 便利で快適な現代社会では、「自律神経をきちんと育てる」意識をもつことがとても大切。子どもの自律神経をきたえるのは、親の一番の仕事といっても過言ではないのです。


■2.家を出る前に排便できるリズムを作る
 消化は、副交感神経優位となる睡眠中に促されます。眠っている間に消化したものを朝すっきりと出し、交感神経優位に切りかえて家を出るのが動物として自然な姿。朝の排便は、自律神経の働きから見ても、自然で大事な習慣なのです。
 朝の排便を促すためのポイントは2つ。1つ目は、よく眠って起床までに消化を終わらせておくこと。2つ目は、家を出るまでの時間を十分にとること。家を出る1〜2時間前には起きましょう。さらに朝食前に牛乳などでたんぱく質をとるのもおすすめ。たんぱく質の刺激で胃腸が動き、消化が進んだものが直腸まで落ちるため、するんと排便できるようになります。


■3.睡眠ファーストの子育てをする
 子どもにとっての睡眠は、単なる休息ではありません。睡眠は、脳の発達にも大きな役割をはたしています。よく「寝る子は育つ」といいますが、まさにそのとおり。親は、子育てにおける睡眠の重要度をしっかり理解しておく必要があります。
 日本に暮らす子どもたちは世界的にみても睡眠時間が短く、寝不足ぎみであると報告されています。日本全国の小学生の平均睡眠時間は8時間15分(「幼児健康度に関する継続的比較研究」日本小児保健協会2011)。「8時間寝ても足りないの?」と驚いたお父さん、お母さんも多いかもしれませんね。子どもたちに必要な睡眠時間はどのくらいだと思いますか? 小学生の理想の睡眠時間は、おおよそ10時間。全国平均では、必要な睡眠時間に2時間も足りません。


■4.朝起きたら、まず白湯を飲もう
 朝起きて最初に、お子さんは何を飲んでいますか? 冷たい水や麦茶をごくごく飲むのが習慣という子どもも多いかもしれません。
 自律神経を整えるためにおすすめなのは倏鯏鬮瓩任后寝起きに白湯を飲むことで、内臓があたたまって血流がアップし、自律神経を活性化。便秘や冷えなどの改善にもつながります。血流がアップするとリンパの流れもよくなるため、老廃物の排出もスムーズになり、代謝も上がります。
 自律神経のバランスを整えてくれる白湯は、親子で習慣化するのがおすすめです。逆に、冷やした水やお茶、子どもが大好きな糖分たっぷりのジュースはできるだけ避けたほうがいいでしょう。
 白湯は、沸騰させた水を冷まして飲むのがいいとされていますが、飲みづらいと感じたときは、はちみつや黒砂糖でちょっと甘みを足してみてください。朝ごはんを待つまでの間、白湯を飲むという簡単なルールを作るだけで、体にいいことが満載ですよ。


■5.おうちではレッグウォーマーを習慣に
 体の中の3つの首(首、手首、足首)の冷えは、全身の冷えにつながります。冷えることで血流が悪くなり、自律神経も乱れがちに。冬はしっかりあたためるけど、夏は半袖短パン、なんて子どもも多いですが、夏の屋内はエアコンで冷えていることが多く、冬と同じくらい冷えに注意しましょう。
「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という言葉があるように、3つの首の中でも特にあたためたほうがいいのは足首。寝るときに寒いからと子どもに靴下をはかせている人がいるかもしれませんが、それでは熱が発散されずにあたためすぎて逆に寝苦しくなってしまうことも……。足先が出ているレッグウォーマーなら、足首はあたためつつ、きちんと熱も発散してくれるので一年中はくことをおすすめします。


【感想】

◆冒頭でも触れたように、本書は小学生以下を対象とした作品ということで、私自身は1年前まで小学生だったムスコに当てはめて読んでおりました。

もっともムスコは幸運にも、早寝早起きで食欲旺盛、健康優良児に属する方なので、ここで例として挙げられていた症状があまりなく、そういう意味では親としてはラクだったのですが。

ただ、上記ポイントの1番目の「自律神経が育つのは、ちょっとつらい場面に遭遇したとき」という指摘は目からウロコ。

言われてみたら、大昔に比べたら、今の子どもたちは環境的には恵まれているかもしれません。

そもそも今は学校にエアコンが入っているワケですからね(平均気温が上がっているにせよ)。


◆また、第1章から抜き出した上記ポイントの2番目の排便の話も、ムスコはあまり悩んだことがなく。

むしろ私の方が、便意が一定でなくて困っています。

ただ、「家を出る1〜2時間前には起きる」という点は守っていても、出ない時は出ない……って、そもそも私の場合睡眠時間が少なめですから、その辺もあるのかも。

そしてその睡眠について触れているのが、第2章からの上記ポイントの3番目。

これに関してはムスコは、小学校低学年の頃までは完璧でした。

ただ、塾に通うようになり、高学年になって夕飯が9時半過ぎになると、必然的に睡眠時間も短めに。

もっとも、朝が弱い甥や姪と比べると、睡眠が深めで寝起きが良かった分、何とかなっていたのかもしれません。


◆一方、なるほど、と思わされたのが、第3章にあった上記ポイントの4番目の白湯。

さすがにムスコも、朝イチからジュースを飲んだりはしていませんが、冷蔵庫に常備している発泡水を飲むことが多かったです(今でもですが)。

結局これは、身体を冷やしているのに他なりませんから、白湯の方が良いことは明らかかと。

とはいえ、私自身が朝イチからコーヒーを飲んでいる傍らで、白湯を飲ませるのはなかなか難しいかもしれません(ダメじゃん)。

なお、運動関係がテーマの第4章は割愛してしまったのですが、昔ながらのラジオ体操が侮れないとのこと。

……親である私の方が、完全な運動不足なので、せめてラジオ体操をやるべきな気もしますが。


◆最後の第5章は「とり入れたい"いいこと"習慣」ということで、上記ポイントの5番目をセレクト。

実際、靴下はかせずにレッグウォーマー、という絵面は、違和感があるのですが、言われてみれば確かに足から熱が発散されますから、理にかなったことかと。

もっともムスコは冬でも薄着ですし、靴下をはいて寝たことなど1度もないので、レッグウォーマー自体も却下されそうですが。

なお、この章の後半では、結構ページを割いて「アロマ」のお話がありました。

リラックスできるとはいえ、さすがに「ハンカチに精油」は嫌がられそうですけど、我が家は入浴剤によって「アロマバス」に近い効果は得られてそう。

とはいえ、入浴剤がなくても、昔からムスコは、夜はグーグー寝てくれますけどね。

……なんだか我が家に関しては、あまり本書の内容が活用できなさそうでスイマセン。

ただ、本書に登場する多くの子どもたちの症例(下痢、睡眠不足、登校拒否等々)は、ネット等でよこう見聞きするものですし、その原因が大人でもととのわないことがある自律神経にあるかもしれないこと知りえたのは、個人的には収穫でした。


お子さんがいるご家庭なら、一読の価値アリ!

B08HLQDX8P
子どもにいいこと大全
序 章 自律神経をきたえると子どもに“いいこと"がたくさんあります!
第1章 まず身につけたい基本の生活習慣17
第2章 子どもに睡眠は何より大切!ぐっすり眠り、すっきり目覚めるための習慣9
第3章 ちょっとの工夫で変わる!朝から食欲モリモリになれる習慣11
第4章 ストレッチ、ヨガ、ツボetc.体を動かして自律神経をきたえる習慣13
第5章 アロマ、洋服の着せ方、検温etc.ほかにもとり入れたい“いいこと"習慣12


【関連記事】

【自律神経?】『忙しいビジネスパーソンのための自律神経整え方BOOK』原田 賢(2018年07月20日)

【子育て】『いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55』トレーシー・カチロー(2016年12月06日)

【睡眠】『快眠は作れる』村井美月(2019年09月16日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B01MS12C3Z
[新形式問題対応/音声DL付]TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4 究極のゼミシリーズ

セールではおなじみのTOEIC本が、「80%OFF」という超激安設定のため、Kindle版が800円強お買い得。

B01IHFLN78
社会心理学講義 ──<閉ざされた社会>と<開かれた社会> (筑摩選書)

少々堅めなテーマの1冊も、中古があまり値下がりしていないため、送料を合わせるとKindle版が1200円以上お得な計算です。


【編集後記2】

◆一昨日の「コンピューター・ITキャンペーン」の記事で人気が高かったのは、これらの作品でした(順不同)。

B08H5C8CS9
ITエンジニアがときめく自動化の魔法〜仕事を効率化したくなる自動化テクニック〜

B07FPHLQKS
デザインの基本ノート 仕事で使えるセンスと技術が一冊で身につく本

B0894GP1RP
ビジネスデータサイエンスの教科書

B08QYW88XD
「ユーザーフレンドリー」全史 世界と人間を変えてきた「使いやすいモノ」の法則

宜しければ、ご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「子育て・教育」へ

この記事のカテゴリー:「健康」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
子育て・教育このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク