スポンサーリンク

2020年11月16日

【英語】『超コーチング式英会話上達法〜「学習が続かない」をついに解決!』船橋由紀子


B08CZCXG5M
超コーチング式英会話上達法〜「学習が続かない」をついに解決!


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月の「Kindle月替わりセール」の中でも大人気の1冊。

英会話本としてもさることながら、英語全体の学習本としても秀逸な内容だと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
これまで4000人の英語力アップを指導してきた実績のある、英語学習コーチで目標実現の専門家でもある著者が、あなたを紙上コーチングします。
コーチングのノウハウを駆使し、第二言語習得論に基づく科学的に正しい学習法を用い、学習者の性格タイプを活用した勉強のコツやアドバイスを伝授します。
あなたは、本書を読みながら、適宜設けられた問いに答えるだけで、「やる気」を起こし、「気づき」が得られ、PDCAサイクルに従って、効果的かつ効率的な学習を進めることができます。本書では特にPDCAのC(効果測定)とA(改善)に力を入れているので、普通のPDCA本とは異なります。
著者の生徒さんたちの実例や経験談がふんだんに掲載されており、学習に活かせるヒントが満載です。

中古価格が定価よりも1000円以上上回っていますから、このKindle版が900円弱、お得な計算です!







More listening tests. / JCHaywire


【ポイント】

■1.科学的に正しい学習法:「インプットとアウトプット」
●インプット
 大量のインプットをすることで、言葉の習得をより早く進められる。
 その際は、自分のレベルよりもわずかに高いものをインプットすると効果的。
●復習(反復)
 インプットした知識を復習(反復)すると、自動的に使えるようになる。
 頭で考えなくても、自動的に瞬発力を伴って英語が口から出てくる状態を「自動化」と言う。「自動化」された表現を増やすことで言葉の習得が進む。
●リハーサル
 実際に誰かとしゃべらなくても、言おうとすることを頭の中で組み立てる「リハーサル」をするだけでも、言葉の習得が進む。
●アウトプット
 実際にアウトプットをすることで、気づきや学びが深まる。その結果、知識が定着する。
(詳細は本書を)


■2.タイプ別学習法
「山登り型」に適した学習法
●文法の理解から着実に進める
●まずは短い文章を組み立てられるようにし、その後、徐々に長い文章をマスターすることを目指す
●まずは軽い話題や日常会話から始めて、その後、英語で仕事ができるようになることを目指す
●インプットを十分にしてから、実際の会話のようなトレーニングでアウトプットしていく
●1つ1つしっかりマスターしていく
「波乗り型」に適した学習法
●まずは実際に誰かとしゃべってみる
●実際の会話に役立つと思えるフレーズを早く使えるようになることを目指す
●自分が必要な状況で英語が使えるようになることを目指す
●誰かと一緒に勉強する
●楽しんで進めていく
(詳細は本書を)


■3.暗記した「例文・フレーズ」を忘れないための復習
1.その日の暗記を、復習で締めくくる
 その日の暗記が終わったタイミングで取り組んだ範囲の復習をすると、覚えたばかりなので時間がかかりません。手軽に「回数」を重ねられるという効果があります。
2.翌日の勉強を復習から始める
 暗記をした翌日以降、新しい範囲の暗記をする直前に、前日の復習から始めます。そうすると、復習自体がウォーミングアップになるという効果もあります。
3.音声を聞き、つぶやく
 音声を聞き、つぶやくというやり方で、五感をフルに活用できます。
4.週末にまとめて復習する
 週末の1日程度を「取り組んだ範囲の、全体的な復習」に当てましょう。


■4.シャドーイングは2工程で行う
●オーバーラッピング 音源に重ねて、英語を読み上げる
 シャドーイングを始める前に、オーバーラッピングを行います。これは、英文を見て、音を流しながら、その音と同時に音読するトレーニングです。英語の音声に自分の声を重ねる(overlap)ことから、オーバーラッピングと呼ばれます。
 シャドーイングは「音声を聞く」「遅れて声に出す」という2つの動作を同時にしなければなりません。この際、口が動かないままだと2つの動作ができないのです。ですから先に口が音声と同じスピードで動くようにオーバーラッピングで口 馴らししておくわけです。
●シャドーイング 音源に遅れて、聞こえた英語を言う
 いよいよ、「音声を聞く」「遅れて声に出す」という2つの作業を一緒に行う段階となります。文字を見ずに英語を聞き、0.5秒程度遅れて聞いたまま声に出していきましょう。


■5.「誰かと一緒に勉強したい」人向けの「オンライン自習室」
 Kさんには、「1人で英語を学習しようとしても、すぐに仕事のことばかり考えてしまう」のが悩みでした。そこで、私がKさんと考えたのが「オンライン自習室」です。ZOOMというオンライン会議アプリを使い、他の学習者にもオンライン会議上に集まってもらいます。
 自習タイムは30分間。最初にオンライン上であいさつをしたら、あとはそれぞれが好きな学習に取り組みます。開始して20分が過ぎると「セルフテスト」の時間。それぞれが取り組んだ範囲を自分でテストしたら、オンライン上であいさつをして自習は終了です。
「限られた時間内」でのオンライン自習室だからこそ、学習効果がグッと高まります。さらに、オンライン上ではありますが、「誰かとつながっている」「一緒に勉強する」ことで励みになる効果もあって、「がんばろう!」と思える機会となっています。


【感想】

◆思っていた以上に中身の濃い作品でした。

とにかく学習法について述べられた部分が多々!

当然のごとくハイライトを引きまくったのですが、いざ抜きだそうとすると、ボリュームの関係で難しい(≒割愛するとワケが分からない)ものばかりで泣きました。

ちなみに本書は、「学習者には大きく分けて2つのタイプがある」という前提に立っており、それが上記ポイントの2番目で登場する「山登り型」と「波乗り型」になります。

本書ではわざわざ判別テストまで収録されているのですが、ざっくり言うと「コツコツ地道にやる」のが「山登り型」で、「計画的ではないけど調子に乗る」のが「波乗り型」。

そして本書の多くの部分で、それぞれのタイプ別に学習法が指南されているものの、もちろん両方載せられる余裕はありません。

結果、双方のタイプに関係のあるTIPSを中心に引用した次第です。


◆いずれにせよ、当ブログ向きの(?)テクニカルな話が多かったので、そちらを中心に見ていくと、本書の第2章では「科学的学習法」なるテーマに言及。

その1つが上記ポイントの1番目にある「インプットとアウトプット」です。

この中では特に、「復習(反復)」が重要なのですが、その辺は類書でもおなじみではないかと。

さらに割愛したもう1つの学習法が「トップダウンとボトムアップ」です。

なお、「トップダウン」は簡単に言うと、あいさつフレーズや仕事で使うフレーズ等の決まり文句や定型文を習得するアプローチ。

また「ボトムアップ」は、文法などの基礎力を鍛え、単語を入れ替えたり、文を長くしたりすることでレベルを上げていくアプローチゆえ、じっくり取り組める人に適しています。

実はこれらの学習法も、上記で触れた「タイプ」別に自分に合った方法を選ぶと効果が高いのですが、詳細は本書の第3章にて。


◆一方、「復習」について触れているのが、本書の第4章から抜き出した上記ポイントの3番目です。

第4章のそこまでの部分で、「記憶を強化する2つのポイント」や「3ステップで効率よく暗記する」と言ったハイライトを引いたTIPSもあったのですが、ボリュームの関係等でこちらをセレクト。

……と言っても、これもステップに分かれているので、どうしてもかさが増えてしまいますね(涙目)。

とはいえ、「復習」はほぼすべての学習において非常に重要ですから、触れおきたかった次第。

なお、こちらも上記の2つのタイプごとの暗記法が紹介されていますので、そちらもぜひご覧ください。

さらにこの章では、タイプごとのオススメ英会話学習本も収録されていますから、興味のある方は要チェックで。


◆また、第5章のテーマはアウトプットということで、選んだのが上記ポイントの4番目のシャドーイングです。

そしてその前段階として行うべきなのが、「オーバーラッピング」。

なるほど、こちらで「口ならし」をしておけば、シャドーイングにスムーズに移行できるわけですね。

実際、2ヶ月シャドーイングをした方で、TOEICのリスニングセクションが100点アップ(全体で670点⇒845点)した例もあったのだとか。

ちなみに、このシャドーイングも2つのタイプ別にアプローチが違いますから、その辺もあわせてご確認を。


◆なお、上記ポイントの5番目は、第6章にあった「『短い時間で集中して学習』に成功している3人」というコラムからセレクトしました。

確かにZOOMを使えば夜でも皆で集まれますから、「1人だとどうも」という方にはオススメかもしれません。

ちなみに上記ポイントの2番目の分類にあるように、「波乗り型」は「誰かと一緒に勉強する」のが向いていますから、試してみる価値もあるかも。

さらにその他の2人のやり方も、「通勤列車」や「タイマー」を活用して成果を上げており、いずれもビジネスパーソンならではのやり方でしたから、まさに当ブログ向き。

……なるほど、中古が高値なのも納得のクオリティですね。


英会話力をアップしたい方なら読むべし!

B08CZCXG5M
超コーチング式英会話上達法〜「学習が続かない」をついに解決!
第1章 セルフコーチング機 屬笋覽ぁ廚函峙い鼎」
第2章 セルフコーチング供 GROW」と「科学的学習法」
第3章 自分の「タイプ」を学習に活かす
第4章 タイプ別学習法 インプット編
第5章 タイプ別学習法 アウトプット編
第6章 セルフコーチング掘ヽ惱計画を立て、実行する
第7章 セルフコーチング検仝果測定し、改善する


【関連記事】

【英語学習】『50歳から始める英語 楽しいから結果が出る「正しい勉強法」74のリスト』清涼院流水(2019年04月05日)

【英語】『一生モノの英語力を身につけるたったひとつの学習法』澤井康佑(2017年03月31日)

【英語学習】『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』田浦秀幸(2016年02月06日)

【英語学習】『7カ国語をモノにした人の勉強法』橋本陽介(2013年08月04日)

【英語】「英語学習7つの誤解」大津由紀雄(2007年08月19日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B008YOHIAY
エンデの遺言「根源からお金を問うこと」

NHKで放送されたドキュメンタリー「エンデの遺言--根源からお金を問う」を1冊の本にまとめた本書は、中古が値崩れしているものの、送料を足すとKindle版がお得。

B07F11K4LB
ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

厳密には物語なので、当ブログ的には微妙な本書は、Kindle版が400円以上お買い得。

B082MJMG3B
皇帝たちの中国史

46レビューの評価が「4.6」と高い中国史本は、Kindle版が1100円弱、お得な計算です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク