スポンサーリンク

2020年09月24日

【生産性向上】『無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ』羽田康祐 k_bird


4866800984
無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」でも大人気だった仕事術本。

著者の羽田康祐さんは、以前当ブログでも前作に当たる『問題解決力を高める「推論」の技術』が非常に好評でしたし、本書も充実した内容でした!

アマゾンの内容紹介から一部引用。
著者はこれまで、外資系コンサルティングファームと広告代理店のハイブリッドキャリアを積んできました。前者からは合理的に物事を進める方法を、後者からはプランナーやクリエイターなど、多様な人材とプロジェクトを進める方法を学んできました。
その中から、無駄な仕事を極限まで消し、成果を最大限にする「超効率ハック」を、【時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想】という8つのカテゴリに分けて57個解説します。

なお、中古がまだ値下がりしていませんから、「18%OFF」のKindle版がお買い得です!






D-Wave takes the Leap for Quantum App Developers / jurvetson


【ポイント】

■1.「判断の正しさ」より「判断の早さ」
 そもそも、その時々の局面で絶対確実な情報が100%入手できることなどありえません。どのような判断も、結局は「やってみなければわからない」のですから、必要最低限の情報が収集できたら早めに判断・行動するクセをつけることが重要です。
 すると、たとえその判断が間違っていたとしても、早い段階で「この方法ではうまくいかない」「その原因は〇〇」という学びも得ることができます。
 つまり、方針転換の判断も早めにできるようになるので、結果的に段取り全体の生産性を高めることができます。


■2.情報を引き出す質問をする(抜粋)
●「というと?」
話の背景や意図を引き出すことができる
●「具体的には?」
漠然とした発言内容を明確化できる
●「なぜ?」
相手の発言の真の目的や根拠、理由を引き出すことができる
●「他には?」
相手の思考を「それ以外」に向けることで「伝え忘れ」を防ぐことができる
 このように「適切な質問」をうまく使えば、自分が主導しながら相手の発言の真意を浮き彫りにし、より誤解のないコミュニケーションができるようになるのでおすすめです。


■3.使える情報の有無を確認する
 一通りの情報が集まったらすべての情報を読み込む前に、使える情報の有無を確認するのが大切です。「使える情報」とは「仮説」の裏付けに役立つ情報のことを指します。
 たとえば関連するレポートを読むときに、生産性が低い人は冒頭から読み始めてしまいます。しかし、もしそのレポートに使える情報が掲載されていなかった場合、それに気づくのはレポートを全部読み込んだ後になってしまい、たいへんな時間のロスになっってしまいます。
 したがって、まずはレポートの目次を見て、使える情報が掲載されていそうなページのみを確認するのが鉄則です。


■4.目に見える「現象」から「法則」を読み取る
 世の中には飲み込みが早く「一を聞いて十を知る人」が存在します。「一を聞いて十を知る人」は、どんな些細な事実からも「法則」を見抜き、それらをさまざまな分野に応用する習慣を持っています。
 かれらは「遊ぶことで仕事のヒントが得られる」「遊んでいるときに新しいビジネスの発想を思いつく」などと語ることが多いものです。これは遊びから得た「法則」を、仕事という異なる分野に当てはめて応用できる、という意味です。
 多くの経営者が好んで「戦国武将の本」や「スポーツ監督の本」を読むのも、異なる分野から得た「法則」を自社のビジネスに応用して活かしたいと考えているからです。
 このように、成長に貪欲な人は、あらゆる物事から「法則」を得て、異なる分野、現象に応用する習慣を身につけています。したがって、1つの経験から得られる学びの量が数倍多いのが特徴です。


■5.「数字」ではなく「目的」を重視する
 あなたが営業担当者だったとしましょう。上司から「新規顧客へのテレアポ電話を、1日100件から200件に増やせ」と言われたら、頭を抱えることでしょう。朝早く出社し、深夜まで電話をかけ続けるブラック労働にもなりかねません。
 しかし、「1日200件電話する」という数字に目を奪われるのではなく、数字の先にある「目的」に目を向けてみてください。このケースの場合、真の目的は「売上を上げること」ですから、その手段は必ずしも「1日200件電話すること」でなくてもいいかもしれません。
 実はこの話、筆者が社会人1年目に経験した実話です。
 筆者は当時「1日200件の電話はさすがに無理だ」と思ったので、自分でつくった企画書を200件に郵送することにしました。いわゆるダイレクトメールです。その結果、筆者の業務量は「郵送した後、問い合わせの電話を待っているだけ」なので激減し、売上はテレアポのときよりもはるか上がりました。当時の上司が大変喜んだのを覚えています。


【感想】

◆タイトルにもあるように、「仕事の効率」を求める方にはピッタリの内容でした。

それもいわゆる「戦術」というよりは、「戦略」に近いと言えばいいでしょうか。

実際、本書の「まえがき」では、本書の特徴の1つとして「『思考法』や『発想法』を紹介」していることを挙げています。

つまり、生産性を上げるやり方として、入力を速くするために「辞書登録をする」というのは王道テクの1つですが、本書はむしろ「そもそもその仕事する必要あるの?」から考える感じ。

たとえば、第1章は『「時間」の生産性を上げる』というテーマなのですが、その1つとして「仕事の上手な断り方」をTIPSとして紹介しています。

同じく第1章から抜き出した上記ポイントの1番目では、「悩む」より「とっとと決める」ことのメリットを強調。

間違った判断を恐れるがため、先延ばしをしていたら、生産性は大きく落ちてしまいますから、意識しておきたいところです。


◆また、上記ポイントの2番目は、第3章の『「コミュニケーション」の生産性を上げる』からのもの。

実は良いコミュニケーションを取るには、聞く側の「質問力」が問題となりますから、ここで挙げたようなフレーズを適切に用いて、情報を引き出すようにすべきでしょう。

ここで列挙した以外では「もし〇〇の場合は?」という質問で、相手の許容範囲やストライクゾーンが絞り込めるとのこと。

私の場合、これ以外では「それって、ひと言で言うと?」と問うて、抽象化してもらうことがありますが。


◆さらに続く第4章では「『資料作成』の生産性を上げる」という、仕事術でも鉄板のテーマについて言及しています。

それこそ「どういう目的で使う資料なのか」を確認するのがお約束なのですが、この辺は類書でも触れられているので割愛。

そこで上記ポイントの3番目のような、ちょっと変化球的なTIPSを抜き出してみました。

いや実際、私自身なまじ速く読む自信があるので、最初から目を通しがちなのですが、そもそもレポートの目次をチェックした上で、「使える情報が掲載されていそうなページのみを確認する」べきですよね……(反省)。


◆第5章の「会議」は、それこそ専門の作品が多々出ていますから、実際にはハイライトを結構引いたものの丸ごと割愛(スイマセン)。

反対に生産性をテーマにした書籍では、あまり触れられていないのが、第6章以降でしょう。

たとえば第6章では「学び」の生産性向上方法が挙げられているのですが、上記ポイントの4番目はここからのもの。

異なる分野から、必要な学びを得る、というのは、いわゆるデキる人の特徴と言えるでしょう。

結局これも、「事象の抽象化」と考えらえますから、興味のある方は、細谷功さんの一連の作品をお読みいただけたら、と。


◆そして第7章では「『思考』の生産性を上げる」ということで、よりレイヤーは上がっていきます。

上記ポイントの5番目では、著者の羽田さんの実体験が紹介されていますが、まさに「数字」よりも「目的」というお話。

ただ、日本の多くの企業が、ここにあるような「電話を1日100件から200件に増やす」ような働き方をしているから、生産性が上がらないんですよね……。

これからは労働人口も減っていきますし、割けるリソースも少なくなりますから、そもそも「その仕事の目的は何なのか」を意識しなくては。

いずれにせよ本書は、「生産性向上」を主たるテーマにして、幅広い分野のTIPSをカバーしていますから、多くのビジネスパーソンにとって非常に有益だと思います。


「無駄な仕事」を消しさりたい方なら読むべし!

4866800984
無駄な仕事が全部消える超効率ハック――最小限の力で最大の成果を生み出す57のスイッチ
第1章 「時間」の生産性を上げる
第2章 「段取り」の生産性を上げる
第3章 「コミュニケーション」の生産性を上げる
第4章 「資料作成」の生産性を上げる
第5章 「会議」の生産性を上げる
第6章 「学び」の生産性を上げる
第7章 「思考」の生産性を上げる
第8章 「発想」の生産性を上げる


【関連記事】

【思考術】『問題解決力を高める「推論」の技術』羽田康祐 k_bird(2020年01月10日)

【生産性向上】『職場の科学 日本マイクロソフト働き方改革推進チーム×業務改善士が読み解く「成果が上がる働き方」』沢渡あまね(2020年09月04日)

【生産性?】『なぜ日本の会社は生産性が低いのか?』熊野英生(2019年01月21日)

【生産性】『仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える』隅田 貫(2017年12月08日)

【働き方】『完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか』米村 歩,上原 梓(2017年05月12日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07QL7DJ6S
全員経営者マインドセット

過去のセールで何度かご紹介したことのあるこの作品も、今回は「71%OFF」という激安設定ゆえ、Kindle版が700円弱お得。

B07MFKM7GV
なぜ人と人は支え合うのか ──「障害」から考える (ちくまプリマー新書)

逆に初めて目にしたこちらの障害者をテーマにした新書は、Kindle版が400円弱お買い得。

B01J769HUG
[音声DL付]究極のビジネス英語リスニングVol.1ー実際のビジネスシーンを基に打診の電話から取引成功までの国際ビジネスの流れを英語で疑似体験! 究極のビジネス英語リスニングシリーズ

中級者向けのビジネス英会話本は、Kindle版が500円以上お求めやすくなっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク