スポンサーリンク

2020年09月10日

【恋愛論?】『元カノの部屋に忘れ物を取りに帰る男はクズ・オブ・クズ』かずま


B087J9ZBLS
元カノの部屋に忘れ物を取りに帰る男はクズ・オブ・クズ


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中の「秋の文芸書・ビジネス書フェア」の中でも、個人的に気になっていた1冊。

かつて「モテ本ブログ」」とまで呼ばれていた当ブログとしては、この本は押さえておくべきだと感じました。

アマゾンの内容紹介から。
TwitterのDMに毎日、恋愛相談が殺到してしまうという、かずま。自称恋愛クズ。自分自身が「最も付き合ってはいけない」といわれる3Bのひとつ、バンドマンだからこそ熟知しているクズの恋愛心理を懇切丁寧に解説し、注目を集めている。本書では、これまでSNSで共感を集めた「恋愛あるある」ネタや、ダメだと分かっているのになぜかハマってしまうクズ男の例などを挙げながら、令和時代の恋愛論を展開する。

中古に送料を加算するとほぼ定価並みのお値段になりますから、このKindle版が700円弱、お得な計算です!





Lover's Kiss / allenran 917


【ポイント】

■1.「会いたい」を「おはよう」のノリで放り込む男
「会いたい」なんて言葉は、普通の人はなかなか言えない。恥ずかしいから言えないって人もいれば、相手の反応が怖いって人もいるだろう。常識があってそこそこ気を遣える大人なら、いきなり「会いたい」なんて言葉は簡単には出せない。
 でもクズは違う。クズは、たとえLINEで直近のやりとりが全然盛り上がっていなかったとしても、「会いたい」を平気で放り込める。「おはよう」のノリで「会いたい」と言えてしまうのだ。(中略)
「好きだから会いたい」
 これ以上の強力な言葉の組み合わせを、僕はいまだかつて見たことがない。いつ予定が空いているのか、何か食べたいものはあるのか、どこならば待ち合わせしやすいのかなど、誘うにも流れというものがある。
 しかし、ホンモノのクズは違う。昼間であろうが夜であろうが、恥やプライド、思いやりや社会常識などすべて取り払って「会いたい」とぶちかます。
 普段から遊び慣れているクズにとって、1人1人と手順を踏んで会話を組み立てていくのは非常に面倒だ。「ヤりたい」という目的を果たす最短距離を、最小のエネルギーで進みたい。 だから、単刀直入に「会いたい」と言う。


■2.「一緒に寝る?笑」とLINEする男
 たとえば、付き合ってもいないのにLINEで「一緒に寝る?笑」と送ってくる男。これは間違いなくクズだと思っていい。
 相手が「は? 何言ってるの?」と返信すれば、「いや、冗談だよ笑」と軽く済まそうとする。絶対に下心満々だったはずで、何笑ってんだよ、全然面白くないんだけどと言いたいところだが、こちらの反応を気にする様子もないので「今の何だったの?」と聞き返したほうが負け、みたいな空気を醸してくる。(中略)
 なのに、「俺は決してやましい気持ちがあって言っているわけではありませんよ」という顔で、「笑」を付けてどうとでも言い逃れできるようにしている狡さを見逃してはいけない。
 こういう姑息な手を使いながら距離を急に縮めてくるクズは、腹が立つことにあなたのことを格下に見ている。「一緒に寝る?笑」なんて送って「気持ち悪い」と引かれたり、既読無視されたりしても、それほどダメージを食らわない程度の相手と見なしている可能性が高い。


■3.相席屋で「いい出会いがなくて彼女がいない」と答える男
 まず、出会いの場に来ているのだから、「彼女いるの?」と聞いて「いるよ」と答える奴はいない。ここまではみんな同じだ。
 次に「どうしていないのか?」を尋ねてみてほしい。「いい出会いがなくて」と答えたなら、そいつは間違いなく遊び倒しているクズだ。週5で相席屋に来ているかもしれない。
 明らかな出会いの場に来ておいて「いい出会いがなくて」と言うのは、何度も同じように受け答えしてきた証拠である。その男は「いい出会い」があろうがなかろうが「いい出会いがなくて」と答えている。
 それをあなたの前でわざわざ言うのには理由があって、「あなたとのこの出会いは特別ないい出会いだ」と思わせるためである。そして、「キミみたいに気軽に話せる人初めてだよ」とか「相席屋でこんな楽しいの初めて」とか、あなただけは違うと感じさせる言葉を連発する。
 誰だって特別扱いには弱い。「いい出会いかも?」と浮かれそうになる前に駄目押しでこう聞いてみてほしい。
「彼女いつからいないの?」。こう聞いて「1年以上前」と答えたなら、その男は間違いなくヤリモク度数100パーセント。出会いの場に自ら来て、こなれた感じで話しているにもかかわらず彼女は作らない。結局は付き合うことをしないクズだと考えていい。


■4.自分から振って「幸せにできなくてごめんな」と謝る男
自分から振っておきながら「幸せにできなくてごめんな」と謝る男。こいつは正真正銘のクズ・オブ・クズだ。
 こういう男は、内心1ミリたりとも謝っちゃいない。それどころかこの期に及んでまだ牴椎柔瓩鮖弔靴討こうとしている。
 何に対する可能性かというと、自分がいい女を捕まえられなかった時に帰る場所としての「元カノ」の存在だ。
 受験でいう滑り止めみたいなもので、本命の志望校に合格できなかった時のための元カノ大学。最後に「幸せにできなくてごめんな」と甘い言葉を吐くことによって、あなたの気持ちを完全に途切れさせないようにしている。
「ごめんな」と謝って、「この別れは俺のせいだ。俺の力のなさが原因だ」と自分を一段下に置きながら「でも、もっといい男になって帰ってくるまで待っていてくれよ」という含みを持たせている。だが、本音は「もっと可愛い子が無理目だった時の滑り止め、よろ」だ。


■5.「浮気してる?」の質問に「なんで?」と質問で返す男
 これは僕の持論だが、ファミレスに行った時に毎回「おすすめの新メニュー」をチェックして、食べたことのないものを注文する男は根っからの飽き性だから、付き合うなら浮気を覚悟したほうがいい。
 また、今現在すでに付き合っている相手が疑わしい場合、「浮気してる?」と軽く聞いてみることだ。
「なんで?」と質問に質問で返してきたらアウト。していないなら「してない」と男は言う。やましいことがある男は「なんで? なんで急にそんなこと言うの?」と、どこが怪しまれているのか把握しようと焦る。
 とはいえ、浮気をする人としない人の決定的な違いは、する発想があるかないか。たばこを吸わない人は吸いたくならないし、お酒を飲めない人は飲もうとも思わないのと同じ。
 するタイプの人間は我慢できたとしても、心の中で浮気の芽は確実に育っているから、最初からしないタイプの男を選んだほうがいいだろう。


【感想】

◆タイトルといい、引用した内容といい「クズ」というフレーズの嵐でした。

おそらくこの手の作品は当ブログでは初めてなのですが、「クズ」という概念自体は、なつかしの『だめんず・うぉ〜か〜』でいうところの「だめんず」とほぼ同じかと。

B00BEOEP6Q
だめんず・うぉ〜か〜(1) (SPA!コミックス)

つまり本書自体は、本来はこうした「不誠実な男性に悩む女性向け」とも言えるもので、必ずしも当ブログ向きではありません。

しかし、上記の『だめんず・うぉ〜か〜』は週刊『SPA!』で連載していたものであり、その読者の多くは男性だったワケで、傍から眺めている分には「こういうオトコがいるのかー」だったり、「モテる男性(一般的にだめんずは、不特定多数の女性や、ピンポイントで刺さる女性にはモテます)はこんな風なのかー」と、当時楽しめていたハズ。

本書もそういう意味から、男性の方にとっては「他人の手口」を垣間見る作品として、非常に秀逸だと思います。


◆たとえば上記ポイントの1番目の「好きだから会いたい」。

そもそも、本当は好きでもないのに、「好き」「付き合おう」と言って口説くことを、ナンパ業界では「色を使う」というのですが、ナンパ師によっては嫌う人すらいます。

ところがクズ男性にとっての「好き」とは、「おはよう」と大差ないとのこと。
 男にとって「好き」と言う時、その好きの中に含まれているのはせいぜい「ヤらせて」とか「機嫌なおして」とかその程度である。もっと簡単に言ってしまうと、ほぼ「おはよう」だと考えていい。言った瞬間に忘れてしまうくらい当たり前だし、重みは綿菓子くらいの軽さで、姿形を変えていろいろな場所で使われる。
それがさらに「会いたい」組み合わされると、極限まで手続きが省略できる次第。

本来は「非常識!」で終わるべきところ、その男性に惹かれている女性にとっては、「なんて情熱的なんだろう」「新鮮だ」と好感すら得たりするのですから、困ったものです。


◆また、上記ポイントの2番目の「一緒に寝る?笑」の「笑」も、ここで指摘されているように、狡さ満点。

本来、「一緒に寝る」という行為自体、「人と人との関係性の中では最終段階、それくらいハードルの高い行為」です。

それを軽々しく提案しておいて、「笑」と付け加えることで、言い逃れできるようにしているという悪質さ……。

なお本書では、同じようにLINEでクズ男性がよく使う言葉として、次の3つを挙げていました。
・当日夕方以降の「会いたい」
・ド平日の「今日ヒマ?」
・「最近元気?」
ちなみに、最後の「元気?」は、一度遊んだくらいの友達以下の男性から、「探りを入れる」ために唐突に送られてくるフレーズとして、別途解説されていました。


◆一方、上記ポイントの3番目の「いい出会いがなくて彼女がいない」というのは、まだクズ男性の「沼」に落ちる前の、出会いの段階で発せられるフレーズ。

ご存知ない方のために、「相席屋」について触れておくと、女性はタダで飲み食いでき、その分男性が費用を負担することで、出会いの場を提供する居酒屋のような形態のお店です。

最初ここを読んだときは、てっきり単に「彼女がいない理由」に過ぎないのかと思いましたが、「この出会いは特別ないい出会いだ」と思わせるため、というのは目からウロコ。

……逆に、クズ男性でなくとも、ナンパやお見合いパーティ等の出会いでこう言っておけば、「特別ないい出会い」と女性に思ってもらえるかもしれませんね(モテテクとして)。

ただ、「いない歴」を「1年以上前」と答えるのは、「モテなさそう」と思われかねないので、もうちょっと短くするべきなような気もする(本当はもっといなくても)のですが、クズ男性の手口は違うのかもしれません。


◆さらに上記ポイントの4番目の「幸せにできなくてごめんな」というセリフは、それだけ読むと誠意があるように思えますが、むしろ逆!

実は、本書のタイトルにある「元カノの部屋に忘れ物を取りに帰る男」がこれに該当して、そのままなし崩し的に復縁しようとしたりするのだそうです。

そして最後のポイントの5番目の「なんで?」という「質問返し」は、浮気している男性の常套句。

「聞かれたことにはストレートに返答する」という、ビジネススキルを踏襲していませんしね(違。

なお本書は、こうした各クズ男性の特徴ごとに「クズ度」という点数評価とともに、対策にも触れられていますから、この手の男性に悩まされている女性に役立つ一方、上記で触れたように『だめんず・うぉ〜か〜』的に男性にも楽しめると思われ。


クズ男性のモテる手口が描かれた1冊!

B087J9ZBLS
元カノの部屋に忘れ物を取りに帰る男はクズ・オブ・クズ
1章 「会いたい」の重さ軽すぎ問題
2章 別れ際に優しい男はバグってる
3章 好きになった方が負けという沼
4章 SNS界で底引き網漁業にいそしむ方法
5章 「明日、仕事休めよ」と夜に言う
6章 尽くしても愛されない本当の理由


【関連記事】

【メモ】『だめんず・うぉ〜か〜18 特別編』に見る「ナチュラル・ボーン・ヤリ●ン」の破壊力とは!?(2011年10月19日)

あの芥川賞作家もびっくり 驚愕の「モテる男に変わる本」(2010年02月07日)

【モテ】ネットナンパをやってる知人に学んだ4つのTIPS(2012年03月30日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B077S9NLFC
[音声DL付]翻訳スキルハンドブック〜英日翻訳を中心に アルク はたらく×英語シリーズ

おなじみアルクさんからの翻訳系の作品は、中古がほぼ定価並みということで、Kindle版が1800円弱お得。

B01ENBV9XI
世界史をつくった海賊 (ちくま新書)

最近こちらのセールでよく見かけるちくま新書の海賊本(?)は、値崩れしているものの、Kindle版の方が200円弱お買い得。

B01M5KKP9K
議論入門 ──負けないための5つの技術 (ちくま学芸文庫)

おなじく筑摩書房さんからの議論をテーマにした作品は、Kindle版が600円強、お求めやすくなっています。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク