スポンサーリンク

2020年07月20日

【ベゾス流?】『アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア』ジョン・ロスマン


B081QY98SV
アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「夏の読書フェア」でも人気の1冊。

著者のジョン・ロスマンは、あのマーケットプレイスを立ち上げたという元アマゾンの幹部というだけあって、かなり濃厚な内容となっていました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
ジェフ・ベゾスとアマゾンが持つ、成長・成功の秘密を明らかにしていく1冊。内部にいた著者だからこそ書けるアマゾンのユニークな考え方、内部の仕組みなどをエピソードを交えながら紹介。FAQの作り方、6枚分の書類の作り方など身近ですぐできる方法も紹介され、日々の業務にも役立つ1冊。

中古がやや値崩れしていますが、このKindle版の方が300円強、お求めやすくなっています!





Amazon's front door / Robert Scoble


【ポイント】

■1.短期で結果を出そうとしない
 ジェフ・ベゾスは、長期的な投資を行なえるタイムフレームでものごとを評価する。想像以上に長期にわたる場合もある。(中略)
 もしすべてのプロジェクトを3年で行なわなければならないとすると、数多くの相手と競わなければならない。しかしその期間を7年にできれば、競争相手はぐっと減る。そこまでする会社はほとんどないからだ。長期的な計画を立てることによって、それまでできなかったことに取り組めるようになる。アマゾンでは、事業が軌道に乗るまでの期間として、5年から7年を目安にしていた。私たちはせっせと種をまいてそれを育てる──そして、とてもしぶとい。


■2.過去の立場にとらわれない
 アマゾンとジェフ・ベゾスは、長きにわたって続けてきたいくつもの立場や戦略を、平然と変えている。「広告は平凡な製品のために支払わなければならないものです」と、ベゾスは2009年の株主総会で述べた。誕生から20年間、アマゾンは原則的にテレビや雑誌に広告は出さず、マーケティングの予算は無料配送に振り向けられた。現在はどうか。NFLやMLBの試合、あるいは空港で歩いているとき、アマゾン・プライムやAWSのコマーシャルを目にしないほうが珍しい。(中略)
 私がアマゾンにいたとき、実際の店舗を持たないことは、私たちのビジネスモデルの強みだと信じていた。あのころは、店舗は必要ないと信じていた。アマゾンにオスカーにノミネートされるような映画やテレビドラマをつくるスタジオが必要ないように。現在、アマゾンは1つどころか複数のタイプの店舗を持っている。


■3.仕事の計算式を作る
 あなたは自分のビジネス・プロセスの計算式を知っているだろうか。入力変数が何で出力変数が何かわかっているだろうか。私はクライアント企業のプロセスの見直しや改良の仕事を、数多く担当している。彼らとの初期の打ち合わせ(や試験)では、次の3つの質問をする。
1. 奥深く正確なプロセスの定義が文書化されているか。
2. プロセスに関する、バランスのとれた(コスト、品質、処理量など)メトリックスを説明することができるか(そして先月の数値に加えて、今日の数値を見せられるか)。
3. そのプロセスの計算式を書いて示すことができるか。
 

■4.優秀な人材を採用し優遇する
 アマゾンで命取りになるのは、爐泙犬瓩覆笋牒瓩噺世錣譴襪海箸世辰拭これは他の会社なら、まったく悪い意味にはならないと思えるが、ジェフの見方は違っていた。彼に言わせると、アマゾンの社員はそれだけで運がいい。仕事ができない人間は、求められる貢献をしていないわけで、実質的に他の人の成果にただ乗りしている。リーダーに期待されるのは、そうした落伍者と働いて、彼らの業績をA+のレベルに引き上げることだ。それができなければ、彼らを辞めさせなければならなかった。
 この戦略を報酬体系が支えているのは間違いない。アマゾンでは、ストック・オプションの大半はA+の社員に付与されていた。B+やCの社員はそのおこぼれ程度である。そして給与は、同業他社と比べれば、かなり低い。そのため爐泙犬瓩複村勸瓩箸いΔ里蓮▲好肇奪・オプションも少なく、出世の可能性も低いということになる。それが会社全体に当事者としての責任感、オーナーシップを浸透させる、ジェフ流のやり方の1つだった。自分の金銭報酬が、直接、会社の成功に結びついていた。


■5.フリーキャッシュフローを大切にする
 ベゾスは当時、そして今も、常にイノベーションを行なわなければ、企業の成長が止まると信じていた。そして、イノベーションのための投資の基本的な要素はFCFである。この考え方と、それをうまく実践しなければならないという意識が、他の能力も高めることになった。(中略)
 短期的な投資家は、アマゾンはもっと犇發魏圓悪瓩戮だと文句を言うかもしれない。しかしベゾスはずっと、世界で最も力があり、永続性があり、価値がある企業を築き続けている。一方で、インターネット・ブームの時期に生まれた他の企業が消えているのは、だいたい短期的な利益ばかりを追って、長期的な価値創造に十分な投資をしてこなかったからだ。
 ベゾスは、それについてこう説明している。「長期的な視野に立てば、顧客と株主の利害は一致する」。これこそが、アマゾンを成功に導いた考え方だ。


【感想】

◆なかなか骨太な作品でした。

さすが「元幹部」の肩書は伊達ではなかったと言いますか、その分、タイトルや装丁を見た時点での予想よりも、「経営寄り」だった次第。

一応、50個の各アイデアごとの最後に、「考えるべき問題」と題して、3つずつ問いかけがあるので、それらのアイデアを「自分ごと」として意識することはできます。

ただ、表紙にある「パワポ」とか「メモ」といったフレーズを目にすると、一般的な「仕事術」をイメージされる方もいらっしゃるでしょうから、その辺はご留意を。

そう言えば冒頭の内容紹介でも、「日々の業務に役立つ1冊」と主張していますから、基本的には「日々の業務」とは少々違う内容だとご理解ください。


◆さて、第1章のテーマはイノベーション。

その初っ端にあったのが、上記ポイントの1番目の「長期的な競争」のお話です。

確かにアマゾンが「物事を長い目で見る」というスタンスであることは、以前聞いたことがありました。

実際、アマゾン並みに大きな企業が、長期で勝負を挑んで来たら、なかなか勝てなさげ。

……その割には、見切りは早くて、たとえばファイアフォンは、1年で撤退してるのですけどね。

Fire Phone - Wikipedia


◆続く第2章は、主にデジタルネタが中心。

ここで「アイデア17」として、「実験・失敗・中止を繰り返せ」というのがあり、まさに上記のファイアフォンが登場していたりします。

ちなみにベゾスいわく、ファイアフォンも、アマゾンの「デバイス・ポートフォリオ」の1つに過ぎなかったとのこと。

そして、この変わり身の早さは、上記ポイントの2番目の「過去の立場にとらわれない」でも同様です。

今やアマゾンには「オスカーにノミネートされる映画やテレビ番組をつくる自前のスタジオ」までありますからね。


◆一方第3章のテーマは、「ビジネスとテクノロジー」。

著者のロスマンによると、アマゾンの「勝者の習慣」とは、ゴールを数値で示した指標である「メトリックス」にあるのだそうです(詳細は本書を)。

さらには上記ポイントの3番目にある「仕事の計算式」も見逃せないところ。

本書では具体例として、ロスマンのアマゾンで元同僚だった人物が、自分が率いる住宅修理会社にて「1人の技術者が1日に可能な修理件数」を出す計算式が紹介されていました。

……基本的には、3つの変数を掛け合わせたものなのですが、それぞれをメトリックスにして事業を改善したのだとか。


◆最期の第4章はアイデア数は少ないものの、まさに私たちが期待していた「仕事ネタ」が多め。

まず上記ポイントの4番目の人材採用の件は、格差の大きさがアマゾンらしいと言えばまさにそうかな、と。

実際、B+以下の社員が異動でどう動こうと、ベゾスは気にしなかったのだそうです。

また、上記ポイントの5番目にあるように、アマゾンはずーっと「もっと金を稼げ」と言われつつも、投資を惜しまなかったワケで。

「損益計算書の最適化は気にしない」と言われても、「そりゃアマゾンだからね」としか返せません罠……。

なお、上記の「パワポ」と「メモ」のお話も、この第4章にありますから、気になる方は本書にてご確認を。


アマゾンの考え方を理解する上で、一読の価値アリです!

B081QY98SV
アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア
序章: ジェフならどうするだろうか?
第1部:誰もがイノベーティブになれる15のアイデア【考え方】
第2部:デジタルで本当に役立つイノベーションを生む15のアイデア【戦略】
第3部:テクノロジーに使われず、テクノロジーを使う11のアイデア【ビジネスとテクノロジー】
第4部:仕事をアマゾン化する9のアイデア【アプローチ&実行】


【関連記事】

【徹底分析!】『amazon 世界最先端の戦略がわかる』成毛 眞(2018年08月15日)

【ロジスティクス】『アマゾンと物流大戦争』角井亮一(2017年01月19日)

【ビジネスモデル?】『業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち』斉藤 徹(2020年05月20日)

【対アマゾン戦略?】『デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来』城田真琴(2018年10月07日)

【ビジネスモデル】『ダントツ企業―「超高収益」を生む、7つの物語』宮永博史(2018年07月21日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0725FVX1D
自作の小屋で暮らそう ──Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

DIY系の本書は、中古があまり値下がりしていないため、Kindle版が500円以上お得。

B01MTOB30G
モテる構造 ──男と女の社会学 (ちくま新書)

「婚活」でおなじみの山田先生のモテ本(?)は、中古が底値に近いものの、送料を足すとKindle版に軍配が。

B01MXJAFCV
浜内千波の炊飯ジャーでおかず革命

セールだとコンスタントにお求めいただくレシピ系のこの作品は、Kindle版が800円以上お得な計算です!


【編集後記2】

◆一昨日の「夏の読書フェア」の記事で人気だったのは、この辺の作品でした(順不同)。

B081QY8KV7
アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 FINANCIAL LITERACY FOR MILLENNIALS

B081QY98SV
アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア

B0824HH4PJ
1分間サイエンス 手軽に学べる科学の重要テーマ200 (サイエンス・アイ新書)

B07Y3G17T5
ショートカットキー時短ワザ大全 早く帰るコツは“手元”にあった!

宜しければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「企業経営」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
企業経営このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク