スポンサーリンク

2020年05月28日

【ココロのスキマ?】『悪の脳科学』中野信子


B0819XDJQB
悪の脳科学 (集英社新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本日が最終日となる「Kindle本ポイントキャンペーン」からの1冊。

昨日の前日ランキングの集英社分で、4位に入っていたので、あわてて読んでみました!

アマゾンの内容紹介から。
藤子不二雄Aの名作漫画『笑ウせぇるすまん』では、主人公の喪黒福造が日常のどこにでもいるような老若男女を言葉巧みに陥れていく。喪黒は様々な誘惑の手口でターゲットを破滅に導く―。人間は誰でも驚くほど簡単に騙すことができる。そして、人間の心は簡単に操ることができる。喪黒福造というキャラクターを分析しながら、喪黒の“騙しと誘惑の仕方”を脳科学の視点で考察し、「人間の心のスキマ」を解き明かす!巻末には藤子不二雄Aとの対談も収録。

中古は値崩れしていますが、送料を足せばKindle版の方がお買い得となります!





Malware Infection / Visual Content


【ポイント】

■1.気弱な人を強気に変える方法とは?
 心理学の世界では「高級車に乗っている人ほど交通違反を犯す傾向が強い」ことが明らかになっている。これは、高級車に乗っているという自覚がテストステロンという男性ホルモンを分泌させて、それによって攻撃性が増すためだ。高層マンションや高台の邸宅に住むということに関しては、まだ詳細な学術的検証がおこなわれていないが、高級車に乗るのと同様にテストステロンを分泌させる効果があることは十分に考えられる。
 もちろん、高級車に乗ったり高層マンションに住んだりすることは、決して悪いことではない。たとえば日常的に着る服も、大きなクライアントを前にしてのプレゼンがあったり、どうしても自分の主張を貫きたかったりする場合は、子どもだましのように見えても、強気の姿勢でいるため高級ブランドを身につけるのが有効なのだ。


■2.相手の心を開くために、相手の目を見て話す
 目を見つめ合いながら話していると、人間の脳からはオキシトシンというホルモン(脳内物質) が分泌される。(中略)
 オキシトシンは別名「愛情ホルモン」とも呼ばれる。オキシトシンが分泌されると、相手への信頼感や安心感が生まれるからだ。
 この章の冒頭で述べたように、ラポールというのは人間と人間の信頼関係を指す臨床心理学の用語だが、このラポールの形成にはオキシトシンが関与していると考えられる。
 そして、目を見て話すこと以外にも、オキシトシンを分泌させる上で効果を表す行動がある。たとえば、相手の手を握ること。そしてスキンシップ。また、相手の名前を呼ぶこともラポールの形成を容易にする。キャバクラなどのお店にいったことのある男性は、心当たりがあるのではないだろうか。相手の目を見て、手を握って、あるいは膝に手をおいて名前を呼ぶ。働く女性たちも客とラポールを形成して売り上げを伸ばすために、プロのテクニックを駆使しているのだ。


■3.相手が感じる「後ろめたさ」を利用する
 通勤電車の混雑のなかでわざと自分の足を踏ませ、相手がそれに気づいて「申し訳ありません」と謝ってきたところで、すかさずターゲットの心の内側に入り込んでしまう。そもそも他人の足を踏んでも知らない顔をしているような相手はターゲットとして不適なので無視すればよい。これは、謝罪してくるナイーブさを持っているかどうかを見分けるセレクションでもある。第1巻の「プラットホームの女」(SALE) をはじめ、これは喪黒福造が用いる接近テクニックの代表例といっていいだろう。
 そもそも人間の心にはスキマがある仕様なのは先に述べた通りだ。
 この「足を踏ませる」というテクニックを応用した接近術は『笑ゥせぇるすまん』では随所に登場する。


■4.自分で考えようとしないのは、人間の本能
 スキンダイビングやフリーダイビングのような息を止める必要のあるスポーツを体験した人ならわかるだろうが、それらのスポーツをしながら考えごとをすると、すぐに息が上がってしまう。これも、考えることによって脳が大量に酸素を消費してしまうために起きる現象だ。そのため人間の身体は、脳に対して本能的に「あまり働くな」と命じ、可能な限り脳も活動を効率的にすることで酸素の消費を抑えようとしているのだ。
 自分で考えようとせず、誰かからの命令に従おうとするのは、人間の本能、生理的機能の表れといえる。(中略)
 先のママの「本当は、○○したいんでしょう?」というのは、応用の効く名セリフだ。まさに怖がらせることなく相手を誘導するためにあるような言葉である。喪黒福造の猴僅任琉魔瓩箸靴討両鐡絛腓任發△襦A唸福造は、本質的にラクをしたがっている人間たちに命令を発する。そして、まんまと誘導に乗せられた哀れなターゲットを追い込んでいくのだ。


■5.「騙される人」と「騙されにくい人」
 訪問型の詐欺をおこなう詐欺師は、成功した家の玄関、表札などに目立たない痕跡を残していくという。つまり「ここは、もう一度、狙える」というフラグだ。(中略)
 詐欺師が高齢者をしばしばターゲットに選ぶことはよく知られている。矛先は普通の人に向けられることもあるが、経済的な弱者であったり、心理的に追いつめられている人であったりと、瑜戮気譴笋垢た有瓩鬚弔佑冒世辰討い襦つまり、詐欺師たちは、人間は「騙される人」と「騙されにくい人」の二種にハッキリと分けられることを経験的に知っているのだ。「騙されにくい人」には、何度アプローチしてもひっかかりにくい上に、見抜かれればリスクとなるため効率が悪い。いっぽうで「騙される人」は何度でも騙せる、いわば爐得意さん瓩箸いηЪ韻鯣爐蕕六っているのだ。


【感想】

◆そもそも、表紙の喪黒福造に模した中野先生を見て、「(ノ∀`)アチャー、本を売るために、こんなことまでさせられて可哀そう」と思ったのは、私だけではありますまい。

しかも、決めポーズの「ドーン!」まで披露しており、何で売れっ子の著者さんが、必ずしも正義の味方ではない、かつ異性のキャラの真似をしなくてはならないのか、と、少なからず憤りを感じたワタクシ。

ところがどっこい、本書の「はじめに」にて、中野先生の『笑ウせぇるすまん』に対する想い、さらには2019年に六本木ヒルズで開催された藤子不二雄A先生の展覧会にまでおしかけたことを知り、考えを一変。

この方、完全にノリノリでやってた模様w

実際、集英社新書さんから「本を書きませんか」という話があった際に、『笑ウせぇるすまん』を題材にした本にしたい、と、中野先生の方から申し出たのだそうです。

確かに、中野先生の著作の過去のテーマを考えると「不倫」「サイコパス」「恨み」「いじめ」といった、人間のダークな部分にフォーカスしたものが多いワケですから、『笑ウせぇるすまん』も先生のテーマとしては、ピッタリなのかもしれません。


◆そして中野先生いわく『笑ウせぇるすまん』は「悪の教科書」である、と。

本書では、上記ポイントの3番目にある「第1巻の「プラットホームの女」(SALE)」のように、具体的にマンガにおけるシーンを例に出し、その多くで実際のマンガの該当部分まで掲載しています。

実は私は、この『笑ウせぇるすまん』をほとんど読んだことがなかったため、このように説明してもらえて、非常に助かりました。

もっとも、『笑ウせぇるすまん』を読んだことがある方でも、ストーリーと深くかかわらないながらも中野先生が注目した細かい部分は、マンガがあってこそ腑に落ちると思います。


◆また、中野先生によると、喪黒福造の駆使するテクニックは、非常に脳科学に則したものである、とのこと。

上記ポイントの1番目の「テストステロン」や、2番目の「オキシトシン」あたりは、確かにそうだと思います。

ただし、上記ポイントの3番目の「後ろめたさ」辺りは、どちらかというと「心理学」に近い気が。

要は、この本で言うところの「返報性の法則」ですから。

4414304229
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

参考記事:【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)

本書では他にも、「同調圧力」や「ゲイン効果」といった心理学寄りのTIPSも登場しており、必ずしも「脳科学」に限定してはいません。

いずれにせよ、こうした要素を盛り込んだ作品である『笑ウせぇるすまん』は、時代を先取りしたものである、と中野先生は高く評価しているワケです。


◆そこで、実際にどうなのかを、藤子不二雄A先生に問いただす(?)のが、巻末の対談。

中野先生は藤子先生自身が喪黒福造そのものであり、心理学の知識を駆使して描かれたのではないか、と考えていたのですが、藤子先生いわく、当時は連載をいくつも抱えていて、頭を使わずに描いていたのだとか。

むしろ、かつていじめられっ子でもあった藤子先生は、むじろ喪黒福造にハメられる側の人間であると主張されています。

ただし、藤子先生は仕事場のある新宿まで、電車で通われているそうで、そこで乗り合わせた人を観察し「このヒトはどういう仕事をして、毎日どういう生活を送っているのだろうか」と想像するのだそう。

なるほど、こうした人間観察や、過去の経験から、『笑ウせぇるすまん』のようなユニークな作品が生まれてきたのだな、と納得できた次第です。


『笑ウせぇるすまん』のファンの方でなくとも、楽しめる1冊!

B0819XDJQB
悪の脳科学 (集英社新書)
第1章 あるべくして不完全な人間の脳
第2章 ラポールの形成
第3章 騙されるメカニズム
終章 騙されやすい脳と、騙されにくい脳
対談 藤子不二雄A×中野信子


【関連記事】

本当は残酷な『詐欺の帝王』の話(2014年06月22日)

【『影響力の武器』悪用編?】『だましの手口』に学ぶブラック手法6選(2012年03月07日)

【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)

【ファスト&スロー?】『意思決定の心理学 脳とこころの傾向と対策』阿部修士(2017年06月05日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00Y0A8TZO
小林カツ代のお料理入門 (文春新書)

故・小林カツ代さんのお料理本は、「70%OFF」という値引き率のおかげで、Kindle版の方がお得。

B079PPF3NZ
ムダ家事が消える生活

家事本でおなじみの本間朝子さんの作品も、中古が値崩れしていますが、送料を加味するとKindle版に軍配が上がります!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「潜在意識・右脳開発」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
潜在意識・右脳開発このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク