スポンサーリンク

2020年05月25日

【学習思考?】『「超」勉強力』中野信子,山口真由


4833440245
「超」勉強力


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも一番人気だった勉強本。

東大卒の才女として知られるお2人が、各々の勉強観や勉強法について語り、かつ一緒に論じた作品です。

アマゾンの内容紹介から。
試験勉強に向かう人はもちろん、ビジネスから日常の暮らしまで、私たちは日々新たな学びを得ています。
それらを正確に理解し、記憶し、運用していくためには、人間の脳の仕組みを知り、知と向き合う態度を身につけることが欠かせません。
本書では、東京大学卒業後も学びに触れ続けるふたりが、真に役立つ“学習思考”を伝授。
新たなものごとを習得していくうえで重要な「頭のよさ」に着目しながら、学びの本質から実践的な勉強法までを語り尽くします。

中古は値下がりしてきましたが、送料を足すと定価を超えますから、定価と同額とは言えKindle版もご検討ください!





Studying Hard / grits2go


【ポイント】

■1.努力そのものを楽しむという罠にハマらない(中野)
 わたしが受験生のときに気づいたのは、成績がよかったのに、途中からどんどん成績が落ちていく人がけっこういたことです。そんな人たちを目にして、わたしは「『努力そのもの』が楽しくなりはじめると成績が落ちるのではないか」という仮説を立てました。つまり、勉強ができるようになることではなく、がんばることが楽しくなってしまうというからくりです。
 わたし自身は努力することがまるで楽しくなかったし、ただ単に疲れてしまうから嫌いでした。でも、努力すること自体が気持ちよくなっている人を見ていると、自分が楽しいうえに結果が出なければ出ないほど親や先生が励ましてくれたりほめてくれたりするので、どんどん狹慘呂縫魯泙辰討い瓩里任后(中略)
 一方で、受験という尺度から見れば、そのスタイルは受験システムにはまったく合っていません。受験生だったころ、わたしは「点数や成績が上がらなければ、その努力にはなんの意味もない」と考えていました。
 そしてこれは、社会人の「学び」や資格取得のための勉強も同様です。
 なんらかのスキルを本気で身につけたいのなら、無駄なことをしていてはいけないし、努力そのものを楽しむという罠にハマってはならないのです。
 むしろ、最短距離で能力を上げる戦略を実行すべきなのです。


■2.すべてをストーリーとして覚える(山口)
 また、これは論述だけに限らず、一般的な勉強や記憶でも同じことがいえます。それこそ、教科書でも参考書でも、わたしはすべてストーリーとして読んでいます。もちろん、教科書は小説とはちがうので、自分自身をそのなかに投影して読むわけではありません。ただ、歴史にせよ生物にせよ判例にせよ、わたしはすべて物語としてとらえています。ストーリーとして読んでいくことで、流れとともに全体の内容を覚えやすくなります。そうすれば、自分の言葉でアウトプットもできるようになるでしょう。
 記憶法といわれるものには独特の方法があり、語呂合わせや、映像と組み合わせて覚えるような方法もあります。その意味では、わたしの場合はすべてをストーリーとして覚えるということになるのでしょう。とにかく、ものごとを単独で覚えるのが苦手なので、「 いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」と覚えてもまったくイメージがわきません。そんな覚え方では、いつどういうきっかけによって武士の集団を「鎌倉幕府」と評価するようになったのかもわからないのです。
 それよりは、「そのあと頼朝は征夷大将軍に任命されて、それから……」と、すべて時系列のストーリーにして何度もテキストを読み込むほうが、確実に応用力がつくとわたしは考えています。


■3.その世界に入り込んで覚える(中野)
 エピソード記憶は、いわば自分で「疑似体験」するようなイメージです。
 多くの人は、教科書の内容はすぐ忘れても、自分の身に起きた出来事はめったに忘れません。それと同じようなインパクトを記憶に残すために、本や教科書を読むときはそこに書かれている人やものの気持ちになって、その世界に入り込みながら読んでみる。そうすることで、むしろ忘れるのがむずかしくなるくらい覚えられるというわけです。
 この手法は、もちろん勉強以外にも有効です。たとえば、仕事で重要な会議やプレゼンテーションがあるなら、前日までにその相手や聴衆と話している想像の世界に入り込み、「これを聞いたらどんな反応をするだろう?」「こんなことを思うのではないかな?」などと、想定できるシーンを前もってイメージしておきます。すると、当日は相手の話をよりスムーズに理解できたり、良質なコミュニケーションができたりしやすくなるのです。


■4.今日やったことを頭の中で結びつける(中野)
 大切なのは、学んだ内容をノート上ではなく、自分の「頭のなか」で有機的に構築できるかどうかです。頭のなかで「エピソード記憶」化された事項が、有機的に結びついているかどうかがすべてなのです。これができていると、ものごとの理解力を問う論述問題や応用問題に対応できることにつながっていきます。
 ちなみに、わたしの学生時代のノートはかなり雑でした。ノートというよりも裏紙を使うことすらあり、先生が教科書に書いていないことや、重要なことを話していると感じたときだけそれに記録しました。すでに教科書に書いてあることや、テストに出ない先生の個人的な見解を写しても意味がないと思ったからです。
 そして、帰宅してから、自分だけが見るためのノートをつくるのです。これもていねいにつくるというより、「1日の振り返り」をするような意味合いのものです。今日やったことを自分なりにまとめて、頭のなかで結びつける作業を、中学高校を通してずっと続けていました。


■5.「7回読み勉強法」概略(山口)
 個人差はありますが、約300ページの本を、自分のなかでいちど内容を理解できる速さで読んで1週間かかるとしましょう。でも1週間後、その内容を詳細に覚えている人はあまり多くないはずです。なぜなら、読んだ内容を「反復」していないため、記憶に定着しづらい状態になっているからです。少なくとも、1、2日目に読んだ箇所は、1週間後にはかなり忘れていると推測できます。もちろん、その都度戻りながら読んでもいいのですが、そうすると時間はどんどん過ぎ去ってしまう。
 しかし、「7回読み勉強法」では、1回ごとの理解度は浅くても、繰り返し読むことで頭に内容を刷り込んでいくことができます。すると、1週間後には同じ本を1回だけ読んだ人と、7回読んだ人で理解度に歴然とした差が生まれます。これが、「7回読み勉強法」の肝です。
 記憶は継続と反復で強化されるため、1冊の本を7回も通読すると、記憶の定着度はかなり高まります。
 まるで、本の内容を「丸ごと写し取る」ように、頭に定着させることができるのです。

(詳細は本書を)


【感想】

◆本書は勉強本マニアとしては押さえておきたいものの、なかなか評価が難しい作品でした。

そもそも、お2人とも「普通の受験生」が参考にするには、ちょっと変わり種すぎるのではないか、と。

まず中野さんは小学生の頃から面倒くさがりで、「無駄なことは一切やりたくない」という子どもだったのだそうです。

結果、上記ポイントの1番目にあるように、「努力自体」を否定する立場に立っているワケなのですが、方向性が間違っていなければ、周囲が「努力」というか、その「過程」をほめるのは、それほど悪いことではないような。

もちろん、「最短距離で能力を上げる戦略を実行すべき」というご意見は同意しますが、具体的にそれが何かというと、結局は「人それぞれ」だったりします。


◆では具体的にどうしているかというと、中野さんにとってのその1つが、上記ポイントの3番目にある「疑似体験」。

中野さんは意図せずそのようにして記憶していたそうなのですが、のちに皆がそのようにしていないことを知り「じゃあ、みんなはどうやって覚えているの?」と驚いたのだそうです。

「……イヤ、でもこのやり方って、ダメな人はいるでしょう?」という意見に対しては、
 これは記憶のテクニックであり、そうした覚え方の癖をつけることができれば、戦略的なプロセスとして活用できます。もちろん、こうした覚え方が不得手な人もいると思いますが、それほどむずかしいことではありません。ただ、感情や気持ちを使うことに慣れていなかったり、恥ずかしくなったりするくらいで、続けていればできるようになります。
自然にできた人に、そう言われても自信ないんですがw

さらに、上記ポイントの4番目で言われているように、その日のうちに、頭の中でまとめる必要がある、とのこと。

この辺、中野さんにとって単に黒板を写しただけのノートは、「役に立たない努力」(「スマホ撮影でもいいのでは?」とも言われています)であり、頭の中で結びつけることまでやってこそ「勉強」なのでしょうね。


◆一方、逆に山口さんは、愚直に努力するタイプのようで、中野さんとはまったく勉強法が違います。

そして、山口さんと言えば、上記ポイントの5番目にある「7回読み勉強法」が有名かと。

本書でも、ある程度ページを割いて解説されているのですが、より深くお知りになりたい方は、ちょうどこの本が、5月28日までのセール対象となっているのでご検討ください。

B073CKBLKN
東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)

また、下記の作品レビューでは、「7回読み勉強法」について掘り下げていますから、こちらをお読みいただければ、概要がある程度詳しく分かると思います。

4797398507
東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践! 誰でもできる〈完全独学〉勉強術 (SB新書)

参考記事:【勉強法】『東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術』山口真由(2014年12月23日)


◆ただし、私個人としては、この「7回読み勉強法」に関しては、以前も触れたようにあまり積極的には肯定しかねるところ。

1つには、山口さん個人の能力にかなり依存しているというか、属人性が強い気がしています。

この辺、本当なら実験というか、実際の試験でなくてもいいのでサンプルを集めて、効果を確認して欲しいんですけど、難しいですよね……。

もしくは、わざわざ実験までしなくとも、たとえば著者が塾の先生だったりすると、実際のフィードバックがありますから、また説得力も違うのですが。

私見としては、この「7回読み勉強法」で必ずしも全員が結果を出せるとは思い難いものの、ハマる方にとってはハマるのではないか、と思う次第です。

実際に、下記エントリーの人は、この方法で成功されていますし。

【驚愕】東大主席が考案した勉強法を3ヶ月実践してみた結果wwwwww - かれっじライフハッキング 【驚愕】東大主席が考案した勉強法を3ヶ月実践してみた結果wwwwww - かれっじライフハッキング


◆なお本書の後半では、著者お2人の対談が登場。

それぞれテーマがあつ3つのコーナーで、かなりフランク(テレビ番組等で共演していて、元から仲が良かったそう)に話されています。

ただし、お互いの勉強スタイルが違うせいか、勉強法の話にはほとんどならず、お2人の学生時代やらキャリアの話が中心でした。

しいて勉強に関係するお話としては、「国語(言語能力)大事!」という点については、お2人とも強調されていましたから、受験生の親御さんや、資格試験を受けられる方はご留意を。

いずれにせよ本書は、手っ取り早く試験の点数を上げたい方は別として、もうちょっと上のレイヤーから、勉強法について再検討したい方なら一読の価値があると思います。


東大女子コンビの学習思考を学ぶべし!

4833440245
「超」勉強力
中野信子【思索編】 学ぶ、知る、生き延びる
山口真由【思索編】 前進はいつも勉強とともに 
中野信子【行動編】 脳がよろこぶ学びの技術
山口真由【行動編】 反復と継続の極意

対談【STUDY_1】 「好き」を追求した学生時代
対談【STUDY_2】 才能の伸ばし方
対談【STUDY_3】 流動化する社会を生きる


【関連記事】

【勉強法】『東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術』山口真由(2014年12月23日)

【記憶術】『誰でもできるストーリー式記憶法』山口真由(2014年09月19日)

【科学的根性論?】『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』山口真由(2014年01月22日)

【勉強法】『勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法』伊沢拓司(2019年07月26日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B01NA99AFY
我が闘争 (幻冬舎文庫)

おなじみ堀江さんの苦闘の日々をつづった作品は、文庫本ゆえ「299円」とお手頃価格であり、結果、送料を足した中古よりもお買い得。

B01M9DLFD3
地形で解ける!東京の街の秘密50 (じっぴコンパクト新書)

東京にお住まいではない方には微妙な作品ですが、中古があまり値下がりしていないため、Kindle版が500円強お得。

B07NKT4VS2
大乗仏教 ブッダの教えはどこへ向かうのか (NHK出版新書)

こちらも読む人を選びそうな仏教本ですが、中古に送料を足すと定価を超えますから、Kindle版が500円以上お得な計算です!


【編集後記2】

◆一昨日のSBクリエイティブさんのセールの記事で人気があったのは、この辺のラインナップでした(順不同)。

B07VZWQZ1H
ロスの精神科医が教える 科学的に正しい 疲労回復 最強の教科書

B07PMPSG2Z
離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本

B01N37VGO1
他人を平気で振り回す迷惑な人たち (SB新書)

参考記事:【コミュニケーション】『他人を平気で振り回す迷惑な人たち』片田珠美(2018年05月15日)

B07PPRDD1W
こころを洗う技術 思考がクリアになれば人生は思いのまま

参考記事:【心の汚れ?】『こころを洗う技術 思考がクリアになれば人生は思いのまま』草薙龍瞬(2019年12月09日)

宜しければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク