スポンサーリンク

2020年05月09日

<終了済み>【明日まで!】「『日経の本』統合記念ポイントアップキャンペーン」の追加分をお送りします!





【はじめに】

◆今日は週末ということで、昨夜の記事に続いて、こちらのセールの追加分をお送りしようかと。

Amazon.co.jp: 「日経の本」統合記念ポイントアップキャンペーン(5/10まで): Kindleストア

その前回の記事執筆の際は、当ブログ初登場の作品だらけでなかなか先に進めず、まだセール全体の1割もチェックできておりませんでしたから、今回はいけるところまで見ていく所存です。

とはいえ過去のセールで登場済みの作品であれば、反応がよかったものを抽出しますし、中古が値崩れしているならパスしていきますから、どんどん挽回できると思われ。

なお、セール期限はもちろん「5月10日(日)」まで

いよいよ明日までですから、気になる作品はお早めに!

注:このセールは終了しました。






Kindle Fire test / ActuaLitte


【「『日経の本』統合記念ポイントアップキャンペーン 追加分」より】

◆上記リンクは「おすすめ順」ですが、こちらでは「出版年月が新しい順番」で並べております。


B0813HXK23
5Gでビジネスはどう変わるのか
超高速‐低遅延‐多数同時接続×ネットワーク・スライシング、マネタイズプラットフォーム、モバイルエッジコンピューティング。5Gの持つ本当の力を理解するには3つの「基本性能」と「活用システム」を学ぼう。


B081J7CSLB
データの世紀 (日本経済新聞出版)
あなたも、データ資源だ!「石油の世紀」は終わり、新たな資源とテクノロジーを巡る争奪戦が始まった。ヒト・モノ・カネが生み出すデータ資源は、企業や国、そして世界の秩序を変える。取材班は、押し寄せるデータエコノミーの光と影を追った。2019年度新聞協会賞編集部門受賞。


B081C2PXXB
最高の企業文化を育む「少数」の法則
「文化」こそ成長の原動力! 企業文化を刷新するのは困難だが、今ある文化を改善し、組織の価値を高めていくことはできる。あなたの会社の重要な「少数の要素」(クリティカル・フュー)を見つけ出し、行動を始めよう! 世界の先進企業が実践している「カルチャー・イノベーション」のノウハウを凝縮!


B081RMQFCS
30の都市からよむ世界史 (日本経済新聞出版)
キリスト教徒が滅ぼしたアレクサンドリア、イスタンブールとモスクワの共通点、十字軍が繁栄をもたらしたヴェネツィア、もとは「ウサギ島」だったサンクトペテルブルク、カエサル率いるローマ軍が育てたパリ…大好評書き下ろし世界史シリーズ最新作。古今東西の都市を「栄えた年代順」に並べることで、全く新しい世界が見えてくる。


B0814PHT13
知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利 (日本経済新聞出版)
圧倒的に不利な条件から勝利を導き出した独ソ戦のスターリン、英独戦のチャーチル、インドシナ戦争のホー・チ・ミン、対イラク戦圧勝もつかの間、非正規戦という泥沼の打破を迫られた米国―。勝者はいずれも、攻撃と防御、機動戦と消耗戦を二項動態的に把握し、縦横無尽に使い分け、情況と文脈の変化に応じて具体的な戦略を実践している。このような戦略こそが「知略」だ。4つの逆転の戦史にもとづいてリーダーシップの本質に迫る『失敗の本質』『戦略の本質』『国家経営の本質』に続くシリーズ最終巻。


B07ZJBFX6L
危機と人類(下) (日本経済新聞出版)
国家的危機に直面した国々は、選択的変化によって生き残る―では、現代日本が選ぶべき変化とは何か?現代日本は数多くの国家的問題を抱えているが、なかには日本人が無視しているように見えるものもある。女性の役割、少子化、人口減少、高齢化、膨大な国債発行残高には関心が寄せられている一方で、天然資源の保護、移民の受け入れ、隣国との非友好的関係、第二次世界大戦の清算といった問題には、関心が低いようだ。現代日本は、基本的価値観を再評価し、意味が薄れたものと残すべきものを峻別し、新しい価値観をさらに加えることで、現実に適応できるだろうか?博覧強記の博士が、世界を襲う危機と、解決への道筋を提案する。


B07ZJ8DJNB
危機と人類(上) (日本経済新聞出版)
ペリー来航で開国を迫られた日本、ソ連に侵攻されたフィンランド、軍事クーデターとピノチェトの独裁政権に苦しんだチリ、クーデター失敗と大量虐殺を経験したインドネシア、東西分断とナチスの負の遺産に向き合ったドイツ、白豪主義の放棄とナショナル・アイデンティティの危機に直面したオーストラリア、そして現在進行中の危機に直面するアメリカと日本…。国家的危機に直面した各国国民は、いかにして変革を選び取り、繁栄への道を進むことができたのか?ジャレド・ダイアモンド博士が、世界7カ国の事例から、次の劇的変化を乗り越えるための叡智を解き明かす!


B084D2QMDS
Talent Wins(タレント・ウィンズ) 人材ファーストの企業戦略 (日本経済新聞出版)
今日の経営幹部の大半は、人材こそが競争優位を生みだすことを理解しているが、企業が使っている人事制度は一世代前の遺産である。それらは、将来が予測可能な環境、伝統的な仕事のやり方、レポートラインと部門で人を管理する組織のために設計されたものである。近年、仕事も組織もどんどん流動的になるにつれ、事業戦略は予測可能な向こう数年間の計画を練ることではなく、絶えず変わりつづける環境のなかで新たな機会を察知し獲得することを意味するようになった―企業は新たな手法で人材を活用しなければならない。人材が戦略を主導しなければならないのだ。世界的ビジネス・アドバイザー、マッキンゼー・アンド・カンパニー前グローバル・マネージング・パートナー、コーン・フェリー副会長の3人がタッグを組んだ21世紀企業のための人材戦略ブック。


B07Z4DNFG7
コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった 増補改訂版
■ビル・ゲイツの推薦の言葉「二〇世紀後半、あるイノベーションが誕生し、全世界でビジネスのやり方を変えた。ソフトウェア産業の話ではない。それが起きたのは、海運業だ。おそらく大方の人があまり考えたことのないようなそのイノベーションは、あの輸送用のコンテナである。コンテナは、この夏私が読んだ最高におもしろい本『コンテナ物語』の主役を務めている。コンテナが世界を変えていく物語はじつに魅力的で、それだけでもこの本を読む十分な理由になる。そのうえこの本は、それと気づかないうちに、事業経営やイノベーションの役割についての固定観念に活を入れてくれるのである。」


B07ZT5P72H
小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2020年版 (日本経済新聞出版)
こうすれば、短時間で、効果的に読める!就活性、若手ビジネスパーソン必読。経済と会社数字の基本を身につけ、日本と世界の将来を予測。


B081CF4F5T
ボルカー回顧録 健全な金融、良き政府を求めて (日本経済新聞出版)
伝説のFRB議長、最後の警鐘。通貨・金融への信頼、政府への信頼回復のために何が必要なのか?現代金融の同時代史にして、強い危機感をもとに書かれた未来への羅針盤。


B07Z5RGS7F
課長塾シリーズ 課長のABC
日経ビジネス『課長塾』、教室から飛び出して紙面で講義。行動科学55。


B07Z5SP7N8
スノーピーク「楽しいまま!」成長を続ける経営
「好きな仕事だけ!」で「楽しいまま!」成長を続けるアウトドアカンパニー、スノーピーク。「ピュアでロマンチック」な真実をトップが大公開する。


B07Z7CW7LL
企業不祥事を防ぐ (日本経済新聞出版)
コンプライアンスは、「過剰規制」から「ものがたり」へ。豊富な実務経験から導き出した、「目からウロコ」の実践的対策の数々を解説。


B07ZNW4GB3
物語コーポレーションものがたり 若者が辞めない外食企業 (日本経済新聞出版)
社是、Smile&Sexy。離職率13%(業界平均30%)。9期連続、既存店売上、前年比増。異色の外食チェーンの躍進を支えるのは「個の尊厳」と「多様性」を尊重する人財力だった。モチベーションの高さの秘密は1人ひとりが「自分物語」を作れる組織にあった。


B07ZNTJV1P
Q&A SDGs経営 (日本経済新聞出版)
なぜ必要か?どう実行するか?経営目線でズバリ解説!日本企業の取り組み事例が満載!具体的導入プロセスがわかる。


B07ZRFYSXN
味の素 「残業ゼロ」改革 (日本経済新聞出版)
早く帰れ! そして稼げ! 4年間で年間労働時間を約180時間削減した働き方改革のトップランナー。残業削減に一定のメドをつけ、収益拡大へ舵を切るまでの全社一丸となった業務改革の全貌を徹底解説。


B07ZCNTDDF
スタンフォードで学んだ 最強の意思決定 メンバーの知恵を錬成する実践手法 (日本経済新聞出版)
スタンフォードで意思決定の技を学び、マッキンゼーでその腕を磨いた著者が「みんなの知恵」を束ねる手法を解説する。


B07ZV873L3
ゲーム理論とマッチング (日本経済新聞出版)
本書では、ゲーム理論とマッチング理論の基礎をやさしく解説します。相手の利害を探りながら個人的・社会的にベストな選択を行うための手法がよくわかります。著者は経済学を社会変革に活かそうと努める意欲的な研究者です。様々な事例を用いてわかりやすく語ることに定評があります。学校選び、採用活動、臓器移植などを例に出し、あらゆる課題の解決に本書の内容が役に立つことがよくわかります。結論を出すための思考プロセスを丁寧に解説するので、他への応用にも使えます。新しい経済学の使い方に関心がある方はもちろん、政策担当者や一般ビジネスパーソンで「戦略思考」が必要な方にオススメです。


B07YTPMNDM
無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」
東大卒、のべ3万人を指導してきた異色の営業コンサルが、自身の「コンペで8年無敗」のノウハウをついに公開!営業を科学する。


B07YNJSCG8
ソフトウェア・ファースト
ソフトウェアがビジネスの中心を担い、インターネットがあらゆるビジネスの基盤となった今、日本企業はどう変化すれば生き残れるのか?すべてはIT活用を「手の内化」することから始まる!


B07YZ6NQ4J
自分が欲しいものだけ創る!スープストックトーキョーを生んだ『直感と共感』のスマイルズ流マーケティング
市場調査はいらない!割引も広告もいらない!「顧客」より「自分」が基点の新・マーケティング論。


B07ZPM8SQL
THINK EDIT 編集思考でビジネスアイデアを発見するための5つの技術と10の習慣
30年間アイデアが枯渇したことがないクリエイターが実践している「編集思考」とは? 1万冊を超える雑誌のアートディレクションを手がけ、企業の新規ブランド立ち上げや事業開発分野でも活躍中の著者が教える、デザインシンキングに代わる新たなビジネス創造メソッド!


B07YLHZ56K
システム思考がモノ・コトづくりを変える
ビジネスを変革・改善するには、 多様化・複雑化する課題に対して、適切な解決策を見出す必要があります。そのための考え方・手法が「システム思考」です。複雑化する社会、言い換えれば、「複数の要素が密接につながり合い、協働し合う=システム化する」社会において、モノ(製品)づくり・コト(サービスや体験)づくりに不可欠な要素である顧客の要望や自社のコア技術などを俯瞰的に捉えて見える化し、適切に検討して創発することで、DXを成功に導く――。この実現手法である「システム思考」を、わかりやすく、具体的に説明します。


B07Y5G4B6D
二人のカリスマ 上巻 スーパーマーケット編
戦争から東京に戻った藤田俊雄は異父兄とともに、スーパーマーケットを開業、店舗網を広げ成長を遂げる。どん欲に売り上げを追う仲村力也、消費にも文化を、と訴える大館誠一ら、ライバルたちと競い合いながら、戦後の日本の流通業界を大きく変えていく。作家・江上剛氏がカリスマ経営者の姿を描く。


B07Y5DGFC2
二人のカリスマ 下巻 コンビニエンスストア編
スーパーマーケットチェーン、フジタヨーシュウ堂に転職。有能な働きで頭角を現したビジネスマン、大木将史。米国出張で偶然出会ったコンビニエンスストアを日本で展開し日本の消費者の暮らしを大きく変えた彼を待ち受けるものとは―。作家・江上剛氏が描くカリスマの運命とは。


B07Y5HBHWZ
「ミライの兆し」の見つけ方
仮想通貨流出事件は「始まり」に過ぎない。前工程改革がイノベーション確率を高める。拡大するESG投資の実効性高める手法は。AI時代こそヒトの『先を読む眼』が必要…BCG流『正確な千里眼』のための戦略思考。


B07YLF5H3V
アイデアを実現させる建築的思考術 アーキテクチュアル・シンキング
ビジネスパーソンが企画や交渉、商品ブランド開発など、あらゆる仕事でイノベーションを起こすにはどうすべきか。そのヒントが「ロジカルな左脳」と「クリエイティブな右脳」の両方を使いこなす『建築的思考術』にあった!建築を学んだ後、100以上のブランディングを成功へと導いたブランディングデザインの第一人者がインタビューと考察から読み解いた7つのキーワードから『建築的思考術』を提唱。ビジネスのアイデアを実現させる『コツ』を解き明かす!


B07XCB444W
ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」
国内外のディープテック事例を多数収録。新興国に眠る課題と湧き起こる情熱。日本企業に生まれる新たな活躍の舞台。


B07XFLNFCB
Outlook最速時短術
“ムダに時間を費やさない!最速メール整理術”“ショートカット不要!「クイック操作」こそ最強”“まだドラッグしてるの?超速の新ファイル添付法”“定型文をワンタッチ入力&署名使い分けの楽ワザ”メールさばきが速くなる業務直結のワザ満載。


B07YMRBJGC
GAFAに克つデジタルシフト 経営者のためのデジタル人材革命 (日本経済新聞出版)
このままでは、あなたの会社は生き残れない!デジタル最前線で実体験した成功例・失敗例から最良のノウハウとエッセンスを指南。


B07XYR1K1J
ビッグミステイク
投資の世界では、誰もが必ず失敗を経験する。過ちを繰り返し、「何かを会得した」と思った瞬間に、市場から鼻をへし折られる。人はリスクを避けたがり、買った値段に縛られ、「後知恵バイアス」に操られる。どんな投資家も、生まれつき人間に備わった性質からは逃れられない。失敗の大部分は自業自得なので、事実を受け入れ客観的に対処するのは難しい。だからこそ、私たちは過去の失敗に学ばなければならない。それに最適な題材は、偉大な投資家たちが犯した数々の大失敗だ。


B07XJRTXNT
ハミルトン――アメリカ資本主義を創った男 上
ジョージ・ワシントンやジェファーソンらと並ぶアメリカ建国の父の一人で、金融制度や常備軍を設計し、産業政策でアメリカ資本主義のその後の勃興の種を蒔いた天才政治家アレグザンダー・ハミルトン。カリブ海の西インド諸島出身の私生児が、独立戦争でその後の初代大統領ワシントンの副官として頭角を現し、初代財務長官となるが、宿敵アーロン・バーとの決闘で死ぬまでの劇的な生涯を当代随一の評伝作家ロン・チャーナウが描いた。2005年に刊行した『アレグザンダー・ハミルトン』全3巻(日経BP)の改題・新装版。


B07XPSJNKT
ハミルトン――アメリカ資本主義を創った男 下
西インド諸島出身の「成り上がり」の壮絶な愛と権力の物語。独立戦争で病弊した財政を立て直し、中央銀行制度や産業振興でアメリカ飛躍の基礎を築いた偉人の後半生。


B07Y9JKSS5
ライフサイクル投資術 お金に困らない人生をおくる (日本経済新聞出版)
さまざまな金融商品に投資してリスクを下げる「分散投資」の重要性はよく知られている。本書は、もうひとつ「時間の分散投資」について、そのメリットと手法を解説したものだ。具体的には、若いときにレバレッジを使えば、リスクを減らしつつ生涯リターンを50%近く増やすことができる。つまり、若いときにお金を借りて投資するのは賢明なやり方だ、ということである。これは、従来の長期投資の主張とはまったく異なるもので、メディアに掲載された際には大きな議論を呼んだという。この「ライフサイクル投資術」について、データを元に解説したのが本書である。


B07XVJZ438
データ資本主義 21世紀ゴールドラッシュの勝者は誰か (日本経済新聞出版)
ビッグデータを活用する能力こそが重要だ。新たな科学的方法論に基づくデータ駆動型経済・社会の構図、問題点を明らかにする。


B07Y2235DQ
2050年の経済覇権 コンドラチェフ・サイクルで読み解く大国の興亡 (日本経済新聞出版)
エスカレートする米中対立、人口世界一が近づくインド―。新しい世界秩序がどのようになるかは、多くのビジネスパーソンにとって重大な論点だ。60年の超長期の景気循環であるコンドラチェフ・サイクルに基づく長期波動理論をもってすれば、覇権国家の興亡も併せて長期の世界像を予測できる。本書は、軍事力・科学技術力、人口、国際収支、交易条件から2050年の世界経済・覇権国を読み解く政治経済予測の書。


B07XD567CM
みんなで筋肉体操語録〜あと5秒しかできません!〜
「みんなで筋肉体操」では、谷本さんがさまざまな“パワーフレーズ”で筋トレに励む人の筋肉を追い込み切ります。本書は、視聴者の心と筋肉をつかんだ「名言」とそれに込められた思いをまとめた1冊です。「筋トレはキツくてつらいもの、ではなく、キツくても楽しむもの」。谷本さんの前向きマインドは、筋トレだけでなく日ごろの仕事や生き方のヒントにもなるはずです!


B07XVKRJGF
破壊的新時代の独習力 (日本経済新聞出版)
デジタル化とグローバル化が、仕事の内容を激変させている中で、日本人ビジネスパーソンは、どうすれば、生き残り、繁栄し、ワーク・ライフを充実させることができるのでしょうか。特に、新入社員をはじめとする若手社員は、何を身につける必要があるのでしょうか。少し前であれば、先輩たちから学ぶという手がありました。しかし、もはやその手は通用しません。先輩たちから仕事のやり方を学んでも、そのやり方では、マシン(ロボット・AI)や外国人やもっと若い人たちに太刀打ちすることはもはや無理でしょう。本書では、今、必要な3つの能力と、その身に着け方を解説します。


B07X8MDQ1Q
数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。 (日本経済新聞出版)
数学科出身のコンサルタント・柴崎智香が転職先のアパレル会社で出会ったのは、経験と勘を頼りに仕事をしている営業部員たち。なかでもリーダーの木村斗真は「数字嫌い」を公言してはばからない。そんなメンバーに智香は…。毎日、目にする仕事の数字を読み解き、使いこなすコツを、「ビジネス数学教育」の第一人者が会話形式でやさしく伝授します。


B07X3RD84P
仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術
「定時で帰れ」、でも「成果は上げろ」…“働かせ方改革の矛盾”を打ち破れ!「週休3日」のプロが説く、「正しい働き方」。メール、資料作成、会議、劇的に効率UP!
参考記事:【オススメ!】『仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術』越川慎司(2019年08月30日)


B07X1N3GXQ
ものづくり「超」革命
アップルのスティーブ・ジョブズは2007年にiPhoneを発表した時、「電話を再発明した」と表現した。本書では、まさにジョブズと同じ意味合いで、「再発明」という言葉を使う。その定義は、「自社が提供し得る社会価値を常に再定義し、モノへ具現化すること」。「プロダクト再発明」で重要なのは、すでにある機能や価値を組み合わせた時に、それが掛け算となり製品価値が増大することだ。つまり、圧倒的に高い価値を創出する組み合わせを見つけ出し、モノとして実現することである。製品がコネクテッド化して「ソフトウェアの入れ物」になる今後、どんな企業も「プロダクト再発明」を避けて通れない。


B07WMS723F
DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる (日本経済新聞出版)
「サイロ化の罠」から抜け出せ! 社内に分散している人とデータをつなぎ合わせて「デジタル能力」を実装せよ。ネット時代の勝者になるための企業変革手法。GAFAにはできない、既存企業ならではの戦い方を提示。


B07X34XBPY
最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則 (日本経済新聞出版)
もし、「縄文」と「弥生」のムラが株式会社だったら―?これからの時代を生き抜くルールを分析!!数字しかみない上司、過度な競争、ロジックが先行する会議…“モヤモヤ”を解消。


B07WRP2DD6
ストーリーで学ぶデジタルシフトの真髄
完全「内製」によるAI、RPA導入!見込んだ先端技術は100%モノにする!世界初のUiPath公式トレーナー企業!三井住友ファイナンス&リースが貫く現場を巻き込み、地に足をつけたデジタル化、その極意が満載!


B07WVQ7PPH
人を動かす最高の言葉
ソニー、日清食品、京セラの創業者、トヨタ自動車、花王、全日空の元トップ…。100人の伝説のリーダーが語る言葉の力。日経ビジネスの名物コラム「有訓無訓」40年の歩みから珠玉の名言を厳選。仕事と人生のヒント満載。
参考記事:【金言満載!】『人を動かす最高の言葉』日経ビジネス(編集)(2020年03月30日)


B07WJ33N1K
田中角栄のふろしき 首相秘書官の証言 (日本経済新聞出版)
「その原油、米国が肩代わりしてくれるのか?」キッシンジャー国務長官は、表情を曇らせ黙り込む。第一次石油ショック、角栄の一言が日本を救った―。高度成長下、宰相の座に就いた田中角栄は、政治の力で、日本国民に何をもたらそうとしたのか。通産大臣・総理大臣の秘書官として、間近で接した元側近の証言を中心に活写する。


B07W45B5GT
プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術
人生100年時代―。神プロテウスが自在に姿を変えたように現代に生きる私たちは社会や環境の変化に応じて柔軟に働き方を変えていく変幻自在なキャリア「プロティアン・キャリア」を実践しなくてはなりません。


B07WTM8446
集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク
5G、IoT、AI、MaaS、サブスクリプション、プラットフォームなどに関わるビジネスパーソン必読。デジタル戦略の基本を体系的かつ包括的に学べる「理論的チェックリスト」。産業トレンドの変化に対応するための戦略的意思決定に際して、押さえておくべき重要なポイントについて、理論と事例を交えながら解説。


B07W6SVSP9
なぜ倒産 平成倒産史編
社長の告白で迫る失敗学。ナイジェリア詐欺、まさかの2度倒産、粉飾の連鎖と急死…破綻企業24社。ミステリーを超えた経営の真実。


B07VHG2V3N
苦手な人を思い通りに動かす
世界で200万人が受けている「4つの傾向」が簡単にわかる診断テストを収録。また、「とりがちな態度」「他人をイラつかせるポイント」「言いがちなこと」の具体例が満載なので、採用者の傾向を知りたい面接官、生徒のことを理解したい先生、患者に合わせた対応をしたい医師、初デートを控えた人など、診断テストができない場面でも相手の傾向を知ることができます。共感を得るための伝え方や、強みを生かし弱みをカバーする方法など、人間関係がスムーズになる方法が手に取るようにわかるようになる1冊!


B07VR1CCHV
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版)
個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと持っているほうが、遙かによい結果を生む。低成長、AIの時代に勝つ手法とは?「リスク・パリティー」など最新の戦略も解説。


B07VF54BL5
トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」 (日本経済新聞出版)
老後資産2000万円の不足!?年金の支給開始が85歳に!?兼業投資家なら誰でもなれる。“今”を充実させる前に、まずは老後の不安を解消。


B07VB88FJ3
2030 経営ビジョンのつくりかた VUCA時代を乗り切る (日本経済新聞出版)
どうせムダになるとあきられる、その前に。あなたの会社に本当に役立つ長期ビジョンをつくり、中期経営計画と連動させる知恵・ノウハウを解説。


B07TRPVRXM
バルミューダ 熱狂を生む反常識の哲学
寺尾玄が語る「売れない」を覆す力。「可能性」「常識」「夢」「失敗」「決断」「大人」「コア」「根性」「比較」「言葉」「伝える」「信頼」「時間」「楽」「苦」「協力」「仲間」「未来」、18のテーマで寺尾氏の哲学を語る。


B07TT7BS6F
タニタの働き方革命 (日本経済新聞出版)
「社長はいったい、何を言い出すんだ?!」――タニタ食堂に続く、驚きのチャレンジ! 「会社員」と「フリーランス」のいいとこ取り。この画期的な新制度導入をめぐる試行錯誤を描いた迫真のノンフィクション。自由に働く。やりたいことをやりぬく。それこそが、本当の「健康経営」だ!


B07TWWH1QQ
創発型責任経営 新しいつながりの経営モデル (日本経済新聞出版)
創発型責任経営は、「無限責任の考え方に基づき、社員による主体的な活動を奨励して、創発的な実践を生み出す経営」と定義することができる。従来のCSRの範囲を超えた、新しいつながりを創り出す経営手法であり、それを「理論」「事例」「実践」の3つの側面に分け、先進企業の具体的な事例を紹介しながら解説する。


B07XRS1QPX
100年企業 強さの秘密 (日本経済新聞出版)
グローバル化、デジタル化など環境の変化によって、多くの企業が退場を余儀なくされています。変化が激しい時代にもかかわらず、生き残り続ける企業はどこがすごいのか。100年以上続く長寿企業にスポットを当て、生き残り続ける経営の秘密を多方面から解説します。


B07TM9V6J6
「ウケる」は最強のビジネススキルである。 (日本経済新聞出版)
上司と部下が本音で話をしない、若手の社員がすぐに会社を辞めてしまう、営業先で面白い話ができない…。仕事の悩みを「笑い」で解決するためのノウハウがつまっています。「売れている芸人に学ぶメール術」「ロイヤリティが高まる話し方」「飲み会で相手の心をつかむ5つのスキル」など、今日からすぐに使えるテクニックが満載です。スキルの活用イメージが湧きやすいように、本書はある企業の営業部を舞台にしたストーリー仕立てになっています。日本初!“笑い”を分析し学べるようにした本です。


B07TV4SS9C
反常識の生産性向上マネジメント (日本経済新聞出版)
思い込みを捨て、組織の力を解き放つ!現場のがんばりに依存した「おもてなし」や「職人気質」至上主義から脱却し、経営や組織の変革を通して実現する“令和時代の生産性向上”を、豊富な実例とともに解説する。
参考記事:【超生産性?】『反常識の生産性向上マネジメント』小林裕亨(2019年10月17日)


B07T9K9JYC
5Gビジネス (日本経済新聞出版)
本書は、話題の5G(第5世代移動通信システム)について、そのしくみから生活やビジネスにあたえるインパクトまでをわかりやすく解説しました。先端テクノロジーに強い野村総合研究所のコンサルタントが執筆。国内外の最新情報を盛り込んでいます。4Gから5Gへの変化は、「スマホが便利になる」だけにとどまりません。本書では、コンテンツ業界をはじめ、モビリティ、キャッシュレス決済、製造現場、医療、エネルギー産業など、5Gが広げるビジネスの可能性についてくわしく見ていきます。通信やテクノロジーの専門用語は極力かみくだいて説明しています。ICTやシステム担当者はもちろん、経営層や一般のビジネスパーソンも押さえておきたい1冊です。


B07TCKQD27
「最強」ソリューション戦略 (日本経済新聞出版)
質の高いソリューション提案は売り上げのみならず、利益の増加が期待できますが、なぜうまくいかないのでしょうか。そこには、(1)ソリューション活動を個人に依存しすぎる、(2)デジタル化されたシステムに依存しすぎる、(3)目の前の顧客だけを見てしまう、という3つの勘違いがあります。日本屈指の高収益企業キーエンスでソリューション営業に従事してきた著者が、ソリューション提案を成功させるための組織づくり、戦略策定のノウハウを公開します。


B07RWWSR5Y
最高の教師がマンガで教える目標達成のルール
原田メソッドは思考を文字にして書くことを大切にします。書くことによって頭の中の未来のイメージが整理されやる気が高まり気づきの能力も高まるのです。


B07S9V3SHT
伝え方大全 AI時代に必要なのはIQよりも説得力
マシンは過去を教えてくれる。対して、人間は未来を作る。人をやる気にさせ、説得し、創造性に火をつけられるのは、人間の伝える力。いまほど、伝える力が重要な時はない。伝える力を身につければ、コンピューターに仕事を奪われる心配もなくなるし、他人に負ける心配もなくなる。わかりやすい言葉で話せ、5秒で全体像を見せろ、ストーリーを語れ、心を揺さぶれ―。最高のコーチが、伝え方の「鉄板」の技術を教えよう。


B07RHZ534R
マンガ 最高の戦略教科書 孫子 (日本経済新聞出版)
庶務特命課長・孫武七子。職場のお悩み、『孫子』で解決します。「彼を知り、己を知れば、百戦して殆うからず」「兵は詭道なり」「百戦百勝は善の善なるものに非ず」―百戦不敗の戦略を説いた「孫子」の教えを、人生・ビジネスにいかに活かすか。オリジナルマンガですっきり解説。


B07R63WY97
イヤなやつほど仕事がデキる なぜルールに従わない人が成功するのか (日本経済新聞出版)
仕事がつまらないのは、誰かの敷いたレールの上を歩いているからだ。周囲から疎まれてもいい。イヤなやつだと思われてもいい。ルールを破って創造的に生きろ。新しいビジネスを興した強力なリーダーは、足かせとなるルールを臆せずに破り、大胆に枠からはみ出すことで成功した。どうしたら、あなたのなかに潜む反逆の才能を伸ばし、仕事と人生で成功することができるのだろうか。ハーバード・ビジネス・スクールの人気教授が、自分らしく働きながら成功を手に入れる8原則を解説する。


B07QTWWZQJ
あの天才がなぜ転落 伝説の12人に学ぶ「失敗の本質」
“エジソンを打ち負かした天才科学者”“三菱・三井を超える巨大商社を率いた名参謀”“史上最大のバブルを生んだフランス中央銀行総裁”“松下幸之助と並び称された瀬戸内の再建王”“リッチな証券マン生活を捨てた異能の画家”あれほどの成功をつかんだ男がなぜ?リスクをとって攻め続けた人生を称え、その敗因に学ぶ。


B07QZW7ZVS
ブラック職場があなたを殺す (日本経済新聞出版)
上司から達成不可能な目標を押しつけられ人員も減らされ、あげくに生産性を引き上げ残業せずに売上を死守しろと強要される―「カネと仕事」という2大ストレスを私たちはどう生き抜くべきか?『「権力」を握る人の法則』の著者が放つ警鐘。


B07Q7P6HFX
プラットフォーマー 勝者の法則 コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法 (日本経済新聞出版)
こうすれば、アマゾンやアップルになれる!もともと伝統的な小売業者、製造業者だった彼らは、いかにしてプラットフォーマーとなったか。ビジネスモデルを点火、上昇、安定させる方法(ロケットモデル)を明らかにする。


B07P5K4DQ3
入門 起業の科学
起業・新規事業の「成功/失敗」を分けるのはたった1つのハードルを超えられるか否か―。成功に至るまでのプロセスは長いが、そこには型があり、型を知れば失敗は潰せる。成功の型を、4ステップ、39のチェックポイントに、因数分解したのが本書。長い道のりを、最初に概観すれば、失敗の99%は潰せる。だから、やりきる自信と勇気が湧いてくる。


B07PWZ4X93
キッシンジャー 1923−1968 理想主義者 2
安全保障の専門家としてケネディ政権、ジョンソン政権下でベトナム戦争終結に向けて秘密和平交渉に関与。ニクソン政権発足と同時に国家安全保障問題担当大統領補佐官に指名される1968年までの激動の日々を描く。


B07P8RNYVC
アパレル・サバイバル (日本経済新聞出版)
消費者の「クローゼット」を支配せよ!アマゾン「プライム・ワードローブ」、ZOZO「おまかせ定期便」、メルカリが変えた中古の意味…10年後の勝者が見通す壮大な戦略!


B07MG34ZDX
天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
天才肌の女性創業者社長に惚れ込み、起業に加わって10年。会社は大きくなったが、新事業は振るわない。「社長は終わった」などという声も聞こえてくる――。そんな悩みを抱える広報担当の青野トオルは、謎の犬ケンと出会う。関西弁と東北弁がまざった珍妙な言葉を使うケンは、トオルの疑問に当意即妙に答えていく。人間の才能とは何か、なぜ人はすれ違ってしまうのか、私たちは自分の中にどのように才能を見い出し、どうやって伸ばしていけばいいのか。今最も注目されるビジネス作家が90分で読める物語にまとめた、超・問題作!
参考記事:【才能?】『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』北野唯我(2019年04月21日)


B07LG7TG5N
FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。
参考記事:【思い込み?】『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロンランド(2019年01月02日)


B07MFNL2BK
キッシンジャー超交渉術
著者3人は、ハーバード・ビジネススクール、ハーバード・ケネディスクール、ハーバード・ロースクールの教授で、交渉の専門家・研究者。ハーバードを代表する三つの大学院の英知を結集して、キッシンジャーの交渉を徹底分析し、エッセンスを抽出したのが本書です。


B07KWNNQ2H
Tapスマホで買ってしまう9つの理由
状況、場所、時間、天気、混雑度、移動履歴、露出、社会的関係、端末×フォーマット―「9つの力」が、購買行動を決定づける!最新研究と膨大なデータをもとに、消費者の行動パターンを明らかに!


B07JW8B428
パソコン仕事最速時短術115
ビジネスに欠かせないパソコンの6大スキルがすべて身に付けられる!デスクトップの整理で作業効率アップ。ファイル操作の無駄排除。移動やコピー、検索も速く。情報に直結する検索&表示の実用テク。忘れない、見逃さない、メール整理法。表作成&データ整理のエクセル達人ワザ。ワードのイライラ解消!スイスイ入力の設定術。


B07JCZVFZ9
Measure What Matters(メジャー・ホワット・マターズ) 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR
あなたが目標に向かって前進できないのは、やり方が間違っているからだ。「野心と創造力を最大限に解き放つ」「やるべきときに、やるべきことに集中する」「見当違いな仕事を洗い出す」世界レベルで戦うためのシンプルで確実な方法を、シリコンバレーの伝説的なベンチャーキャピタリストがお教えします。


B07HXKFQWQ
Hacking Growth グロースハック完全読本
技術とデータを活用して手掛ける製品の価値を見定め、その価値を的確に伝えるマーケティング施策を製品そのものに埋め込むーー。近年、「グロースハック」と呼ばれる手法を用いて急成長を果たす企業が、シリコンバレーを中心に続々と生まれている。本書は、このグロースハックを生み出した人物であるショーン・エリスが、Facebookでプロダクトマネジャーを務めるモーガン・ブラウンとともに初めて書き下ろした一冊だ。彼らが幾多の企業でグロースハックを実践し、体系化してきた手法を、網羅的に記した決定版となっている。


B07HY3TMQT
会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語 (日本経済新聞出版)
「会計ギライ」の方を悩ませる、数字および複雑な会計用語は一切出てきません。「世界史ギライ」の方をげんなりさせる、よく知らないカタカナの人や、細かい年号もほとんど出てきません。登場するのは偉人・有名人ばかり。冒険、成功、対立、陰謀、愛情、喜びと悲しみ、芸術、発明、起業と買収…波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します。物語を読み進めると、簿記、財務会計、管理会計、ファイナンスについて、その仕組みが驚くほどよくわかります。


B07J1T89CB
戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス 戦略の世界史 戦争・政治・ビジネス (日本経済新聞出版)
大国や大企業の命運をかけた決断から、個人の日常生活におけるさまざまな行動にかかわる意思決定まで。強者か弱者か、職業、社会的地位を問わず、誰もが、あらゆる組織が必要としている戦略。それは、いつから人間の世界に登場し、どのように用いられ、変容してきたのか?上巻では、戦略の起源を、聖書、古代ギリシャ、孫子、マキャベリ、ミルトンに探り、ナポレオン、ジョミニ、クラウゼヴィッツ、モルトケ、マハン、リデルハート、マクナマラ、カーン、シェリング、ロレンス、毛沢東などの軍事戦略、トルストイの思想を取り上げ、そして弱者の戦略として政治的な戦略の軌跡を、マルクス、エンゲルス、バクーニン、レーニンなどの革命家、ウェーバーら社会学者の思想に探る。


B07H89ZD4Q
実務で使える 戦略の教科書 (日本経済新聞出版)
ビジネスの要諦を最新事例を使って再整理。戦略って何でできているの?そもそも、なぜ重要なの?ビジネスモデルって何?将棋の棋譜やスポーツの試合運びをビジネスで活かすには?本質を見極める、画期的テキスト!


B07J2GVWM9
確率思考 不確かな未来から利益を生みだす
意思決定とは未来に対する賭けである。全米ベストセラー!ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、バラク・オバマ、クリスティアーノ・ロナウド…超一流の成功者はみんな身につけている!ポーカーが教えてくれる「思考の技術」とは―。
参考記事:【意思決定】『確率思考 不確かな未来から利益を生みだす』アニー・デューク(2019年11月07日)


B07H4DB3LM
成功する練習の法則 最高の成果を引き出す42のルール
面接、営業、プレゼンテーションなど、ビジネスで自分の強みを生かし、成功を収めるには、計画と実行のあいだに「正しい練習」が必要だ。マイケル・ジョーダン、リオネル・メッシ、ロジャー・フェデラー…世界のトッププロは、練習の真の価値を知っている。全米ベストセラーで話題のカリスマ教師が仕事にすぐ生かせる練習の極意を解説。
参考記事:これは凄い! 『成功する練習の法則』を便利にする8つのツール(2013年07月22日)


B07FT57HNH
構想力の方法論
日本の問題は構想力の欠乏にあり!目先の課題より、世界的な視野で社会全体を見据えて方向性を考えるべき。このままでは構想力で海外に負ける!『知識創造の方法論』で知られる著者が送る新世代へのメッセージ。


B07KWMYP13
アメリカ経済 成長の終焉 上
独立戦争後から始まるアメリカ国民の生活水準の劇的な変化をイノベーションの観点からダイナミックに描いた記念碑的労作。上巻は1870年から1940年まで。


B07F3MTV4M
TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか
新しい「信頼」がビジネス、経済、社会を動かす!政府や企業、マスコミへの評価は最低でも、ネットの見知らぬ人間の口コミは信用する。そのような「信頼革命」はなぜ起きたのか?ビジネスや社会はどう変わっていくのか?前作『シェア』で共有型経済を提唱した著者が、急激なパラダイムシフトのなかで企業・個人がデジタル時代の「信頼」を攻略する仕組みを解説。


B07FD1SG65
投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント (日本経済新聞出版)
つみたてNISA、iDeCoにも最適。100年人生時代、一生お金で困らないためのノウハウを満載! 『ウォール街のランダム・ウォーカー』のバートン・マルキールと『敗者のゲーム』のチャールズ・エリス、2人のカリスマによる「長期投資のバイブル」を全面改訂。


B07FCYSNXT
CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド
『SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル』の著者がパワーアップして書き下ろした、ソフトウェア開発者として成功するキャリアの築き方です。「プログラマーのキャリアに特化」した手引書という点で他に類を見ない内容です。プログラマーを目指す方はもとより、すでに活躍されている方にも大いに役立つと思います。


B07D73S3SN
ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏
名ファイナンシャル・アドバイザーが見た日本のM&A20年史。会社法、金融商品取引法、国税庁通達、ファイナンス理論などを駆使して、ハードワークでディールをまとめる、知力と体力の「総合格闘技」M&A交渉の真実。


B07C2G3366
プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
急速に能力を拡大する「マシン」に仕事を奪われる人間、巨大「プラットフォーム」に席巻される企業。『機械との競争』と『ザ・セカンド・マシン・エイジ』のMIT(マサチューセッツ工科大学)コンビが贈る「機械との競争」シリーズ第3弾。


B07B2R1ZDL
OKR(オーケーアール)
たった3カ月で、人もチームも生まれ変わる。KPIよりやる気が出て生産性が圧倒的に上がる新しいフレームワーク。


B07835MRZ7
江副浩正
自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。稀代の起業家「江副浩正の仕事と生涯」正伝


B0797QYW22
プロジェクトマネジメント的生活のススメ
外資系コンサルで築きあげた、仕事と生活の質が劇的に高まる『本質思考』&『幸福思考』。慶應SDMの人気講座を1冊に凝縮。新人・若手研修にも最適!


B076Q6M456
Hit Refresh(ヒット リフレッシュ)
本書は、変革をテーマにしている。私の心の中や、マイクロソフトの中で現在起きている変革、さらには、近い将来押し寄せる、革新的なテクノロジーの波によって日常生活に起こる変革である。その時、私たちは、どう「リフレッシュ」ボタンを押せばいいのか。オーストリアの詩人、リルケの言葉は、ある真実を教えてくれる。行く手に待ち受けているものは私たちの中にあり、一人ひとりが現在取る進路によって決まる―。その進路決定に至る決断こそ、本書で記そうとしたことである。


B0777H17WD
起業の科学
起業家が必ず直面する課題と対策を、時系列に整理。だから「今、自分が何をすべきか」が、すぐ分かる!成功を夢見る前に、ありがちな失敗を必ず潰す、ありそうでなかった「起業の教科書」。


B076PZZL3C
銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識
保険、年金、ローン…「ムダなお金」払っていませんか?“お金の構造”を知れば、一気に1000万節約も!40代から考える定年後の人生設計。
参考記事:【お金】『銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識』塚原 哲(2018年10月21日)


B07713SL8F
ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチの法則
スティーブ・ジョブズのスピーチはなぜ「伝説」なのか?優れたリーダーはなぜ自分の失敗談を語るのか?部下のやる気を引き出す、3つの秘訣とは?自分の感情や身体が発するメッセージとは何か?感動を与え、行動を促す「伝え方」の教科書、決定版!
参考記事:【スピーチ】『ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチの法則』佐々木繁範(2018年07月11日)


B07713Z44D
図解リーン・スタートアップ成長戦略
リーン・スタートアップの次の成長に向けてのGO‐LEAN戦略を図解で詳述。


B075XFWQY9
ギグ・エコノミー
職から働きへ、ギグ・エコノミーが働き方・生き方革命を起こす!自分なりの成功をイメージする。仕事を分散させる。所有ではなくアクセスで経済的な負担を減らす。終身雇用ではなく「ギグ(単発の仕事)」を基盤とした新しい働き方「ギグ・エコノミー」。思い描いたとおりの成功を収め、充実感に満ちた人生を送るための10の法則を解説。


B074NXCBYR
パラノイアだけが生き残る
産業を変え、企業をも飲み込んでしまう「戦略転換点」は必ずやってくる。これを見過ごしたら、企業にとっても、個人のキャリアにとっても命とりだ。バグで4億7500万ドルの損失計上、日本メーカーの攻勢で決断した主力メモリー事業からの撤退など、数々の修羅場を乗り越えたパラノイアである著者が、「戦略転換点」を見極め、予測不可能な世界でしぶとく生き残る方法を教える。


B075QYBQKQ
マンガーの投資術
天才投資家チャーリー・マンガーの哲学・思考・技術。すべての投資家必読!


B075K2NXW1
プレゼンのパワーを最大限にする50のジェスチャー
プレゼンテーションの内容も構成もしっかり準備しているはずなのに、聞き手がいつも退屈してしまう、企画がなかなか通らない、会議が盛り上がらない…。それはきっと「ジェスチャー不足」です!誰でもできるちょっとした「しぐさ」を一つ、二つ加えてプレゼンするだけで、あなたのプレゼンのパワーが引き出され、相手を夢中にさせることがいとも簡単にできるようになります。欧米で活躍するコミュニケーション学の第一人者が、すぐに使えるビジネスプレゼンに効くジェスチャーを丁寧に紹介します。


B074FSMK1P
ゾーンマネジメント
100万部越のベストセラー『キャズム』著者ジェフリー・ムーアの最新作。破壊的変化の時代に生き残るための「ゾーンマネジメント」手法を公開!


B073WQ4ZGF
OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び (日本経済新聞出版)
全米大ベストセラー!失恋、挫折、人間関係のこじれ、仕事の失敗、突然の病、そして愛する人の死―だれであれ、「バラ色」だけの人生はあり得ない。フェイスブックのCOOシェリル・サンドバーグは、休暇先で最愛の夫を突然失った。友人で著名心理学者のアダム・グラントが教えてくれたのは、人生を打ち砕く経験から回復するための、具体的なステップがあるということだった。回復する力の量は、あらかじめ決まっているのではない。レジリエンスは、自分で鍛えることができる力なのだ。人生の喪失や困難への向き合い方、逆境の乗り越え方を、世界的ベストセラー『LEAN IN』著者と『GIVE&TAKE』著者が説く。
参考記事:【レジリエンス】『OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び』シェリル・サンドバーグ,アダム・グラント(2017年10月22日)


B072JFW4BK
誰も教えてくれない 問題解決スキル
「5つのステップ」で根本的な解決策を導け!あらゆるビジネスは問題解決です。本書を読めば「ビジネス力」が上がります!


B0716XM7SW
抵抗勢力との向き合い方
抵抗には「4段階」の強さがある。「隠れた抵抗」を見逃すな。業務改革のプロが対処法を指南―プロジェクトの局面ごとによく出る抵抗の例、マズイ対処の仕方、良い対処の仕方などを体系立てて、かつ、実例を交えて解説。実際にプロジェクトで使って効果が高かった方法論だけを、変革プロジェクトを推進する立場にあるプロジェクトリーダーの視点でまとめた。
参考記事:【仕事術】『抵抗勢力との向き合い方』榊巻亮(2017年12月14日)


B06XRBQV6F
ベストセラーコード
『ダ・ヴィンチ・コード』『ミレニアム』シリーズ『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』―。ベストセラーが売れるのは偶然か?それとも黄金の法則が存在するのか?テキスト・マイニングの最新技術を駆使して「秘密のDNA」を探り出した、文学界騒然の注目作。


B06XRBV48S
模倣の経営学 実践プログラム版
偉大な企業の「パクリ伝説」をもとに、ビジネスモデルとテクノロジーを革新する、新結合の手法を体系化。企業の競争力と進化に関するパラドクスを解明したベストセラーが、実践解説を大幅に増補して新登場!


B06X91H6W9
誰も教えてくれない 計画するスキル(日経BP Next ICT選書)
プロジェクトの納期を守りたい、実現可能なスケジュールを立てたい、遅延したときの対処法を知りたい。「7つのステップ」で仕事で“使える”計画が作れる!


B01MU055XH
HIGH OUTPUT MANAGEMENT
シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !  インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。


B01MZ1OR2K
誰も教えてくれない 質問するスキル(日経BP Next ICT選書)
本書のテーマは「質問するスキル」。質問するスキルを習得すると、次のようなメリットがあります。良い質問ができると「‐霾鵑魄き出す」ことができます。自分・他者にかかわらず「∋弭佑鯊イ后廚海箸できます。
参考記事:【オススメ】『誰も教えてくれない 質問するスキル』芝本秀徳(2017年03月30日)


B01N0SRUZ0
SEとプロマネを極める 仕事が早くなる文章作法 増補改訂版
読みやすい提案書、分かりやすい仕様書、誤解のない作業指示書など、読み手をイラッとさせない文章作成・査読テクニック。文章力テスト(50問)を収録。


B01MTYS49M
バフェット 伝説の投資教室--パートナーへの手紙が教える賢者の哲学 (日本経済新聞出版)
1956から1970年、若きウォーレン・バフェットが投資家たちに宛てて書いた手紙がある。それらはまだ無名だった彼が、その独特な投資哲学を理解してもらうためにパートナーたちに向けて発信し続けたものだ。これらの「パートナーシップ・レター」とその知恵、そして7個条の「グラウンド・ルール(投資原則)」を、包括的にまとめたのが本書だ。銘柄選定や意思決定プロセスなど、後に高い評価を受けることになる投資哲学が体系的にまとめられている。バフェットはこれまで投資テキストを刊行したことはなく、これらの手紙が彼の「通信教育講座 最初のカリキュラム」と呼べる内容となっている。


B01LX3I15M
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
「やる気が出ない」「自信が持てない」「他人の視線が気になって仕方がない」…。思うような人生が送れていないと感じるのは、なぜなのか。スタンフォード大学で人気の健康心理学者が、「心」を変え、「自分」を変えるシンプルで具体的な方法論をわかりやすく解説します。すぐに始められる25のレッスンを紹介した話題作、待望の文庫化。


B01LKZZ5PI
ビジネス・フォー・パンクス
2007年に300万円で始めたクラフトビールの会社が、8年足らずで売上70億円を超える急成長を遂げる。熱狂的なファンを世界中でどうやって獲得したのか?ブリュードッグの奇跡のマーケティングを創業者本人が語る!


「言葉にできる」は武器になる。
「言葉にできる」は武器になる。
人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらない。自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。
参考記事:【言葉】『「言葉にできる」は武器になる。』梅田悟司(2018年10月08日)


B01KA0093W
組織サバイバルの教科書 韓非子 (日本経済新聞出版)
本書では『論語』的な立場(徳治)、『韓非子』的な立場(法治)の二つを対比させながら――それぞれの考え方の特徴とその強み、弱み、さらには現代的にどのような意味や活かし方があるのか、について解説します。前著『最高の戦略教科書 孫子』と同様に、親しみやすい文体をこころがけ、現代の事例を全体に散りばめて読者の理解を深めていきます。


B01JHTRST0
マッキンゼー流 最高の社風のつくり方
アップルストアは競合他社より14点、スターバックスは18点も「社風指数」が高い。捉えにくい「社風」を科学的に可視化。あなたの会社の社風も簡単に測定できる!


B01HE9YMRQ
誰も教えてくれない書くスキル(日経BP Next ICT選書)
報告書をわかりやすくしたい、意図が伝わる企画書にしたい、サクサクとメールを書きたい…「7stepのプロセス」で伝わる文章が誰にでも書ける!
参考記事:【文章術】『誰も教えてくれない 書くスキル』芝本秀徳(2016年06月26日)


B01GDS0994
SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル
ソフトウエア開発者専用に、「より良い人生」を送るためのノウハウ・スキルを網羅した、生き方バイブル本です。プログラマーが良い人生を送るためには、技術習得法やキャリア構築法といったノウハウに加え、対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力や知恵、すなわちソフトスキルが不可欠です!本書では、キャリアの築き方、自分の売り込み方、技術習得法、生産性の高め方といった仕事で成功する方法だけでなく、財産の築き方、心身の鍛え方、恋愛で成功する方法など、「人生全般をより良く生きる方法」を具体的に説明します。


B01MS1EB6P
帝国の参謀
ネットアセスメント、「軍事における革命」アジア太平洋シフトのスーパー軍師の実像とは?そのコスト強要戦略で旧ソ連を崩壊に導き、「ペンタゴンのヨーダ」と呼ばれた男。93歳で退任するまで40年以上にわたり、国防長官に仕えた天才軍事戦略家の評伝。


B01DTZ6PF6
TEAM OF TEAMS <チーム・オブ・チームズ>
最新装備の米エリート特殊部隊はなぜ、寄せ集めの民兵集団AQIに苦戦したのか?未来は予測できるものではなく適応するしかない。環境激変時代を生き抜くための、百戦錬磨の元軍司令官による、企業のための新・組織変革戦略。


B01DJ3YQP4
リーダーの本棚
経営者が経済書ばかりを読むわけではない。国際政治や小説、科学書、歴史書、宗教書、古典など実にさまざまな本を手に取り、楽しみとして読むだけではなく、生き方や仕事に生かしている。その読み方は専門家や評論家とは違うことも多い。50人の人生を変えた一冊。日経新聞・読書面の好評連載を書籍化。


B019O8NDNY
世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書)
職場の会議のグダグダぶりに悩む、入社2年目女子、鈴川葵。「生涯会議時間」が3万時間にも上ることを知って一念発起し、コンサルタントの父の指南を受けて会議のカイゼンに挑戦する。そこで知ったのが、会議を変える「魔法の一言」だった―。結論がでる、みんな納得、内職ゼロ、時間短縮。会議をうまく進める方法が物語でカンタンにわかる!


【関連記事】

◆現在開催中のKindleセールをご紹介。

【3日間限定!】「『日経の本』統合記念ポイントアップキャンペーン」開催中です!【50%ポイント還元】(2020年05月08日)⇒5月10日まで

【50%OFF超!?】「Kindle本GWキャンペーン」最終回分をお送りします!(2020年05月01日)⇒5月10日まで

【最大50%OFF】「Kindle本GWキャンペーン」追加分をお送りします!(2020年04月26日)⇒5月10日まで

【最大50%OFF】「Kindle本GWキャンペーン」始まりました!(2020年04月25日)⇒5月10日まで

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2020年05月)(2020年05月08日)⇒5月31日まで


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00UFNXB8U
食べ物のことはからだに訊け! ――健康情報にだまされるな (ちくま新書)

今「旬な」著者さんの1人である岩田健太郎先生の食事本は中古が意外と高く、送料を踏まえるとKindle版が400円弱お買い得。

B06Y593MWN
人工知能の核心 (NHK出版新書)

私も過去のセールで買って「電子積読中」である羽生善治さんの人工知能本は、送料を足しても中古の方がお得ですが、その差は数十円ですから、気になる方はご検討ください!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:00
読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク