スポンサーリンク

2020年05月08日

<終了済み>【3日間限定!】「『日経の本』統合記念ポイントアップキャンペーン」開催中です!【50%ポイント還元】





【はじめに】

◆本日2本目の記事も、Kindleの公式セールのご紹介を。

実は、今日から日曜までの3日間限定のセールがスタートしておりまして。

Amazon.co.jp: 「日経の本」統合記念ポイントアップキャンペーン(5/10まで): Kindleストア

4月1日に日経BPさんと日本経済新聞出版社さんが統合して、新たな日経BPさんとなった記念の「50%ポイント還元」キャンペーンのようです。

これがまた短期決戦だけあって、今月出たばかりの新刊も含んでいますから、絶対見逃せませぬ!

……たとえば今朝の日経朝刊2面の広告欄に掲載されていた新刊も全部セール対象という。

なお、セール期限は明後日の「5月10日(日)」まで

とにかく時間がありませんから、気になる作品がありましたら、お求めは今すぐ!

注:このセールは終了しました。





IMG_20151106_152236278 / rub3nmv


【「『日経の本』統合記念ポイントアップキャンペーン」より】

◆上記リンクは「おすすめ順」ですが、こちらでは「出版年月が新しい順番」で並べております。


B087C5PLYB
管理職失格 新世代リーダーへの条件 (日本経済新聞出版)
8万部のベストセラー『ダークサイド・スキル』木村尚敬氏と「40歳定年説」柳川範之東大教授による最新作! 先の見えない時代、「管理職」に求められる役割も変わりつつある。従来からある「マネジャー」としての仕事に加えて「リーダー」としてリスクをとった意思決定を自ら行い、ときには一級の「プレイヤー」として最前線に立つことも要求される。旧来型の管理職として時代に取り残されるか、新時代のリーダーとして道を切り開くか。本書では、その2つを対比しつつ、新しい時代の「管理職に求められる条件」を描き出す。


B0876YMZ9Q
NEO ECONOMY(ネオエコノミー) 世界の知性が挑む経済の謎 (日本経済新聞出版)
産業革命以来、人類はモノを効率よく大量につくり、経済を成長させてきた。だが、そんな常識は、デジタル技術の進歩によって覆されてしまった。富の源泉はモノではなく、データや知識など形のない資産に移ったのだ。新しい経済社会における“豊かさ”とは何なのか――。金融、産業、消費の最前線で現実となっている大変化をルポし、世界を代表する知性が、パラダイム・シフトの本質を説く。「ネオ・エコノミー」の実像を立体的に映し出す、衝撃の書。


B087C73RCR
共感経営 「物語り戦略」で輝く現場 (日本経済新聞出版)
共感経営を生み出すにはどんなマネジメントが求められるのか。物語り戦略を推進するための条件はどのようなものか。本書は、『Works』誌の連載「成功の本質」において、主に2015~19年にとりあげた30の題材のなかから、共感経営を実践し、物語り戦略により大きな成果を上げたケースを選りすぐり、それを可能にしたエッセンスを抽出します。


B087CP71H1
危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来
リーマン・ショックの到来を予測し、2020年にも未曾有の経済危機が起きると予言していた伝説の投資家、ジム・ロジャーズ氏が語る「危機の時代」のサバイバル術! ロジャーズ氏本人が世界的な危機の正体と経済・マネーの行方を詳細に分析。リーマン・ショック、ブラックマンデー、世界恐慌など、過去の経済危機では、何が起きたのか、今起きている危機はどうなるのか、世界はどう変わり、どのように投資すればいいのか、個人や企業はどう行動すればいいのか……。ビジネスパーソン、経営者、金融、市場関係者、投資家が今知りたい情報が満載!危機の時代を生き抜くためのヒントに満ちた一冊!


B087C6BCP3
日経スマートワークOUTLOOK 2020 (日本経済新聞出版)
日本でもっとも働き方改革が進む企業はどこか? 5つの指標から、企業の成長力を紐解く! 日経独自の指標で企業の働き方改革を体系的にまとめたデータ集。働き方関連の取り組みが企業の業績にどうつながるかを、データをもとに解説します。


B087F81VW4
テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド
ビデオ会議、ビジネスチャット、ファイルの共同編集・・・テレワークはもちろん、チーム、プロジェクトでの仕事が劇的に変わる! 世界中でユーザー急増中の最強のコミュニケーションツール「Microsoft Teams」。使い方、活用法がこの1冊で丸わかり!


B0873332FW
AI世界秩序 米中が支配する「雇用なき未来」 (日本経済新聞出版)
雇用消滅と社会混乱を、日本はどう生き延びるか。AIが世界中の富と雇用と税収を米中にかき集める一方、両国内ではAI独占企業が誕生し、貧富の格差が激化する。AI技術を獲得できなかった他国は、隷属の道を歩むーー。中国IT業界の先駆者が、来たるべき新しい世界秩序を描く。


B086YTC74H
なぜ、それでも会社は変われないのか 危機を突破する最強の「経営チーム」 (日本経済新聞出版)
20万部を突破した『なぜ会社は変われないのか』から20年、令和の時代を迎えても、日本企業が変われないのは一体なぜ? 組織のしきたりにとらわれ変化に応じた挑戦ができない、面従腹背が横行して誰も本当のことを言わない、重役が「役員の壁」を形成し、意思決定を逆に妨げる……これらの組織病にどう立ち向かえばいいか? 現状を突破しVUCAの時代を生き抜く強い組織を育てるための「経営チームビルディング」の手法について説く。


B086KX8LHZ
Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる
偉大な文化があっても、偉大なチームをつくれるわけじゃない。プロダクトがダメなら、文化が優れていても企業は失敗する。それでも文化を気にすべきなのは、人間の記憶に残るのは会社の業績でもなく、時にはプロダクトでもなく、会社の気風や気質だからだ。そこからみんなの目的意識が生まれる。資金ショートや株価急落、度重なるレイオフなど死の淵から生き延びた著者が、18年かけてたどりついたビジネスで最重要の本質的なテーマを取り上げる。


B0872R5FM1
ジャパネットの経営 東大卒2代目の僕がカリスマ社長の後を継ぎ大事にしてきたこと
なぜか愛される会社、ジャパネット。若き2代目社長・眦聴或佑ロジカルに説き明かす「アットホームでストイックな会社」のすべて。


B0872RDL2B
神コーチング 人が育つ言葉
若手育成の常識を変えた日本一の二軍監督が、すべての上司に伝えたい人が育つ言葉


B086WYHC3S
小さな三代目企業の職人軍団 教科書なきイノベーション戦記
大阪のペンキ屋、人材革命で快進撃。大困難に立ち向かい驚異の業績アップ。


B086WY6VCD
データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」
“使える経済学=ナッジ"を大事なプレゼン、キャッチコピーづくり、マーケティング、コンサルティングの現場で、賢く役立てよう。「誰が、どのように働きかけたら、大勢の賛同を得られるか」がデータでわかる。「ナッジ」の提唱者の一人が贈る、「ナッジ」活用の基本原則。


B086PN4YJ8
マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤 (日本経済新聞出版)
未来への突破口は、すでにあなたの日常にある―。なぜM&Aの専門家が結婚紹介業?なぜサブスクリプションよりサポート制度?なぜ労働力不足の解消にエコバッグ?なぜベッドのないビジネスホテル?なぜ「現在から」ではなく「未来から」?


B086W4Z6BR
迷えるリーダーがいますぐ持つべき 1枚の未来地図
著者は、数多くの経営者と接し、戦略立案や商品開発を手掛けてきた人気コンサルタント。「賢者の知恵」として、クリステンセン、キム&モボルニュ、コトラー、アンゾフ、ミンツバーグ、チャンドラー、ポーター、ドラッカー、ケープルズ、コリアーを引用。「成功者の事例」として、Google、NETFLIX、富士フイルム、マイクロソフト、デアゴスティーニ、日本一の行商人、サイバーエージェントの事例を紹介。世界の経営学の知恵と、競争を勝ち抜いてきた企業の成功事例を織り交ぜながら、6ステップで「1枚の地図」に落とし込んでいく。


B086V1HK5K
サブスク変革 チェンジリーダーとチェンジモンスターの戦い
本書では、サブスクを導入したドキュメンタリーを縦軸に、モデルチェンジをやり遂げるのに有効だった各種方法論を横軸に解説しています。「サブスクの良さはわかっているが、どうすれば自部門に導入できるのかわからない」と悩んでいる人にとって、本書はバイブルになるでしょう。先人が通った道、そこで起きた問題、その問題を解決した術が書かれているからです。サブスク導入のリーダー(=「チェンジリーダー」)の前には、数々の“敵”が登場し、道を塞ごうとします。その中で最もやっかいな“敵”が「チェンジモンスター」です。やっかいですが、サブスク変革では必ず現れる敵でもあります。こうした敵をどうすれば打ち倒せるのか。答えは本書にあります。ぜひ本書を武器に、サブスク導入を成功させてください。


B086STN1KF
円相場の終わり (日経プレミアシリーズ)
円相場が衰弱しつつある。コロナ・ショックは最後の打ち上げ花火にすぎない。金利が各国とも最低レベルにあり、超高速の自動発注システムが相場を支配する。このまま為替相場は終焉を迎えてしまうのか。四半世紀にわたって相場をみてきた日経のベテラン記者が、マネー経済の本質的な変化を伝える。


B0868DR365
RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
幼い頃から英才教育を受け、若くしてプロゴルファーになり世界を席巻したタイガー・ウッズのようなサクセスストーリーにあこがれ、学ぼうとする人は多い。ところが、大半の人にとって、それは誤ったロールモデルであることを、本書は明解に示す。自分のキャリア形成を考えるとき、「1万時間の法則」「グリット」「早期教育」「ストレングス・ファインダー」などに目を奪われやすい。これらがもてはやされるのは、「効率が高い」「時間のムダがない」「近道」とされているからだが、実はこれらの手法がそぎ落とそうとしている「非効率な学習」「ムダな時間」「まわり道」にこそ、長期的に「真の価値」があることを、本書はさまざまな事例と科学的根拠をもとに解き明かす。


B086X5KVWJ
社外取締役の兵法 グッドガバナンスの実践 (日本経済新聞出版)
社外取締役とは、いったいどのような知識、素養を身につけていなければならないのか。グローバル化する企業の「戦い」の中で適切な判断を下すための「兵法」とは何か。実務経験の豊富な著者がていねいに解説する。


B08733JH3X
日本経済の再構築 (日本経済新聞出版)
人口減少、低成長、そして貧困化…。日本が「静かな有事」に襲われている。もはや弥縫策で対処できる状況ではない。誰もが安心して暮らせ、競争力が高い国をどう構築するのか―。財政、金融、社会保障、国と地方の関係など、この国が抱える問題の根源を明らかにし、抜本的改革と成長戦略の包括プランを提案する。


B08693P8TN
企画立案からシステム開発まで 本当に使えるDXプロジェクトの教科書
 本書は、複数企業のDXプロジェクトの運営を手掛けてきた筆者が、DXプロジェクトをうまく進めるためのノウハウを豊富な経験を基に解説します。DXプロジェクトは従来型の基幹系システムの開発とどう違うのか、DXプロジェクトではどんなプロセスが必要になるのかなどを体系立てて解説。何をつくるのかを決める構想フェーズや実現性検証のためのPoC、要件定義、設計など、DXプロジェクトを実践するときのプロセスを分かりやすく解説します。


B0868DGYXK
凄い製品開発 テスラがトヨタに勝てない理由
本書は、『トヨタ製品開発システム』で初めてトヨタの製品開発の秘密を解明したコンビによるトヨタ式プロダクトマネジメント、それを理論化したリーン製品・プロセス開発(LPPD)の解説書である。著者のジム・モーガンは2002年に2万人以上の従業員を解雇し、さらに2006年には170億ドルの損失を出して経営危機に陥ったフォードに招かれ、再建を託されたボーイングのアラン・ムラリーの下で「新製品開発による再建」を担った経験をもつリーンの専門家。フォード、トヨタ、エンブラエル、テクニップFMC,ミシガン・メディシンなどの具体例をベースに、たとえばテスラとトヨタの違いはどこにあるのか(第8章)など具体的なケースで解説する。


B086MFFLXG
フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版)
農家の数はこれから10年で110万戸から40万戸に急減する。ただ減るのではなく、全体の中で新規の就農者が3分の1を占め、大規模農家の生産シェアが7割を超えるようになる。一般産業並みのICT化や流通チェーンの高度化、生産物の高付加価値化や、マーケットインの導入が急速に進み生産性革命が起きようとしている。本書は、日本の農業、農政に精通し、現場を知る著者が、農家の目線にたち、これから起きる変化、リスクとチャンスを伝える。


B086MY7LQ2
イチローフィールド 野球を超えた人生哲学 (日本経済新聞出版)
2001年にフィールドに降り立った一人の日本人選手。彼はこれまでのメジャーリーグのプレースタイルとまったく違う姿勢を貫いた。野球をこよなく愛した革命児の生き様と、その周辺を描く決定版。


B086MGNBQM
技術覇権 米中激突の深層 (日本経済新聞出版)
本書は、ハイテク摩擦を中心に、米中関係の現状と展望、日本への影響などに関して分析を行います。経済の相互依存関係が非常に進んでいるのに米中では対立が激化しているのか、米国の制裁は中国の半導体ビジネスにどのような影響を与えているのか、経済安全保障のルール作りという観点が日本には不可欠、サイバー空間の覇権争いのカギを握るのは、誰が仕掛けているのかを突き止める「アトリビーション能力」ですが、日本には欠けている――といった様々な論点を提供します。


B08616XGYW
テレワークで新型コロナショックを乗り切る!
緊急事態宣言の発令で、新型コロナウイルス対策の一環としてテレワーク(在宅勤務)を取り入れる企業が急増している一方、ITツールや運営ノウハウなどが分からず戸惑う声も多い。迷える企業やビジネスパーソンらのニーズにこたえるべく、専門記者33人が執筆した36本の記事を日経BPテレワーク特別取材班が編集し緊急出版。テレワーク最新事情をさまざまな角度から徹底解剖。図版176点、約11万6000字収録。


B086PR1843
私の履歴書 金融はまだまだ面白い (日本経済新聞出版)
逆風下の平成金融界で難題に挑み続けてきた著者が、ITとの融合により新たな局面を迎えたいま、若者へのメッセージも込め、苦闘の30年の道筋を語る。


B086MBNJJX
新・現代会計入門 第4版 (日本経済新聞出版)
生きた事例で最新の動きを学ぶ!制度や理論にとどまらず、企業の現実にも焦点をあてた画期的テキストの最新版。IFRS導入企業の財務諸表を使って日本基準との違いを徹底解説。


B086M96JR3
タルピオット イスラエル式エリート養成プログラム (日本経済新聞出版)
注目を集めるイスラエルのイノベーションを生むための秘密は国防軍にあった。本書の監修を担当したTomer Shussman氏はタルピオット・プログラムの元インストラクター。国防軍のなかでも精鋭部隊と名高い「タルピオット」で行われている、イノベーションをうむための秘密を日本で初公開する。


B085XQPR7Y
キャッシュレス時代の最速で1000万円貯まる方法
国によるキャッシュレス推進策も進行中の今、スマホ決済やクレジットカード決済でしっかりお得を得ながら、効率的に家計管理をしてお金を貯めていくことが必須の時代に。そこで、キャッシュレス決済の上手な取り入れ方から、実際に活用して貯めている人のワザ、お金回りの余計な手間を排除したシンプルな暮らし、増税に負けずに「食費」を制するためのテクニックなど、令和2年の今、知っておきたいお金回りの情報や実例を1冊にまとめてお届けします!


B086M8ZHKH
アンガーマネジメント (日経文庫)
怒りの感情は、自分で生み出しているということをまずは認識する。相手が起点という発想をやめることが大切だ。また、「コアビリーフ」、つまり、自分でこうあるべきだという思い込みが怒りの感情を生むので、その書き換えが必要だ。また、日常の怒りの場面を記録し、ふりかえることで、自分の感情にしっかり向き合うことも効果があるという。また、本書では、「怒りに巻き込まれない」手法を書いていることも特徴の一つ。怒っている人をみると、自分がその当事者でなくても、嫌な感情が巻き起こって物事に集中できなくなることがある。それを回避するためには、相手の感情を自分で変えることはできないので、あくまで外野のできごとだと割り切ることが必要で、その練習法も盛り込む。


B085PQJXQM
ア・ピース・オブ・警句 5年間の「空気の研究」2015-2019
桜を見る会、検事長定年延長、新型コロナ対策。延々と続く無責任体制の空気はいつから始まった? 現状肯定の圧力に抗し続けて5年間。「これはおかしい」と、声を上げ続けたコラムの集大成。


B086MN5JYD
「春秋」うちあけ話 (日経プレミアシリーズ)
日経1面コラム「春秋」を執筆して15年目の記者が、わずか550文字で完結するコラムをどのように構想し、どう文章化しているのか、その内幕と苦心談を綴った書。コラム書きとしての世相の「斬り方」を明かすとともに、読後感のよい文章の書き方、社会人や学生の参考になる文章作法にもふれ、実用性も加味した文章読本的な性格も合わせ持っています。ユニークな読みどころは第4章。向田邦子、池波正太郎、永井荷風、太宰治、阿久悠……錚々たる名文家の文章がなぜ頻繁にコラムで引用されるのか、その実例を挙げて解き明かすことで、人口に膾炙する「名文」とはいったいどういうものかが、誰にでもわかる平易な言葉で具体的に可視化されます。本書を読むと、その日本語による「名文」の系譜に連なる新聞1面コラムをより興味深く読めるようになります。また、ちょっとした手紙を書く時などにも「使える」一冊です。


B086SSQ751
実践!キャッシュレス決済 (日本経済新聞出版)
業界再編が始まった! 勝者はどこか? 店舗の収益を伸ばす方策を徹底取材!


B085996K4B
Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来― MaaSシリーズ
トヨタやGoogleはなぜ、未来都市を創るのか?全15業種×MaaSのビジネスアイデアを網羅。


B086MK7B6P
国家戦略の本質 世界を変えたリーダーの知略 (日経ビジネス人文庫)
本書は、2014年に刊行された『国家経営の本質』を改題し、文庫化するもの。国家を動かす大戦略とは何か、どうあるべきか、を分析します。1980年代を福祉国家経済の限界、共産主義国家の限界などが露呈した歴史の大きなうねりが生まれた大転換期と位置づけます。その危機に直面し、リーダーシップを発揮した、サッチャー、レーガン、中曽根、ゴルバチョフ、コール、トウ小平の6人を事例として取り上げ、彼らがどのように歴史のうねりを始動させ、うねりに乗って歴史を動かし、そのうねりに翻弄されたのかを、経営学・政治学・歴史学・軍事学の知見にもとづいて解明します。


B085ZZZMHL
CEOコーチング 年商を100倍にする思考と行動の理論 (日本経済新聞出版)
本書は、著者が独自に体系化した「認知科学に基づく経営者のための問題解決メソッド」をもとにしたCEOコーチング実践の書。脳の上手な使い方を学び、「よいゴール」を設定することで、むやみにがんばらなくても、ありとあらゆることが自然に実現できるようになる――CEOコーチングは、NASA、コカ・コーラ、3M、オラクルなどで導入されたルー・タイス氏の手法と、認知科学の知見を融合させた新しい「目標実現」のメソッドである。本書は、それを具現化する「7つの力」と、その先にある「経営パフォーマンス10倍アップ」の法則を、ありがちなリーダーの過ちのケースなどを織り込みながら実践的に解説する。


B084ST4MRK
シンギュラリティ大学が教える シリコンバレー式イノベーション・ワークブック
飛躍的成長を10週間で実現させる驚異のイノベーション・メソッド、ExOスプリントの基礎知識と実践ノウハウを凝縮したビジュアル・テキストブック。


B08517DVSH
My Data エコノミー パーソナライズと情報銀行
対GAFAの切り札、日本発の情報銀行。データ駆動型社会へ。新ビジネスモデル誕生。


B084WZK4PL
エクセル仕事の自動化が誰でもできる本
エクセル自動化のコツを「よく使う機能」「これだけは覚えておく機能」を中心に、ベテラン講師が実践的に分かりやすく説明します。初心者がExcelマクロを難しく感じて脱落してしまうのは、VBA言語の壁(高度な機能、小難しいプログラミングの機能)を越えられないからです。具体的には、オブジェクト指向といった難しい言葉や概念、網羅的に解説された機能などにひっかかって先に進めなくなることが多いのです。そこで本書では、プログラミング言語関連の難しい言葉(英語やカタカナによる専門用語)を一切使わずに、マクロのパターン化された作成手順例を紹介しながら、仕事で使える実践的なExcelマクロによる自動化ができるように説明します。


B084Q9T989
もう1秒も無駄にしない!Word最速時短術
ワードのイライラ撲滅で、毎日の仕事が劇的に速くなる。入力、書式、表、画像、作図、印刷―書類作成の実用ワザ全公開!


B085971KFL
教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識
デジタル時代で活躍するための「教養」をこの1冊で身につけよう! プリンストン大学の一般人向け「コンピューターサイエンス」の講義が1冊に。デジタル社会をよりよく生きるための知識を伝説の計算機科学者がやさしくお伝えします。


B0856T666Z
トヨタの未来 生きるか死ぬか (日本経済新聞出版)
「破壊的変化」がトヨタ自動車に迫っている。愛知県で初めての量産車工場を稼働し、祖業の織機から車に転換して約80年。電動化や自動運転、シェアリングの荒波が押し寄せ、グーグルなど異業種が新市場の主導権を狙う。世界生産1000万台の巨人、トヨタも今「生きるか死ぬか」の瀬戸際を迎えている。


B0854F692F
日本企業 復活の戦略 先が読みにくい時代の5つの定石 (日本経済新聞出版)
ポテンシャルを最大限に発揮し、これから20年を勝ち残る!世界有数のコンサルティング・ファームが、企業価値を飛躍的に向上させる経営を解説。


B0851F1K39
経営改革大全 企業を壊す100の誤解 (日本経済新聞出版)
株主重視、働き方改革、バリューチェーン、オープンイノベーション…流行の経営モデルに飛びつくだけの愚かな改革を一刀両断。日本企業の強みを生かし再成長するためのヒントが満載。


B084JSYGGC
テクノロジー・バブル なぜ「熱狂」が生まれるのか(生まれないのか)?
航空機、ナイロン、自動巻き腕時計、抗生物質、ラジオ&テレビ、太陽光発電、腹腔鏡手術、インターネット――過去150年間の事例を徹底分析! 新技術の登場にマーケットが沸き立ち、株価が一線を超える条件とは――。「次の動き」に備えるための必読書! 1927年にリンドバークが大西洋横断飛行を成功させると、127社もの航空関連企業が続々と上場を果たした。これは1995年にネットスケープのIPOが成功したのを機に、インターネットという新技術に注目が集まるようになったのと似ている。「人類が空を飛べるようになる」といった、もっともらしいナラティブ(物語)は、新しい技術がバブル&バーストを引き起こす重要な要因となる。(序章より)


B085C8HRD5
プロが教えるアイデア練習帳 (日本経済新聞出版)
「自由にアイデアを考えろと言ったら質が低くて自分のものを採用した」「発想力が低くて困っている」「アイデアの質にバラツキがある」・・・・・・。このようなお悩みはありませんか? 本書は、良質なアイデアを生み出せるようになるための練習帳です。問題を解きながら、効率よくアイデアをだすための手法を豊富な具体例と共に伝授します。


B084ZK8WWK
サブスクリプション経営 (日本経済新聞出版)
話題の「サブスクリプション・ビジネス(継続課金ビジネス)」について、そのしくみから実務のポイントまでをわかりやすく解説。数多くの日本企業の変革を支援してきた著者たちが、その豊富な経験を生かして具体的なノウハウを紹介します。ビジネスモデル全体の再構築、組織や意思決定プロセスの変革、関連企業の管理体制の見直し、システム設計と導入ほか、本当に必要なノウハウを幅広く押さえていきます。経営層からマーケティング・商品開発にかかわるビジネスパーソン、新規事業開発担当者、IT・システム部門まで、多くの読者に読んでいただきたい一冊です。


B084QBQDZ3
みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」
なぜみずほ銀行のシステム刷新は、これほどまでに長引いたのか。そして今回はどうやって完了に導いたのか。みずほ銀行がこれから目指す金融デジタル化戦略を、みずほFGにおける19年の苦闘の歴史を追いかけ続けた日経コンピュータが解き明かす。多くの日本企業が直面する情報システムの老朽化問題、「2025年の崖」を乗り越えるヒントがここにある。


B084Q81LPZ
「幸せ」をつかむ戦略
世界的ベストセラー『予想どおりに不合理(PREDICTABLY IRRATIONAL)』でおなじみ、行動経済学の権威であるダン・アリエリー(デューク大学教授)が語った、前代未聞の衝撃的幸福論! 本当の幸せはお金や地位ではなく、自分の意思で自由に振る舞えることにあるのではーー。日本を代表するマーケティングのプロ・富永朋信は壮大な問いの答えを求めてカナダ・トロントまで飛び、ダン・アリエリーのもとへ。消費から夫婦関係、子育て、従業員のモチベーションに至るまで、「幸せ」に関する8つの質問に対し、ダンが語った驚くべき回答とは?
参考記事:【科学的自己啓発?】『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信,ダン・アリエリー(2020年02月27日)


B084JLRRN8
ブリッツスケーリング
本書は、シリコンバレーの起業家たちがメンターとして慕うリード・ホフマン主催のスタンフォード大学ブリッツスケーリング講義から生まれた。世界中がネットでつながり、新しいテクノロジーが次々と生まれ、急速に変化する世界で生き残るには、不確実性を不可避のものと受け入れるしかない。スピードと不確実性が安定にとって代わるのだ。スピードのために場合によっては、スケールしないことをする、恥ずかしい製品を出す、炎上を放置するといった、直感やビジネスの常識とは真逆なことをしなくてはいけない。自ら苦難を乗り越え、挑戦者を応援し続ける著者が、ブリッツスケーリングという成果を出すための武器を本書で共有する。


B084VKXJM5
「自分で稼ぐ力」を身につける本 (日本経済新聞出版)
「好きを仕事に」は間違い!?副業で失敗と成長をしよう。優れているビジネスをマネする。技術よりコミュ力が大事。結果を出す人ほどブログを書く。10,000人を支援したプロが教える副業・独立で大失敗しないやり方とは?


B084WVQMQ8
サラリーマン人生100本ノック プロとして働くためのトレーニング (日本経済新聞出版)
入社、異動、転勤、左遷、転職、独立――あなたはビジネス人生の岐路で、何を考え、どう決断する? 自分の思いと周囲の状況を確認し、納得の決断をするための100本ノック。


B084ZKGW57
賃上げ立国論 (日本経済新聞出版)
生涯賃金3割増へ! 企業の成長、産業高度化のためにこそ、賃上げは必要。日本が目指すべき「ハイブリッド・システム」を提示する。


B084SZNG31
お殿様の人事異動 (日本経済新聞出版)
お国替えという名の大名の異動が繰り返された江戸時代。御家騒動や世継断絶から、職務怠慢、色恋沙汰や酒席の狼藉まで、その理由は多岐にわたる。大名や家臣たちはその都度、多大な苦労を強いられ、費用負担などもただならぬものがあった。将軍が大名に行使した国替えという人事権、幕府要職者にまつわる人事異動の泣き笑いを通して読み解く歴史ノンフィクション。


B084Q69DHS
競争力が持続する戦略 技術、イノベーション、知財、そして会計
成長企業の勝ちパターンを徹底解説!技術を経営につなげる「マトリクス型フレームワーク」。技術に投資すべきタイミング、自社技術を守る方法、チャンスを広げる考え方がわかる。


B084HBWLNC
グローバル資本主義VSアメリカ人
2020年米大統領選、誰が勝利してもアメリカは変わらない!グローバリゼーションに翻弄されたアメリカ人の真実。「国境」「銃規制」「ドラッグ」「教育」「米軍」「関税」「アメリカンドリーム」「再生可能エネルギー」「宗教」「先住民」「シリコンバレー」。日本からは見えない知られざる「アメリカのリアル」に迫る!トランプのアメリカを市井の人々を通して描いたノンフィクション!動画ドキュメンタリー付。


B084JDBH33
“シェアリング”のオフィス戦略 ーービジネス・経営・働き方を変える (日本経済新聞出版)
生き残る会社はなぜ「スモールオフィス」を選ぶのか?低コスト・ハイスペック・クリエイティブな空間で生産性を上げよ。


B084FWC487
日本型プラットフォームビジネス (日本経済新聞出版)
GAFAと戦わずして、勝者を目指す!!!ニッチな分野でプラットフォーマーになるか、メガと連携するか。新たな利益モデルを築く4つの戦略について解説。国内外の実例を多数収録。


B0848MT3W8
ポール・ローマーと経済成長の謎
経済は知識で成長する!この「発見」で2018年ノーベル経済学賞に輝いたポール・ローマー。IT革命を予見したローマー・モデルは、いかに経済学を変えたか?アダム・スミス『国富論』の“ピン工場の謎”から始まる、ソロー、ルーカス、クルーグマンらと織りなす「ストーリーで学ぶ経済学史」。宇沢弘文も登場!


B0842FCJQ6
入社3年目までに身につけたい上司のトリセツ
本書は、全28問のクイズを通してビジネスの基礎スキルを身につけていく新しい感覚のビジネス書です。全問に答えてあなたの「評価される力」の総合得点を見るもよし、気になる問題だけ解いてみるもよし、解説だけ読んで基礎スキルを身につけるもよし、間違えた問題だけを見直すもよし、と、様々な方法で楽しく学んでいただけます。


B0842FC1VM
LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする
ルーンショットとは、「誰からも相手にされず、クレイジーと思われるが、実は世の中を変えるような画期的アイデアやプロジェクト」を指します。斬新なアイデア(ルーンショット)を次々と生み出していた組織が、ある時期から突然、そうしたアイデアを逆に潰すようになってしまう。企業ではよくある変化です。その原因は、どこにあるのか。物理学者でバイオベンチャー起業家でもある著者のサフィ・バーコールは、熱力学の「相転移(そうてんい)」の考え方を用いてこの集団行動の謎をひも解きます。


B083W69QKP
サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々
Amazon、食べログの偽レビュー首謀者。未成年ハッカーは不登校児。金正恩の宿敵が命がけの暴露。英国人スパイの非情な戦争。16歳で詐欺師に堕ちた暴走族メンバー。世論を操るプーチンの懐刀。憂国の自衛隊・警察OB。黒幕を直撃、迫真ルポ。


B083YX9SR1
EQトレーニング (日本経済新聞出版)
EQはIQと対比される言葉で、「感情をうまく管理し、利用できる能力」「こころの知能指数」のことです。本書は、今求められるEQスキルを紹介し、その鍛え方について詳述しています。著者は、日本におけるEQ開発の第一人者です。理論の提唱者であるサロベイ、メイヤーの両氏と協力し、日本独自のEQ理論の推進に尽力してきました。本書には、自分のEQ能力を測るテストがついています。自分の能力を知った上で本書に掲載の鍛え方を実践。再度テストを受けることで、実践した効果を確認することができます。時代とともに、EQも進化しています。EQについて知っている人もそうでない人も、改めて読んでほしい一冊です。
参考記事:【EQ】『EQトレーニング』高山直(2020年01月20日)


B082PDYMRF
幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人生の運び方
運の良い人と悪い人は何が違うか? 「幸運の女神に関する大誤解」から「質の高い意思決定の方法」まで。ビジネススクール教授が「運の正体」と「幸運への近道」を論理的に解説。


B082PF8825
ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則
Amazonの成長が止まらないのは、ひたすら「弾み車」を回し続けているからだ! 平凡な「良い会社」から「偉大な会社」へと飛躍するためのキーコンセプト「弾み車(FLYWHEEL)の法則」にフォーカスし、この法則をフル活用して「ビジョナリー・カンパニー」へ道を歩み続けてきたインテル、アップル、アマゾン、バンガードなどの事例紹介を通じて、「弾み車」の基本的な考え方と活用ノウハウ、読者それぞれが「自分の弾み車」をつくるためのポイントを簡潔かつ具体的に解説した、「ビジョナリー・カンパニー」シリーズ待望の最新作!


B082PDW2JM
クリーンミート 培養肉が世界を変える
クリーンミートとは――動物の細胞から人工培養でつくる食肉のこと。成長ホルモン、農薬、大腸菌、食品添加物に汚染されておらず、一般の肉よりはるかに純粋な肉。培養技術で肉をつくれば、動物を飼育して殺すよりも、はるかに多くの資源を節減できるうえ、気候変動に与える影響もずっと少なくてすむ。そして、安全性も高い。2013年に世界初の培養ハンバーグがつくられ、その後もスタートアップが技術開発を進めている。これはもはやSFではない。シリコンバレー、ニューヨーク、オランダ、日本など世界の起業家たちがこのクレイジーな事業に大真面目に取り組み、先を見据えた投資家たちが資金を投入している。フードテックの最前線に迫る!


B082VZGJLH
個が立つ組織 平和酒造4代目が考える幸福度倍増の低成長モデル
過去の成功事例はもはや明日の成功を約束するものではない。過去と同じことをやっていては、会社は潰れる。個が立つ経営に変えなければならない。それは選択肢の1つではなく、企業の絶対条件だ。


B082X2QHJB
世界No.1製品をつくるプロセスを開示 開発設計の教科書
本書は、「世界No.1製品」を生み出し、高品質に量産するために必要な「開発設計プロセス」の全てを解説した初めての書です。自動車から電機、産業機械まで製造業が、競合企業を打ち負かす世界一の製品を生み出し、かつ高品質に量産するために何をすべきかをこの1冊に凝縮しました。著者は実務経験が豊富な元デンソーの開発設計者です。


B082VZ9H31
孫正義 事業家の精神
究極の自己満足は、人々の笑顔。孫正義死すとも、正義は死せず。とにかく1番でないと嫌なんです。黄色の管理が経営管理。あなたとの約束は必ず守ります。潮目を読め。若きジェダイの騎士のように―孫正義の精神を肉声から体感する36の言葉。


B082NM6H61
ITエンジニアの必須スキル 顧客に響くシステム提案メソッド
“勝てない”提案には理由がある。プロポーザルプラン、エグゼクティブサマリー、レビューマネジメント、ディシジョンゲート―受注獲得のノウハウを徹底解説!


B082TSY472
SDGs時代の課題解決法 インクルーシブデザイン
独自ワークショップの威力とは。グローバル企業で活用されるイギリス発祥のデザイン思考。


B082XVS4RM
日本経済入門 第2版
経済を成長させる要因は?政府の活動と経済、経済学者の予測がばらつくワケ、社会の理不尽は意外に合理的、相手の出方を読むゲーム理論、失業と物価のメカニズム、会社の価値を計算する、平均値から始める統計学入門など、「経済とは何か」を基本から分かりやすく徹底解説!最新データ満載の入門書。


B082X2GZLC
お金に強い子どもの育て方
家族会議で収入も支出も全て伝える。キャッシュレス決済は使わせない…ブランドプロデューサー柴田陽子、ファイナンシャルプランナー横山光昭など12人が登場。お金&経営のプロが我が家で実践していること。今日から始める新・マネー教育。


B082VZ9N9X
ドラッカー教授 組織づくりの原理原則
世の中には「美しい会社」と「醜い会社」がある。組織の病理を発見する「39の問いかけ」。


B082TZPKHK
ネクストシリコンバレー 「次の技術革新」が生まれる街
「シリコンバレー離れ」が始まっている。“次”のテックハブ都市はどこ?日本の企業はどこと、どう手を組めばいい?テルアビブ、ハイデラバード、ベルリン…「魅惑のスタートアップ」が続々生まれる街に迫る!


B082VYYTDD
ゼロ円PR
SNS時代は…「いいモノ」しか、売れ続けない(偽物はどこかで必ず、見破られる)。「うちの商品、いいですよ!」では、誰も振り向かない(自薦はダメ)。「いいモノ」も、第三者の「いいね!」がないと売れない(他薦が必要)。だから…広告を打つ前に、0円PR!そのロジックとノウハウを、徹底解説。


B082VYMZD5
モビリティーサプライヤー進化論 CASE時代を勝ち抜くのは誰か
「CASE」という技術トレンドが、自動車業界の変革を加速している。その影響は自動車メーカーだけでなく、サプライヤーにも及ぶ。本書では日系サプライヤーへのCASEの影響を包括的に捉えて今後の経営課題を探りつつ、異業種プレーヤーのあるべき取り組みも含めて、大変革時代を勝ち抜くための方策を提示する。


B083LGXSH1
遠距離介護で自滅しない選択 (日本経済新聞出版)
入院のたびに帰省できない!交通費で家計がパンクしそう…両親の老々介護、共倒れを防ぐには?認知症…施設は実家?子の近く?東京⇔近県の中距離、意外に大変?元気な時、倒れた後、いざという時…別居のままで「介護」と「生活」を両立させるには。


B0832V7L1B
ブランディング (日本経済新聞出版)
ビジネスの高収益を実現する極意。理解・設計から実践・測定まで企業事例も交えながら解説。第一線で活躍する著者の「実践的手引書」


B082KD35N2
経営コンサルタントの教科書 「良い経営」の本質と実践が分かる本
本書の目的は、これまで24年にわたり経営コンサルタントとして働いてきた経験をもとに、経営コンサルタントという仕事の本質やポイント、コツを、私なりの言葉で皆さんにお伝えすることです。私が一番伝えたいのは、経営の本質や具体的なポイントとは何か?ということです。たとえば、本書でも中心テーマとして取り上げている「お客さま第一」の本質とは何でしょうか?ごく当たり前の質問のように聞こえますが、きちんと答えられる人は多くありません。コンサルティングの現場では、お客さまの「答え」を導き出してあげなければなりません。言い換えれば、お客さまの課題に対して「核心を突いた答え」を提供することが、経営コンサルタントの仕事なのです。


B082K8MNT5
LEADERS リーダーズ
リーダーシップは状況(場所、時代、体制、フォロワー、運など)に大きく依存し、常に左右される。たとえある時代の英雄と同じ資質を持っていても、時代が違えば成功するとは限らない。つまり、リーダーシップの理解のために、過去の成功者や偉人の資質をリストアップするのは、ほとんど意味がないということだ。こうした誤解だらけの「リーダーシップ」と「リーダー」を丁寧に解き明かし、「リーダーシップの再定義」を試みたのが本書だ。著者のスタンリー・マクリスタルは米国陸軍大将(退役)で、かつてアフガニスタンで司令官として多国籍軍を率いた。自身がリーダーを経験して、「リーダー論として座学で学んだことと、現実に大きな乖離がある」と感じたことが本書の執筆動機になった。13人の歴史的リーダーを題材に、リーダーシップの本質に迫る。


B0828FF6BD
絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理
日本人7割が間違うマスクの使い方。風邪のひき始めはむしろ運動。朝タオルを握れば血圧が下がる。インフルエンザは夏でも注意…30年以上病気知らずの名医が教える、常に最高のパフォーマンスを引き出す医学的に正しい方法!


B0828DXDL3
突き抜けるデザインマネジメント
本質を捉える、ビジョンが明確になる、チームが活性化する、考えが深まる、戦略を創る、人材を発掘する、やる気を引き出す、イノベーションを加速する、知的財産を創出する、企業価値を高める、利益を創出する、生き方が変わる…一気通貫のデザインで固定概念を創造的に破壊し、要素を新結合することによって、全く新しい価値の創造を可能にする。


B082F8V923
世界で一番やさしい 資料作りの教科書
あの鈴川葵が帰ってきた。入社4年目になった彼女は、今度はプレゼンに悩んでいる。職場のコミュニケーションを、資料作りを通して変えていく。コンサルタントの父が授けた「資料作りの7つのStep」「コミュニケーションの3つのお作法」などを実践し、相手に自分の主張を伝える極意を身に付けていく―。一枚ものの資料は3stepで完成。キーメッセージが全ての軸になる…プレゼンが伝わる、手戻り・修正なし。誰にも教わらなかった“伝え方”の鉄則がわかる!若手女子の成長物語から学ぶシリーズ第2弾!!


B0824F9XXW
世界「倒産」図鑑 波乱万丈25社でわかる失敗の理由
「倒産」は教訓と知恵の宝庫である。なぜ一時代を築いた企業は破綻に至ったのか。日米欧の25事例を徹底分析!


B082HNL6H5
2060デジタル資本主義 (日本経済新聞出版)
停滞、改革、悪夢―。我々は今、この「3つの未来」の分岐点にいる。迫りくるデジタル経済や高齢化の波を直視せず、旧来型の制度や経営、働き方に安住すれば、停滞の道が待っている。働き手の生活水準は段々と低下し、将来に希望を見いだすのは難しくなる。経済規模は米国・中国に圧倒的な差を付けられ、日本は国際政治や経済の場における存在感を失っていく。デジタル化の恩恵を引き出し、悪夢が現実となるのを避けるには、どんな改革が必要なのか。デジタル資本主義の詳細な未来図を描きながら、生産性向上に向けたデジタル化対応を加速する改革シナリオを提示する画期的日本経済論。


B082HNHG37
時間資本主義の時代 あなたの時間価値はどこまで高められるか? (日本経済新聞出版)
すきま時間を買う人・売る人、ダイナミック・プライシング、サブスクリプション―。ほんのわずかな時間の使い方で、人生の満足度に大きな差がつく。それが時間資本主義の時代。気鋭のコンサルタントが消費行動、企業のあり方、働き方まで「時間価値」と「空間」の関係を鋭く読み解く一冊!
参考記事:【必読!?】『時間資本主義の時代 あなたの時間価値はどこまで高められるか?』松岡真宏(2019年12月12日)


B081V56NQH
転職エバンジェリストの技術系成功メソッド
履歴書1000枚、面接100回、在籍10社の著者が教える、最良の転職期間、選ばれる履歴書の書き方、失敗しない面接作法、後悔しない転職後の行動。IT/製造技術者が転職を成功させるノウハウ満載!


B081V51XQ2
新アジアビジネス グローバルアントレプレナーの教科書
停滞する日本経済を救うのは東京ではない!イノベーティブ地域に変貌する「新興アジア」だ。タイ政府政策顧問などを歴任し、1000社以上のアジアビジネスを支援、現地を肌で知る著者が描く「いきなりアジア」「新天地戦略」を解説。


B081YSFVXB
お金がどんどん増える「長期投資」で幸せになろう
お金に働いてもらえば、人生100年時代もラクラク乗り切れる!20年で年5.5%(積み立て)の利回り実績!実力派ファンド創始者が教えるゆったり資産形成のコツ。


B081PHNYVB
脳科学に基づく働き方革命 Alive at Work
あなたはイキイキと働いていますか? あなたの部下はどうですか? 産業革命時に発明された企業の管理方法は人間の本能に反するもので、そのような管理下に置かれた従業員は多かれ少なかれ「学習性無力感」に陥り、自分の仕事を楽しめず、生産性も向上しない。本書はこのような旧態依然の管理方法から脱して、従業員の生産性を高めるための方法を詳述します。キーワードは、探求脳(Seeking System)。従業員の「感情」、その中でも「探求」によって生み出される衝動に働きかけることが、従業員をAlive(イキイキ)させ、生産性向上につながります。


B081PHPBDN
eスポーツマーケティング 若者市場をつかむ最強メディアを使いこなせ
「eスポーツ」とは?一部のゲームオタクが楽しむものといった捉え方は間違いです。それは臨場感満点のイベントで、ネットで1億人が熱狂する急成長市場であり、テレビを見ない若者たちの関心をCMより効果的につかめる最先端ツールであり、5G時代に更なる進化を遂げる次世代メディアです。乗り遅れ厳禁!eスポーツの今と未来、詳解します。


B081RDHRXR
星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書
ホントは強い!同族経営。ビジネス理論で解析する星野リゾートと注目企業のケーススタディ。経営者たちの本音トーク。


B081TWS3ZN
BCGが読む 経営の論点2020 (日本経済新聞出版)
新しい競争ロジックをマスターする、変化に柔軟に対応する組織を構築する、ダイナミックな全社変革を実現する、先が見えない時代に、経営手法を進化させる、企業の「あるべき姿」を再定義する。―輝ける10年を手にするための「5つの鉄則」。


B081R8BNV3
酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方
お酒が好きな人は、「酒は百薬の長」という言葉の通りに、ほどほどに飲めば健康にいいと思っているかもしれません。しかし、最近では「少量でも病気のリスクが上がる」という研究が出てきて、専門家の間で議論されています。「そんなー!もうお酒は飲めないの?」と心配になったみなさん、大丈夫です!健康に与えるリスクを最小限に抑えつつ、お酒を楽しむ「最高の飲み方」をお教えします!


B081PQWY6Y
GLOBOTICS (グロボティクス) グローバル化+ロボット化がもたらす大激変 (日本経済新聞出版)
農業から工業へ。モノからサービスへ。そして今始まった「グロボティクス転換」。国際経済学の大家が、デジタル革命のかつてない衝撃を歴史的な視点から捉える。


B081C1XYPW
オタク経済圏創世記 GAFAの次は2.5次元コミュニティが世界の主役になる件
5G時代の新戦略を先取り。ブルーオーシャンを発見。アニメ・ゲームから、プロレスまで。日本のライブコンテンツメーカーが世界中に「お祭り」を巻き起こす。


B081BG6G74
ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?
「ミスや失敗が汚点となって、うだつが上がらない人」と「ミスや失敗を乗り越えて、メキメキ評価を上げていく人」には、明確な差がありました! 「ミス・失敗」は、その扱い方を変えるだけで、あなたと職場の分析力・計画力・学習力・伝達力が上がります。本書では、その方法を、わかりやすい図を用いて紹介します。「やばい‼」「しまった‼」を、最高のチャンスに変える仕組みを、今すぐ、日々の仕事に取り入れましょう。
参考記事:【失敗学?】『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』飯野謙次(2019年11月20日)


B081C4MP6B
リアルビジネス3.0 あらゆる企業は教育化する
人口減少下の新しい世界では顧客との関係性が大きく変わる! 「教育化」で成功した成長企業のビジネスモデル!


【関連記事】

◆現在開催中のKindleセールをご紹介。

【50%OFF超!?】「Kindle本GWキャンペーン」最終回分をお送りします!(2020年05月01日)⇒5月10日まで

【最大50%OFF】「Kindle本GWキャンペーン」追加分をお送りします!(2020年04月26日)⇒5月10日まで

【最大50%OFF】「Kindle本GWキャンペーン」始まりました!(2020年04月25日)⇒5月10日まで

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2020年05月)(2020年05月08日)⇒5月31日まで


【編集後記】

◆冒頭で触れた日経の広告の作品を改めてご紹介。

B086MBNJJX
新・現代会計入門 第4版 (日本経済新聞出版)

B086PN4YJ8
マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤 (日本経済新聞出版)

B087C5PLYB
管理職失格 新世代リーダーへの条件 (日本経済新聞出版)

B087C73RCR
共感経営 「物語り戦略」で輝く現場 (日本経済新聞出版)

B0876Z87XK
絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか (日本経済新聞出版)

B0876YMZ9Q
NEO ECONOMY(ネオエコノミー) 世界の知性が挑む経済の謎 (日本経済新聞出版)

大々的に広告を打つ日から、「50%ポイント還元」だなんて、日経BPさん、太っ腹っす!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 18:00
読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク