スポンサーリンク

2019年12月18日

【適職?】『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』鈴木 祐


4295403741
科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて人気だった「仕事選び本」。

著者の鈴木 祐さんは、エビデンスベースの作品が持ち味だけに、本書も巻末にいや、というほど参考文献が掲載されていましたw

アマゾンの内容紹介から。
転職・複業・独立…キャリアの多様化が進む時代に、“自分にぴったりの仕事”を選ぶには?人生の岐路で役立つ、意思決定の技術!

中古が定価を上回っていますから、上記記事の時点ではまだ用意されていなかったKindle版がお買い得です!






The Enneasite Ad Final / Howdy, I'm H. Michael Karshis


【ポイント】

■1.好きを仕事にしても幸福度は上がらない
 2015年、ミシガン州立大学が「好きなことを仕事にする者は本当に幸せか?」というテーマで大規模な調査を行いました。数百を超える職業から聞き取り調査を行い、仕事の考え方が個人の幸福にどう影響するかを調べたのです。
 研究チームは、被験者の「仕事観」を2パターンに分類しました。
◉適合派:「好きなことを仕事にするのが幸せだ」と考えるタイプ。「給料が安くても満足できる仕事をしたい」と答える傾向が強い
◉成長派:「仕事は続けるうちに好きになるものだ」と考えるタイプ。「そんなに仕事は楽しくなくてもいいけど給料は欲しい」と答える傾向が強い
 一見、適合派のほうが幸せになれそうに見えます。自分が情熱を持てる仕事に就ければ毎日が楽しく、金目当てに働くよりも人生の満足度は高まりそうな気がするでしょう。
 ところが、結果は意外なものでした。 適合派の幸福度が高いのは最初だけで、1〜5年の長いスパンで見た場合、両者の幸福度・年収・キャリアなどのレベルは成長派のほうが高かったからです。


■2.不自由な職場はタバコよりも体に悪い
 実際のところ、数ある研究のなかでも、「自由」ほど仕事の幸せを左右する要素はありません。たとえば1380人の労働者を集めた台湾の研究では、次のようなポイントをもとに被験者が働く会社の自由度を調べました。
◉作業を実行するスケジュールを好きに設定できる
◉タスクの内容を好きなように選ぶことができる
◉収入や社内ルールに好きな意見を言える
 その結果はあきらかでした。職場の自由度が高くなるほど被験者の仕事への満足度は上がって離職率が下がり、ストレスが大きな作業をしているあいだもネガティブな感情にハマりにくい傾向があったのです。
 さらにもうひとつ、「自由度」はあなたの寿命も左右します。ロンドン大学が公務員を対象に行ったリサーチでは、
◉タバコを吸うけれど、会社内の自由度が大きい
◉タバコは吸わないが、会社内の自由度が小さい
 といった2つのグループを比べたところ、タバコを吸わないが自由度が小さい人のほうが体を壊しやすく、慢性病にかかる確率も高い傾向がありました。要するに仕事の自由度とは、タバコよりも私たちの健康に大きな影響をおよぼすわけです。


■3.職場の「8大悪」ワースト・ランキング
 先に取り上げたメタ分析などによれば、それぞれの「悪」をダメージが大きい順番に並べると、次のようになります。
(1)ワークライフバランスの崩壊
(2)雇用が不安定
(3)長時間労働
(4)シフトワーク
(5)仕事のコントロール権がない
(6)ソーシャルサポートがない
(7)組織内に不公平が多い
(8)長時間通勤
 全体的に見れば、やはり「作業負荷の多さ」と「仕事の不安定さ」という2つのポイントが大きいようです。目当ての会社に当てはまる点がないかどうか、いま一度チェックしてみてください。
 もちろん、職探しの段階ですべての「悪」を見抜くのは不可能ですが、実際のところ、転職エージェントや面接官からネガティブな側面を聞き出そうとする人は意外なほどいません。人生の方向を決める一大事にも関わらず、いざ面接になると遠慮してしまうケースが実に多いのです。


■4.「10/10/10テスト」で自己を拡張する
「10/10/10テスト」は、ジャーナリストのスージー・ウェルチが開発した意思決定のフレームワークです。使い方はシンプルで、それぞれの選択肢について次のように考えてみてください。
(1)この選択をしたら、10分後はどう感じるだろう?
(2)この選択をしたら、10ヶ月後にはどう感じるだろう?
(3)この選択をしたら、10年後にはどう感じるだろう?
 このように短期・中期・長期のタイムラインを使い、いったん目先のバイアスから自分を切り離すのが「10/10/10テスト」のゴールです。(中略)
 未来を思うことで判断力が上がる現象のことを、心理学では「拡張された自己」と呼びます。
 たとえば単純に「転職すべきか?」と考えたときは、思考が爐い洵瓩亮分に凝り固まってしまい、それ以上は発想の枠を広げられません。しかし、ここで未来の姿を明確にイメージしてみると、「いまの自分の選択は将来につながっているのだ」という事実があらためて実感されるでしょう。その結果として、より幅の広い判断が生まれやすくなるわけです。


■5.「イリイスト転職ノート」で意思決定の精度を上げる
 研究チームは、まず被験者に「その日に行った意思決定のなかで、もっとも悩んだものを教えてください」と伝え、それぞれに「仕事を辞めるか考えた」や「上司とケンカをした」などの日常のトラブルを思い出させました。
 続いて、その「日常の悩み」について三人称の視点を使いながら日記に説明するように指示し、「彼は仕事を辞めるかどうかに悩み、転職サイトでより良い条件の職場を探した」といったように、自分が行った意思決定の流れを、まるで他人ごとのように書かせたそうです。ひとつの日記にかけた時間は15分で、作業は1日1回のペースで行われました。
 4週間後、被験者に複数のテストを行ったところ、「イリイスト転職ノート」を続けた被験者に目覚ましい変化が確認されます。悩みを三人称で書き記したグループは他人の視点でものごとを考えるのがうまくなり、複数の観点からベストの対策を導き出せるようになったのです。


【感想】

◆鈴木さんの作品は大抵(というか全部)そうなのですが、今回もハイライトを引きまくりました。

その多くがエビデンス関係で、冒頭でも触れたように巻末にしっかり「参考文献」として収録されており、その数なんと100以上!!

特に今回は、「科学的自己啓発書」の類書とテーマがあまりかぶらなかったせいか、知らぬものが多くて、思わず目からウロコが落ちまくりました。

本当は下記目次にもある、「7つの大罪」とか「7つの徳目」「8つの悪」「4大技法」のそれぞれで記事を書けるくらいなのですが、それはさすがに自重した次第。

中でも、一般的に「常識」「正しい」と思われていることの多くが、実は「間違い」らしいことがショックでした。


◆たとえば本書のステップ1の「仕事選びにおける7つの大罪」から抜き出した、上記ポイントの1番目の「好きを仕事にしても幸福度は上がらない」。

これなんぞ、多くの自己啓発系の著者さんたちをバッサリ斬り捨てちゃっています。

他にもいくつかのエビデンスを挙げた上で鈴木さん曰く、
「好きを仕事に!」や「情熱を持てる仕事を探せ!」は、かように多くの実験で否定されたアドバイスであり、人生の満足度を高めるソリューションにはなりません。(中略)
 もちろん、なかには純粋な善意だけでアドバイスをしている人もいるでしょうが、「好きなことを仕事にすればうまくいく」という考え方は直感的でわかりやすいため、それだけに支持する人間の数も増えます。ならば、わざわざ夢を壊すようなデータは見せずに甘い言葉をささやき続けたほうがビジネスとしては安定しやすいはずです。
とのこと。

また同じく「7つの大罪」の1つである「性格テスト」も、本書では片っ端からダメ出し。

エニアグラム、MBTIRIASECといったところのそれぞれについて、どこがどうダメなのか解説されています。

……これらが使われている大学やキャリアカウンセリングでは、どのように考えているのやら。


◆続くステップ2では、「7つの徳目」と題して、仕事の幸福度が何で上がるかを追求。

具体的にはアマゾンのページにも列挙されているのですが、それぞれの「徳目」だけでなく、簡単な解説が付されている画像の方を貼っておきます(アマゾンへのリンクなので、クリックしても拡大されず、アマゾンのページに飛んでしまいます)。

4295403741

上記ポイントの2番目では、この7つの中でもっとも影響の大きい、「自由」についての部分を抜き出してみました。

ただ、もう1つご紹介しておきたかったのが、7つウチの1つである「焦点」で触れられていた「制御焦点」なるもの。

これは上記で否定された「性格テスト」の中で、「唯一役立つテスト」なのだそうです。

詳細については本書をお読みいただきたいのですが、簡単に言うと、人をテストで「攻撃型」と「防御型」に分類し、適した職業を考えるというもの。

実際のテスト(全16個の質問に当てはまるか否かを7段階で回答する)も収録されていますから、気になる方はぜひお試しください。


◆一方ステップ3では、「最悪の職場」に共通する「悪」について言及。

全部で8つあって、こちらもアマゾンにあるのですが、上記ポイントの3番目ですと「ダメージが大きい順」に並んでいるので、引用してみました。

中でもトップに挙げられた「ワークライフバランスの崩壊」は問題で、
およそ2600人を5年にわたって追跡したリサーチでは、プライベートと仕事を切り分けずに働き続けた人は、うつ病にかかる率が166%も高く、不安障害の発症率も174%ほど上昇していた
のだそう。

そしてさらに問題なのが、私たちはプライベートで仕事のことを「考えただけ」でも幸福度が激減してしまうのだとか。

イギリスで行われた研究によると、
◉休日や退社後に少しでも仕事について考えた人は有意にストレスレベルが増える
◉仕事について考えたストレスは運動やマッサージなどの対策では軽減できない
◉大半の人は、体にはストレス反応が出ているにも関わらず、「私はストレスを感じていない」と回答した
のだそうで、特に最後の「無意識下」でストレスを感じているのは、かなりまずい気が……。


◆そこでステップ4では、さまざまなバイアスに影響を受けないための意思決定の方法がいくつか紹介されており、その1つが上記ポイントの4番目にある「10/10/10テスト」。

ちなみにこれに関しては、以前当ブログでは開発者のスージー・ウェルチが書いたまさにこの本をご紹介済みです。

4062147505
10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!

参考記事:【5つのツボ】「10-10-10人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい! 」スージー・ウェルチ(2010年01月26日)

同じく上記ポイントの5番目の「イリイスト転職ノート」も、まさに意思決定法の1つで、こちらは私も初耳でした。

この件に関して本書では、転職活動における具体的な記載例も掲載されていますから、こちらもぜひご覧ください。

ちなみに、このステップ4で一番ショックだったのは、あの「グラノヴェターの"弱いつながり"」は、今では職探しに役立たないということでした(詳細は本書を)。

……その前提で書かれたキャリア本も結構あるので、この辺はアンチに恨まれそうな気が。


これは適職を考える方にはオススメせざるを得ません!

4295403741
科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方
序章 最高の職業の選び方
ステップ1 幻想から覚める─仕事選びにおける7つの大罪
ステップ2 未来を広げる─仕事の幸福度を決める7つの徳目
ステップ3 悪を取り除く─最悪の職場に共通する8つの悪
ステップ4 歪みに気づく─バイアスを取り除くための4大技法
ステップ5 やりがいを再構築する─仕事の満足度を高める7つの計画


【関連記事】

【Google流?】『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』ピョートル・フェリクス・グジバチ(2018年08月23日)

【行動経済学?】『不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100』スチュアート・ サザーランド(2017年05月28日)

【5つのツボ】「10-10-10人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい! 」スージー・ウェルチ(2010年01月26日)

【事前検死?】『先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で成果を出す最強の仕事術』山崎裕二(2018年12月09日)

【勤め方】『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』福澤徹三(2016年11月09日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07B6HMV5F
みんなでつくるAI時代 これからの教養としての「STEAM」

これからの時代に必要な素養である「STEAM」がテーマの作品。

中古は値下がりしていますが、Kindle版が「70%OFF」の「499円」ということで、500円弱お買い得です!


【編集後記2】

◆昨日の「Kindle本冬のポイント還元キャンペーン」の集英社版の記事で人気だったのはこの辺でした。

B07Y22YY3W
言い訳 関東芸人はなぜM−1で勝てないのか (集英社新書)

B076D1YFL3
「本当の大人」になるための心理学 心理療法家が説く心の成熟 (集英社新書)

B0778GLPCJ
ゾーンの入り方 (集英社新書)

B00TWTGCHU
なぜか結果を出す人の理由 (集英社新書)

よろしければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク