スポンサーリンク

2019年09月12日

【オススメ!】『面白いとは何か? 面白く生きるには?』森博嗣


4847066251
面白いとは何か? 面白く生きるには? (ワニブックスPLUS新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも相変わらず人気だった森 博嗣さんの最新作。

今回のテーマは「面白さ」ということで、クリエイティブ系の方向けのようですが、私たちみんなの生き方についても触れられています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
人気作家が「面白さ」のメカニズムを考察。
仕事で面白いアイディアが必要な人、人生を面白くしたいすべての人に役立つヒント。

中古が定価の倍以上のお値段ですから、お得なKindle版がオススメです!






FUN! / Jonathan Rolande


【ポイント】

■1.小説のジャンルでミステリィを選んだ理由
 ほかのジャンルの小説だったら、読者が「面白い」と感じるものを書かなければならない。そうしないと、最後まで読んでもらえないし、悪い評判が立てば売れなくなる。それ以前に、編集者が駄目だと判断して、本にはしてもらえないだろう、と想像ができた。
 ミステリィは、謎が提示され、最後には意外な展開があって、その謎が解ける、という構造を持っている。謎があれば、読者は答を知りたいから、最後まで読んでくれる。
 したがって、トリックや意外性を考えれば良い。クイズを作るようなものだし、ある意味、数学の問題を作るような作業である。実は、僕は大学の工学部の教官だったので、数学や物理の問題を作ることは何度も経験していたのだ。(中略)
 ミステリィの面白さは、小説の面白さに比べて、非常に特定的というか、狭い範囲に的が絞られているから、その面白さを作る側にとっては、何を考えれば良いのかが明確で取り組みやすい、と僕は考えたのだ。


■2.最近流行の「面白さ」は「共感」
 もともとは、そういったほかのユーザ(読者や視聴者)の動向に対して共感するしない、ではなかった。そうではなく、作品の中のキャラクタに、受け手個人が共感したのだ。そこで描かれた心情が、「身に染みて」わかるような状況を「共感」といった。楽しさ、寂しさ、悔しさ、悲しさ、あるいは怒り、憤りのようなものが心に伝わってくる、という意味での「共感」だったのだ。
 それが、子供のときからネット社会で育った世代は、「みんなで感じる」という意味で「共感」という言葉を使っている。 穿った見方をすれば、自分で感じたいのではなく、感じることで他者とつながりたい欲求が優先されている。そうなると、みんなが笑うから可笑しい、みんなが泣くから感動できる、という価値観になる。その結果、ネットの評価に過敏になったり、「いいね」の数を気にして、日常生活にまでその影響が表れる。


■3.適度な「ズレ」が「可笑しさ」の条件
「待っているところへボールが来なかった」と書いたが、まったく取れないような大暴投では笑えない。あまりに外れすぎていると、驚きや呆れが大きくなり、あるときは嫌悪感も抱いてしまうから、笑うことができない。
 笑いを誘うギャップとは、「適度なズレ」であることが1つの条件といえる。この微妙な手加減ができる人が、人を笑わせる名手となる。ただ、受け手によって、このズレがどれくらいまで許容できるのか、が異なっているので、相手を見て、合わせる必要があるだろう。このあたりが、「可笑しさ」を作ることの一番の難しさになる。
「微妙」という言葉は、もともとは褒め称える表現だった。今は、「今一つ」という意味で、残念な印象を伝えるときに使う場合が増えている。可笑しさのズレというのは、本来「微妙」なものだった。加減をし、適度にずれているものが一番面白い。その僅かさが、最大の「面白さ」を生んだのである。


■4.「面白さ」の理由は達成感にある
 この「簡単」という方向性も、また「面白さ」にブレーキをかける。逆なのだ。
 何故なら、「面白さ」は簡単になるほど面白くなくなるからだ。「面白がりやすい」という言葉が聞かれないように、簡単に面白さを感じることはできない。そういうものは、面白くない。簡単だというだけで、「つまらない」ものになってしまうのである。これは、「面白い」の定義であるし、人間の感覚がそうなっているのだから必然といえる。
「面白さ」は、容易に得られないものでなければならない。たとえば、簡単なクイズでは面白くない。すぐに犯人がわかってしまうようなミステリィでは楽しめない、ということだ。
 人間の満足というものが、なにかを成し遂げたあとに得られるからであり、そもそも、その「達成」が「面白い」と感じられる。何故、山に登るのか、という疑問と同じだ。山は高いから登るのが面白い。登るのが大変だから、面白いのだ。登りやすい山では、楽しめないのである。


■5.抽象的な「面白さ」を素材にする
 そう、ゼロからだ。それは、たしかにそのとおり。
 ただ、ちょっとした抜け道がないわけでもない。
 それは、周囲にある「面白さ」、過去にあった「面白さ」から、本質を取り出す行為によって生まれる。
 何故面白いのか、どこがどう面白いのか、ということを考えていくと、その具体的なネタから、抽象的な「面白さ」が抽出できる。これができるようになるためには、ものごとを客観的、抽象的に捉える目が必要だ。しかし、慣れれば自然にできるようになる。
 さて、抽出した「面白さ」とは、言葉にはならない。「こんな感じのもの」「こんな雰囲気のもの」といった茫洋とした雲の塊のような素材である。
 だが、そこから、幾つかの「面白さ」を作り出すことができる。ゼロから作るよりも、数段容易だ。一日中考えていれば、1つくらいは必ず出てくる。


【感想】

◆色々と考えさせられた作品でした。

そもそも「面白さ」とは何か?

今まで自分なりに「面白い作品」なり「面白い体験」や「面白い人」に、数多く巡り合ってきたものの、いったいそれらの「何が面白さの根源なのか」までは考えたこともありませんでした。

それを本書では、もろに理系脳である森博嗣さんが、「あれも」「これも」と挙げ連ねていくワケです。

つまり「面白い」と言っても、色々な意味で用いられていますし、その理由も数多くあるということ。

「可笑しい」「夢中になれる」「楽しい」「夢中になれる」「満足できる」……等々。

本書ではそのそれぞれについて、いかにも森さんらしい分析がなされている次第。


◆まず第1章では、そういった色々な「面白い」を俎上に載せます。

そこで紹介されているのが、上記ポイントの1番目の森さんの戦略。

元より森さんは、趣味(模型工作)にお金がかかるため、その資金稼ぎのために作家になったという極めて稀な方です。

その才能もさることながら、ミステリィというジャンルの構造的な「面白さ」に目を付けたところは、さすがとしか言いようがありません。

ちなみに、この「面白さ」と世間の「評価」に関して、森さんはAmazonレビューと自分の作品の売れ行きについて調べたことがあるそうで、結論から言うと「『負の相関』が顕著だった」とのこと。

つまり、評価が低いほうがむしろ売れていたのだそうです。
 どうしてこんなことになるのかというと、売れていない本ほど、熱心なファンが割合として多く買っているから、評価が高くなる。売れる本は、好意的でない人にまで広く知られる結果になるので、マイナスの評価をする人の割合が増える、ということだ。
なるほどこれは、目からウロコ!


◆続く第2章では、「面白さ」の中でも特に「可笑しい」といわれるものについて言及されています。

要は「笑える面白さ」。

「いないないばぁ」から「芸人のギャグ」まで広範囲に考察されているので、お笑い好きの方なら、この章は楽しめると思います。

上記ポイントの3番目もこの章からなのですが、たとえば「昔のギャグ」が笑えないのは、この「ズレ」が適度でないから。

森さんは「そういった環境の変化に、作り手は敏感でなければならない」と言われています。
もし、笑わせることが仕事ならば、それを長く続けるためには、いつも自分の方法を修正する必要があるだろう。笑わせることが、泣かせたり、怒らせたりするより、ずっと難しいのは、このような理由からである。
これは芸人さんのみならず、制作に係わる人は意識しておきたいところかと。


◆一方第3章ではさらに広範囲な「面白さ」が挙げられていて、私なんぞは指摘されて「それもそうだ!」と改めて気が付いたくらいです。

たとえば「ほのぼの」「アクション」「興味深い」等々。

また「SF」だと、「ロボットが登場する、地底世界がある、宇宙人が攻めてくる」といった、その「設定」自体が面白かったりします。

ちょうど今、無料キャンペーンをやっている『進撃の巨人』もそうですね。

Amazon.co.jp: 【連載10周年企画】『進撃の巨人』最終回まで一緒に読もう!キャンペーン: Kindleストア

もちろん、「設定」だけでは足りなくて、「展開」も面白い必要が出てくるのですが、「設定」が宣伝で明かして惹きつけられるのに対して、「展開」はネタバレになるため「意外な結末」「予想外の展開」等しか言えない、という指摘も確かにその通りだな、と。

さらには、「反社会的な面白さ」(ブラックジョーク等)や「役に立つ面白さ」(テレビのバラエティ等)も、森さんらしい分析がなされています。


◆この辺を読んで、ブログやSNSでアクセスや「いいね」を集めるヒントになるな、と思っていたら、すこし飛んだ第7章では、「自撮り」や「インスタ」といった「アウトプット」についても言及がありました。

つまり大昔のネットは「インプットのためのメディア」だったのが、最近は「個人がアウトプットするメディア」になったということ。
 今のところ、「いいね」などのサインを出し合って、お互いに「インプットしていますよ」という仮想を抱いているようだ。まるでお金のように「いいね」が世間を巡っているけれど、実際のところ、ほとんどの人は他者のことをしっかりと見ていない。インプットしている者はほとんどいない。
きっつーw

また最終章となる第9章では、これまでの内容を総括しつつ、創作のヒントまで述べられています。

たとえば「アート」と「エンタテインメント」の「面白さ」の違いや、「宣伝」と「売れ行き」の関係等。

くわえて「秘伝」(?)とも言えるのが、上記ポイントの5番目です。

これは、純粋に何もないところから「面白さ」を生み出すヒントなのですが、詳しくは本書にて。

……すいません、森さんお約束の(?)「質問コーナー」や、後半にあった「面白く生きる生き方」辺りを、ごっそり割愛してしまいましたが、それだけ他の部分が、文字通り「面白かった」ということで(言い訳)。


「面白さ」について「意識的」になれる名著です!

4847066251
面白いとは何か? 面白く生きるには? (ワニブックスPLUS新書)
第1章 「面白い」にもいろいろある
第2章 「可笑しい」という「面白さ」
第3章 「興味深い」という「面白さ」
第4章 「面白い」について答える
第5章 「生きる」ことは、「面白い」のか?
第6章 「面白さ」は社会に満ちているのか?
第7章 「面白く」生きるにはどうすれば良いか?
第8章 「面白さ」さえあれば孤独でも良い
第9章 「面白さ」の条件とは


【関連記事】

【夢の実現】『夢の叶え方を知っていますか?』森 博嗣(2017年01月20日)

【仕事考】『「やりがいのある仕事」という幻想』森博嗣(2013年05月13日)

【オススメ】『常識にとらわれない100の講義』森 博嗣(2012年08月20日)

【濃厚!】『読者ハ読ムナ(笑): いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか』藤田和日郎,飯田一史(2016年10月22日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07JGH6F74
敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

「敵と協働」するとは、なんとハードルの高いことかと!?

中古に送料を加えるとほぼ定価並みとなりますから、Kindle版が1000円以上お得です!


【編集後記2】

◆本日で終了となるKindleセールにはこんなものもあります。

https://amzn.to/31fWfe6

Amazon.co.jp: 出版社合同プログラミング書 サマーセール(9/12まで): Kindleストア

テーマ的に当ブログでは難しいのですが、興味のある方は急いでご確認ください!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク