スポンサーリンク

2019年06月11日

【全20冊】未読本・気になる本(2019年06月11日)



Learning to read / smerikal



【はじめに】

◆今日お送りするのは、2週に1度の定期記事である「未読本・気になる本」のエントリー。

おかげさまで本業も山場を越えましたので、やっとブログにも本腰を入れようと思っております。

さて、今回のラインナップは、珍しく単行本に先行して、Kindle版がかなり前に出ている作品がちらほらと!?

それはさておき、今回も全20冊、ご確認のほど、どうぞよろしくお願いします!





【未読本・気になる本、全20冊】

4098253410
キレる!: 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」 (小学館新書)
本書では、“キレる”という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察する。ここ最近、あおり運転、児童虐待など、怒りを抑えきれずに社会的な事件につながるケースが数多く起こっている。そこで、「“キレる”という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を解明しながら、“キレる人”や“キレる自分”に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探る。

◆おなじみ中野信子さんお得意の脳科学系のコミュニケーション本。

版元がめったにセールをしない小学館さんですから、Kindle版は、今買っても良いかも!?


4866212128
3行で人を動かす文章術
Yahoo!ニュースで活躍する人気コラムニストの尾藤克之氏が、伝えることに悩む人びとに向けて、自分の考えや気持ちを他人に正しく伝えるための「言葉の効果的な使い方」と「人を動かし、結果を出す文章の書き方」を具体的な実例とともに解説する、超実践的な文章術本。

◆タイトルにある「3行」というのは、最初の「3行」だそうで、さすがYahoo!ニュース等で活躍される方は、文章術自体も「リアル」だな、と。

中古価格が定価以上なのに、Kindle版が2割引きなのは、かなりお買い得だと思います。


4492534121
「つながり」の創りかた: 新時代の収益化戦略 リカーリングモデル
サブスクリプション、フリーミアム、レーザーブレード、リース、リピーター、……。企業と顧客との「つながり」方が大きな変貌を遂げている。
顧客の価値観が「所有から利用へ」と変化し、ものづくり企業にも、もの売り企業にとっても、ビジネスの常識が根本から覆る。
本書では、リカーリング(継続収益)を生み出す、ユーザーとのつながりの創りかたを提案する。
現在、最注目の「サブスクリプション」をマネタイズ研究の第一人者が説き明かした決定版!

◆メインタイトルからは分かりにくいものの、今、流行りつつある「サブスクリプション」を含む、「リカーリング」というビジネスモデルを解説した作品。

東洋経済さんにしては珍しく(?)、Kindle版が若干お得になっています!


4801400671
文芸オタクの私が教える バズる文章教室
『バズる文章教室』は、猜減有瓩噺世錣譴襦屬垢阿譴進絃牢恭弌廚髻△任るだけ平易な言葉を使って解説する本です。
主にブログやSNSなどで日常的に、自分の考えや体験などを発信している人に役立つようにと考えて作りましたが、めったに文章を書かない人にも、これから文章を書いてみようと考えている人にも、あまり知られていない「読みたくなる文章のからくり」を楽しんでもらうことをめざしています。

◆著者の三宅さんは「文芸オタク」を名乗るだけあって、森鴎外からナンシー関まで(?)、大量のサンプルに基づく「バズる」文章を分析されている模様。

中古に送料を加えると定価を上回りますから、定価と同額のKindle版でもご検討いただきたく。


4866800402
世界にバカは4人いる
「コミュニケーションの決定権は常に相手にある」から難しい。バカなヤツらの言動に、あなたはどう対処すればいいのか?ビジネス・コミュニケーションの実例も満載。抱腹絶倒のベストセラーがついに上陸。人のさまざまな行動様式を描く「DiSCモデル」から、すべてが暴かれる!

◆タイトルだけだと「バカ」が「4人だけ」いるようですけど、実際は「4タイプ」の「バカな連中」がいて、彼らと「どううまく付き合っていくか」を指南する作品のよう。

なおKindle版は「17%OFF」と、なかなかお買い得となっています。


402331787X
気づかせる技術 部下が自分で考えて動き出す
「で、どうしたい?」「君らしくないね」「私にもわからない」人は自分で気づかないと絶対に変わらない。15000人の行動を変えたインバスケット式“気づきマネジメント”。

◆「インバスケット」で知られる鳥原隆志さんの新刊は、マネジメント本でした。

こちらもKindle版が「20%OFF」と、かなりお得なので要チェックで!


4040822811
恥ずかしい英語 (角川新書)
I don’t understand.とI’m not following…、どちらも「わかりません」だが、誤解が少なく、好感が持てるのは後者。本書は、つい使ってしまいがちな誤解を招きやすい表現に△、ビジネスパーソンにふさわしい知的で好感が持てる表現に○を付して比較。ビジネスでプライベートで使える洗練されたフレーズ192+類似表現を、会話例とともに紹介。「電話やメールで役立つ表現」も!

◆私の場合、上記内容紹介の例はさておき、〇以前に△の表現すら知らない可能性大!?

なお、アマゾンの新書版の表紙が活字だけなので、実際に近いKindle版の表紙画像と差し替えております。


4478102260
やせる経済学 世界でいちばん経済合理的に体重を減らす方法
希少性、需要と供給、収穫逓減の法則、均衡の概念、囚人のジレンマなどの経済学的なトピック。
それに加えて、経済史、行動経済学、エコノミストによるデータ分析の知識などを織り交ぜて考案された減量法を紹介。
気鋭のエコノミストたちが自分の身体をハックしながらノウハウを体系化。
「経済学」と「ダイエット」の知識を一気に学べる大推薦の1冊。

◆どこまでガチかが分からないのですが、版元がダイヤモンド社さんなので、結構真面目な本のよう。

そのダイヤモンド社さんゆえ、Kindle版は「10%OFF」となっております。


447810722X
読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術
電通コピーライターとして24年、自分が読みたいものを書くために退職して「青年失業家」へ。
Web記事500万PV超、Twitterフォロワー46000人超。
多くの支持を得るwebライター初の著書。

◆この本のことをどこかで激賞していたのを見た記憶があるのですが、ググってもなかなか見つからず……!?

ただし本書もダイヤモンド社さんの作品ゆえ、Kindle版が1割引きでお求めいただけます。


4106108178
フィンランドの教育はなぜ世界一なのか (新潮新書)
テストも、受験も、運動会もないってホント? 高い学力はシンプルな教育から生まれた――テストも受験も、部活も運動会も、制服もなし、教科書は置きっ放し、なのになぜ? どうして? その秘密、教えます。

◆北欧の教育システムは、日本とは真逆というか考え方が違いすぎる気がするので、どこまで汎用性があるかは分からないものの、お子さんをお持ちのご家庭なら、本書の内容は気になるかも!?

なお、Kindle版は、新書版から1週間後からの配信となっています。


4492503064
「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇する Peachのやりくり
読むだけで明日からの仕事が楽しくなる魔法のビジネス書!
新入社員もチームリーダーも経営者もすぐに使えて結果を出せる「やりくりネタ」が満載!

◆今回もっとも「謎」な本がこちらで、一応版元は東洋経済さん。

なのに、Kindle版は「39%OFF」の「980円」とセール価格並みにお買い得なので、ひょっとしたら何かのキャンペーンかもしれません(Kindle版はもう配信済みなのに、単行本は14日発売というのも謎です)。


410610816X
バッシング論 (新潮新書)
人間社会を善悪で二分したがる知識人、右も左も議論の底が抜け落ちた言論空間、異論を排除するだけの飽くなき他者否定、情報化社会への適応を叫ぶ教育論議――いったいなぜ、日本人はこれほど余裕を失ってしまったのか。くり返されるバッシングに浮かびあがる社会の構造変化をとらえ、異様なまでに「マジメ」な人たちであふれた「美しい国」の病根をえぐりだす。

◆昨今のバッシング風潮を論じたらしい新書。

Kindle版は、新書版から1週間後にリリース予定となっています。


4815601496
一発OK! をもらえる人の エビデンス仕事術
情報があふれる今、そのなかから選りすぐった信頼できる「エビデンス」を、いかに探し当てられるかがビジネスの実力といっても過言ではありません。
そして、その決め手になるのは、“ググり方"のちょっとしたテクニックだったりするのです。
本書では、30年以上リサーチャーとして活躍してきた著者だからこそ知っている「エビデンス」の集め方を、あますことなく紹介します。

◆メンタリストDaiGoさんも、昨今の作品はエビデンスにこだわってますし、エビデンスがあると説得力が違うな、とは私自身日頃から感じますから、この本は気になるところ。

Kindle版はまだページもないのですが、版元がSBクリエイティブさんなので、発売日頃には用意されていると思います。


4798057479
最速で課題を解決する 逆算思考
生産性の高いビジネスパーソンが実践する論理的な思考法「逆算思考」を『最高の結果を出すKPIマネジメント』『「数字で考える」は武器になる』で注目のコンサルタントがわかりやすく解説!

◆上記にある『最高の結果を出すKPIマネジメント』は、下記レビューのように当ブログではご紹介済みですし、そもそも本書はテーマからして当ブログ向き。

Kindle版はいずれ出ると思うのですが、版元が秀和システムさんだけに、1ヵ月以上間が空きそうな悪寒……。

参考記事:【KPI?】『最高の結果を出すKPIマネジメント』中尾隆一郎(2019年01月06日)


4478106118
時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」
NYタイムズやウーバー、国連から大英博物館まで世界中で活用されている革命的な仕事術
「スプリント」(デザインスプリント)を開発、世界中で話題となった『SPRINT最速仕事術』著者、待望の最新刊!
1700人以上のテストリーダーの試読を経て、現代の環境で「最も効果的な方法」を導き出した、21世紀の「最強の時間術」!

◆下記レビューの『SPRINT最速仕事術』は、「仕事術」と言いつつも起業ネタが多かったのですが、こちらは「『時間ワザ』87連発!」ということですから、当ブログにはピッタリ!

版元もダイヤモンド社さんですから、Kindle版も安定の1割引きとなっています。

参考記事:【問題解決】『SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法』ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー,ブレイデン・コウィッツ、他(2017年04月28日)


4596551456
繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
倏磴┐覆/買わない瓩、巨大市場に変わる時――最も成長が見込めるのは、貧困をとりまく「無」消費経済である。
C・クリステンセン教授による市場創造型イノベーション論
■アフリカではなぜ井戸は枯れ、携帯電話は普及したのか?
■日本はなぜあれだけのイノベーションを起こせたのか?
■メキシコの効率化イノベーションはなぜ繁栄をもたらさないのか?

『イノベーションのジレンマ』でおなじみであるクリステンセン教授の最新作は、424ページもある大作!?

そう考えると同日発売のKindle版の方が、持ち運びには便利かと。


4492762485
2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日
関係者待望の1冊! 業界トップコンサルタント、初の著書がついに刊行!
2030年のアパレル業界の未来を徹底解説!
これから10年でいったい何が起こるのか? 生き残る企業、消える仕事は?
アパレルの最新動向・業界の課題・処方箋、すべてがこの1冊に凝縮!

◆詳細な内容紹介を読む限り、アパレル業界の関係者やアパレルに興味のある方なら必読とも言える1冊。

版元が東洋経済さんだけに、Kindle版が定価と同額なのは通常運転ですね。


4594081371
メンタルローテーション “回転(ローテーション)脳"を鍛える
「メンタルローテーション」とは、「頭の中で自由に物体を回転させて眺める能力のこと」。ある問題の解決方法を異なる問題に転用する能力、一つの問題を徹底的に掘り下げて考えていく能力、他人の視点に立って考える能力(「気づかい」や「共感」)、自己分析、自己修復が可能になる能力……など、人間的成長の駆動力、いわば人生のアクセルが鍛えられます!
本書は、メンタルローテーションのもつ奇跡や神秘的な力を伝えるとともに、超初級→初級→中級→上級の計128問で、「ついでに」その能力を鍛えてしまおう、という一石二鳥の一冊。
メンタルローテーションは、「生まれながらにして決まっている脳力」ではありません。
幼児からご高齢の方、もちろん男女を問わず、幅広い読者に興味をもっていただける1冊です。

◆ムスコの受験算数では、平面図形や立体を回転させる問題があるのですが、本書を読めばそういった問題が解けるのでしょうか?

なお、単行本自体は10日ほど先の発売なのですが、なぜかKindle版は、すでに配信済みという。


4866671483
書く技術・伝える技術(仮) (スーパーラーニング)
目指すのは相手に「読ませない」文章!
ビジネス文書で求められるのは、
●伝達性(内容が効率よく伝わる)
●論理性(内容が論理的に構成されている)
●作業性(文章を速く書ける)
つまり “書き手も読み手も「負担がかからない」文章テクニック"です !
基礎編⇒理論編⇒実践編と順を追って説明する構成で「書く技術」が飛躍的に向上する一冊です。

◆この本、下記レビュー作品の「改訂新版」らしいのですが、そちらは絶版らしく中古で12000円超、同じく絶版となった同タイトルのこの本も中古が5万円もしますから、まさに待望の新版発売ということ。

いずれもKindle版が出ておらず、本書もどうなるかわからないのですが、著者の倉島保美さんは講談社からはKindle本を出していますし、今回の版元のあさ出版さんも普通にKindle版を刊行されていますから、期待はできると思います。

参考記事:【文章術】『書く技術・伝える技術』倉島保美(2014年04月15日)


4105071211
NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業
動画配信で世界一位! アマゾン、グーグルら巨大IT勢を脅かす最強王者の全貌。
世界中のコンテンツを買い漁り、巨額を投じたオリジナル作品で大ヒットを放ち続けるネットフリックス。
彼らはなぜ世界の覇者になりえたのか。テクノロジーとビッグデータを信じ、過酷な競争文化で急成長を続けるテック企業。
その知られざる創業秘話から、大胆な業態転換をへて頂点に上り詰めるまでの壮大な物語を初めて描く。

◆以前ネットフリックスの人事面を描いた作品を、下記のようにレビューしていますが、本書はさらに全体像を掘り下げた作品のよう。

発売が6月26日ということで、本来ならば次回の未読本記事で俎上に載せるべきなのですが、本書もなぜかKindle版が既に先行リリースされています。


【編集後記】

◆上記でご紹介しにくい作品から1冊。

4822289729
FCバルセロナ 常勝の組織学

先日のサッカー日本代表戦では、久保建英選手が大活躍でしたが、その久保選手を育てたサッカークラブであるバルセロナの分析本。

Kindle版もありますが、定価と同額なのがちと残念です……。


【編集後記2】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B07HN2Q2F8
コンピュータ、どうやってつくったんですか? はじめて学ぶ コンピュータの歴史としくみ

小中学生でも理解できる(らしい)コンピュータの仕組み本。

「67%OFF」という激安設定のため、Kindle版が800円弱、お買い得です。


【編集後記3】

◆昨日の「ビジネスに役立つ おすすめ書籍フェア」で人気だったのは、この辺でした(順不同)。

B07LBPQZ3T
最高のパフォーマンスを引き出す自律神経の整え方

B07FX9V6PJ
最高の体調 ACTIVE HEALTH

B07L8D5NGC
できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ

B079M17D9H
どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」

参考記事:【仕事術】『どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」』村井庸介(2018年04月22日)

宜しければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク