スポンサーリンク

2019年05月09日

【ファッション】『世界一簡単なスーツ選びの法則』MB


B07D8LYYDV
世界一簡単なスーツ選びの法則 (ポプラ新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本日が最終日となる「Kindle本GWセール」から、駆け込みの1冊。

おそらく今現在の日本のメンズファッションで一番影響力があると言っていい、MBさんのスーツ指南本です。

アマゾンの内容紹介から。
メンズファッション指南の第一人者が初めて語る「スーツのおしゃれ」の法則。「スーツはシンプルに着るのが一番かっこいい。だから最も簡単」。スマートに着こなし仕事をスムーズにこなすため、「ここを押さえておけば間違いない!」というポイントをわかりやすく解説。「スーツなんかより、仕事に集中したい」と願う忙しいビジネスマン必読!

中古が値下がりしてきましたが、送料を考えるとこのKindle版が300円以上、お買い得となります!





SUIT / JonoMueller


【ポイント】

■1.スーツはシンプルなシルエットを目指す
 服を構成する要素には、「デザイン」と「シルエット」と「カラー(素材を含む)」があります。
 どんなデザインなのか、全体のシルエットはどうか、カラーや素材は何にするのか。
 ただ、スーツにおけるおしゃれの主張はデザインではありません。なぜなら、スーツでデザインの主張をしてしまうと極端に安っぽく、そして子供っぽくなりがちです。なので、デザインで主張するのではなく、重きを置くのはシルエットであることを、まず理解しましょう。
 素材にこだわると、単価が高くなってしまいます。シルエットならお金をかけずにこだわることが可能です。ですから、シルエットさえ整えてあげれば、デザインや素材などに頼らなくても、十分おしゃれに見えます。
 こだわるべきは、とにかくシンプルなシルエット。そう考えるとスーツ選びがグンと簡単になるはずです。


■2.裾丈はハーフクッションでシワを極力出さない
 オーソドックスなスタイルだと、これまではワンクッションがベストだと信じられてきましたが、私のおすすめはハーフクッションです。スーツ売り場の店員さんの裾をよく見てください。彼らの裾はたいてい短いです。靴の上にスラックスの裾がつかないノークッションの人もいるでしょう。
 では、なぜスーツでクッションが出すぎていると、ダサくなってしまうのか。
 ここまでの内容を理解されている方は、もうおわかりだと思います。答えは簡単。クッションはシワを作るからです。しかも体の中でも、目にとまりやすい先端にできてしまうわけです。
 だから私はハーフクッションで基本、ほとんどシワができないようなスタイルをすすめています。世の男性を見ていると、下手すれば「ツークッション」くらいのシワで普通に歩いている人も目につきます。それではドレスとして完成されているスーツスタイルが様にならないのは当然です。


■3.ダークトーンを選ぶ
 たとえば、1万円のスーツと10万円のものを目の前で並べて比べたら、生地を見ただけで、さすがに一瞬でわかってしまうと思います。
 ですが、1万円のスーツを5万円のスーツのように見せることは簡単です。これまでの説明通りにシルエットを整えて、あとはダークトーンのカラーを着ればいいだけです。
 これがライトカラーのスーツになると、素材の善し悪しが一目瞭然になってしまいます。おすすめできないといったのはこれが理由です。
 薄い色、明るい色の生地だと風合いがもろに出てしまいますが、濃い色は生地の風合いや質感がわかりにくいという利点があります。
 スーツのデザインはいじりようがないですし、素材はダークトーンだったら差がわかりづらいです。あとはシルエットの勝負となります。シワを意識して直しを入れてもらえば、リーズナブルなスーツでも「いいスーツ」に見せることは誰でもできます。


■4.ネクタイの組み合わせは気にしない
 お店に行くと、店員さんが「このシャツならこのネクタイ。こっちならネクタイはこれが合います」と提案してくることがありますが、実はシャツとネクタイに「合わない」組み合わせはほとんどないのです。
 つまり、あなたがどんな組み合わせをしようと、全然気にしなくても大丈夫。
 もちろん、真緑のシャツに真っ黄色のネクタイを合わせると言ったら、それは誰でもとめるでしょう。でも、それは「組み合わせ」という次元を超えています。もの単体の問題です。
 ストライプのシャツに水玉のネクタイをするのはもちろんいいと思いますし、もしそのシャツにレジメンタルストライプのネクタイを合わせたとしても「ストライプonストライプ」となりますが、特別問題はありません。
 本書でおすすめしているような、白シャツ、細い&薄いストライプシャツ、白に近い薄い色のシャツを選ぶなら、合わないネクタイの組み合わせは存在しないと言えます。


■5.着ない服を捨てれば、可能性が広がる
 ワードローブも、着ない服をいっぱい詰め込んでいると、新しい行動が起こせなくなります。
 たとえば、捨てるまではいかないけれどイマイチ着こなし方がわからない、自分の体型にちょっと合わないピンクのシャツを持っているとしましょう。
 この本の中で、私が淡いピンクのシャツをすすめていると知り、あなたは店頭で良さそうなものを見つけました。それを手に取り、値段を確認し、あなたはふと思います。
「でも、ピンクのシャツもっているんだよな。あれなんとか活かせないか、もうちょっと考えてみるか」
 そんなふうに心のブレーキがかかります。そのブレーキによっておしゃれになれずに、そのシャツはずっとワードローブに鎮座する。これでは、誰も幸せになれません。


【感想】

◆「ユニクロマイスター」とも言えるMBさんのスーツ着こなし本は、MBさんらしい部分と意外な部分がミックスされたものでした。

まず、MBさんらしいのが、上記ポイントの1番目で言われている「シルエット」にこだわること。

高級素材を使えない(値段の割にはかなり良質ですが)ユニクロアイテムで着こなしを究めると、シルエット重視になるのですが、それは本書でも同じでした。

たとえば、MBさんの本をお読みの方ならお約束である「Aライン」「Yライン」「Iライン」のうち、スーツに適しているのは「Iライン」とのこと。

ジャケットの着丈が長いといけないのは、「Iラインシルエットからはずれてバランスが崩れてしまう」から、という指摘はなるほど納得です(詳細は本書を)。


◆もう1つMBさんでおなじみなのが、襟や袖口、足元といった「先端部分」にこだわること。

上記ポイントの2番目にある「裾丈はハーフクッション」というのも、「先端重視」の考えに基づくものです。

今回は割愛しましたが、当然袖丈の長さもキッチリ指定(「腕を自然に下したときに、親指の先端から9〜12兢紊ったところにジャケットの袖先がくる」)。

また、「靴〜靴下〜スラックス」の色を合わせて、「足長効果」を目指すのも、カジュアルで「黒のスキニーパンツ〜黒ソックス〜黒い靴」を推奨したのと同じです。

そしてスーツにおいては、上記ポイントの3番目にあるように「ダークカラー」を推していますから、「黒」「ダークネイビー」「チャコールグレー」のスーツに合わせて、ソックスも「黒」「濃いネイビー」「濃いグレー」に。

となると、靴が「茶」ではなくて「黒」なのも当然でしょう。


◆一方、意外だったのが、ユニクロのビジネスユースのスーツやシャツは特に薦めていないこと。

本書では、インナーとしてユニクロの「エアリズムシームレスVネックT」のベージュを着ることで、「下着がシャツから透ける」問題を解決しているのですが、それ以外のビジネスアイテムには言及がありませんでした。

この本で紹介されていた、FHBの時計や、ハルタ「スポックシューズ」は本書でも登場しているんですけどね……。

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法

参考記事:【高コスパ!】『「普通の服」でおしゃれに見せる方法』から選んだファッションアイテム8点(2016年10月14日)

ただ、クールビズを扱った第4章の「ポロシャツは台襟があるものを!」というところで、「ユニクロでは、台襟があるポロシャツを毎シーズン扱っています」として、ビジネスユースの商品を取り上げてはいますが……。


◆結局、ユニクロはそのアイテムの大部分がカジュアルユースであり、カジュアルである分、自由な着こなしが許される中で、MBさんは、独自の理論展開。

それが「ユニクロでもお洒落になれる」ということで、多くの男性読者を獲得したと言えるワケです。

ところがスーツスタイルになると、カジュアルほど着こなしは自由ではありませんし、そのルールは、結局どの本も同じ。

ただ類書では、着こなしのルールを頭ごなし(?)に押しつけているところ、本書では「MB流」に解釈し直して提言している点で、新しいと思いました。

つまり、今までMBさんの本を読まれてきた方にとっては、非常に腑に落ちるスーツ着こなし本ということかと。


MBファンなら押さえておきたい1冊!

B07D8LYYDV
世界一簡単なスーツ選びの法則 (ポプラ新書)
序章 人生を変える仕事がうまくいくスーツ姿
第1章 世界一簡単なスーツ選びの基本
第2章 スーツをおしゃれに着る7つのシンプルルール
第3章 スーツ姿を整えるアイテムの選び方~ソックス、革靴、ワイシャツ、インナー~
第4章 ダサくならない安心のクールビズ
第5章 褒められるスーツ姿になる定番アイテム
MB×suitsbox 定番コーディネート
終章 おしゃれを恐れない勇気


【関連記事】

【ファッション】『最速でおしゃれに見せる方法』MB(2015年09月17日)

【高コスパ!】『「普通の服」でおしゃれに見せる方法』から選んだファッションアイテム8点(2016年10月14日)

【着こなし】『仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。』山本晃弘(2018年06月07日)

【お洒落】『成功する男のファッションの秘訣60』宮崎俊一(2011年12月21日)

【状況別着こなし】『勝負する男のロジカル着こなし術』吉田泰則(2015年04月15日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0183MXNMI
「読まなくてもいい本」の読書案内 ――知の最前線を5日間で探検する

おなじみ橘玲さんのブックガイド。

中古は値下がりしていますが、「60%OFF」と値引率が高めゆえ、Kindle版が400円弱、お得な計算です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ファッション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
ファッションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク