スポンサーリンク

2019年04月15日

【生き方】『「あれ、私なんのために働いてるんだっけ?」 と思ったら読む 最高の生き方』ムーギー・キム


4046019484
「あれ、私なんのために働いてるんだっけ?」 と思ったら読む 最高の生き方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて、一番人気だった自己啓発書。

当ブログではおなじみであるムーギー・キムさんが、「生き方」という深いテーマについて、掘り下げてらっしゃいます。

アマゾンの内容紹介から。
価値を実感して生きるための超実践的な「賢人の教え」+「考え方のツール」が満載!賢者たちと見つけた、幸福の進化論。

なお、上記記事の時点では定価と同額だったKindle版が若干お安くなりましたので、見送ってらした方もぜひご検討ください!





Time is Money: Managing Financial Clients by Aras Bilgen (Monitise) / jennychamux


【ポイント】

■1.「社内ダチョウ倶楽部」が組織を崩壊させる
 日本の大手銀行グループで働く私の友人が始めた社内改革の勉強会が、人気が人気を呼び全社的に有名になったことがあった。
 すると、開催直前になってとある部門の本部長から横やりが入り、「私は聞いていない。それは本業の業務としては認められないから、施設は使わせない」とストップがかかったのだ。
 その際、自分を応援してくれているもっと上の取締役がGOサインを出してくれていたのでその旨申し出ると、「自分の反対を無効にする取締役に話を持ち掛けたこと」がその部長の逆鱗に触れ、凄まじい粘着度を伴う妨害を受け続けることとなった。
 その勉強会は紆余曲折を経て結局開催されたのだが、その部長の組織をあげた必死の妨害工作に嫌気が差し、彼はその長年勤めた金融機関を退職してしまった。
 これは、犲卞皀瀬船腑俱楽部瓩痢嵎垢い討覆い茵」があらゆる改革イニシアティブを押し潰し、優秀な人材の流出に繫がる悪例といえるだろう。


■2.21世紀版「ヒトの欲求の10大パターン」
(1)生理的欲求と安全
(2)闘争本能・競争本能
(3)愛情と帰属(共同体形成)
(4)承認欲求(外的自尊心)
(5)貢献欲求(生産欲求)
(6)学習・成長欲求
(7)遊び(没頭・熱狂)
(8)認知欲(哲学・信仰)
(9)美術・芸術(感動欲求)
(10)生きがい

(詳細は本書を)


■3.アイデンティティの中核となる足元の価値観を見つめる
 最後に私が、一般のビジネスパーソンが宗教を学ぶべき理由やメリットについて聞いてみた。すると島薗氏からは、「足元の価値観を固めること」という答えが返ってきた。
「ビジネスといっても単に金銭的な成功のためではないでしょう、あなたの活動の支えになるものは何ですか?」という問いへの答えを固める上で、宗教の教義を学ぶことが役に立つというのだ。
 仕事にしても趣味にしても家庭にしても、そもそもこれらを超えて自分自身とは何なのか、という問いを立てることで、生活の様々な問題への抵抗力ができる。そして足元を確かめ、足場をしっかりさせる力が、宗教にあると指摘する。
 最初から宗教の深いところは学ばなくても、こうした問いを立てること自体に意味があり、そのような人生を歩んでいくための手がかりを、宗教はもっているのだと。


■4.国によって違う幸福のパターン分析
 国別に比較した幸福のパターン分析に関し、中野氏はまず、欧米の幸福感と日本の幸福感はずいぶん異なると指摘した。欧米型は自分のアチーブメント(達成)に対して幸福感を得る傾向が強く、いうなればドーパミン型が多い。自分がいくら稼いだか、どれくらい成功したかということに対して満足を得るという形が多い。
 これに対し日本人は、人に必要とされているときが最も幸せを感じるという調査結果もあるという。
 承認欲求そのものがドーパミンを出している、あるいは誰か好きな人と一緒にいたり、仲間と一緒に何かを成し遂げた際に分泌されているオキシトシンが重要で、日本型の幸福はオキシトシンタイプ(大切な家族・仲間への親密な愛情)が多いというのだ。
 このことは、実は危険なインプリケーションを含んでいる。というのも日本型の幸福に則ると、事の善悪や価値判断ではなく、集団に求められることを、承認欲求のためにやってしまうという場合があるのである。


■5.他己実現で人生を終えてはいけない
 ここでとくに気を付けたいのは狢掌兵存臭瓠△弔泙蠱韻房匆颪求める成功者像であり、外から提示された犲匆馘価値観瓩房分を合わせようと努力する生き方のことである。
 これは狢梢佑棒┐い隼廚錣譴燭き瓩箸いΥ衙召先に来る人が陥りやすい傾向がある。確かに承認欲求が満たされてその意味での犢福感瓩魎兇犬襪海箸呂△襪世蹐Α
 ただしこの場合、犲分は何がやりたいのか瓩筺↓牴燭大切な価値なのか瓩鯤垢れても、本当の答えが返ってこないことが多い。
 彼らは誰かから聞いたこと、そのように答えよと教わったことだけを虚しくなぞるだけで、狢梢佑貿Г瓩蕕譴森福感瓩鬮犲分が重視する人生の価値瓩世抜違いしてしまっているのだ。(中略)
 そして本書のタイトルにあるように、最後に「あれ、私なんのために働いているんだっけ?」「社会的には狎功瓩靴燭韻鼻価値なかったよねこの人生」となりかねないのである。


【感想】

◆ひと言で「どういう本か」を説明するのが、少々難しい作品でした。

というのも、内容的にかなりバラエティに富んでいるから。

もちろん、アマゾンの内容紹介をご覧になった方々にとっては、イラスト満載の「会社動物園」が目についたと思います。

そこに挙げられている動物(?)を挙げておくと、「マウンティング・ゴリラ」、「テガラノドン」、「社内ダチョウ倶楽部」、「タイガーフォックス」、「シェルフィッシュ」、「テリトリードッグ」、「T‐コンプ・レックス」、「フヘイフマンドリル」等々。

本書の第1章では、これらの「反面教師」の生態について、ムーギーさんの実体験や聞いた話を踏まえて解説がなされています。

もちろん上記ポイントの1番目は、ここからのもの。

ただ、この部分についてはアマゾンのページにある、個々の説明だけでもイメージできると思いますので、あまり踏み込みませんでした。


◆続く第2書では、これらの「反面教師」を踏まえた上で、「ヒトの欲求」についての考察が。

ここでムーギーさんは、上記ポイントの2番目に挙げた「21世紀版『ヒトの欲求の10大パターン』」なるものを提唱されています。

これは有名な「マズローの欲求5段階説」をムーギーさん流に解釈し直したもの。
これは、多くの人々からの狄誉検Εャリア相談瓩能个討る欲求のパターンと、自らの内省、そして第3章でお話をうかがった賢者たちによる狄祐屬遼楴租欲求瓩亡悗垢詁胸,鯣娠任靴燭發里任△襦
ただし、マズロー版と大きく違うのが、それぞれの価値に上下関係や順序を付けてないこと。

ここではスペースの関係から、項目を挙げるだけに留めていますが、詳しくは本書をご覧ください。


◆さて、ここまでが本書の「第1部」になるのですが、続く第2部(第3章)では、ムーギーさんが「最強の賢人」と呼ばれている方々が登場。

アマゾンにも掲載されていますが、具体的には以下のとおりです。
霊長類学 山極壽一京大総長
宗教学 島薗進東大名誉教授
哲学 中島義道氏
アドラー心理学 『嫌われる勇気』岸見一郎氏
脳科学 中野信子氏
引用内にお名前が出ていることからもお分かりだと思いますが、上記ポイントの3番目が「宗教学」の島薗進さんで、4番目が「脳科学」の中野信子さん。

ここで意外だったのが、どの方のパートについても対談形式でなかったことで、基本的に、すべて上記ポイントのように「聞いた話」として記されています。

ただ、これは無駄な相づち等を省ける反面、どこまでが賢人のお話で、どこまでがムーギーさんの考え等なのかが、少々分かりにくい部分もあった気が(あくまで個人的な見解ですが)。

ちなみに、ムーギーさんも彼らの話を鵜呑みにしているのではなく、場合によっては討論的に考えを表明されていますし、特におなじみのアドラー心理学の岸見先生とは、結構な「見解の相違」がありました(こちらも詳細は本書を)。


◆この第1部と第2部を踏まえた上で、第3部では各自のアイデンティティと自己実現について言及。

アマゾンの内容紹介の最後の方に、このようなマトリックスがあったのですが、覚えてらっしゃいますでしょうか?

上記ポイントの5番目は、このマトリックスにおける右上の「他己実現」についてのお話。

もちろん目指すべきは、左上の「自分の居場所(最強の自己実現)」になります。

……と、以上のように、本書は非常に考えさせられる部分が多く、「これこれをすればOK!」というTIPS的なお話は少なめでした。

そういう意味では、必ずしも当ブログ的にオススメなタイプの本ではないものの、特に第2部の「賢人」の皆さんのお話は、日頃その分野の作品をほとんど読まない(特に宗教や哲学)私にとっては得るところが大きかったと思う次第。


「幸福な生き方」を考える上で、一読の価値がある1冊!

4046019484
「あれ、私なんのために働いてるんだっけ?」 と思ったら読む 最高の生き方
●第1部 幸福の相対性理論~マウンティング・ゴリラたちの悲しき実態~
第1章 脱・エリート・コンプレックス! ――こうなってはいけない、承認欲求だけが行動原理の反面教師たち
第2章 マズローの5段階欲求は、もう古い! ――多様な価値を認めてこそ、行動が変わり、豊かな価値を実現できる

●第2部 最強の教養から学ぶ、人間の行動原理
第3章 最強の賢人たちが明かす、ヒトの幸福と思い込みとは――霊長類学・宗教学・哲学・心理学・脳科学が解き明かす人の行動原理

●第3部 価値ある仕事、意味ある人生を選択しよう
第4章 「自分」を再選択しよう――アイデンティティを再選択すると、行動原理が一気に変わる!
第5章 「他己実現」より「最強の自己実現」――バリュー・ワーカーズとバリュー・カンパニーの時代へ


【関連記事】

【働き方】『最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』ムーギー・キム(2016年08月02日)

【エリートは見た!?】『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』ムーギー・キム(2013年12月22日)

【子育て】『一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』ムーギー・キム,ミセス・パンプキン(2016年03月10日)


【編集後記】

◆昨日の「KADOKAWA 実用 春のベストフェア」の記事で人気だったのは、この辺りでした(順不同)。

B07BRH7KBB
ストレスを操るメンタル強化術

参考記事:【メンタル】『ストレスを操るメンタル強化術』メンタリストDaiGo(2019年01月13日)

B07FD499Z7
改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法

参考記事:【スゴ本!】『東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法』福井一成(2014年04月26日)

B07J9ZGQQW
外資系コンサルはなぜ、あえて「手書きノート」を使うのか?

参考記事:【手書き】『外資系コンサルはなぜ、あえて「手書きノート」を使うのか?』太田あや(2019年01月16日)

B07KQTN4KD
モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術

宜しければ、ご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク