スポンサーリンク

2019年02月06日

【直感?】『直観力』メンタリストDaiGo


直観力
直観力


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、もうすぐ終了する「ビジネス・実用書フェア」における注目作。

おなじみメンタリストDaiGoさんが、「直観力」について掘り下げた作品です。

アマゾンの内容紹介から。
人生は選択と判断、決断の繰り返し。『直観』を鍛えれば、意志決定が速くなり後悔しない人生を送れます。ちょっとコツを掴むだけで、最高の決断ができるテクニックを公開!

なお、このKindle版は「65%OFF」と値引率も高いため、送料を足した中古よりも600円以上お買い得となっています!





Your Intuition / PraveenbenK


【ポイント】

■1.一目惚れという直感も信じてよし
 アメリカで行われたある調査では、出会って一目惚れしたカップルの約半数がそのまま結婚し、さらにそのあとの離婚率も男性が約20%、女性は10%以下と驚くほどに低かったという結果が出ています(約50%というアメリカの離婚率を考えれば驚愕の低さです)。またこれとは別に「一目惚れで結婚した夫婦は幸せになる」という研究報告もあります。
 こうしたことからも、人が第一印象で感じる直観の精度は非常に高いと言えます。
 ちなみに同じ一目惚れでも、男性の場合は女性の「若さ」に、女性の場合は男性の「将来性」に、無意識に反応しがちな傾向があります。(中略)
 うまくいっている夫婦の一目惚れとは、その瞬間の容姿や経済力ではなく、 相手の若さや健康さ、成長率や将来性にお互いの直観が爛咼咼辰鉢疊娠して惹かれ合ったもの、ということができるでしょう。


■2.分析で答えが出る問題は、決断を遅らせる
 コロンビア大学の研究では分析で答えが出る課題に関して直観で答えを思いついた場合、その決断を遅らせる、つまり考える時間を設けたほうがいいとされています。
 分析できる課題でも、分析をする前にパッと見て「あ、こうだな」と直観で感じることはあります。でもそのときはすぐには直観に従わず、決断を少し遅らせましょうということ。
「あ、こうだな」
 が直観だとしたら、
「あ、こうだな。うん、そうだな」
 という感じでOK。「この程度なら直観と同じだろう」だと思うかもしれませんが、この研究ではたった50〜100ミリ秒というわずかな時間、決断を遅らせるだけでその決断の正確さが格段にアップするといいます。


■3.脳に余裕を持たせる
 いうまでもなくToDoリストの最大の利点は「今日やるべきことが明確にわかっている」ということ。リストにある仕事をクリアしていけば、やり忘れも重複も、勘違いの心配もありません。今日はこれを終わらせればいいとわかっているから、「次は何」「あとはどれ」などと余計なことを考えることもない。つまり、それだけ脳に余裕ができるということです。
 そこで、この脳の余裕が、直観を働かせるための重要な条件になります。
 やるべきことを淡々とこなしていく。脳がほかの雑事に惑わされることもない。こうした余裕のある状態のときに、ふと「あのときのアレ、もしかしたらこうじゃないか」とか「そうか、こうすればいいのか」といった直観が働きやすくなるのです。
 やることが整理されて脳に余裕があるから、直観が生まれやすく、生まれた直観に気づきやすくなるわけです。


■4.専門分野とは別の分野にも興味を持つ
 これはアメリカ・ミシガン州立大学が行った調査なのですが、舞台芸術の鑑賞が趣味だったり、自ら舞台で創作活動をしたりしている科学者は、そうでない一般の科学者と比べて、22倍という圧倒的な高確率でノーベル賞を受賞しているのです。
 舞台芸術だけでなく、音楽を趣味にしている科学者は2倍、美術は7倍、工芸は7.5倍、文筆は12倍と、芸術関係の趣味を持っている科学者は総じてノーベル賞の受賞率が高いことがわかっています。
 こうした傾向は科学者や研究者に限らず、発明家や起業家などを対象にした別の調査でも同様の結果が得られているのです。(中略)
 早い話が、1つの分野での能力が伸びると、それとは直接関係のない別の分野の能力も伸びてくるということ。
 ノーベル賞を受賞した科学者たちは、舞台芸術などの趣味に夢中になることで研究の分野でも大きな成果を出しています。


■5.タイプの違う友人を持つ
 いわゆる天才や成功者に共通する法則というのはあまり見つかってはいませんが、数少ない共通点の1つに「自分とはまったく違うタイプの友人がいる」ことが挙げられます。
 天才や成功者の発想や先見の明、直観力は、その人の人間関係のバリエーションが大きく影響しているのです。
 同じ業界で、同じような職種で、自分と似たようなタイプの人とばかり付き合っていると、知らないうちに自分の仕事や行動における脳の判断能力が低下してきます。
 1つの分野で知識や経験を積むことは、直観の源泉となるデータベースを拡充するために欠かせない条件です。
 ただ裏を返すと、限られた分野のなかだけで経験を重ねることで、「この分野はこういうもの」といった先入観や偏見を抱えることにもなりかねません。
 こうした先入観や偏見こそが、直観をニブらせ、誤った方向にミスリードするバイアスなのです。
 逆に分野を問わずにさまざまなタイプの人たちと人間関係が築ける人は、脳の判断能力が向上することもわかっています。


【感想】

◆まず最初に触れておきたいのが、本書で対象とする「直観力」が何かということについて。

冒頭の内容紹介や、表紙に書かれた「2秒で最高の決断ができる」というフレーズからイメージするのは、「意思決定力」や「判断力」としてのスキルだと思います。

つまり、「判断すべき内容や選ぶべき選択肢がある」ケースで発揮されるということ。

そして、本書ではこれを「直観的判断力」と呼び、そういった判断や選択肢のないところでアイデアを引き出す「直観的想像力」とともに、「直観力」として取り扱っています。

ただ、後者については、「長年考え抜いた上でアイデアがひらめく」ことも「直観力」になってしまうので、個人的には少々違和感が。

そこで、上記ポイントでも、前者に関するものを中心に抜き出してみた次第です。


◆さっそく上記ポイントの1番目は、まさに「直観的判断力」とも言える「一目惚れ」について。

一目惚れの方が離婚率が低い、という調査結果があるとは知りませんでした(むしろ逆のイメージが?)。

さらにその理由が「女性の『若さ』」や「男性の『将来性』」にある、というのも、身も蓋もなさすぎますw

……と言うか、「若さ」はすぐわかると思うのですが、「将来性」を見抜けるのだとしたら、「直観力恐るべし」と言わざるを得ず。

一方、上記ポイントの2番目のわずかな時間とはいえ、「判断を遅らせると良い」というのも、類書ではあまり見た記憶がありませんでした。

ただ、その時間があまり長いようだと、もはや「直観」ではなくなってしまいますから、正直な話、もうちょっと研究の詳細を知りたかったのですが(本書は脚注がありません)。


◆以上2つは本書の第1章からであり、続く2章では「直観力がアップする7つの条件」と題して、より直感力を高めるためのTIPSが紹介されています。

上記ポイントの3番目もその中の1つであり、直感を高めるために「脳に余裕を持たせる」ことを推奨。

ただ、これは言われてみたら当然のことで、頭がテンパっていたら、まともな判断は望めないでしょう。

なお、この件に関して、「リスクをとるほど直感はニブる」として、アダム・グラントの統計が紹介されているのですが、
今の会社を辞めて猖楸鉢瓩箸靴撞業した場合と、本業は続けたまま猊業瓩箸靴撞業した場合とでは、後者のほうが倒産リスクは 33%も減る
のだそうです。

「起業=直感力」ではありませんが(熟考も必要なので)、確かに何かしらの判断をするには、「脳の余裕」は持っておきたいところ。

さらに上記ポイントの4番目も、この第2章からのもの。

ただし、こういった趣味を持っているからノーベル賞をもらえたのか、逆にノーベル賞をもらえるくらいの頭脳だから、関係ない趣味を持てたのかは、これだけだと分からないと思いますが、なかなか興味深いな、と。


◆ちなみにその次の第3章では、「直観をニブらせる7つのワナ」と題して、いわゆる「バイアス」について解説がされています。

登場するのは「正常性バイアス」や「後知恵バイアス」といったおなじみのモノ。

そこでこの第3章は飛ばして、続く第4章の「バイアスを回避するための5つの生活習慣」から、上記ポイントの5番目を抜き出してみました。

とはいえ、「直観力」のために友人を選ぶわけにもいきませんから、できるとしたら、周りにそういうタイプがいたら、大事にすること程度でしょうか。

なお、最後の第5章では、実際に実践可能なトレーニングが5つ紹介されていますので、こちらもご参考まで。


「ひらめき」体質になりたい方なら、要チェックです!

直観力
直観力
1章 直観を味方にする3つの原則
2章 直観力がアップする7つの条件
3章 直観をニブらせる7つのワナ
4章 バイアスを回避するための5つの生活習慣
5章 直観を手なずけるトレーニング


【関連記事】

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 マルコム・グラッドウェル (著)(2006年03月01日)

【意思決定】『「洞察力」があらゆる問題を解決する』ゲイリー・クライン(2015年11月09日)

【予測脳】『予測力 「最初の2秒」で優位に立つ!』ケビン・メイニー,ヴィヴェック・ラナディヴェ(2012年03月11日)

【思考術?】『天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法――コロンビア大学ビジネススクール最重要講義』ウィリアム・ダガン(2017年11月25日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

マンガでわかる! 5W1H思考
マンガでわかる! 5W1H思考

アマゾンレビューもなかなか好評な思考術本。

中古自体がほぼ定価並みのお値段ですから、Kindle版が800円強、お得な計算です。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク