スポンサーリンク

2019年02月01日

【自己啓発】『A PERFECT DAY 生きるなら、最高の日を』ボブ・トビン


4799324209
A PERFECT DAY 生きるなら、最高の日を


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログでも過去2冊ほど著作をレビューしている、ボブ・トビン教授の最新作。

久々に、王道的な自己啓発書を満喫いたしました。

アマゾンの内容紹介から。
あなたの人生をうまくいかせるのは、あなたではない。
あなたのまわりの人たちだ。
アメリカでトップコンサルタントとして活躍し、慶應義塾大学で20年以上教えてきた著者が語る、シンプルだけど重要な、人生の極意。

まだ出たばかりゆえ、中古が定価を上回っていますから、「20%OFF」のKindle版がオススメです!





perfect day / Derrick Glenn Mercer


【ポイント】

■1.ネガティブな言葉に一日を台無しにさせない
 否定的な発言は、あなたへの攻撃に思えるかもしれませんが、そうでない場合もあり亥す。否定的な発言によって自分のやり方に従わせる手段として使われる場合です。その人たちの発する言葉は、あなたではなく、その人自身の思考に深く関わっているのです。
 否定的な言葉になんら悪影響を受けることなく、言われたことの大部分を無視した方が良い場合もあります。どの組織にも、常にいじめる相手を探している「いじめっ子」のような人がいるものです。
 そういう相手には、「ありがとうございます」「意見が合わないようですね」「そのご指摘は参考になりません」と言って対応しましょう。簡単過ぎるようですが、とても効果があります。
 仕事でやりたいことがあり、それが実行できるときは、否定的な意図を含む他人の意見に邪魔される必要はありません。
 誰かに批判されて口論を始める人たちを見かけたことがあるでしょう。しかし、あなたの仕事は、あなたがどういう人間かを相手に納得させることではありません。自分の仕事を精一杯やり遂げることです。


■2.自分の素晴らしさを見せるチャンスを逃さない
 数年前、私はジャパン・ライターズ・カンファレンスに発表者として登壇しました。当時の私にとって、本の執筆はまだまだ夢でしかありませんでした。カンファレンス直前は、発表者の中で自分だけが浮いているように思え、とても不安でした。友人にその不安を打ち明けると、「心配は無用」だと言われました。実際に、原稿を読むだけの人がほとんどで、彼の言葉の意味がわかりました。
 私は他の発表者とは違うアプローチをとりました。数週間かけて準備を整え、当日は全身全霊で聴衆に語りかけました。スライドを使い、多数の事例を紹介し、グループワークを盛り込み、参加者に持ち帰り資料も配布しました。最善を尽くし、自分でも満足のいく発表ができたのです。
 発表の後、ある参加者からメールが届きました。その女性は、自分は日本の出版社の社員で、会社の編集主任に私を紹介し、本の執筆の相談をさせてほしい、と書きつづっていました。
 後日、関係者全員で顔を合わせて詳細な話し合いをしたのち、私は本の出版契約を打診されました。


■3.「右へならえ」から脱する
 アイスバケツチャレンジは、2014年7月から8月にかけてソーシャルメディアで急速に広がり、多くの動画が投稿され、多額の寄付を集めました。
 私の友人は、単に氷水をかぶるようなことはしませんでした。一味違うやり方をした彼の動画は、見る者を刺激し、啓発しました。
 動画の中で、彼はALSに関する情報をあらかじめ何十枚もの小さな紙片に書いてそれを頭からかぶったのです。 
 彼は頭からかぶった紙片を拾い上げ、そこに書かれた情報を読み上げて、ALSが何の略であるか、ALSが10万人に2人の割合で発症する病気であること、ALSの患者が筋肉制御機能を失うことなどを伝えました。
 その他多くのチャレンジャー達と同じことをしなかった彼の動画は、記憶に残るものになりました。
 彼は人と違うやり方をして、見る者を刺激し、啓発し、多くの人に影響を与えたのです。


■4.自分の収入について不平を言わない
 ほとんどの人がもっと収入を増やしたいと思っています。ですが、今の収入について不満を言うのは、自分のためになりません。
 特に、あなたの収入に何の影響力も持たない人に不満を言うのはよくありません。
 自分の収入について常に不満を言っていると、他人の目に映る自分の価値を下げてしまいます。
 人はあなたが下した決断に疑問を抱き、なぜ収入を増やす行動を起こさないのだろうかと不思議に思います。
 あなたの所属組織が、高い報酬を払うほどあなたの能力を買っていないように見えるかもしれませんし、あなたは実際よりも弱い人間に見えてしまいます。
 少なくとも当面は今のポジションで働くと決めたのはあなた自身です。
 自分が下した決断に誇りを持ってください。さもなければ、仕事を変えるか、別のことをしてください。
 もっと簡単なのは、不満を言うのをやめることです。
「必要なものはすべてある」と口にするとき、そこにはある種の満足感が込めらています。


■5.謙虚を装った自慢をしない
「この素晴らしいイべントに再び参加できて、とても嬉しく思います。イべントを運営するのは、私がこの組織の長を務めていたときに立ち上げた委員会です。パネリストとスポンサーの写真に写っている私の姿を見つけられますか?」
 この種のコメントは、あなたを二方向へ引っ張ります。一方は称賛、もう一方は自慢です。
「これが称賛といえるだろうか?」とあなたは首をかしげます。
 さらには「自慢を入れずに人をほめられないなんて、一体どういう人なのだろう」と疑問に思うでしょう。
 謙虚を装った自慢は、間違いなく本人の影響力を弱めます。
 あまりにも度が過ぎる発言をしていると、信用を失うことにもなりかねません。
 謙虚を装った自慢をする必要はありません。称賛するときは、純粋に称賛してください。
 謙虚さは美徳です。


【感想】

◆冒頭でも触れたように、本書の内容は、思いっきり自己啓発書における王道的なものでした。

上記ポイント以外の部分も、奇をてらったところは見当たらず、まさに「ザ・自己啓発書」といったところ。

これは著者であるトビン教授の肩書が、「大学教授」であることに起因するのかも。

結局、「自分が教える学生に読まれる」ことを考えたら、おいそれと突拍子もないことは書きにくいと思います。

とはいえ、上記ポイントの3番目にあるように、「人と違うやり方」を推奨はしていらっしゃいますが。


◆そこで今回、上記ポイントを選ぶ際に意識したのが、体験と言うかエピソードと関わっているかどうか。

たとえば上記ポイントの2番目は、教授の著者デビューに関するエピソードなのですが、実はこの出版社というのが、本書を含め著作を3冊とも出しているディスカヴァーさんなんですよね。

10年後、後悔しないための自分の道の選び方
10年後、後悔しないための自分の道の選び方

参考記事:【キャリアデザイン】『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』ボブ・トビン(2016年12月09日)

ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく
ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく

参考記事:【自己啓発】『ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく』ボブ・トビン(2018年07月27日)

……ちなみに、上記2冊のうち下の作品は、現在開催中の「ビジネス・実用書フェア」の対象作品であり、Kindle版が700円弱お買い得と言う。

実際に「チャンスを逃さない」態度のおかげで、このように著者として本を出されているのを見ると、非常に説得力があります。

また、上記ポイントの3番目も、教授のお友達のお話とのことなのですが、残念ながら動画は見つからず。

でも、このように身近な人の例があると、やはり「他の人では書けない」ものになると思います。


◆一方、それほど「王道的」ではないものの、「なるほど」と思ったのが、上記ポイントの4番目。

「収入について不平を言わない」というのは、まぁありがちなのですが、「特に自分の収入に何の影響力も持たない人に不満を言わない」という風に言われた記憶はあまりないような?

これは、外国人ならではの視点というか、日本人なら普通にやっていることである反面、きっと外国人だと、教授の言うことが当たり前過ぎて、誰もしていないのではないか、と思った次第です。

ただし、だからと言って「自分の収入に影響力も持つ人に不満を言え」という話ではありませんのでご注意を(当たり前)。

代りにそういう人に何を言うべきかは、本書にてご確認ください。


◆そして最後のポイントにある「謙虚を装った自慢」という行為は、私は言われるまで考えたことがありませんでした。

多分、今まで何度も接しているのに、気が付かなかった可能性大。

でも確かに、ここで挙げられた事例は「称賛」ではなく「自慢」ですよね。

こういった形での自己主張をしがちな方は、これを機会にご留意を。


良質な自己啓発書として、一読の価値ある1冊!

4799324209
A PERFECT DAY 生きるなら、最高の日を
第1章 最高の一日をはじめる
第2章 ポジティブな心をもつ
第3章 うまくいく状況をつくる
第4章 まわりの人に影響を与える
第5章 さらに幸福な毎日を送る


【関連記事】

【自己啓発】『ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく』ボブ・トビン(2018年07月27日)

【キャリアデザイン】『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』ボブ・トビン(2016年12月09日)

【自己肯定感】『自分に負けない生きかた: みるみる心が強くなるクスリ』デヴィッド・シーベリー(2018年03月29日)

【自己啓発】『習慣を変えれば人生が変わる』マーク・レクラウ(2018年01月08日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」は、3冊とも見逃せないものが!

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)
打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

まず書評家としても名高かった米原万里さんのこの作品は、単行本、文庫本ともに、送料を足す前から中古の方が、Kindle版より高値。

「やる気が出ない」が一瞬で消える方法 (幻冬舎新書)
「やる気が出ない」が一瞬で消える方法 (幻冬舎新書)

大嶋信頼さんのこの作品は当ブログでも人気でしたし、Kindle版の方が400円弱、お得。

参考記事:【快・不快?】『「やる気が出ない」が一瞬で消える方法』大嶋信頼(2018年10月05日)

習慣が10割
習慣が10割

さらに吉井雅之さんのこの本は、中古が定価を超えていますから、Kindle版が800円以上お買い得となっています!

……この3冊、別々の日で良かったのに(涙目)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク