スポンサーリンク

2018年12月13日

【呼吸】『すべての不調は呼吸が原因』本間生夫


すべての不調は呼吸が原因 (幻冬舎新書)
すべての不調は呼吸が原因 (幻冬舎新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本日が最終日となる「幻冬舎新書フェア」からの健康本。

昨夜の前日ランキングで、6位に着けていると知り、あわてて読んでみた次第です。

アマゾンの内容紹介から。
階段を上ると息切れする、ちょっとしたことですぐ咳込んでしまう、肺に十分な空気が入ってこない感じがする…。こうした呼吸の乱れを、年齢のせいと放置してはいけない。呼吸は1日約2万回。その質が悪いと、体を動かす力がなくなるばかりか、免疫力が低下して各臓器の働きが鈍化するなど、すべての不調の原因になるからだ。「浅くて速い」呼吸が不安やイライラを引き起こすなど、感情の動きに影響していることも新たにわかった。本書では「呼吸の力」を鍛えて心身の不調を撃退するメソッドを解説。呼吸が変わるだけで体も変わる!

中古が定価以上のお値段である以上、今日中であればKindle版が400円以上お買い得となります!





Morning Breath of Fire, Sadhana on the Beach / Sierragoddess


【ポイント】

■1.年を取ると「肺の中に残る空気の量」が増えてしまう
 機能的残気量とは、肺活量検査のように特別に力を入れて息を吐くのではなく、安静状態でいつも通りの呼吸をしているときに肺に残っている空気の量のことをいいます。そして、呼吸筋や肺が老朽化して呼吸機能が衰えてくると、この機能的残気量が増えてくるようになるのです。
 機能的残気量が多いということは、普段の呼吸で「肺の中に残っている空気の量」が多いということ。これは同時に、肺の中に常に余分な空気が居座っていて、「外から新たな空気を取り込むスペース」が狭まっているということを示しています。
 そんな状態では、次に息を吸うときに十分な空気を吸えなくなってしまいます。このため、機能的残気量が増えてくると、空気を出し入れする換気効率がてきめんに低下してくるようになるのです。


■2.鼻呼吸のメリットと口呼吸のデメリット
 鼻呼吸のいちばんのメリットは、「保温機能・保湿機能つきの 集塵 フィルター」が備わっているところです。鼻から息を吸っていれば、鼻毛が天然のフィルターの役割を果たし、空気中のほこりや花粉、ゴミなどの異物を取り除いてくれます。
 また、鼻腔からのどへと至る管を通るうちに、空気が適度な温度、適度な湿度に調整されるため、のどや気管にやさしいかたちで空気が送り込まれることになります。
 それに、この保温機能・保湿機能により、低温や乾燥を好む風邪などのウイルスも繁殖しにくくなるでしょう。すなわち、鼻はたいへん優れた「エア・コンディショナー」の役割を果たしてくれているわけですね。
 一方、口呼吸の場合は、こうしたエア・コンディショナーを通さずに、ダイレクトに空気が侵入してくることになります。


■3.深呼吸のし過ぎはよくない
 そもそも呼吸には大きく分けて「意識して行なう呼吸(随意呼吸)」と「無意識に行なわれる呼吸(代謝性呼吸)」とがあります。みなさんは深呼吸をするときに、爐気◆⊃叱撞曚鬚垢襪将瓩醗媼韻鬚靴討ら、スーッ、ハーッと息を出し入れしますよね。こういうふうにいちいち考えて行なう呼吸が随意呼吸。ヨガや腹式呼吸、マインドフルネスの呼吸も随意呼吸だと言っていいでしょう。
 一方、いちいち意識しなくても勝手に行なわれている普段通りの呼吸が代謝性呼吸。この呼吸は脳の脳幹にある呼吸中枢によって制御されていて、「酸素を取り入れてエネルギーを生み出し、二酸化炭素を排出する」というエネルギー代謝を日々自動的に行ない続けています。
 そして、二酸化炭素の調節システムは、この「無意識に行なわれる代謝性呼吸」のときのみに作動して、「意識して行なう随意呼吸」のときには作動しないメカニズムになっているのです。
 ですから、深呼吸のような「意識して行なう呼吸」をずっと続けていると、二酸化炭素の調節システムが作動せず、かえって体内バランスを崩すことになってしまうわけです。


■4.普段の生活で呼吸筋の力を向上させる5つのポイント
 このような普段から使い続けている筋肉は、やはり普段の生活の中で鍛えていくのがベスト。いつもの生活にちょっと工夫をしたり、いつもの生活にちょっと注意を払ったりしつつ、爐修寮験莉慣を日々積み重ねていたら、いつの間にかだいぶ力が鍛えられていた瓩箸いΕ僖拭璽鵑砲覆襪里ベストでしょう。
 では、そういったパターンで呼吸筋の力を向上させていくには、いったい普段の生活でどんなことに気をつけていけばいいのか。いろいろな注意点が考えられますが、その中でも重要なものを絞り込んでいくと、次の5つのポイントにまとめられます。
ゞ擦鯆イ蝓背すじを伸ばして姿勢をよくする
呼吸筋をやわらかくするストレッチを行なう
D垢声を出したり、声を出して歌ったりする
ぢを吐ききるトレーニングをする
ネ酸素運動・持久運動を行なう


■5.胸のストレッチ方法
 まず、足を肩幅に開いて立ち、両手を胸の上部に当てます。口から息をゆっくり吐きましょう。
 次に、背すじを伸ばし、少しあごを上げ、頭をやや後方へ引き上げるようにしながら、ゆっくりと鼻から息を吸ってください。この際、胸に当てた手に力を入れ、上がろうとする胸を下方向へ押し下げるようにしましょう。
 さらに、口からゆっくり息を吐きながら、手の力を抜いて最初の姿勢に戻ります。これを3〜6回繰り返してください。
 このストレッチを習慣にすれば、次第に胸郭を大きく広げて呼吸をすることができるようになります。ただ、息を吸う際に体を後ろへ反り過ぎてしまうと、かえって胸のスペースが狭まり、十分な効果が得られなくなるので注意してください。


【感想】

◆当ブログでは、今まで「呼吸」に関する作品をそれなりにご紹介してまいりましたが、その中でも中身の濃い1冊でした。

まず上記ポイントの1番目は、本書の第1章「呼吸のせいで「老化」していませんか?」から抜き出したもの。

ここで言われているように、加齢によって呼吸の質が下がる、というのは私にとっては初耳のお話でした。

ただ、呼吸筋や肺という、呼吸にとって必須の器官も、年を取ればそれは劣化するのも当たり前のことです。

そしてこのポイントの1番目で言うように、知らぬ間に機能的残気量も増えて、新しく吸える空気の量も減っていってしまうという……。

それを防ぐべく、本書では具体的なトレーニングが紹介されていますので、気になる方はぜひそちらをご覧いただければ、と。


◆続く第2章では、呼吸に関する、私たちの誤った知識を修正!?

以下の問いに〇×で答えてみてください。
・酸素をたくさん吸っても呼吸がラクになるわけではない
・酸素の取り過ぎは体によくない
・活性酸素の害を減らすには、適度な運動をするほうがいい
・二酸化炭素は体にとって欠かせない働きをしている
・口から呼吸をしていると認知症になりやすい
・深呼吸を何回もたて続けに行なうのはよくない
・深呼吸をしても、脳や体により多くの酸素が行き渡るということはない
・腹式呼吸よりも胸式呼吸を鍛えるほうが大事である
……ここでは一応ネタバレ自重しますが、正直私も、いくつかで「え!?」となりましたから、全問正解される方はそれほど多くないのではないか、と思います。

たとえば上記ポイントの3番目も、私が間違えたモノの1つ。

深呼吸なんて、いくらしてもいいことづくめかと思ってましたが、ほどほどにしていただきたく。


◆一方第3章では、上記ポイントの1番目でも触れた呼吸筋の鍛え方について言及。

過去読んできた本では、呼吸の仕方については指導してくれましたが、まさか呼吸する筋肉を鍛える必要があったとは!?

上記ポイントの4番目では、その5つの方法について列挙されていますが、個々の内容に関しては本書にてご確認を。

なお、ここで触れられているのが、呼吸筋を鍛えれば、健康寿命が10年延びる、ということ。

そのためには、意識した時点から少しずつでも、本書を参考にスタートするのが良いと思います。


◆というわけで、第4章では前述の具体的なトレーニングを図入りで解説。

全部で11個あるのですが、上記ポイントの5番目もそのうちの1つになります。

上記ではテキストのみですけど、実際には、1つ1つちゃんとイラストが掲載されていますので、もっと分かりやすいことは間違いなし!

また、その次の第5章では、呼吸と健康に関するQ&Aが収録されていますので、こちらも要チェックで。

たとえば、すぐに息切れするようになったら、呼吸年齢が落ちてきた「警告サイン」だそうですから、心当たりのある方はご留意ください。


お求めになるならセール最終日である今日中に!

すべての不調は呼吸が原因 (幻冬舎新書)
すべての不調は呼吸が原因 (幻冬舎新書)
第1章 呼吸のせいで「老化」していませんか?―衰えるか衰えないかのカギを握るのは「呼吸年齢」だった!
第2章 大切なのは酸素ではなく二酸化炭素だった―いい呼吸と悪い呼吸…あなたはこんなにも誤解している!
第3章 呼吸筋を鍛えれば、寿命は10年延びる!―「息を出し入れする力」を底上げする5つの方法
第4章 このトレーニングで「最高の呼吸」が手に入る!―1日5分!いますぐ実践できる11のメニュー
第5章 呼吸のお悩み解決Q&A―息切れ・鼻づまり・睡眠時無呼吸症候群・COPD・誤嚥性肺炎・咳ぜんそく
第6章 呼吸を変えると、人生も変わる―呼吸が整えば心身が整う。心身が整えば人生も整う


【関連記事】

【呼吸】『できる男のメンタルコンディショニング』船瀬俊介(2017年03月07日)

【呼吸】『呼吸で心を整える』倉橋竜哉(2016年02月23日)

【ライフハック】『呼吸入門 心身を整える日本伝統の知恵』齋藤 孝(2015年03月15日)

【自律神経?】『忙しいビジネスパーソンのための自律神経整え方BOOK』原田 賢(2018年07月20日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00NT5BNWC
NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800
¥199


セールでもおなじみのこの本は、Kindle版が500円弱お得。

B01J779B0G
0秒リーダーシップ
¥699


当ブログでは著作を何冊かご紹介しているピョートルさんのリーダーシップ本は、Kindle版が実質900円弱、お買い得となっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「健康」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
健康このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク