スポンサーリンク

2018年10月20日

【悪人?】『史上最強の人生マニュアル』に学ぶ「悪人の手口」5選


史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法
史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「Kindle6周年記念キャンペーン」第4回目の記事の中で気になっていた1冊。

過去何度かセール対象となったものの、同じフィリップ・マグローの違う本の新訳本だと最近まで勘違いしていたため、読まずにいた作品です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
全米で50万部突破し、大反響を呼んだ衝撃の話題作。周囲にいる、害をもたらす"悪人"を6種類に分類し、彼らが使う15の戦術を明かした上で、どのように対策し、自分と家族を守るか、その上で16の成功戦略を紹介し、過酷な現実社会で豊かな人生を送る方法を解説。「ニューヨーク・タイムズ」紙でランキング1位(実用書部門)を記録、アマゾンレビュー数が1600件を超える、必読の一冊。

そこで今回は、本書に収録された中でも特に興味深かった「悪人の15の手口」の中から、5つを選んでご紹介してみようかと。

ちなみに絶版で中古が定価の倍値以上するため、このKindle版が実質2900円弱、お買い得となります。





Dr. Phil / Super-Nerd


【悪人の手口】

■1.共謀者を見つけて裏切る
 悪人は他人に共感を抱かないが、他人の弱みと噂好きな性分を見抜くのは得意である。だからもし相手が噂好きだとわかれば、そこにつけ込む。(中略)
 彼らはどんなふうにそれをするのか。たわいのない噂話でおびき寄せて、あなたが同じことをするように仕向けるのだ。たとえば、同僚が「上司が妻と駐車場で口論しているのを目撃した」と切り出す。そして、「本当にびっくりしたよ。上司のあんな一面を見たことがないからね。君はどうだい?」と尋ねる。
 彼はこうやって噂話を共有し、あなたを罠にはめる。あなたは彼と同じレベルで上司の噂話をし、「実は、私も駐車場で同じ光景を目撃したのだが、誰にも言いたくなかった」と打ち明けるかもしれない。
 この時点で彼はあなたを丸め込んでいる。あなたは共謀者にされたのである。同調することで一線を越え、彼の餌食になるきっかけをつくったからだ。彼は獲物をくわえて飼い主に差し出すつもりである。今度、彼は上司と話をするとき、あなたが上司の夫婦喧嘩と妻への暴言について陰口をたたいていたと告げ口する。


■2.問題に直面すると、いつも他人のせいにする
 悪人は責任の所在をはっきりさせたがるが、それが自分の責任であることはめったにない。彼らは何かがまずい結果になっても自分の責任を認めないからだ。
 悪人は不利な状況に立たされると、いつも誰かのせいにする。たとえば、飲酒運転で捕まると、「警察は卑怯だ」「誰かの罠にはめられた」「何者かがビールに薬物を混入した」「酒気探知機が間違っている」などと言う。(中略)
 せいぜい悪人は自分の過失をほんの少し認める程度である。責任をとっているような印象を与えるための演技で、問題の本質とは関係のない部分で自分の非を認めて安全策をとっているにすぎない。たいていの場合、体裁を整えるためのパフォーマンスである。この手のごまかしの達人は問題の責任をとるように見せかけて、自分の「公正」な態度についてナルシシズムに浸っている


■3.明白な嘘や微妙な嘘をつき、真実の中に嘘を織り交ぜる
 悪人は3種類の噓をつく名人だ。明白な噓(「私は彼が彼女にキスをするのを見た」と言うのだが、そういう事実はない)、微妙な噓(自分が見たことを省略したり、見ていなかったことを付け足したりする)、半分だけ真実の噓(「私は彼が空港で金髪の女性にキスをするのを見た」と言う場合、その金髪の女性が彼の妹であることを悪人は知っている)である。これらの噓はすべて事実を歪めて相手に伝えている。(中略)
 悪人が噓つきの名人で芸達者なのは、相手が最も反応しそうなことに注意を払って強調するからだ。彼らは立証可能な真実を少し織り交ぜて全体的に信憑性がある話のように見せかける。また、軽度な違反行為をあえて認めて、もっとひどい違反行為から目をそらせようとすることもある。
 隠し事がない人は何も隠さない。それに対し悪人は、噓を並べることによって真実を隠しとおす。真実を知っている人が見たら、その醜態に呆然とするに違いない。


■4.相手の弱みを握って優位に立つ
 悪人はあなたが何に敏感に反応するかを丹念に調べて、もしそれが見つからなければ、あなたに脅しをかけてくる。感情的な「ゆすり、たかり」である。たとえば、「愛してくれなければ、自殺して呪ってやる」とののしったり、子どもを人質にとって、「私を追い出すなら、この子を連れて路上で生活する」とまくし立てたりするのがそうだ(これは若い母親が好むセリフで、家事をせずに親や祖父母にお金をねだったりアルコールやドラッグに依存したりしている場合が多い)。
 これらはすべて相手に罪悪感を抱かせるための悪人の常套手段である。罪悪感にさいなまれると精神的に追い詰められるので、相手がその苦しみから逃れるためならなんでもすることを見越しているのだ。


■5.被害妄想強なので、やられると思う前に先制攻撃する
 私の父がよく言っていたように、私たちは自分が持っているものしか他人の中に見ることができない。だから善人は、悪人の存在になかなか気づかないのだ。それはまた、悪人が「先制攻撃をしなければやられる」と思い込んでしまう理由でもある。悪人は自分が攻撃的だから他人もそうだと考えている。それが理解できれば、悪人が手当たり次第に人々を攻撃し、だまし取り、被害に遭わせるのは当然の帰結だと言える。そうしなければ、自分が被害に遭うと思い込んでいるのだ。それが彼らの性分だからどうしようもない。たとえすべてが円満で、すべての人が幸せでも、彼らはいつも「誰かに利用されるのではないか」とおびえているために一線を越えてしまうのである。彼らは「やられる前にやってやる」という姿勢を貫く。


【感想】

◆本書のメインタイトルは『史上最強の人生マニュアル』というものであり、そこからはとても「悪人」についてページを割いているようには思えません(特にアマゾンの単行本の方では、このメインタイトルのみ表示)。

しかし、サブタイトルには「あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法」とあり、また、帯にも大きく「悪人を遠ざけ、成功を勝ち取る方法を教えよう」と書かれているため、ここで「普通の『成功本』とは違うのだな」と、何となくでも気付くと思います。

実際本書は、その前半部分において「悪人」について言及しており、まず第1章の「人生は真剣勝負だ」では、私たちの「性善説」について「皆がそうではない!」とバッサリ否定し、「悪人」の存在を強調。

何でも、悪人は以下の6種類に分類されるとのこと。
「中傷する者」「虐待する者」「詐欺を働く者」「奪い取る者」「搾取する者」「無謀者」
こうした「悪人」に油断すると、それこそ人生を台無しにされてしまうので要注意!


◆さらに続く第2章の「悪人の8つの特徴」では、文字通り身の回りの「悪人」を見抜くための彼らの特徴を、以下のように挙げています。
1 他人のものを奪う特権があると考えている
2 他人の気持ちを理解しない
3 良心の呵責を感じず、学習能力がない
4 無責任で、他人の幸せを考慮せず、自滅しやすい
5 騒動を巻き起こして快感に浸る
6 他人を出し抜いたことを自慢する
7 いつも短期間で人間関係を終える
8 幻想の中で生きている
それぞれについての詳しい解説は、本書にてご確認を。

ちなみにこの章の冒頭では、著者のマグローの「人生を変えた痛恨の体験」と題して、彼が病院を開業した当初、女性事務員に横領されたエピソードが明かされています。

採用したまさに初日から、1年で数百万ドルもの金額を奪われたのですから、それは「他人を見る目」も変わります罠……。


◆そして第3章の「悪人の15の手口」こそが、上記に列挙した「5つの手口」の元となるもの。

ここに挙げた5つのどれもが、いかにも悪人が駆使しそうな手口です。

特に3番目の「嘘」は、詐欺系なら定番かと。
悪人は良心の呵責に苦しまないので、噓をつくことに関しては名人の域に達している。しかも、いったんついた噓を最後までつきとおす。 彼らは噓をつくとき、自分の言っていることをある程度信じているのかもしれない。
そして、もし嘘がバレたら、今度は2番目の手口で「俺は悪くない」で押し通すという……。

他にも
・誰かを味方につけて自分の立場を正当化する
・都合のいい記憶しか持たず、有利なように過去を改竄する
・表向きは忠誠を誓い、陰で誹謗中傷する
等々、いかにもな手口が詳しく解説されていますので、全15の手口をしっかりお知りになりたい方は、この第3章を熟読してください。


◆さて、実はこの第3章までが第1部の「現実社会の悪人たち 彼らを見抜いて遠ざける方法」であり、「悪人」について掘り下げたコンテンツでした。

一方、第2部は「新しい『人生の鉄則』と現実社会で勝つためのルール」と題された、ある意味「真っ当な成功本」の内容になります。

特に第5章の「16の成功戦略」は、第3章の「悪人の15の手口」の一部と対比をなすもの。

「15の手口」が効果的だったように、この「16の成功戦略」も、実践すればきっと成果が上がるかと。

いくつか挙げておくと、こんな感じです。
・唯一無二の存在と認識してもらえ
・いつも計画性を持って行動しろ
・背伸びをしてでもチャンスをつかまえろ
・システムを熟知し活用する方法を見つけろ
・勝てる戦いだけを選べ
結局「人世というゲームに勝つ」という意味では、「悪人の15の手口」とは表裏一体のようなものですよね。


◆また第6章では「交渉術」を、第7章では「子育て」についても指南。

どちらもハイライトは引いたのですが、特に後者については、悪人から子どもを守る方法等についても言及されており、これは私としても覚えておきたいところです。

普通のコミュニケーション系の子育て本とも、受験系の子育て本とも違いますから、この章はお子さんを持つ方なら要チェックでしょう!

もちろん、独身の方にとっても、そこまでの6つの章で、十分元は取れると思います。

……なるほど、中古が3500円以上するのもまんざらでもないな、と。


お求めになるなら、このセール期間内がオススメです!

史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法
史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法
第1部 現実社会の悪人たち 彼らを見抜いて遠ざける方法
第1章 人生は真剣勝負だ
第2章 悪人の8つの特徴
第3章 悪人の15の手口

第2部 新しい「人生の鉄則」と現実社会で勝つためのルール
第4章 ターゲットにならないと決意する
第5章 16の成功戦略
第6章 交渉術を磨く
第7章 新しい子育ての秘訣
第8章 結論


【関連記事】

【スゴ本】「史上最強の人生戦略マニュアル」フィリップ・マグロー 著・勝間和代 訳(2008年10月01日)

【犯罪】『入門 犯罪心理学』原田隆之(2017年08月03日)

【コミュニケーション】『他人を平気で振り回す迷惑な人たち』片田珠美(2018年05月15日)

【人間関係?】『気が小さくても立場を悪くせずとも職場のアホを撃退できる! 都合のよすぎる方法』イェンツ・ヴァイドナー(2018年09月12日)

【コミュニケーション】『賢く「言い返す」技術: 人に強くなるコミュニケーション』片田珠美(2015年11月05日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)
この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)

中古は底値ですが、Kindle版は「199円」であり、送料以下。

国語ゼミ AI時代を生き抜く集中講義 (NHK出版新書)
国語ゼミ AI時代を生き抜く集中講義 (NHK出版新書)

こちらは今年6月の作品だけにまだそれほど値下がりしておらず、Kindle版が実質的に400円弱お得。

合本 三国志【文春e-Books】
合本 三国志【文春e-Books】

そしてこの合本は1冊辺り約250円で、やはり送料以下でのご提供となっています。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク