スポンサーリンク

2018年10月17日

【はい、論破!?】『論破力』ひろゆき(西村博之)


4022737913
論破力 (朝日新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日ではなく今月初旬の「未読本・気になる本」の記事にて一番人気だった作品。

あの「論客」ひろゆき氏の「論破本」ゆえ、前々から読みたかったのですが、セール記事等を優先していて、出遅れてしまいました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「ああ言えばよかった」と日々モヤモヤしているあなたへ敵を作らず、かつ理路整然と言い返し、他人を思い通りに動かす方法を伝授します。
「論破力」とは、説得力のある話し方のこと。
論理的な話し方の基本や、便利なキラーフレーズなど、ビジネスから日常のイライラにまで役立つスキルが満載!

なお、上記記事の時点ではなかったKindle版は、「25%OFF」と大変お得になっています!





Debate / Security & Defence Agenda


【ポイント】

■1.意見を言わずに事実を言う
 おいらの場合、自分の感情ベースで話すことがほとんどないのですよ。「こういう事実がありますよね」という事実ベースの話をしていることが圧倒的に多い。結局、事実に対抗するのはものすごく難しいということなのですね。
 たとえば、「イヌはサカナ食いますよね」という事実を言ったときに「いや、食わねえよ」という反論を成立させるのは、とてつもなく難しい。だって、イヌはサカナを食いますから。「じゃあ、動画出しましょうか」で〈終了〉になってしまうわけです。
 スポーツでもゲームでも仕事でも何でもそうですが、すごく難しいことをやろうとする人は自分で勝手に失敗しますね。事実を覆そうとするのはそれと同じことでしょう。


■2.ジャッジがいない状況では議論しない
 テレビやネットの討論番組には、必ずそれを見ている人がいて「誰が勝ったか、負けたか」を常に判断しています。じつはビジネスシーンでも同じで、議論の場にはそれを見てジャッジする人がいるわけです。つまり、大事なことは目の前の相手と討論することよりも「見ている人に自分をどうプレゼンするか」だと思うのですよ。
 要は、そういうジャッジをする人たちがどういう基準で判断するのか、その人たちに何を見せるのかということを考えて、何個かある「勝ちパターン」の中から順番に試して、議論というゲームで勝とうとするわけです。
 裏返して言うと、「ジャッジがいない状況では議論しない」が鉄則ということです。


■3.人に謝るときには心から謝る必要はない
 おいらの謝り方は、ひたすら「ごめんなさい、ごめんなさい」「すいません、すいません」と連呼するパターンですね。相手に二の句を継がせないように……。  
 人に謝るときには心から謝る必要はないとも思いますね。そもそも100%自分が悪いと感じて謝っている人なんて、あまりいないのではないでしょうか。
「誰にでも土下座できる」とさっき言いましたが、それができるのは、じつは自分が悪いと思っていないからなのですよ。
 そのときに有効だと思ったカードが「ごめんなさい、すいません」という言葉だから、単純に謝るだけです。
 つまり、相手や状況に応じて、こういう効果を生むというのが明らかにわかっているカードを切るだけであって、その意味では、おいらにとって謝ることも怒ることも笑うことも、あんまり差がない。まあ、簡単に言えば「そんなことは、どうでもいい」と思っているわけです。
 もちろん、「すげえ申し訳ねえ」と思っていたら、ちゃんと謝ります。ただ結局は、自分がどう思っているかよりも、「相手がどう受け取るか」のほうが重要なのですね。


■4.「絶対」は禁句
 裏返して言うと、討論では「絶対」とか「必ず」とか「明らかに」とか、いわゆる強調法が口癖になっているような人は、だいぶ不利だということです。つまり、足をすくわれやすい。自分からハシゴをかけてあまりにも高く登っていくと、ハシゴの下のほうを外すのが簡単になってしまうのですね。
多くの場合、人を殺すのはよくないですよね」という言い方なら、もう反論のしようがない。「まあ、たしかにそうですね」で終了です。けれども「絶対によくない」とか言った瞬間に、自分で弱点をつくってしまうというか、逃げ道をふさいでしまうわけです。
「多くの場合」と「絶対」は似ているようでいて、ぜんぜん言葉の定義が違います。だからおいらは「絶対」のような断定的な言葉はほとんど使わないですね。
 それはビジネスのときも同じで、たとえばウェブ制作の企画会議とかでも、「絶対うまくいきますよ」とは言いません。「けっこうな確率で成功すると思いますよ」みたいな言い方をして、逃げ道を残しておくわけです。


■5.主観の議論には加わらない
 ちなみにおいらの場合、思い入れが強くなるのは「このゲームが面白い」とか「この映画が面白い」といったテーマですが、それは完全に主観の話になるので、そもそも議論が成立しないと思っています。(中略)
 要は、主観には答えがないので本質的には説得が不可能ということ。なので、主観が交じる議論というのは「やるだけ無駄」度が高いわけです。
「私が傷ついた」「これがおいしい」「この曲が好きだ」「これがおしゃれである」とか、誰かの主観の要素が必ず入るものは、絶対に事実になりません。つまり、「そう思わない」という人に有効な反論はないということです。
 そういう類いの議論では、どちらに 与しても負ける可能性があります。なので、議論に参加してもいいことがない。だからおいらは、なるべく主観の議論には加わらないようにしているのですよ。


【感想】

◆この本、新書なのですが、恐ろしいほどの部分をハイライトしてしまいました。

必ずしも「実際に役に立つ」とか「真似したい」というのとは違うのですが、倫理的な部分(?)をスルーしていいなら、極めてロジカル。

方向的にはディベートに近いイメージです(私はディベート未経験ですが)。

それが顕著なのが、上記ポイントの2番目であり、ひろゆき氏は常時「第三者の視点からの評価」を意識している模様。

さすが討論会等で、多くの人々を論破しまくってきたひろゆき氏だけのことはあります。


◆その論破テクのベースとなるのは、上記ポイントの1番目にある「意見を言わずに事実を言う」。

これは実は理系の人にとっては、実は当たり前のことのようです。
理系の論文には、実験の手順や材料、証拠がはっきり書いてあります。「同じ実験を誰がしても同じ結果になりますよ、だから、事実はこうですよ」という書き方ですね。そういう「事実で説得する」、裏返すと「事実でしか説得されない」ことに慣れているのが理系の人なのです。
ゆえにひろゆき氏いわく「事実ベースで話すことを意識するだけで、誰でも論破力を高めることができる」とのこと。

ただ逆に、こういう人ばかり集めて討論会をやっても、テレビ番組としては成立しないのですけどねw


◆また、「文系」(というくくりがいいか分かりませんが)の人がカチンとくるであろうお話が上記ポイントの3番目。

ひたすら謝り続けたり、土下座することを「へとも思わない」ひろゆき氏にとってそれらは、単に「有効だと思ったカード」に過ぎません。

しかもそれ以前に土下座に関して述べた部分では、
単に謝り続けるだけで周りの人に「あんなに謝っているのに、しつこく責める嫌なやつ」という印象を与えることができる
なんて言っています。

……ひろゆき氏恐るべし。


◆さらに、ビジネスでも活かせるのが、上記ポイントの4番目。

「絶対」のような断定口調で言ってしまうと、「あのとき『絶対』と言ったではないか」と責任追及されてしまいます。

そこで「けっこうな確率」といっておけば、あとで失敗したときにも「五分五分の意味で使った」と言える次第(これが「80%うまくいきます」だと、そうはなりません)。

ちなみにひろゆき氏がこうした「逃げ道をつくる習慣」を持つようになったのは、2ちゃんねるの管理人時代に、しばらく裁判所通い(法廷トリプルヘッダーのこともあったそう)をしていたかららしいです。

なんでも、法廷で前言をひるがえすと裁判官の印象が悪くなるため、「じつは何も言ってない言葉」を多用するようになったとのこと。

そりゃ、リアル裁判で毎日のようにしごかれていたら、討論会なんて余裕なんでしょうね。


◆なお、こうした論破テクニックに加えて、本書の第5章では「お悩み相談室」を設けて、読者(?)からの相談に回答しています。

小見出しだけ列挙すると
「本題からはずれて、過去の話で攻撃してきた」
「異常に細かい人に詰められて疲れる」
「相手が怒鳴ってきて反論の隙がない」
「自分のやり方を押しつけてくる人がむかつく」
等々。

さらに最終章では、「論破」に役立つものの考え方や、ひろゆき流の思考術について触れられている本書。

正直、「ナニワ節」が好きな方や、「意気に感じる」タイプの方にはビミョウですけど、逆に「ロジカルシンキング」が好きな方には、気に入っていただけるかと。


他人に言い負かされたくない人なら、必読の1冊です!

4022737913
論破力 (朝日新書)
第1章 議論とはゲームである
第2章 観客の心を揺さぶる論破テクニック
第3章 手ごわい相手に「YES」と言わせる説得術
第4章 厄介な人を転がす技術
第5章「ああ論破したい!!」こんなときどうする?! ひろゆきのお悩み相談室
第6章 議論に強くなる頭の鍛え方


【関連記事】

【オススメ】『そこまで言うか!』勝間和代,堀江貴文,西村博之(2010年09月06日)

【対談】『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』(2009年09月06日)

【ひろゆき節】「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」ひろゆき(西村博之)(2009年05月30日)

【交渉術】『実践・交渉のセオリー ビジネスパーソン必修の13のコミュニケーションテクニック』高杉尚孝(2016年08月23日)

【裏ワザ?】『弁護士に学ぶ!交渉のゴールデンルール』奥山倫行(2013年01月13日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から2冊。

科学哲学への招待 (ちくま学芸文庫)
科学哲学への招待 (ちくま学芸文庫)

「科学哲学の入門書の決定版」は、「66%OFF」で600円以上お得に。

若い読者のための経済学史 【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】
若い読者のための経済学史 【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】

こちらの経済学史も、「54%OFF」で1700円弱、Kindle版がお買い得となっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク