スポンサーリンク

2018年09月17日

【働き方】『仕事2.0 人生100年時代の変身力』佐藤留美


仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)
仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日お知らせした「幻冬舎 電本フェス」の中から個人的にに読みたかった1冊。

キャリア系の作品を数多く書かれている佐藤留美さんが、これからの時代の「働き方」を模索されています。

アマゾンの内容紹介から。
一つの会社で一生を終えることはもはや不可能。究極の個人戦を生き抜く、新しい働き方とは―。過去を捨て、変身し続ける勇気を持て。

中古がそれほど値下がりしていませんから、Kindle版が500円以上お買い得です!





03112013- Individuals with Disabilities Career Fair / US Department of Education


【ポイント】

■1.「人生100年時代」の3つの選択肢
 ただ、グラットン氏の提案を、そのまま日本の40歳前後の世代に適用するのはハードルが高いかもしれません。この世代が新卒で会社に入った1990年代後半、日本の会社は年功序列の色彩がまだ濃く、社員も「昭和型会社人間」が多かっただけに、その影響を少なからず受けているからです。
 これまで会社一筋だった生活パターンを一気に変えるのは難しいですし、職種をいきなり替えるのも、困難を伴います。
 そこで取りうる選択肢は、次の3つが妥当ではないかと考えます。
1.専門性の更新と、領域の拡大、テクノロジーへの対応。
2.生息するコミュニティを広げて、ときには副業に挑む。
3.(家族がいる場合は)夫婦で働いて、収入源を増やす。


■2.副業解禁で起こりうる変化
 では、ビジネスパーソンにとって副業・兼業が当たり前になると、どのような変化が起こるのでしょうか。
 簡単にいえば、労働市場にさらされ、自分の仕事に明確な値段がつくという体験をすることで、自身の市場価値を意識せざるを得ないことになるはずです。市場価値を意識するということは、自分の手持ちのスキルや能力の見通しをすることとほぼ同義です。
 また、副業の現場には本業のような直属の上司がいません。すると、当然犹惻待ち瓩任歪麺僂垢襪呂困發覆、自発的に考え、行動する爛札襯侫好拭璽拭辞瓩箸靴討了饉舛問われていくでしょう。
 加えて、副業やそれを下支えする本業の価値を高めるためには、専門分野にプラスαの要素を加味する、あるいは専門分野を最先端仕様にアップグレードするための、実質的な「学び」も欠かせなくなります。
 それにより、大学など教育機関に通う、あるいは社会人向けの大学院で学ぶといった、体系的な学びの必要性を感じるビジネスパーソンが増えると思われます。


■3.「楽屋芸人」で終わらない
 また、自身の能力開発につながる働き方の1つとして、「様々な舞台に上がること」は有効です。
 基本的に人は観客の「まなざし」に晒されたときにこそ成長するからです。
 ただし、ここで言う舞台とは、厳しい犂儺勠瓩量椶魏陲靴董⇔匹い砲擦莪いにせよダイレクトな爛侫ードバック瓩返ってくる仕事の場面、という意味です。
 本当は誰しも、「あれがこれでそれでさ……」で話が通じるような文脈を共有できる仲間と仕事をし、自分の居場所を保っているほうが、圧倒的に心地良いものです。
 しかし、それでは、いつまでたっても牾擴扱歐有瓮譽戰襪力箸鯆兇┐襪海箸呂任ません(ちなみに私も爐い弔發涼膣岫瓩箸い襪里居心地が良く、セミナー登壇などすると緊張のあまり日頃の持ち味が出ず、よく牾擴扱歐有瓩蕃葫蕕気譴討い泙后法
 だからこそ、厳しい評論家や芸にうるさ型の観客が見る舞台に思い切って上がってみるのです。


■4.副業で心身を病まない5つの方法
(1)本業と関連性がある副業を選ぶ

(2)副業を思い切り趣味の世界に落とし込む

(3)スケジュールを詰め込みすぎず、余白を残す

(4)副業していることを周囲に徹底的に隠す

(5)自らのキャラを「奇人枠」に入れてしまう

(詳細は本書を)


■5.読書で他者の経験を「追体験」する
 副業や転職により、新たな「伸びる分野の仕事」を経験することも1つの手ですが、身近なところでは本を読むことも重要な学びになります。
「タフ・アサインメント」から得る経験学習の効果はもっともパワフルですが、新しい仕事は誰も経験したことがないことを試行錯誤しながらやるだけに、失敗も多く、ともすれば脱落する人もいるのが現実です。
 一方、「本を読む」ことはリスクも少なく、極めて効率的な学びの1つです。ただし、本の狷匹瀛の工夫をすること瓩、一歩先を行く大人の読書術です。その1つが、読書は「他人の経験を買う」行為と自覚することです。
 つまり、本を読むという行為を通して、他者の経験を「追体験」することが、読書を学びにする秘訣なのです。
 そして、そこから得られた経験を、すぐに自分の思考や仕事に反映させる。この一連の流れにより、「タフ・アサインメント」と同様に、「○○とは、こういうことか」といった成功パターンを犹論化瓩垢襪海箸できます。


【感想】

◆本書を含む、幻冬舎のシリーズである「NewsPicks Book」は、ご存知NewsPicksの読者を対象に出版されているもの。

幻冬舎が「NewsPicks」と書籍レーベル「NewsPicks Book」を創刊! 書籍とイベントとWEBコンテンツを「NewsPicksアカデミア」会員向けに提供する協業プロジェクトが始動!|株式会社 幻冬舎のプレスリリース

私は知らなかったんですが、月5000円の「NewsPicksアカデミア」に入会すると、毎月1冊「NewsPicks Book」の新刊が送られてくるんですね。

となると当然、この「NewsPicksアカデミア」会員の方が、「何でこんな本送ってくるんだ?」とならないようなテーマになるでしょうし、なるほど、当ブログでもセールを含めて「NewsPicks Book」の作品が多いことも納得です。

Amazon.co.jp: NewsPicks Book : Kindleストア

しかも本書の著者である佐藤留美さんは、NewsPicksの副編集長とのことですから、恐らくキチンとマーケティングした上で、NewsPicks読者が求めるものを出されているのでしょう。


◆というわけで、本書のテーマは「これからの働き方」。

実は同じ幻冬舎から、NewsPicks編集長である佐々木紀彦さんが、「NewsPicks Book」創刊前にこのような本を出されていまして。

日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)
日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)

参考記事:【大変革?】『日本3.0 2020年の人生戦略』佐々木紀彦(2017年02月14日)

こちらの続編的な位置づけと言ってよいと思います(数字は「3.0」から「2.0」に逆戻りしていますがw)。

ただ本書は、この本が出てから今までの間の社会的な流れや、制度の変化(「高度プロフェッショナル制度」等)も踏まえた仕様。

特に、サブタイトルにもある「人生100年時代」を強く意識したものとなっており、この本からの引用も多いです。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

……すいませんが私は未読なので、どこまで掘り下げているのか、少々分からず。


◆さて、各種の制度はさておき、私たち自身が取り組めるものの1つが「副業」です。

お金以外にも、上記ポイントの2番目にもあるように、スキルアップを通じて、自らの価値を高めることも可能という。

ただし、副業する上で気を付けておきたいのが上記ポイントの4番目にある心身のケアです。

確かに勤務時間以外であっても副業されてしまうと、健康管理の側面からの「労働時間を削減」のしようがありません。

……実際私も、このブログさえやめたら、1日の睡眠時間が2時間以上増えることは間違いないわけで。

また4番目の「副業していることを周囲に徹底的に隠す」というのは、いかにも日本らしいかな、と。


◆一方、本書の最終章では「社会人の学び」についてフォーカスしています。

もちろん、実務を積むことが一番成長できる方法ではありますが、上記ポイントの5番目にあるように「読書」も侮れません。

いずれにせよ、環境を変える前に、まず「置かれた場所で咲く」ことを考えて、自分を変えるべきであることは間違いないところ。

本書はその手助けとなりますし、ご自身の先行きが不安な方にとっては、得るものがあると思います。

ただし、参考文献が掲載されていないのは、少々いただけませんでしたが……。


「人生100年時代」を生き抜くために読むべし!

仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)
仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)
第1章 現状維持では老後崩壊、今そこにある危機
第2章 日本型雇用の“終わり”が始まる
第3章 本当は怖い「働き方改革」の話
第4章 100年人生を生き抜く働き方
第5章 人生100年時代の「大人の学び」


【関連記事】

【大変革?】『日本3.0 2020年の人生戦略』佐々木紀彦(2017年02月14日)

【オススメ!】『ポスト平成のキャリア戦略』塩野誠,佐々木紀彦(2018年02月14日)

【少子高齢化】『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司(2017年06月27日)

【幸福とは?】『実践・脳を活かす幸福学 無意識の力を伸ばす8つの講義』前野隆司(2018年06月25日)

【GRIT?】『性格スキル――人生を決める5つの能力』鶴光太郎(2018年06月06日)


【編集後記】

◆昨日の幻冬舎さんのセール記事で人気だったのはこの辺でした(順不同)。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう (幻冬舎単行本)
50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう (幻冬舎単行本)

捨てる。 引き算する勇気 (幻冬舎単行本)
捨てる。 引き算する勇気 (幻冬舎単行本)

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book)
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book)

いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)
いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)

参考記事:【お金?】『いま君に伝えたいお金の話』村上世彰(2018年09月09日)

よろしければご参考まで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク