スポンサーリンク

2018年09月07日

【成功本ガイド】『人生を勝ち抜く! 「成功本50冊」超読書術』水野俊哉


4814920164
人生を勝ち抜く! 「成功本50冊」超読書術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「トリセツ」シリーズやビジネス書ガイドでおなじみである水野俊哉さんの、久々の新作。

何と10年前に出された『成功本50冊「勝ち抜け」案内』ほか3冊を再編集(+α)したものとなります。

アマゾンの内容紹介から。
この本はひとことで言うと、「成功本を読んでいるのに、なぜみんな貧乏なのか?」というテーゼについての筆者(水野)のアンサーである。ざっくり言って、1冊の本に書かれている真実の量は1%、つまり200ページの本であれば2ページだけが真実と割り切ってしまって間違いはない。したがってこの本では、厳選した50冊の「成功本」の内容を1%で要約し、「本書から得るべき真実」を抽出した。

なお、Kindle版だと「25%OFF」と激安なのが、ポイント高いです!





Success / aloshbennett


【ポイント】

■1.人を動かす 新装版

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
 本書の内容は、「人を動かす三原則」に始まり、「人に好かれる六原則」、「人を説得する十二原則」、「人を変える九原則」に加え、ご現切にも付録として「幸福な家庭をつくる七原則」も掲載されているので、成功を目指す人やビジネスマン以外、たとえば主婦の方にも十分、役に立つこと間違いなしである。


■2.夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ文庫版
夢をかなえるゾウ文庫版
 本書は毎日1つ、"僕"がガネーシャから出される課題をクリアしていく構成になっている。この課題は先に述べたようにみんなが知っていることばかりで、特別なものは何1つない。
 だが、一見何でもないような課題を、"なぜ実行できないのか"という点を、本書はしつこく書いている。そして、ガネーシャはこの課題が"なぜ重要なのか"をしつこく僕に説教する(関西弁で)。これこそが本書の最大のポイントなのである。


■3.仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね?
 会社になにか不満がある人、自分の将来に漠然と不安を感じている人。転職を考えている人や独立志望者など、一歩踏み出す前にいろいろと考えてしまう人がいる。「俺は起業をする」といってなん年も起業しない人もいるだろう。そう言う人は、成功するにはどうすればいいのかということを分析し過ぎていると言えないだろうか。そんなときに背中を優しく押してくれるような1冊だ。やるかやらないか迷っている暇があったら、ひとまず、なにかやってみてから考えればいいのではないだろうか。


■4.禁断の説得術 応酬話法

禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック (祥伝社新書)
禁断の説得術 応酬話法――「ノー」と言わせないテクニック (祥伝社新書)
 相手の目線で考えるためには、実際の応酬話法が行われている現場で学ぶことが手っ取り早い。本書では実際に村西氏が応酬話法で相手を説得した具体的なエピソードがこれでもかというぐらい盛り込まれている。これ以上の応酬話法の教材はないと考えられる。本書を繰り返し読むことで、知らず知らずのうちに相手を説得するスキルが磨かれ、どんな相手でも説得ができる自信が付いてくるはずである。


■5.自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法
「なぜ、あの上司は私のやる気をなくすのか?」「なぜ使えない部下ばかりなのか?」「なぜ、妻は私に思いやりがないのか?」「なぜ、息子は私を裏切るような行動ばかりをするのか?」――その原因が実はあなたの側にある、と言われたらどう思うだろうか?
 本書は、このような職場や家庭の人間関係の回復に劇的な効果を与える1冊である。またD・カーネギーの『人を動かす』(創元社)と本書とを比較すると、作品全体のスケールでは『人を動かす』の圧勝だが、「今日からでも役に立つ」という即効性の部分では本書に軍配を上げたいと思う。


■6.お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
 本書は、お金持ちになるための超実用的な知識がふんだんに盛り込まれている。特に資産運用に関して、本書PART1「2.資産運用についてのよくある誤解」では、冷静な分析が行われている。時間のない読者なら、この部分だけをよく読むだけで「投資」に関する本を数十冊分くらい読む時間が節約されるだろう。


■7.天才! 成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則
天才! 成功する人々の法則
たとえば、ビル・ゲイツと同じぐらい才能を持った人が他にいなかったから、彼は成功したのか? もしくはゲイツが成功するためのなにか特殊な要因があつたのではないか? 著者は後者にこそ、天才が作られる要因があると考えた。俗に「天才」「成功者」と呼ばれる人たちに共通する要素を「1万時間の法則」「マタイ効果」「生まれた場所やタイミング」など独自の視点から考察しているのである。
参考記事:【勝間さん激賞!】「天才!成功する人々の法則」がいよいよ発売へ!(2009年05月13日)


【感想】

◆冒頭で触れたように、本書は水野さんの過去の著作4冊を再編集したもの、とのこと。

具体的には以下の4冊になります。

4334934293
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

参考記事:【成功本!】『成功本50冊「勝ち抜け」案内』水野俊哉(2008年02月05日)

4334934463
成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (光文社ペーパーバックスBusiness)

参考記事:【Amazonキャンペーン有】『成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 』水野俊哉(2008年08月25日)

4796699600
2分でわかる! ビジネス名著100冊のエッセンス

参考記事:【発売記念キャンペーン有】『2分でわかる! ビジネス名著100冊のエッセンス』水野俊哉(2013年03月27日)

4864722463
明日使える世界のビジネス書をあらすじで読む

参考記事:【名著満載!】『明日使える世界のビジネス書をあらすじで読む』から選んだ12冊(2014年04月24日)

……って、私、全部読んでましたw

ただ、今回の50冊の中には、4冊目の『禁断の説得術 応酬話法』のように、上記の4冊よりも後の作品が何冊か含まれています。

そういう意味では、単純な再編集本というよりも、「再編集+書き下ろし」本と考えた方が良さげかと。


◆さて、本書の「Part1 成功本を読んで本当に成功した人物の物語」は、水野さんご自身のお話なので、ご存知の方は飛ばしても大丈夫。

本書のメインコンテンツは、ボリューム的に言っても「Part2 「成功本」50冊超読書術」になると思います。

ここの形式は、基本的には上記の『成功本50冊「勝ち抜け」案内』とその続編の『成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 』にあったものとほぼ同じ。

簡単に解説しておくと、まずは各作品ごとに、「わかりやすさ」「実行可能度」等の5項目による、「5段階書評データ」が公開されています。

そしてその見開きページには、簡単な要約である「本書をかいつまんで言うと」を配置。

ページを開くと、その本の「キモ」とも言える「本書から得られる勝ち抜けキーワード!」があって、それに続いて最後に「ここを読み間違えてはいけない」という注書きが続くというフォーマットです。

この作りは、未読の方にとっては短時間に濃いエッセンスを得ることができて、非常に秀逸。

さすがあの小飼 弾さんが、『成功本50冊「勝ち抜け」案内』のエントリーで「本blogもうかうかしていられない」と唸っただけのことはあります。


◆一方、「Part3 本はこう読みなさい!成功法則ベスト10は、大量に成功本を読み漁った水野さんが、その中から成功法則をベスト10形式で解説したもの。

さすがに集計を取ってまでカウントしてませんから、あくまで感覚値なんでしょうけど、伊達に成功本を読んで実践されてませんから、説得力は大きいです!

ちなみにいくつか抜き出してみると、

 〇第10位「とにかく成功本を読む」

 〇第8位「金に興味を持つ!」

 〇第6位「人生の意義を考える」

……といったところが(残りは本書にて)。

さらに巻末には、水野さんの本のファンならおなじみである「目標別成功本マトリックス図」や、「記入式『あなたの未来日記』」も収録しており、1粒ならず1冊で、何度も美味しい仕様になっています。


◆しいて残念だった点を挙げると、数式や英文もないのに、横書きなことでしょうか。

これはおそらく、上記の『成功本50冊「勝ち抜け」案内』と『成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 』が、今は亡き「光文社ペーパーバックス」という「全作品横書き」という謎のシリーズから出されていて、その原稿を使用したからではないか、と。

光文社ペーパーバックスとは?

もちろん私のように、元ネタ4冊とも持っている人も、ネタが大量にかぶっているわけですから、無理に読む必要もないかもしれません。

とはいえ私も、その4冊がどのダンボールにあるか分かりませんし、今般本書を読むことによって、改めてそれぞれの名著の教えを学びなおした次第。


成功本好きならば、一読の価値ある1冊です!

4814920164
人生を勝ち抜く! 「成功本50冊」超読書術
Part1 成功本を読んで本当に成功した人物の物語

Part2 「成功本」50冊超読書術
成功マニュアルことはじめ―成功するために読んでおきたい!マストバイ成功本9冊
自己啓発本の深淵―突破していくためのエモーションを高める9冊
経営者はかく語りき―成功者からこれを教わりたかった!必読の8冊
投資から見えてくるお金の仕組み―投資のハウツーをイチから学べる厳選9冊
起業前に知っておきたい成功レシピ―この時代に起業する人に贈るテッパンの8冊
寄り道さえも成功に通ずる―たとえそれが雑学であっても、最善の結果を得る知恵となる7冊

Part3 本はこう読みなさい!成功法則ベスト10


【関連記事】

【名著満載!】『明日使える世界のビジネス書をあらすじで読む』から選んだ12冊(2014年04月24日)

【発売記念キャンペーン有】『2分でわかる! ビジネス名著100冊のエッセンス』水野俊哉(2013年03月27日)

【Amazonキャンペーン有】『成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 』水野俊哉(2008年08月25日)

【成功本!】『成功本50冊「勝ち抜け」案内』水野俊哉(2008年02月05日)

【キャンペーン有】「誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)」水野俊哉(2009年12月25日)

【アマゾンキャンペーン有】『幸福の商社、不幸のデパート』水野俊哉(2011年10月27日)


【編集後記】

◆今日からスタートするKindleセールから。



Amazon.co.jp: 【50%OFF】幻冬舎コミックスの日 (9/9まで): Kindleストア

基本的にはコミックセールなので、当ブログで記事は書けないと思いますが、中にはこんなコミックエッセイもあるので侮れませぬ!

あたりまえのぜひたく。 (一般書籍)
あたりまえのぜひたく。 (一般書籍)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク