スポンサーリンク

2018年08月18日

<終了済み>【最大50%OFF】「文系も楽しめる『サイエンス』セール」始まりました!





【はじめに】

◆今日は週末ということで、久しぶりにKindleセールのご紹介を。

現在amazonでは、早川書房さんのKindle本を対象としたセールを開催中です。

Amazon.co.jp: 【最大50%OFF】文系も楽しめる「サイエンス」(8/30まで): Kindleストア

早川書房さんはあまりセールを行わない版元だけに、これは見逃せませぬ。

特に「最大50%OFF」と銘打ちながら、なぜか何冊かある「80%OFF」超の激安本は、かつてないほどのお買い得ぶりです。

なお、セール期限は上記リンクにもあるように「8月30日(木)」まで

まだ余裕がありますが、気になる本は忘れずにお求めください!

注:このセールは終了しました。





Lisetta reads the kindle on the plane / simone.brunozzi


【早川書房「文系も楽しめる『サイエンス』セール」より】

◆上記リンクは「おすすめ順」ですが、こちらでは「出版年月が新しい順番」で並べております。

B07CLZQS7L
知ってるつもり 無知の科学 (早川書房)
水洗トイレや自転車の仕組みを説明できると思いこむ、政治に対して極端な意見を持っている人ほど政策の中身を理解していない……私たちがこうした「知識の錯覚」に陥りがちな理由と解決策を認知科学者コンビが語る。ハラリ、サンスティーン、ピンカーが激賞。

◆下記HONZさんの「訳者あとがき」を読んで、興味津々だった1冊。

中古もまだそれほど値下がりしていませんから、送料を考えるとKindle版が1500円以上お買い得です。

参考記事:『知ってるつもり 無知の科学』 - HONZ


B079P3R7FG
遺伝子―親密なる人類史(上) (早川書房)

B079P5ML6P
遺伝子―親密なる人類史(下) (早川書房)
「科学史上、最も強力かつ危険な概念のひとつ」――ピュリッツァー賞を受けた医師が描く「遺伝子科学」の全貌とは? メンデルのエンドウマメは、いかにダーウィンに出会い、優生学の暗黒の歴史をへてゲノム編集へと発展したのか? 我々の未来を占う必読書。

◆上下巻ともに400ページ超という大作だけに、当ブログではちょっとレビューできないのですが、お好きな方なら要チェック!

どちらも中古がまだ高いため、Kindle版が実質、800円弱お得な計算です。


B07797VGQQ
ドビュッシーはワインを美味にするか? 音楽の心理学 (早川書房)
ドビュッシーの名曲「月の光」がワインショップで流れていると、試飲のワインはより甘美に。さらに購入額は、ポップスが流れているときの3倍以上に!?さりげないBGMが、実はあなたの買い物を決めている―。人間の心理にかくも大きな影響を及ぼす、音楽という魔法。その効能を、英国の物理学者にして音楽家が科学とユーモアで語り尽くす。性格と曲の好みの関係は?モーツァルトを聴くと頭がよくなる?映画音楽が観客に与える効果とは?そして…人はなぜ音楽を愛するのか?ミュージシャンからリスナーまで、読めばあなたの音楽人生がもっと豊かになること間違いなし。名著『響きの科学』の著者が巧みに奏でる、「音」と「心」のアンサンブル。

◆上記の内容紹介でも十分面白そうですが、この方のレビューを読むと、さらに読みたくなりそうなヨカン!?

送料を加算した中古よりは、Kindle版が500円弱、お求めやすくなっています。


B076Q85NDR
神は数学者か?──数学の不可思議な歴史 (ハヤカワ文庫NF)
人間の純粋な思考の産物であるはずの数学。その数学がなぜ、宇宙構造や自然現象、遺伝の法則、株価の挙動など、現実の世界を説明するのにこれほどまでに役に立つのか?創造主は数学をもとにこの世界を創ったのか?ピタゴラスの定理から非ユークリッド幾何学、結び目理論まで数学の発展の歴史を追いながら、アインシュタインをも悩ませた「数学の不条理な有効性」の謎に迫るポピュラー・サイエンス。

◆数学をテーマにした本ですが、レビューを読むと数式がほとんど出てこないそうなので、私のような超文系の人間でも大丈夫(謎)!

中古は定価を上回っていますから、このKindle版が500円弱、お得です。


B075GPK6P8
あなたの脳のはなし 神経科学者が解き明かす意識の謎 (早川書房)
脳ほど私たちの関心を引きながら誤解されているものもない。衝撃の前作『あなたの知らない脳』で「意識は傍観者にすぎない」と看破した著者が、自ら関わった数奇な症例・実験を豊富な図版で紹介、あなたの脳への固定観念を次々と覆す待望の最新脳神経科学入門。

◆あるレビューによると、同じ著者の『あなたの知らない脳──意識は傍観者である』と、ほとんどのエピソードが重複しているそうなので、そちらをお持ちの方はご留意を。

値引き率が控えめなのですが、送料を足した中古よりは、ギリギリでKindle版がお買い得な1冊です。


B073CNQ8P4
ホーキング、ブラックホールを語る BBCリース講義 (早川書房)
重力波検出に伴って初めて「発見」されて注目の天体、ブラックホール。その謎のエッセンスをホーキング博士が一般向け30分のレクチャーに圧縮した、垂涎のBBCリース講義を完全書籍化。パラドックスの理解を助けるイラスト満載で贈るコンパクトな科学解説。

◆「30分のラジオ番組の一般向け講義」の書籍化ということで、内容的には軽めな模様(私に理解できるかは不明w)。

中古がそこそこ高いため、送料を加味するとKindle版が500円弱、お得な計算です。


B0727N8W7R
情報と秩序 原子から経済学までを動かす根本原理を求めて (早川書房)
混迷の時代、「経済成長とはいったい何なのか?」とあらためて問われることが少なくない。MITメディアラボで先端科学の幅広い試みに従事するヒダルゴは、「経済成長とはそもそも情報成長のひとつの表われにほかならない」という一歩高い立場から、経済現象の本質的な解説をしてのける。経済成長の著しい場所は、ほうっておけば混沌が支配するはずの物理世界で情報が結集し、秩序が形成されるポイント―著者の提唱する「想像の結晶化」作用が起こる場所だ。複雑系科学やネットワーク理論を駆使して開発した「経済複雑性指標」で注目を浴び、WIRED誌上で「世界を変える50人」に数えられた若き旗手が熱く説き語る、ハイエク図書賞最終候補の先端経済/科学解説。

◆こちらもどこぞで見かけた記憶が……と思ったら、下記のHONZさんでした。

送料を合わせた中古よりは、Kindle版が600円弱、お求めやすくなっています。

参考記事:『情報と秩序 原子から経済までを動かす根本原理を求めて』 - HONZ


B01MQNRVD9
腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 (早川書房)
テレビ・ネットで話題の「腸内細菌」入門書! 人の腸内にすみ、食べ物を栄養に分解する100兆個の細菌。この細菌のもうひとつの働きが注目されている。アレルギーや肥満、自閉症などを抑える働きが明らかになってきたのだ。だが、その細菌は現代の食事・生活習慣の変化により弱ってきているという。腸内細菌を復活させ、健康な人生を過ごすにはどうすればいいのか。そもそも人はいつからどのように細菌と共生し、老いていくのか。微生物学・免疫学の研究者夫妻が、最新研究の成果をわかりやすく解説し、すぐに実践できる生活改善策をアドバイス。

◆今までセール関係で、「腸」をテーマにした作品は何冊かご紹介してきましたが、その中でも本書はかなりエビデンスベースな感じ(翻訳本だけに)。

中古がそれほど値下がりしていないのに、なぜか「81%OFF」の「389円」という超激安設定ですから、Kindle版が1300円超お買い得です。


B01LXNMHE5
進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来 (早川書房)
入念な計画が成功の鍵だと私たちは直感的に考えるが、それは間違っている。ロシア革命、世界大恐慌、ナチス政権、第二次世界大戦、2008年の金融危機――比較的少数の人による、トップダウンの意思決定の結果なされたことはことごとく失敗した。一方、世界の所得増加、感染症消滅、食料供給、河川と大気の浄化、富裕な国々の大半における再植林、インターネットといった、大きな変化を起こす意図のない無数の人によってもたらされた「ボトムアップ」な、偶然で予想外の現象はあまりに多い。それらの広範な現象に共通する原理が「進化」だ。生物界に限らず、宇宙のなりたちから人間の生み出した文化・経済・制度・イノベーションにいたるまで、あらゆる物事の原動力である進化原理の強力さを説き語る、名著『繁栄』と対を成すリドレー待望の最新作。

◆本書もHONZさんの「訳者あとがき」がありますから、そちらをご覧ください。

中古は値下がりしていますが、こちらも「82%OFF」の「529円」という激安状態ゆえ、Kindle版が実質700円弱お得となります。


B01B2MWRYG
ダーウィンの覗き穴――性的器官はいかに進化したか (早川書房)
進化論のダーウィンは、世界で一番長い交尾器をもったフジツボの発見者としても著名です。じつは生物学者は古くから、生き物の「秘部」が隠し持つ驚きに圧倒され続けてきました。たとえば…ペニスにバイブレーターを備えたガガンボがいる。クモの雌はイケてる雄とそうでない雄の精子を使い分ける。自分の体長の倍以上の長いペニスを巻尺のようにまるめて収納する甲虫がいる…。性というテーマは進化論上でも論争の激しい分野。この多様性の王国を生物学者のガイドと、驚くべき多数の図版でお楽しみください。

◆内容紹介に「驚くべき多数の図版」とあるものの、テキスト読み上げ機能が「有効」になっているので、固定レイアウトではない模様。

中古は値崩れ気味ですが、送料を考えるとKindle版に軍配が上がります。


B01777HPG0
だれもわかってくれない あなたはなぜ誤解されるのか (早川書房)
そんなつもりで言ったわけじゃないのに、勝手にそうだと決めつけられる。自分では笑顔でいるつもりでも、だれも話しかけてくれない。後日、人に言われて初めて気づく。どうやら怒っていると思われていた……。こういった「誤解」は、オフィスでも、学校でも、家庭でも、老若男女関係なく、つねに起こる問題だ。ところが近年、その仕組みは科学的にかなり解明され、予測することが可能になっていている。モチベーションと目標達成分野の第一人者で、コロンビア大学ビジネススクールで教鞭をとる社会心理学者の著者が、誤解の原因とその解消法について教える実践の書。

◆当ブログでは以前、下記の『やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~』をご紹介している、イディ・グラント・ハルバーソンの作品。

こちらも値引き率は抑え目なれど、中古がそこそこ高いため、ギリギリでKindle版がお得な計算です。

参考記事:【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)


B015SSE0XG
人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病 (早川書房)

B015SSE15I
人体六〇〇万年史 下──科学が明かす進化・健康・疾病 (早川書房)
非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか……。人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

◆こちらもHONZさんに、紹介エントリーがありましたので、ご参考まで(他力本願)。

どちらも「81%OFF」の「448円」というワンコイン以下のお値段ですから、2冊一緒にどうぞ。

参考記事:『人体600万年史 科学が明かす進化・健康・疾病』 - HONZ


B014F70PU8
幸せな選択、不幸な選択──行動科学で最高の人生をデザインする (早川書房)
ダニエル・カーネマンの序文を特別収録 賢く、合理的に日々の満足度を高める戦略とは? 「最先端の研究にもとづいた意義深い傑作」 ――ナシーム・ニコラス・タレブ(『ブラック・スワン』) 不幸な選択、してませんか? 影響されやすくて矛盾だらけ、先延ばししがちで注意力が散漫。そんな人間の特性をうまく活かせば、人生の幸せを「デザイン」できる! ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授が、人間の本能のままに生きつつも、合理的で賢い選択によって人生の満足度を高める方法を徹底的に考える。

◆早川書房さんといえば、アリエリー本ほか、行動経済学系の作品もかなり出されていますから、当然本書も期待できるかと。

中古とKindle価格が近いため、送料分弱、Kindle版がお求めやすくなっています。


B0154MVWAU
「無限」に魅入られた天才数学者たち (ハヤカワ文庫NF)
数学に無限は付きもののように思えるが、では無限は数なのか?数だと言うならどのくらい大きい?実は無限を実在の「モノ」として扱ったのは19世紀の数学者、ゲオルク・カントールが初めてだった。カントールはそのために異端のレッテルを張られて苦しみ、無限に関する超難問を考え詰めたあげく精神を病んでしまう……常識が通用しない無限のミステリアスな性質と、それに果敢に挑んだ数学者群像を描く傑作科学解説。

◆5つ付いたレビューがすべて星5つという評価の高い作品。

単行本の中古も300円以上しますから、送料を考慮するとこのKindle版が一番お買い得となります。


B010COOF3G
ホワット・イフ?――野球のボールを光速で投げたらどうなるか (早川書房)
人類総がかりでレーザーポインタで照らしたら月の色は変わるか? お茶をかき回して沸騰させられる? 元NASAの研究者による人気のマンガ科学解説サイトを書籍化した、NYタイムズベストセラーリスト第1位、全米ロング&ベストセラーがついに翻訳刊行!

◆この本、かつて下記のHONZさんのエントリーが、ブクマ280超でホッテントリ入りしたので、ご存知の方も多いかと思われ。

ただし中古が値崩れしているため、Kindle版で読みたい方だけに。

参考記事:『ホワット・イフ? 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』(1/3) - HONZ


B00YGIKK2A
マシュマロ・テスト 成功する子、しない子 (早川書房)
『マシュマロをすぐ1個もらう?それとも我慢して、あとで2個もらう?』これは、行動科学で最も有名なテストのひとつマシュマロ・テストである。このテストの考案者である本書の著者ウォルター・ミシェルは、マシュマロを食べるのをがまんできた子・できなかった子のその後を半世紀にわたって追跡調査し、自制心と「成功」との関連を調べた。人生で成功する子は、初めから決まっているのか?それとも、そうではないのか?長年の追跡調査でわかってきた、人間の振る舞いの不思議を、マシュマロ・テストの生みの親自身が綴る待望の一冊。

◆数多くの書籍でも紹介されている「マシュマロ・テスト」に関して、その実験者が語った作品だけに、「自制心」に興味のある方は要チェックで!

この本も「79%OFF」の「437円」と激安状態ですから、送料を加算した中古よりも1100円弱、お得な計算です。


B014F70OYU
レナードの朝〔新版〕 (ハヤカワ文庫NF)
20世紀初頭に大流行した脳炎の後遺症で、言葉や感情、体の自由が奪われてしまった患者が、奇跡の新薬L-DOPAの投与によって目覚める。 しかし体の機能回復に加え、人格まで変貌してしまうという怖い副作用が……。 レナードら20人の症例とそれに誠実に向き合う脳神経科医サックス博士の葛藤を、人間味あふれる筆致で描く。1970年代の初版以降、演劇や映画化でも世界を感動させた不朽の名作の新版文庫化。

◆オリバー・サックスは、早川さんでも何冊か作品を出していますが、映画化もされた本書が一番有名でしょう。

送料を加味した中古よりは、Kindle版が400円強、お得となります。


B015SSE1YY
色のない島へ──脳神経科医のミクロネシア探訪記 (ハヤカワ文庫NF)
先天的に色彩感覚をもたずモノトーンの視覚世界で暮らす人々がいるピンゲラップ島とポーンペイ島。原因不明の神経病が多発するグアム島とロタ島――脳神経科医のサックス博士はミクロネシアの閉ざされた島々に残る風土病の調査に訪れる。島の歴史や生活習慣を探るうちに難病の原因に関わる思いがけない仮説が浮かび上がるのだが……。美しく豊かな自然とそこで暮らす人々の生命力を力強く描く感動の探訪記。

◆同じくオリバー・サックスによる、「風土病」をテーマにした作品。

中古とKindle版のお値段が近いため、送料分弱、Kindle版がお求めやすくなっています。


B00U2E2A0W
偉大なる失敗 天才科学者たちはどう間違えたか
科学研究で失敗知らずなのが天才科学者、と思い込んではいないだろうか? 実は、あのダーウィンもアインシュタインも、大がつくほどのミスをやらかしているのが現実だ。しかし、天才が天才であるゆえんは、その失敗が科学上の発展の原動力になっていたり、深い教訓が得られるものだったり、後生で失敗が失敗でなかったと判明したりするところにあるらしい。ポピュラー・サイエンスの名手が贈る、偉大な失敗を鑑賞し、学ぶための科学読本。

◆この本は比較的当ブログ向きのような気がしますが、果たして!?

送料を足しても、ギリギリで中古の方がお得ですが、20円ちょっとの差ですから、興味のある方はご検討ください!


B00SXTKUWI
進化とは何か ドーキンス博士の特別講義
この宇宙になぜ生命が生まれたのか。この謎のカギを握るのが「進化」という考え方だ。しかし「進化」ほど一般に誤解されていることがらもない…世界でも随一の啓蒙家であるドーキンスがイギリスのティーンズを対象に行なった名講義のほまれ高いクリスマス・レクチャーを、ベストセラー『知の逆転』で科学と一般読者の距離を一気に縮めてみせたサイエンスライターが世界にさきがけて編集・翻訳し書籍化する、知の最重要なアイデアへのガイダンス。

◆ドーキンス博士が、進化論についてわかりやすく解説してくれるという1冊。

中古は値崩れしているのですが、「77%OFF」の「421円」という激安価格のため、300円強、Kindle版がお買い得です。


B00QA173LW
見てしまう人びと 幻覚の脳科学
幻覚とは外的現実がまったくないのに生まれる知覚、つまりそこにないものを見たり聞いたりすること。しかしサックスによれば、幻覚は狂気の徴候でも不名誉なことでもなく、それは他に類のないカテゴリーの意識であり、精神生活であるらしい。驚くべき、しかし人間のありようの根幹を伝える実例について共感をもって語る、サックス待望の医学エッセイ最新作。

◆もう1冊、オリヴァー サックスが「幻覚」について掘り下げた作品を。

やはり中古は値下がりしていますが、「80%OFF」の「508円」ということで、Kindle版が500円弱、お得な計算です。


B00QA172R2
赤の女王 性とヒトの進化
「同じ場所にとどまるためには全力で走り続けなければならない」(キャロル『鏡の国のアリス』に登場する赤の女王の言葉)。生物の種も、生き残るためには常に環境の変化に対応し進化し続けなければならない。そもそも人間にはなぜ性が存在するのか。普遍的な「人間の本性(ヒューマン・ネイチャー)」なるものはあるのか。それは男女間で異なるのか。科学啓蒙家リドレーが、進化生物学に基づいて性の起源と進化の謎に迫る。

◆文庫本が1400円近くするので、どんだけ厚いのかと思ったら、640ページもあるので、これはKindle版一択かな、と。

単行本の中古も900円しますから、結局このKindle版が500円ほどお得となります。


B00LF3A2W2
ダーウィンを数学で証明する
科学界では誰もが認める進化論は、意外なことに、きっちり証明されてはいない。「ダーウィン的進化が作用することの証明が得られていないのは、数学界の恥である」と考える著者は、「生物学的創造性と数学的創造性はさほど違うものではない」という立場から、生物学の奥底にある数学的構造を白日のもとに曝し、生命の持つ隠された数学的な真髄を示す、メタ生物学を提唱する。生物の核をなす数学的構造を摘出するという難業に挑む、『メタマス!』『セクシーな数学』の数学者チャイティン最新作。

◆アマゾンレビューを読む限り、この分野の初心者には理解が難しそうなので、一応ご留意を。

ただし、中古はそれほど値崩れしておらず、送料を考慮するとKindle版が600円弱、お求めやすくなります。


B00JRYHL1Q
SYNC なぜ自然はシンクロしたがるのか
完璧にシンクロして光る無数のホタルは、どこかに指揮者がいるわけではない。心臓のペースメーカー細胞と同じで、無数の生物・無生物はひとりでにタイミングを合わせることができるのだ。この、同期という現象は、最新のネットワーク科学とも密接にかかわりをもち、そこでは思いもよらぬ別々の現象が、「非線形科学」という橋で結ばれている。数学のもつ驚くべき力を絶妙の比喩を駆使して紹介する、現代数理科学の最前線。

◆テーマとしては面白そうなのですが、内容的には結構難しめ!?

単行本の中古が底値になっているので、Kindle版でお読みになりたい方に。


B00JRYHL66
世界はなぜ「ある」のか?
なぜ「何もない」のではなく、「何かがある」のか?この「存在の謎」は、人間が生まれて以降に投げかけられた最も深遠な問いだ。善のイデアから神、数学、情報、量子ゆらぎまでの、何が事物をあらしめるのか。「まったくの無」というものはあるのか、あるいはありえないのかを、著者は広大な知的世界を探偵のように尋ね歩き、有望な答えを持っていそうな著名な哲学者/物理学者/神学者/文学者との対話を重ね、謎の核心に迫っていく。先端科学の成果が加味されはじめていま最も刺激的な科学哲学上のテーマを、ジャーナリスティックで明快な文章にのせて綴る。ニューヨークタイムズ・ベストセラーともなった、考えることの楽しみを存分に味わわせる1冊。

◆タイトルからして「哲学的」なので、実際に私自身が理解できるのか微妙な1冊。

送料を加算した中古よりは、Kindle版が700円以上お買い得です。


B00FKSJ58A
病の「皇帝」がんに挑む 人類4000年の苦闘(上)
古代エジプトのパピルスにイムホテプはこう記した「この病の治療法はない」。この病を「カルキノス」と呼んだ医聖ヒポクラテスもまた「がんは治療しないほうがよい。そのほうがより長く生きるから」と述べている。人類は4000年にわたって、この怖るべき病気と闘い続けてきた。外科手術による病巣の切除、X線による放射線療法、抗がん剤と骨髄移植を組み合わせた超大量化学療法、さらに「がんに対する魔法の弾丸」になると期待される分子標的療法……不治の病から治癒可能な病へといたるその治療の歴史と、「がん」をめぐる患者、医師、研究者たちの人間ドラマを見事に描きだした「病の皇帝」がんの伝記。

B00FKSJ58K
病の「皇帝」がんに挑む 人類4000年の苦闘(下)
1964年1月、アメリカ公衆衛生局長官はひとつの報告書を発表した、「たばこはがんの主要な原因である」と。たばこ産業にとって、この報告書はまさに爆弾であった。この時から全世界に覇権を広げるたばこ会社と、「がんの予防」を推進する人々との熾烈な戦いが始まる。そしてまた、巨大企業、患者、医師、研究者とのあいだの壮絶なドラマは、がんを治す「新薬」をめぐっても行なわれていた。その一方で、分子生物学の進歩は、がんの根本的な原因を明らかにする。異形の怪物の原因は、我々自身が体内に持つ遺伝子の突然変異の蓄積によるものだったのだ!

◆HONZでおなじみの仲野先生が「読み始めてあまりの面白さに驚嘆した。数多くのエピソードが、一本の大樹のようにみごとにまとめられ、ミステリーを読むかのように一気に読み終えることができる」(解説より)と絶賛した作品。

どちらも「80%OFF」の「448円」ですから、身の回りの方やご自身が治療されている方なら、ご検討ください。


B00EU9SKB8
隠れていた宇宙(上)
どこかにこの宇宙と似たような別の宇宙があって、そこには別のあなたがいる。以前ならSFの設定としか受け取られなかったこの自体は、現実のものであるかもしれない。なぜなら近年、宇宙や物質の成り立ちを探求する最先端の理論では、随所にこの宇宙が唯一の宇宙ではないことを物語る「多宇宙」が顔を出すからだ……『エレガントな宇宙』でお馴染み、読ませるポピュラー・サイエンスの第一人者ブライアン・グリーンの平易な科学解説

B00EU9SKAO
隠れていた宇宙(下)
量子論から超ひも理論まで、ファンタスティックな先端理論に多宇宙は欠かせない。「この宇宙は別の宇宙が投影されたホログラフである」と主張する理論まであるのだ。これらの多宇宙といった、いまだ実験による検証がなくとも数学的に確固たる裏付けのあるものは、もう現実のリアルな、物理学的対象と見ていいのかもしれない……多宇宙の謎と魅力を多面的に語り、最先端理論をあなたやわたしの腑に落ちる言葉で綴る傑作科学解説

◆とあるレビューによると「現代物理学を理解するのに最適の書」だそうですから、気になる方は要チェックで。

どちらの単行本の中古もそれなりのお値段がしていますから、送料を考えるとこのKindle版が一番お得となります。


B015SSE1MG
音楽嗜好症(ミュージコフィリア) (ハヤカワ文庫NF)
雷に打たれ蘇生したとたん音楽を渇望するようになった医師、ナポリ民謡を聴くと発作を起こす女性、フランク・シナトラの歌声が頭から離れず悩む男性、数秒しか記憶がもたなくてもバッハを演奏できる音楽家……。音楽と精神や行動が摩訶不思議に関係する人々を、脳神経科医が豊富な臨床経験をもとに温かくユーモラスに描く。医学知識満載のエッセイは、あなたの音楽観や日常生活さえも一変させてしまうかも?

◆今回のセールで最多登場となる、オリヴァー サックスの「音」をテーマにした作品。

中古は値崩れしていますが、送料を考えるとKindle版に軍配が上がります。


B015SSE1OO
火星の人類学者──脳神経科医と7人の奇妙な患者 (ハヤカワ文庫NF)
すべてが白黒に見える全色盲に陥った画家、激しいチックを起こすトゥレット症候群の外科医、「わたしは火星の人類学者のようだ」と漏らす自閉症の動物学者…脳神経科医サックスは、患者たちが抱える脳の病を単なる障害としては見ない。それらは揺るぎないアイデンティティと類まれな創造力の源なのだ。往診=交流を通じて、不可思議な人生を歩む彼らの姿を描か出し、人間存在の可能性を謳った驚きと感動の医学エッセイ。

◆オリバー博士の初期の名著ということで、レビューの評価も軒並み星5つという1冊。

こちらも送料を加味した中古よりは、Kindle版がおもとめやすくなっています。


B00P0QOUEQ
ソロモンの指環 動物行動学入門
孵卵器のなかでハイイロガンのヒナが孵った。小さな綿毛のかたまりのような彼女は大きな黒い目で、見守る私を見つめ返した。私がちょっと動いて話しかけたとたん、ガンのヒナも私にあいさつした。こうして彼女の最初のあいさつを「解発」してしまったばかりに、私はこのヒナに母親として認知され、彼女を育てあげるという途方もない義務を背負わされたのだが、それはなんと素晴らしく、愉しい義務だったことか…「刷り込み」理論を提唱し、動物行動学をうちたてた功績でノーベル賞を受賞したローレンツ博士が、溢れんばかりの喜びと共感をもって、研究・観察の対象にして愛すべき友である動物たちの生態を描く、永遠の名作。

◆動物好きのレビュアーが大絶賛しているので、Kindleではなく文庫本でムスコに読ませようかと思ったワタクシ。

単行本の中古の方が高く、文庫本の中古に送料を足すと、定価を上回りますから、Kindle版が500円弱、お得な計算です。


B00JFLJ0RO
偶然の科学
世界は直感や常識が意味づけした偽りの物語に満ちている。ビジネスでも政治でもエンターテインメントでも、専門家の予測は当てにできず、歴史は教訓にならず、個人や作品の偉大さから成功は測れない。だが社会と経済の「偶然」のメカニズムを知れば、予測可能な未来が広がる……。より賢い意思決定のために、スモールワールド理論の提唱者が最新の科学研究から世界史的事件までを例に解き明かす、複雑系社会学の話題の書。

◆あの小飼 弾さんや、ダン・アリエリーが絶賛した作品ですから、一読の価値はあるかと。

送料を合わせた中古よりも、Kindle版がお買い得となっています。


【関連記事】

◆現在開催中のKindleセールを。

【50%OFF】「文響社 全品50%OFFセール」開催中です!(2018年08月13日)⇒8月23日まで

【50%OFF】「学び直し本フェア」開催中です!(2018年08月05日)⇒8月9日までのところ未だ延長中

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2018年08月)(2018年08月02日)⇒8月31日まで



【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則
生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則

遠藤功さんが、今年2月に出された企業経営本。

滅多にセールをしない東洋経済さんの作品が「54%OFF」ということで、このKindle版が実質900円弱、お買い得となっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク