スポンサーリンク

2018年08月12日

【セミナーレポ】成毛眞さんの「『amazon 世界最先端の戦略がわかる』出版記念特別セミナー」にお邪魔してきました


amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる


【はじめに】

◆今日は、去る8月10日に行われた、成毛眞さんのセミナーのレポートを。

『amazon 世界最先端の戦略がわかる』出版記念セミナーのお知らせ→受付終了しました - HONZ

……ちょっと間が空いたのは、講談社さんのKindleセールの告知(その1その2)を優先したからなのですが、あちらは今日終了なのでお許しください(←言い訳)。

さて、成毛さんのセミナーと言えば、以前読書術のセミナーに出席したことがあったのですが、今確認したら、なんと7年以上も昔の話でビックリの巻!?

というわけで、久しぶりに「成毛節」を堪能してきましたよ〜!







【セミナーレポ】

■申込みから開演まで

◆今回、セミナー自体は、冒頭のHONZさんのエントリーで知ったのですが、戸惑ったのが申し込み方法。

エントリー内の「お申込みはこちらから」をクリックすると飛ばされたのが、こちらのPeatixのページです。

成毛眞『amazon』出版記念イベント | Peatix

どうもチケットを購入するのに、サイトに登録せねばならない上に、私にとっては初めての「電子チケット」システムっぽかったので、スマホからアプリを落として、何とか申し込みを完了したという。

……なお、登録するのに用いたメアド当てに、その後10通以上のオファーメールが来たのには閉口しましたがw


◆さて、いざ当日は、仕事を早めに切り上げて、会場となる「ワテラスコモンホール」へ。

ワテラス - WATERRAS

これが地図を見ても、イマイチ駅との位置関係がよく分からなくて、私にしては早めに現地入りしたのでした。

何とか早めに着くと、会場となるホールは、いったん併設のカフェの入口から入店して、そこを通り抜けて到着する仕様w

……一瞬、「カフェの中でお茶飲みながらできるなんて、さすが成毛さん!」と勘違いしたことをお伝えしておきます。

なお、何とか入口まで時間前に到着し、ドキドキしながら電子チケットの処理を目の当たりにしようとしたところ、結局名前を告げて、リストで消し込むいつものスタイルだったというw


■セミナースタート

◆開演10分前に会場に入ると、既に席は前の方から大半が埋まっており、参加者の皆さんの意識の高さが伺われます。

たとえガラガラでも後ろの方に座る私は、安心して、最後尾から数席前の辺りに着席。

入口で渡された成毛さんのこの本をパラパラ眺めながら、開演を待ちます。

amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる

最近、紙で読む機会がほとんどなかったので、373ページという厚さに圧倒されるワタクシ……。

その点、Kindle版なら、厚さ気にならないですし、「9%OFF」ですから、お読みになるならそちらをオススメ!


◆すると開演前から成毛さんが登場して、なし崩し的に(?)セミナースタート。

最初、前説なのかと思っていたら、そのままシームレスに続いていたので、どうも本編だったようです。

その成毛さんが参加者に問うたのが、アマゾンヘビーユーザー御用達の「Keepa」を知っているか否か。

Keepa - Amazon Price Tracker

意外だったのが、挙手した人がほとんどいなかったことで、成毛さんいわく「コレ知っただけでも、セミナー代の元が取れる」というのも、まんざらではないかもしれませぬ。


◆続いて成毛さんによる「Keepa」利用ガイドが展開されたのですが、ここでは割愛。

なるほど、成毛さんが「Keepa」を使って、いかにアマゾンでお買い得な買い物をされているのかがよく分かりました。

さらに、アマゾンギフトカードを金券ショップで買って(「7%OFF」くらい)、アカウントにチャージすれば、何を買ってもその分値引される、というのも、誰でもできるアマゾンハック。

これにクレジットカードを絡ませたりすれば、「価格コムで買うよりも10〜20%程度安く買える」と成毛さんは力説されていました。

……ただし、自分のブログでリンク踏んでから購入して、アフィリエイト料を得ることは禁止されていますので、ご留意を。
自分が運営するWebサイトのアソシエイトリンクを通して、アソシエイトメンバー自身が注文することは禁じられていますか?

アソシエイトメンバーが運営するWebサイトのアソシエイトリンクを通しての自己注文はお控えください。メンバー自身の注文に対して紹介料は支払われません。別のお客様用の商品、代理注文、または結果的にメンバーや友人、家族、知人の方が使用する商品なども、メンバーが運営するアソシエイトリンクから注文することはできません。


■編集の中野さん登場

◆「Keepa」の使い方に続いて、今回の本を編集した中野亜海さんも壇上に。

何でもこの中野さん、得意なのが女性向けのファッションやメイク系らしく、ググったところ、どうも以前は中経出版にいらした模様。

編集者・中野亜海さんに聞く、ヒットのつくり方:telling,(テリング)

ただし、今回が成毛さんとの初仕事ではなく、当ブログでもご紹介済みのこの本も担当されてらしたそうです。

本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか
本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか

参考記事:【本棚術?】『本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか』成毛 眞(2014年12月08日)

なお、今回の作品は、成毛さんが中野さんを指名されたのだとか。

そもそも成毛さんの作品は、その9割が編集サイドからの提案に基づいて書かれる中、本書は成毛さん自らが書こうとした作品であり、それだけに編集者にもこだわったようです。


◆もっとも本書における中野さんのポジションは、成毛さんいわく「池上彰の番組における女性アナウンサー」!?

それほど知識がない(?)状態から、「そうなんですねー」と成毛さんのお話を素直に受け止めてカタチにして欲しかったようです。

ちなみに、本書における図解のほとんど(ほぼ全て?)が、中野さんの手によるもの。

今回のセミナーも、基本的に本書の図解を見ながら、それを解説する、というスタイルであり、成毛さんが何度も「よくこんなの調べてきたね〜」とその手腕を褒めてらっしゃいました。


■東洋経済の山田さん登場

◆セミナーも半分ほど進んだところで、東洋経済オンライン編集長の山田俊浩さんが壇上に。

東洋経済さんからつい先日出た、この本を片手にお持ちですw

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

それにしてもこの本も480ページもありますから、やはりKindle版推奨ですね。

丁度今なら、Kindle本を同日に2冊以上買うと「20%ポイント還元」だそうですから、成毛さんのご本と一緒に!(アサマシw)

ちなみにこの山田さん、結構昔からアマゾンも追ってらしたようで、ベゾスにもインタビューをされたことがある模様(スゲーw)。


◆また、今調べたら、こんな単著も出されてました。

稀代の勝負師 孫正義の将来
稀代の勝負師 孫正義の将来

それで孫さんで思い出したのですが、山田さんによると、そもそもベゾスが日本に進出した際、孫さんがベゾスを監禁(?)して、自分と組むように迫ったらしいです。

それでもベゾスは首を縦に振らず、結局孫さんは、当時セブンイレブンのトップにいた鈴木敏文さんや東販と組んで、ベゾスを迎え撃つことに!!

そんな動きは全然知らなかったんですけど、今ググったら、当時こんな会社ができてたんですね。

ASCII.jp:書籍の電子商取引会社、イー・ショッピング・ブックス設立−−コンビニで受取り可能

今となっては、アマゾンが一大勢力となって当たり前(本だけでなく)ですけど、当時どっちが勝つか問われたら、私も孫さんに軍配を上げたと思われ。


■セミナー終了

◆そんな山田さんの熱弁が展開される中、唐突に(?)成毛さんが、「そろそろお時間が……」と、終演を宣言。

聞き足りない方は、今回のセミナーの第2弾に期待すべきらしいです。

成毛眞『amazon-世界最先端の戦略がわかる-』出版記念イベント 第二弾 | Peatix

これがなんと「500円」ということで、「生成毛」「生山田」の声を聞きたい方は、ぜひともご参加いただければ、と。

ただ、今回のセミナーですが、当初の予定ですと「20時30分まで」のところ、成毛さんが締められたのが20時10分ほど。

まだ時間があるので、その後質疑応答でもあるのかと思ったら、そのまま終わってしまいましたw

もっとも、本代含めて、今回の2000円というセミナー代は、単純にセミナー代だけでしたら「164円」という破格値!

それでこれだけのお話が聞けたのですから、成毛さんには感謝しなくては!


ご本もこれから読みます!

amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
序章 アマゾンがなかったら生活できないかも
第1章 圧倒的な商品数と安い値段がどうして可能になるのか
第2章 キャッシュがあるから失敗できる
第3章 アマゾンで一番利益をあげているAWS
第4章 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか
第5章 アマゾンから、効率のいいM&Aを知る
第6章 巨大な倉庫と配送力で物流を制す
第7章 プラットフォームの主になるには
第8章 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー


【関連記事】

【読書】成毛眞さんのセミナー「遠くを見すえるための非ビジネス読書術」に潜入してきました(2011年05月11日)

【本棚術?】『本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか』成毛 眞(2014年12月08日)

【キュレーション?】『これが「買い」だ:私のキュレーション術』成毛 眞(2016年04月18日)

【Amazon】今週号の週刊東洋経済は、やっぱり買っとくべきな件(2009年08月24日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

その節税が会社を殺す お金に強い社長がコッソリやってる節税&資金繰りの裏ルール31
その節税が会社を殺す お金に強い社長がコッソリやってる節税&資金繰りの裏ルール31

読む人を選びそうですし、そもそも節税したいほど儲かりたい人の方が多そうな?

ただし、送料加算した中古よりは、Kindle版が800円以上お得です!

【編集後記2】

◆昨日の講談社さんのKindleセール(その1その2)で人気だったのは、この辺でした(順不同)。

B07FMLWWPJ
心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ (ブルーバックス)

参考記事:【わかりやすさ?】『心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ』海保博之(2018年08月09日)

B071WR8G74
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

参考記事:【少子高齢化】『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司(2017年06月27日)

B079KYP814
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書)

習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)
習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)

参考記事:【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)
未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

参考記事:【未来予想図?】『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』河合雅司(2018年06月24日)

いよいよ今日までですから、お求めはお早めに!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「セミナー・イベント」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
セミナー・イベントこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク