スポンサーリンク

2018年07月04日

【モテ】『モテる男になる50のテクニック』アダム徳永


B077X7N45X
モテる男になる50のテクニック


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月の「Kindle月替わりセール」の中でも、個人的に読みたかった1冊。

「スロー●ックス」でおなじみである、アダム徳永さんのモテ本です。

アマゾンの内容紹介から。
モテる男になる秘訣から、理想の女性と出会う方法、きっかけをつかむ会話術、セックス・テクニックまで、抱かれたい男になるための50のテクニックを解説。1000人を超える女性とのフィールドワークから得たアダム流メソッドで、コミュニケーション力も向上、素敵な女性ばかりでなく、運や成功も引き寄せます。愛の法則を知り、女性に愛されるテクニックを身に付ければ、誰でも確実に、女性に一生困らないモテる男性になれます。

なお、現時点でまだ中古が定価と同価格なため、Kindle版が400円以上お買い得です!





Couples / josh.greentree


【ポイント】

■1.理想の女性像をノートに書きだす
 モテたいという夢を具体化するためにオススメなのが、理想の女性と聞いて頭の中に浮かんだワードを、すべてノートに書き出してみるという方法です。
 イメージが明確になりますし、頭の中を整理することができます。
 最初は大まかなイメージで構いません。性格や価値観といった内面的な要素が 漠然とした状態なら、わかりやすい外見から入るのもいいでしょう。(中略)
 理想の女性をノートに書き出すことで2つの変化が現れます。
 まず、出会いのチャンスが広がります。出会いが少ない男性の頭の中は、「どっかにいい女、いないかな〜」という感じです。
 いい女という漠然とした 捉え方しかしていないから、大きなオッパイにしか目がいかないのです。(中略)
 ふたつめは、あなた自身が成長するヒントをもたらしてくれることです。
 書き出すことで理想の女性が明確になります。


■2.モノを大切に扱うことが女性の扱いを変える
 セ●クスのテクニック書を何冊も書いている私が言うのも変ですが、テクニックなどほんの一部にすぎません。全体の割合からすれば、せいぜい2割程度でしょう。
 いかに女性を気遣ってあげられるか、いかに女性が安心して身をまかせられるような気配りをしてあげられるか、そうしたメンタルな部分への配慮こそ、もっとも大切なことなのです。
 ドアをバタン! と音を立てて閉めても平気な顔をしている男性などを見かけると、私はとても残念な気持ちになります。
 スクールの受講生でもたまにこういう男性がいらっしゃいますが、案の定、手取り足取りテクニックを教えても、なかなか上達しません。
 気配りの心が身についていなければ、どんなに表面をなぞったところで、付け焼刃なテクニックにしかならないからです。


■3.先入観で相手を見ない
 異性に対する決め付けや思い込みは、ほとんどの場合、良い結果につながりません。会話をして相手を理解することが大事なのに、会話をする前からわかった気になってしまうからです。
 先入観は、男女のすれ違いの大きな原因です。男女に限らず、自分と他人は、同じことよりも、違うことのほうが圧倒的に多いのです。「違いのほうが多い」ことを大前提として相手と向き合うことで、より多くのものを得られるのでしょう。
 先入観で相手を見ないことは、何も考えずに相手と接することではありません。
 私はまず、相手を尊敬の対象として見ることから始めています。私にとって、自分と相手との違いは、十分すぎるほどに尊敬の要素だからです。


■4.オシャレに気を遣う
 男は顔ではありません。
 この言葉には一点の 曇りもありませんが、「顔」の部分が「外見」に変わると、話は180度変わってきます。
 モテる男性は、ほぼ100%オシャレだからです。
 人間関係において、第一印象はとても重要です。わざわざ第一印象を悪くするようなことをする必要などまったくありません。
 男性の魅力は総合力で決まりますが、この総合力の中には当然、ファッションセンスや服装への気配りが含まれているのです。
 しかし現実に目を移してみると、「モテない」と嘆く男性の9割は、ファッションに 無頓着 です。「非モテ=非オシャレ」という公式は、誰もが納得されることではないでしょうか。
 オシャレの基本は清潔感です。つまりオシャレとは、他人を不快な気持ちにさせない気配りなのです。


■5.合コンでは盛り上げ役に徹する
 場を盛り上げようという誠意が伝われば、多少空回りしたとしても、女性陣はあなたに好意を抱いてくれます。そうなって初めて次のステップの入り口が見えてくるのです。
 間違っても、「その日のうちになんとか」などといった浅はかなエゴは捨ててください。
 合コンでの最大の目的は、女性との交流を広げることです。女性とつながりを作ることです。
 今のご時世、メルアドの交換程度なら応じてくれる女性も多いでしょう。
 しかし、せっかく連絡先をゲットしたとしても、女性に好感を持ってもらっていなければ、社交辞令の名刺交換のようなもので、次につながらない無味乾燥な慣習で終わってしまいます。
 合コンを成功させる秘訣は、盛り上げ役に徹することです。
 しかしそれは、体育会系の飲み会のように、ただバカ騒ぎをすればいいというものではありません。女性の心を引きつけるのは、行き届いた心配りです。


【感想】

◆著者がアダム徳永さんということで、本書を色メガネで見ていた方も多かったのではないでしょうか?

ところがどっこい、本書はコミュニケーション系のモテ本としては、極めて王道を行くもの。

下手なナンパ系のモテ本より、よほど効果も高そうです。

というわけで、まず第1章では「モテる男になる13の秘訣」と題して、いきなりモテTIPSを指南。

個人的には上記ポイントの1番目の「理想の女性像をノートに書きだす」というのは、類書でもあまり見た記憶がありませんでした。

ただ、確かに「カラーバス効果」ではないですが、書き出して視覚化することで、お見合いパーティ等でも積極的になれる気が。


◆同じこの第1章からはもう1つ、ポイントの2番目の「モノを大切に扱う」というものも選んでみました。

ただしこれは、あくまで「気配り」の一例というか、女性といる時だけ気を付けて、どうこうなるものではありません。

常日頃の所作のレベルでできていないと、根本的な解決にはならなさげ。

あと、モノとは違うんですけど、自分のネガティブな感情を、そのまま出しちゃうのもまずいでしょう。

道が混んでて舌打ちしたりとか、類書にもあるように、店員さんの粗相に強く出る、というのも女性的には嫌うみたいです。



◆続く第2章「モテたければ、モテる生き方をしよう」からは、上記ポイントの3番目の「先入観で相手を見ない」というTIPSをピックアップ。

要は「オンナなんて」とやたらと主語を大きくしたり、「はい、このタイプね」と決めつけないのが大事ということ。

まーでも、モテ本でも「タイプ分け」が好きな作品は結構ありますけどねw

それよりむしろ、相手に興味を持ち、知ろうと心がけて、どんどん質問する方がよほど有益です。

ちなみにアダムさんは、喫茶店やレストランの店員さんと接する際にも、「どんな人かな?」「何をしたら喜んでくれるかな?」と相手をよく観察して、話しかけるきっかけを狙っているのだそう。

なるほど、単に「おきれいですね!」とか言って声をかけるよりも、よほど成功率が高そうです。


◆一方、上記ポイントの4番目の「オシャレ」の話は、類書でもよく言われていること。

オシャレじゃなくてもモテる、という場合は、単に顔がいいか、ステータスが高い(≒お金を持ってる)ケースが多いと思います。

いずれでもさらに「オシャレ」になれば、よりモテる可能性大。

なお、アダムさんのオススメは、デパート等に入っているブランドでお気に入りのものを作り、そこの店員さんに一式揃えてもらう、というもの。

ただ、それをやるなら、大きめのセレクトショップの方が、店員さんも選択肢が多くて、より似合ったものを選んでくれるでしょう。

……靴からアウターまで揃えると、それこそ●万円とか行っちゃいますが。


◆このオシャレのお話と、上記ポイントの5番目の合コンのお話は、第3章の「素敵な女性と出会う方法」からでした。

正直、恋人がいないことのボトルネックは「出会い」の部分だと思いますので、この章は熟読していただきたく。

もちろん、相手が見つかったら(見つからなくても)、第4章の会話術は必読です!

特に「ほめ上手になる3つの極意」は要チェックで(詳細は本書を)。

最後の第5章は、ページ数少なめなのですが、さらに先に進んで、ベッドに入ってからのお話ですから、これでOKでしょう(そういうテーマではありませんし)。


モテ本の王道を行く1冊がここに!

B077X7N45X
モテる男になる50のテクニック
第1章 モテる男になる13の秘訣
第2章 モテたければ、モテる生き方をしよう
第3章 素敵な女性と出会う方法
第4章 女性ときっかけをつかむ会話術
第5章 最新 スローセックスの極意


【関連記事】

あなたが『モテる男の技術』を選ぶべきたった1つの理由(2011年10月23日)

【2step方式】『なぜかモテる男のほめる技術』アダム徳永(2011年11月05日)

【モテ】『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』仁科友里(2016年08月06日)

【モテ】『LOVE理論』水野敬也(2015年09月15日)


【編集後記】

◆なお、今日のご本の内容は、以前当ブログでご紹介したこの本と、一部内容がかぶっております。

モテる男の技術
モテる男の技術

参考記事:あなたが『モテる男の技術』を選ぶべきたった1つの理由(2011年10月23日)

グラスの話とか、今回割愛したアダムさんのお父さんの逸話は、ほぼ同じという。

ただし今日の本の方に「新装版」との表記がないですし、そもそもTIPSもどちらかにしかないものもあるので、単なる「ネタかぶり」だと思います。

それに、中古が400円以上しますから、送料を考えたら、今日の本をKindle版で買うのが、一番お得ということに!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク