スポンサーリンク

2018年06月10日

【自己投資】『会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン』安井元康


会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】
会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「すばる舎 学び・成長・成功本キャンペーン」でも一番人気だった1冊。

以前『非学歴エリート』が当ブログでも大ヒットした安井元康さんが、自己投資のコツを指南してくださっています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書は、学歴もコネもお金もないところから、20代で上場2社の役員、30代で社長に上り詰め、今も第一線で活躍する「非学歴エリート」の著者が、「自己投資」の大切さや自身の勉強法、心構えなどを余さず語った1冊。大好評のビジネス基本書「会社では教えてもらえない」シリーズ、待望の第9弾。

現時点で中古が1100円ほどしますから、セール期間内であればKindle版が実質700円弱お得です!





20175_students_studying_finals_127 / University of Minnesota Duluth


【ポイント】

■1.自己投資で人生の選択肢を増やす
 選択肢がない状態とは、人生における制限・制約を、環境によって押しつけられている状態です。
 今いる会社では、出世や昇給の可能性もないし、ましてや他社への転職の選択肢もない。こういった状態では、いざとなったときに「次の一手」を打ちようがなく、追い詰められます。(中略)
 反対に、選択肢の多い状態では、「次の一手」を常に持っており、主体的に人生を切り開くことができます。
 今いる会社での出世や昇給はおろか、転職の可能性も多くある。もっと言うと、組織に頼らない生き方もできる。
 たとえば、何かしらの理由で現在の仕事に迷いが生じたときに、選択肢がいくつもあるのとまったくないのとでは、心のゆとりに大きな違いが出ます。
 実際に会社を辞めるかどうかは、あまり重要ではありません。
「いざとなれば、会社をやめても生きていける」と思えることが、精神的安定をもたらすのです。結果として、ストレスなく、前向きに日々仕事ができるでしょう。


■2.仕事に全力投球することこそ、最大の自己投資
 自己投資というと、資格取得など新たなスキルを身につけるための、仕事の外での課外活動的なイメージを持たれる方が多いかと思います。
 しかし、一番効率の良い自己投資は、身近な仕事で実績を上げることです。
 仕事はほぼ平日の毎日、通勤時間も含めると一日の大半を占める対象ですから、この時間を自己投資の「時間外」としてしまうのは、もったいなさすぎます。
 社会人の学びには時間的制約が伴います。そのために、仕事を通じた自己投資が一番効率的なのです。
 さらに、社会人の学びの基本は、「実践×学習」の両辺を最大限にまで高めることです。学んだことをすぐに仕事に反映させるのが、何よりの「勉強」なのです。


■3.優先事項を24時間から先に引いてしまう
 まず、24時間という1日の持ち時間のうち、最初に強制的に最優先事項の時間を確保してしまいます。
 たとえば、私は学生時代、会計やファイナンスといった数値スキル、さらには英語を身につけることを、最優先事項としていました。とくに大学1、2年生のうちは、英語に特化し、1日3時間は英語の勉強に充てていました。
 そうすると、残り時間は21時間。その時間内で、他の勉強やバイト、睡眠などの時間を捻出していました。
 また、社会に出てからは、会計やファイナンス系の勉強時間を1日3時間は確保したかったので、通勤時間のうち電車に乗っている時間はもちろんのこと、歩いている間(当時は最寄駅から徒歩20分程度のところに住んでいました)も含め、勉強時間に充てていたものです。


■4.安井式読書法
・重要部分に線を引く。そのときに思ったことを空白にメモしておき、読み返すことで、自分の考え方の変化を見る目安にもする
・異なる色の付箋を使う。たとえば色別に、知識として覚えたいこと、著者の意見に賛成の部分、反対の部分、熟慮したい部分などに分類し、思考整理に役立てる
・知人と同じ本を同時に読み、考えをぶつけ合う
 こういったやり方をしていくと、本を読むという行為をさらに昇華させ、「本から学ぶ」レベルに持っていけるものです。
 なお、本を読む行為自体が集中力を要する作業ですから、読む時間や場所にも気を配りましょう。
 たとえば、一番集中できる早朝に、自宅で線を引きながらじっくり読む。考える・読み返す場面では、通勤時間を活用するなど、自分にとって何が効率的かを模索してみてください。
 

■5.夜の飲み会で得られるものは、昼でも得られる
 ちなみに私自身は、35歳まで社内飲み会の類はすべて断っていました。
 社内飲み会に参加して得られるリターンを考えた際に、ほかにやるべき優先順位の高い事項が自分の中にあったのと、飲み会から得られるリターンがそもそもあるのか、どうしても疑問だったからです。
 一般的に、社内飲み会に参加して得られる(とされている)ことは、日中では困難な、本音での話し合いができるというものです。
 それなら、日中から本音で話し合えばいいだけの話です。私は常に、本音で誰とも接することで、そういった「課外活動」にかける時間をリストラし、より自分のためになる活動に専念していたのです。


【感想】

◆本書の著者である安井さんの、冒頭でもご紹介したこの本は、レビューにブクマが1000近く付くほど、当ブログでは大人気でした。

非学歴エリート
非学歴エリート

参考記事:『非学歴エリート』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない(2014年05月25日)

……ブクマが付いたこと自体は、書名の煽り具合や、さらに私のレビューが、今は無き「ホッテントリメーカー」を使用したことによって、さらに煽ってしまったことも大きかったのですが、それはさておき。

その上記レビューにもあるように、とにかく安井さんは学びまくり&働きまくり。

 ・大学時代には「先物セールス」のバイト

 ・英語を学ぶため、外国人の多い港区の宅配ピザ屋でもバイト

 ・上場実務が激務で、上場の2ヶ月後には吐血して入院


等々、ハードコアなエピソードには事欠かなかったワケです。

ちなみに、中古が値崩れしているので、送料を足してもお得ではないのですが、現在「43%OFF」と結構な値引率なので、気になる方はご検討を。

そしてこの本の中でも扱われていた「自己投資」に関して、今回改めて、かつ、深く論じたのが本書になります。


◆さて、そもそもなぜ自己投資をするのか、という点については、上記ポイントの1番目にあるとおり。

実際に、転職や起業をしないにしても、それが可能なくらいに自己投資をすることが、人生設計においても余裕を生み出します。

かといって、「とりあえず英語でも勉強するか」というような考えには、本書は真っ向から否定。

上記ポイントの2番目にもあるように、「仕事に全力投球する」ことが最大の自己投資になるとのことです。

実際、社内や業界内で評判になるくらい実績が評価されていれば、転職の際に有利になるのは当然でしょう。
自己投資は現実逃避手段ではなく、現実を強化することによる、将来への投資手段
という本書の一節には、私もうなずくことしきりでした。


◆なお、そうした「仕事に直結する」勉強について述べているのが、本書の第3章「仕事で圧倒的な結果を出せる勉強術」。

上記の『非学歴エリート』でも触れられていたように、母子家庭だった安井さんは、極力お金をかけずに学ぶことを実践&推奨されています。

そこでイチオシなのが、やはり「読書」。

安井さんも本書内で「読書が何よりも効率的で、かつコスパも良い勉強方法なのです」といわれています。

そして上記ポイントの4番目では、そんな安井さんの読書法が紹介されていますので、参考にしてみて下さい。


◆また、上記ポイントの5番目にある「飲み会を断る」件は、『非学歴エリート』でもおなじみのエピソードでした。

日中から本音トークできれば、それに越したことはないですし、私も単に飲めないから、という理由で若い頃から極力さけていましたが、出世には関係なかったです(多分w)。

ただし、安井さんいわく、「職種・業種が異なる飲み会」なら、この限りに非ず、とのこと。

ちなみに安井さんの場合、飲み会に行かない代わりに、飲み会に行くメンバーの仕事を引き受けて、翌朝までに終わらせたりして、「頼れるやつ」というイメージ構築に努めたそうですが、さすがにそれはいかがなものかと。

もっとも、そのくらいやって、「飲み会に参加しないキャラ」を確立できれば、勉強時間も確保できそうですね。


◆以上、本書は何となく「自己投資したいな」くらいに思っている方には、「喝」を入れる意味で有用な作品ではないか、と。

一部『非学歴エリート』とかぶっているものの、エピソードというか、過去の事実は変えようがないので、その点に関しては致し方ないでしょう。

また、小見出しごとに扉ページを作っている(「自己啓発書あるある」)のも、正直スペースがムダなんですけど、これは「会社では教えてもらえない」シリーズの共通の作りだと思われ。

私は安井さんの半分も自己投資していませんし、ここまでストイックにできる方もなかなかいないでしょうが、前作同様、身が引き締まる思いをした次第です。


自己投資に興味のある方なら要チェックな1冊!

会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】
会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】
第1章 上に行く人はとっくに自己投資をはじめている!
第2章 まずおさえたい自己投資のキホン
第3章 仕事で圧倒的な結果を出せる勉強術
第4章 本当に価値のある人脈のつくり方
第5章 限られた時間に、どう自分を磨くか?


【関連記事】

『非学歴エリート』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない(2014年05月25日)

【自己啓発系仕事術】『できる人の共通点』陰山孔貴(2018年03月31日)

【生産性?】『あなたの生産性を上げる8つのアイディア』チャールズ・デュヒッグ(2018年02月05日)

【時間の投資】「レバレッジ時間術」本田直之(2007年06月05日)


【編集後記】

◆その「すばる舎 学び・成長・成功本キャンペーン」で人気だったのはこの辺りでした(順不同)。

B078X9K168
実践版GRIT やり抜く力を手に入れる

B07C21RYW2
会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】

B07C1NNX3T
マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

B07BDFGJ5W
若い読者のための哲学史 【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】

よかったら、ご参考まで。


【編集後記2】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

図解 ワイン一年生
図解 ワイン一年生

ドンキやビックカメラのワイン売り場に特設コーナーを設ける、という販促法を採用し、ワイン売り場だけで5000部以上を売り上げた、というヒット作(知らなんだ)。

送料を加算した中古よりも、Kindle版が300円以上お買い得です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク