スポンサーリンク

2018年04月11日

【話し方】『人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方』樋田かおり


人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方
人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、Google Playの「新生活応援セール」の中でも、特に中古価格が高かった「話し方本」。

セール自体がいつ終わるか不明なため、万が一記事を書いた直後にセールが終了してもインパクトが少ない本を選んで読んでみたのですが、これが思いのほかテクニカルだったという。

アマゾンの内容紹介から。
元あがり症のアナウンサーが教える、緊張しないで話すためのテクニック集。・自己紹介にはギャップを入れる。・「母音」に注目すれば滑舌をよくなる。・相手を上機嫌にするあいづちはさ行でスタート。・キツい、乱暴なイメージを変えたければ濁音を使わない。などなど、ユニークな方法で、話し下手を楽しく克服しましょう。

セール期間内であれば、このKindle版は「78%ポイント還元」の実質「300円」ですから、送料加算した中古よりも1100円弱お買い得です!






TV announcer Ryan LeFebvre telling a joke / Minda Haas Kuhlmann


【ポイント】

■1.会話の第一声を「ソ」の音から始める
 日本語は、高い音から始まって低い音で終わる形が、自然で美しいと言われています。
 たとえば「おはようございます」は「ソ」から始まって「ド」で終わると、抑揚ができて聞きやすくなります。
 ところが、「ド」で始まって「ド」で終わると暗い感じになって、いい印象を相手に与えることができません。
 そこで、声に抑揚をつける練習をしてみましょう。
 会話をするとき、最初の1文字を「ソ」の音から始めるのです。
 前項で例に挙げた「オレンジジュースをお願いします」なら、最初の爛瓩髻屮宗廚硫擦波音するのです。こうすることで、伝え方に変化が生まれます。


■2.お腹から声を出す
 お腹からの発声がうまくできない人には、こんなトレーニングがあります。
 私たちの講座では、お腹から声を出すとき、3メートル先の壁を声が突き抜けるようなイメージで、「あっ」「いっ」と前方に声を発する練習をしています。こんなふうにイメージするだけで、声がうまく前に出るようになるのです。
 普段、口先だけでモゴモゴ話してしまう方や、人前で話すときについつい小さな声になってしまう方には、とくにおすすめです。
 マンションやアパートに住んでいて、大きな声を出せないときは、公園やカラオケボックスで練習するのもいいかもしれません。大きな声で発声練習をすると、気分がスッキリするので、試してみてください。


■3.「母音法」で言葉を聞き取りやすくする
 ご存じのように、日本語は、母音(あ・い・う・え・お) と子音の組み合わせでできています。母音は、いわば言葉の土台部分。その土台をしっかり発音できるようになると、ハッキリした声で発音できるようになるのです。(中略)
 たとえば、「おはようございます」をローマ字で書くと「ohayougozaimasu」です。
 この母音だけを拾うと、「おあおうおあいあう」になりますね。
 この「おあおうおあいあう」を、「おはようございます」と言うように繰り返し発音します。その感覚のまま「おはようございます」と言うと、母音がしっかり発音され、聞き取りやすくなるのです。
 では、普段よく使う言葉を母音に分解して、練習してみましょう。
 自分の「名前」は、よく使う言葉のひとつ。私なら「樋田かおり」なので、母音は「おいああおい」になります。この母音を、繰り返し口に出して発音するのです。


■4.鼻濁音でキツい印象をくつがえす
 女性で話し方がキツいと言われる方や、乱暴なイメージのある男性は、実はある共通の特徴があります。何だか、わかりますか?  それは、「濁音」を多用していること。(中略)
 プロのアナウンサーは聞き手が不快に感じることをよく知っているので、濁音を柔らかくするトレーニングをします。濁音を、鼻濁音、つまり鼻にかかったような発音にするのです。
 鼻濁音は、演歌歌手の瀬川瑛子さんのしゃべり方をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。呼吸が鼻に抜けるような感じで声を出すのです。
「がぎぐげご」なら、「んが/んぎ/んぐ/んげ/んご」と、前に爐鶚瓩鬚弔韻独音してみると、鼻にかかった声になるのが実感できるでしょう。


■5.「間」をとる3つのタイミング
 間を取るときのポイントは、長さ、使う場面、タイミングの3つです。
 一番大切なポイントは、間の長さ。
「長すぎるかな」と思うぐらいに取ると、聞き手にとってちょうどいい間になります。
 私はいつも、心の中でゆっくり5つ数えています。(中略)
 2つ目は間を取る「場面」です。
「2倍になった」「50パーセントアップ」のように数字の変化を強調したいときや、新しい商品やサービスを紹介するときにも間は効果を発揮します。(中略)
 最後は、間を取るタイミング。
 効果的なのは、一番伝えたいことの前、強調したいことの後です。


【感想】

◆冒頭で申し上げたように、「話し方」に関してかなりテクニカルなお話が多い1冊でした。

ただし、冒頭の序章「人見知りだった私がアナウンサーになるまで」は別。

ここでは、著者の樋田さんの「いかにしゃべりが苦手だったか」に関するエピソードが、それこそ小学生の頃から挙げられています。

それがどうしてまた「フリーアナウンサー」なんていう「しゃべりまくる」職業につかれたか、という流れは確かに興味深いですが、とりあえず樋田さんのファンの方以外はパスしても大丈夫(すいません)。

また、続く第1章も「相手に好印象を与えるトレーニング」と題して、「話す以前」の部分を指南しています。

代表的なのが「表情」で、なるほど「笑顔」は大事なのだな、と。


◆それが一転して(?)スパルタチックになるのが第2章の「確実に声を届けるトレーニング」。

ここではまず「発声」について徹底的にしごかれます。

上記ポイントの2番目では「お腹から声を出す」とありますが、実は「腹式呼吸」については、上記では割愛したものの、しっかりとページが割かれている次第。

それも「メリット」「練習方法」「チェックポイント」と分かれており、かなり本格的です。

そのメリットの中に「楽に大きな声を出せる」とあるのですが、これは私も英国にホームステイしている際、毎晩のようにクラブで大声で話していて実感しました。

学生時代に家庭教師をちょっとやっただけで、帰り際には声が出にくくなっていたような自分が、英語だと何故かお腹から声が出て、何時間大声でしゃべっていても何ともなかったという……。

さらに私は知らなかったのですが、腹式呼吸で話していると、副交感神経が活発になり、大きなプレッシャーによって緊張するような場面でも、平常心をキープできるのだそう。

下手に中略して抜き出すとまずいと思って割愛しましたが、本書では練習法やチェックポイントについても詳しく書かれていますので、腹式呼吸をマスターしたい方はぜひご一読を。


◆また、目からウロコだったのが、上記ポイントの1番目の「会話の第一声を『ソ』の音から始める」というTIPSで、これを意識すると、しゃべりにメリハリができるのだそうです。

ただし、本当は出だしだけでは不十分で、文節の先頭すべてを「ソ」で始めると良いのだとか。

このTIPSは実際に「ぶっきらぼうでしゃべる営業マン」氏が試したところ大きな効果が出たので、正式にトレーニングメニューに加わった、とのこと。

さらに続く第3章では「聞きやすさ」を追求しています。

たとえば上記ポイントの3番目の「母音法」のトレーニングすると、「ボソボソ」「モゴモゴ」した話し方が改善されるのだとか。

同様に、上記ポイントの4番目の「鼻濁音」を使いこなせば、聞き取りやすさもアップする次第です。


◆ここまででも、結構お腹いっぱいでしたが、第4章の「人前でも落ち着いて話せるテクニック」からは、「発声」以降のTIPSが多々。

通常のプレゼン本、スピーチ本は、この辺からのお話が中心になっていると思います。

ある程度類書とかぶりますので今回は割愛しましたが、視線の向け方、ジェスチャーの入れ方(「手のひらの向きも大事だそう!)はもちろんのこと、上記ポイントの5番目の「間の取り方」についても指南されていました。

ちなみにジェスチャーは、会場の広さに応じて変えるらしく(詳細は本書を)。

また、ユニークだったのが「自分の話す速さを体感させるレッスン」で、自分の話しているところを録音し、それを再生しながら同じスピードで歩くのだそう。

……これは早口になりがちな方は、アップアップになること必至な予感!?

いやほんと、「何を話すか」以降の「どう話すか」のスキルが上がること間違いなしの1冊でした。


セール期間内であれば「激安」なので、お求めはお早めに!

人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方
人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方
序章 人見知りだった私がアナウンサーになるまで
第1章 相手に好印象を与えるトレーニング
第2章 確実に声を届けるトレーニング
第3章 聞きやすい言葉を渡すトレーニング
第4章 人前でも落ち着いて話せるテクニック
第5章 初対面の人と距離を縮めるテクニック


【関連記事】

【あがり防止!?】『1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法』鳥谷朝代(2018年03月23日)

【話し方&聞き方】『もう初対面でも会話に困らない! 口ベタのための「話し方」「聞き方」 』佐野剛平(2018年03月15日)

【雑談スキル?】『会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました』松橋良紀(2017年05月17日)

【引っ込み思案?】『人見知りが治るノート』反田克彦(2016年12月11日)

すぐに使える『「あがり」は味方にできる』テクニック4選(2010年10月31日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

PDCAプロフェッショナル―トヨタの現場×マッキンゼーの企画=最強の実践力
PDCAプロフェッショナル―トヨタの現場×マッキンゼーの企画=最強の実践力

今までも何度かセールで登場していたPDCA本。

中古が未だ1400円以上しますから、送料を加味するとこのKindle版が700円弱お得な計算です。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「プレゼンテーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
プレゼンテーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク