スポンサーリンク

2018年01月09日

【ワーク・シフト】『半年だけ働く。』村上アシシ


半年だけ働く。
半年だけ働く。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨年末の「未読本・気になる本」の記事にて人気だった「働き方本」。

既に土井英司さんがメルマガで紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。

アマゾンの内容紹介から。
「半年仕事・半年旅人」を10年以上実践するITコンサルタントが教える、「単価」を2倍にして働く時間を“半分”にする、究極のワーク・シフト実践法。

なお、Kindle版は「21%OFF」なのに加えて「10%ポイント還元」となっていますから、私はもちろんこちらで読みました!





IMG_0184 / Nasya Bahfen


【ポイント】

■1.独立の旨みは「中抜き金額」の差
フリーランスの場合は、中抜きされる金額がプロジェクトを紹介してくれるエージェントへの手数料のみとなり、コンサルタント本人がもらえる報酬は会社員時代よりも確実に増えます。人によっては3倍になったというコンサルタントもいます。
 加えて、クライアントに請求する「客単価」においても、大手コンサルティング企業に所属するコンサルタントより、独立した個人コンサルタントのレートの方が相場的に低くなります。
 つまり、クライアントにとってもコンサルティングフィーが下がり、雇われるコンサルタントにとっても報酬が上がり、お互いがWin - Winの関係になれるのです。お金のことだけを考えれば、独立する旨みがここに凝縮されていると言えます。
 これらの収益構造の話は、何もコンサルティング業界に限ったことではありません。金額の規模や割合に多少の差異があるにしても、「人のスキル・知識を販売する」ビジネスモデルの場合、ほとんど同じ構造になります。


■2.「好きなこと」ではなく「得意なこと」で稼ぐ
 我々のような一般人にとっては、「好きなこと」ではなく、「得意なこと」で稼ぐのが最も再現性が高く、難度の低い独立方法と言えます。
 私の場合、元々理系出身なので、論理的に物事を捉える考え方だったり、神経質と言われるほど細かく物事をチェックする行動だったり、そういった領域が「得意なこと」です。これらはまさにコンサルティング業界で働く上で必須のスキルです。
 自分の性格・能力に適合した職種を選択し、その領域における専門性をひたすら伸ばしていくことが重要です。その仕事が好きかどうかというのは、自分本位の考え方であり、その仕事に適性があるかどうかは、価値を提供する先である相手本位の考え方です。商売とは本来、相手本位であるべきではないでしょうか。
 好き嫌いの感情なんて一生変わらない保証はどこにもありません。それよりも遺伝や環境などによって培われ、自分が好きか嫌いかとは関係なく、なぜか他人と異なってしまう自分の性格・資質の方があてになるのではないでしょうか。


■3.市場価値の高い職種で独立する
 では、どういった職種が「サラリーマンの延長線上で独立する」のに向いているのでしょうか?
 最も適しているのは、個人が所有する技術や知識そのものに高い付加価値がある職種です。いわゆる「知識産業」と呼ばれる領域です。例えばコンサルティング業界のコンサルタントや、IT業界のシステムエンジニア、ITスペシャリスト、スマホアプリやオンラインゲームのプログラマーなどは以前からフリーランス人口が非常に多い職種です。
 どんな企業でも業務の効率化、自動化、IT化に日々取り組んでいて、それらの領域に知見のあるプロフェッショナルは、人材マーケットでは引っ張りだこの状態です。
 これらの職種以外でも、業界にかかわらず経営企画や事業企画の部署で「企画」をメインにやってきた人材や、広告業界のマーケターに対しては、コンサルティングの仕事と似たような形で、新規事業立ち上げや新商品開発のプロジェクトにおいて、プロフェッショナルとしての求人が数多くあります。


■4.上司の慰留こそ独立の証明
 明確なラインはないですが、ひとつ目安になるポイントは、「上司に退職をほのめかす相談をしてみて、それへの反応を見る」というものです。
「全然やめていいよ」という反応であれば、あなたはその会社ですら戦力になれていない証拠なので、もっと会社の柵に守られながら、社畜として経験を積んだ方が身のためです。「やめないでくれ!」と慰留された時こそ、やめ時です。つまりあなたが一人前のプロフェッショナルである証拠だからです。
 四大卒で3年間サラリーマンをやって、25歳で独立が最短経路といったところでしょうか。「30代、40代で独立するにはもう遅いかも」と不安に思う人もいるかもしれませんが、今より早いスタート地点はどこにもありません。
 かつ、今や長寿化が進み、30代、40代は100年生きることを前提に人生プランを練る必要があります。30代、40代なんてまだまだ若いです。思い立ったが吉日です。


■5.独立のデメリットを受け入れる覚悟を持つ
 上司や部下がいなくなるので叱られることがないですし、部下の面倒を見る必要も、ほうれんそう(報告・連絡・相談)を逐一上司に行う必要もなくなります。
 これらの「時間的自由」「仕事上の自由」を得る代わりに、トレードオフとして当然ながら失うものがあります。代表的なものは以下の4つです。
・収入が不安定になる
・会社が担保してくれていた保障がなくなる
・社会的信用を失う
・最先端の技術、コアな事業に触れられなくなる
 これらの要素を引き受ける覚悟がある人でないと、独立は難しいと言えるでしょう。

(詳細は本書を)


【感想】

◆著者の村上アシシさんは、サッカー好きならTwitterでフォローしているであろう有名人ですし、私の元にもツイートが流れてきたことも何度か。

それもあって、そういう「日本代表サポーターの有名人」として、私も以前から存じておりました。

実際、Yahoo!のこの記事は、目にされたサッカーファンは多いのではないか、と。

ハリルホジッチ監督を酷評する理由をスポーツ新聞記者に聞いてみた(村上アシシ) - 個人 - Yahoo!ニュース

ただ、そういう活動をされるために、村上さんがどのような稼ぎ方をされていたかは全く知らず。

本書によると、「1年の約半分だけ、個人コンサルタントとしてプロジェクトに関与し、残りは世界中を旅している(主にサッカー観戦するため)」のだそうです。

一応、コンサルタントをされていることは、以前何かで目にした記憶はありましたが、そもそも「個人コンサルタント」という働き方自体、私は考えてもみなかったワケでして。


◆その「個人コンサルタント」のメリットの1つが、上記ポイントの1番目にある「コンサルフィー」。

本書ではグラフで比較されているのですが、エージェントのマージンを抜いたとしても、手取りとしては増えるのだそうです。

それはまぁ、コンサル会社としては会社全体を食わせていかなければいけないわけですから、当然と言えば当然でしょう。

ちなみに、上記では触れていませんがエージェントを活用するのも本書のメソッドの1つであり、営業活動は基本的にエージェントに任せるのだとか。

もちろん、人脈があって、そのツテで仕事が決まれば一番いいですし、村上さんも外部講師の仕事を、コンサル会社時代の同期の方に回してもらっているとのこと。

逆に、クラウドソーシングで見つかる仕事は、単価が安い案件が多いため、本書の目指す「半年だけ働く」のには向いていないのだそうです。

なお、この働き方は「個人コンサルタント」だけではなく、人員不足の企業で「業務代行」を行うことでも可能ですが、その際の単価は、個人コンサルよりもやや下がるらしく。


◆ただし、メリットがあるのと同時に、デメリットもあるのは、上記ポイントの5番目にある通りです。

正直、ここにある4つのいずれもが、独立を躊躇させるのに十分な気がしないでもなく……。

実際、上記では抜き出しませんでしたが、村上さんいわく「『何とかなる』と楽観視できる人」を、フリーランスに向いている人の特性に挙げられていました。

さらに「メンタル」と「フィジカル」のどちらもが健康であることも大事だそうで、確かにそうでもないと、次の仕事が見つからない期間が長かったり、体調を崩すことを考えたら、会社を辞められない気が。

……もっとも私も1人で事務所をやっていますが、「メンタル」も「フィジカル」も丈夫とは思えませんけどねw


◆実は上記に挙げたポイントのほとんどが本書前半からであり、後半では、暮らし方やITを活用した働き方の具体的な方策を指南されています。

ただ、その辺は「ミニマリスト本」や「ライフハック本」「ITネタ本」でも兼ねられるので、今回は割愛。

そして、このメソッドの一番のボトルネックは、「今の会社を独立しても食べていけるだけの、知識やスキルを身につけていなければならないこと」だと思います。

たとえば上記ポイントの4番目にあるように、独立をほのめかしても「んじゃ、辞めたら?」と言われしまうようでは、まだまだ時期尚早。

当ブログでご紹介する仕事術本をお読みいただき、精進していただければ、と(宣伝乙w!)。


ガッツリ稼いで、好きなことをやりたい方は要チェックです!

半年だけ働く。
半年だけ働く。
1 1年間働き通しの生活にピリオドを打とう!
2 半年だけ働く生き方
3 各業界での独立方法
4 ミニマルに生きる
5 ハイブリッドに生きる


【関連記事】

【これからの働き方】『ノマドと社畜 ~ポスト3・11の働き方を真剣に考える』谷本真由美(2013年03月13日)

【起業の心得】『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』山口揚平(2013年01月31日)

【独立志向】『フリーランスで食っていきたい!』池田園子(2012年11月14日)

ギークなら知らないと恥ずかしい『ノマドライフ』の基礎知識(2012年03月16日)

【一石多鳥?】『25歳からのひとりコングロマリットという働き方』おち まさと,本田 直之(2012年01月25日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

日本電産永守重信社長からのファクス42枚
日本電産永守重信社長からのファクス42枚

内容紹介を読むと「『徹底とスピード』の永守流経営ノウハウが盛り込まれた」作品の模様。

今回は「54%OFF」の「799円」ということで、送料加味した中古よりは500円以上お買い得となっています!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
起業全般このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク