スポンサーリンク

2017年06月30日

【100%の努力】『ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング』エディー・ジョーンズ


ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日告知した「翻訳書&ビジネス書 大感謝祭」でも意外な人気を集めていた自己啓発書。

実際、事例はラグビーがほとんどなのですが、ビジネスシーンを意識した作りとなっています。

アマゾンの内容紹介から。
成功したいなら、「日本人らしさ」を活かしなさい。ラグビー元日本代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズによる、ビジネスで即使える「成功するための心構え」が必ず身につく一冊。

中古が1000円近くしますから、セール期間内である7月6日までなら、Kindle版が400円弱お買い得です!





Rugby / Tobias4242


【ポイント】

■1.不可能なほど大きな目標を立てる
 人の中に眠っている力は、計り知れないものがあります。ほとんどの人がそれに気付いていません。
 自分の中に眠っている力を呼び覚ました人だけが、大きな成功を招き寄せることができるのだと思います。

 一般的に目標は、手の届きやすいところに置くのがいいとされています。しかし私は、そうは思いません。
 目標は、「そんなことができる訳がない」と思えるほど、大きなものを掲げるべきです。
 手の届きやすい目標は、すでにある自分の力から、予想したものでしょう。それでは「眠った力」を呼び覚ますことは、できません。今までに感じたことのない熱意を覚えたり、100パーセントの努力を傾けたりすることはないでしょう。


■2.向上心のない努力は無意味
 物事に懸命に取り組むことを、「ハードワーク」と言います。
「ハードワーク」は、日本語で言う「頑張る」とは、少し意味合いが違います。
 100パーセントの努力を傾けることと、それに加えて「今よりよくなろう」という意識が必要です。
 その意識がなければ、頑張りは無駄になります。
 いくら頑張っても結果が出ない人は、間違いなく、「今よりよくなろう」という意識が欠けているからです。
「私なんか、どうせダメだ」と思っていたり、妙な自己満足だけで頑張ったりしているからではないでしょうか。
 努力は身体的なものと精神的なものが共存して、初めて実りあるものになります。
 身体的、物理的な努力だけでは、意味がありません。精神的な努力が伴って、はじめて有意義になる
のです。


■3.欠点は条件の1つに過ぎない
 欠点は、誰にでもあります。  
 しかし、それをネガティブにとらえると、そこで負けは確定してしまいます。要は欠点とは、1つの条件にすぎないということです。
 欠点を欠点ととらえるか、ただの条件と考えるかが、勝利や成功への大きな分かれ目になるのです。

 原さんも佐々木さんも、日本人の体格が小さいことは、言い訳にしかならないことを知っています。
 体格が小さいことは、コントロールできない要素です。
 コントロールできないことは、考えるだけ無駄ですので、あれこれ考えても仕方がありません。放っておくのが一番です。(中略)
 あらゆる問題に、解決策は必ずあります。
 コントロールできない要素を言い訳にすることは、解決への道を自ら閉ざしてしまうことだと思います。


■4.努力は100%でないと意味がない
 努力という言葉はよく用いられますが、私は大きな誤解があるように思います。努力は、100パーセントのものでないと、意味がありません。80パーセントや、50パーセントのものなど、そもそも努力ではないのです。
 しかし、多くの人は、努力には程度があると思っています。80パーセントや、50パーセントのものも、努力だと考えるのです。 (中略)
 ここからは、日本の皆さんにとって、とても厳しいことを申し上げなければなりません。
 私はいろんな国の選手を指導してきましたが、努力が一番不足していると感じたのは、日本人です。
 私がコーチした日本人選手で、初めからきちんと100パーセントの努力をしている選手は、ほとんどいませんでした。


■5.自ら自身を変える機会を与えてあげる
 他人の欠点が見え、それを直してやりたいと思った時、人はどうしても高みから指摘し、命令口調で直すように言ってしまうものではないでしょうか。しかし、それではあまり効果がないと、私は思います。
 周りの人間を変えたいと思ったら、正面から指摘をするべきではありません。それでは、鬱陶しいおせっかいになることも少なくありません。
 まず、その人に、自分を客観的に見つめる機会を与えるべきです。多くの場合、人は他人に言われなくても、自分の欠点をわかっています。それを自ら、口に出させるようにすればいいのです。
 自ら口にすれば、それがきっかけになり、その人は変わっていきます。
 上司やコーチの仕事は、決して口うるさく指摘したり、命令したりすることではないと私は思います。
 大事なのは、部下や選手が、自ら自身を変える機会を与えてあげることではないでしょうか。


【感想】

◆今でこそ、ラグビー日本代表は「そこそこ勝てる」と思われている方も多いと思いますが、2015年に南アフリカから金星を挙げるまで、ワールドカップでは20年以上勝ったことがありませんでした。

ワールドカップでの通算成績は1勝21敗2分。

一方の南アフリカは25勝4敗ですから、どれだけ大番狂わせだったかが分かります。



しかし、ジョーンズ氏は就任当初、代表選手たちに「世界のトップ10に入ること」「3年後のワールドカップで必ず勝つこと」を目標に掲げました。

……その時点においては、まさに上記ポイントの1番目の「不可能なほど大きな目標」ですよね。


◆ただし、そのために彼が選手たちに要求したのが、本書のタイトルでもある「ハードワーク」。

それは上記ポイントの2番目にあるように、懸命に取り組むだけではなく、向上心をも持つ必要がありました。

さらには上記ポイントの4番目で指摘されているように、「努力は100%でないと意味がない」とのこと。

まさか日本人が「努力が一番不足している」とは思いませんでした。

その原因をジョーンズ氏は、「日本の教育と社会のシステム」にあると指摘していますが、そこだけ読むとラグビー界独特の部分もありそうな気が……(詳細は本書を)?

ただ、プロリーグがある野球やサッカーにおいても、必ずしも「100%の努力」をしているとは限らないので、私たち日本人全体の意識の問題かもしれません。


◆また、その「100%の努力」を求めるがゆえ、ジョーンズ氏は、「トレーニングに100パーセントの力を出さずに取り組んでいる」と判断したら、即刻止めさせたのだとか。

さらには、選手たちの様子を見て、「今日は弛んでいるな」と思うと、トレーニングそのものをキャンセルしたりもしたのだそう。

選手たちは、「ジョーンズ氏の虫の居所が悪い」と思ったらしいのですが、確かにそんな報道を目にした記憶がありました。

加えて「よく怒っている」という印象も受けていたものの、これも本書によると「演技」らしく、「怒らなければいけない時には、本気で怒らず演技せよ」との記載が。

逆にとある試合では不甲斐ない出来で、ハーフタイムにアシスタントコーチが怒りまくっていたところ、ジョーンズ氏は逆に優しく励ましたのだそうです。

これもジョーンズ氏によると「部下や選手の感情を敏感に感じ取り、的確な判断のもと、演技的な振る舞いをしてメッセージを送った」とのこと。

なるほど、人の上に立つポジションの方なら、参考にしていただきたいTIPSです。


◆なお、本書を通じて感じたのは、ジョーンズ氏は選手たちの国籍、年齢を問わず、分け隔てなく接していたということ。

さらにはスター意識を好まず、努力を怠らないことを強いていたということ。

実は上記ポイントの5番目の事例として、五郎丸歩選手に、自分自身の改善点を挙げさせたことが触れられていたのですが、逆にワールドカップ後、海外で思うように活躍できなかったのは、「努力を怠ったから」とバッサリです。

私自身、人よりは努力をしてきた方だと考えていたものの、まだまだ甘かったと思った次第。

久しぶりに、辛口の本を読んで身が引き締まりました。


成功するために読むべし!

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
はじめに――マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる
第1章 日本人独自のやり方で勝つ
第2章 どう戦略を立てるか
第3章 何が勝敗を分けるか
第4章 成功は準備がすべて
あとがき――部下がリーダーを超える時


【関連記事】

【メンタル】『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』荒木香織(2016年03月02日)

【自己啓発】『負けない作法』岩出雅之(2015年06月15日)

【自己鍛錬】『君もチャンピオンになれる』ボブ・ボウマン(2016年07月13日)

【名著復活】『元祖プロ・コーチが教える 育てる技術』ジョン・ウッデン,スティーブ・ジェイミソン(2014年02月03日)


【編集後記】

◆当ブログではご紹介していませんでしたが、本日6月30日までのセールとして、こんなものもありました。



Amazon.co.jp: 【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで): Kindleストア

この辺の作品は、当ブログでもご紹介してましたね。

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生
知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

はじめての確定拠出年金投資
はじめての確定拠出年金投資

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016
ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016

よろしかったら、ぜひご確認ください!


ご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52258041