スポンサーリンク

2017年06月23日

【文章術】『3行しか書けない人のための文章教室』前田安正


4023315990
3行しか書けない人のための文章教室


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日の「未読本・気になる本」でも人気だった1冊。

著者の前田安正さんは、「朝日新聞ベテラン校閲記者」という肩書であり、この手の文章術本を結構出されていらっしゃるのですが、当ブログは初登場になります。

アマゾンの内容紹介から。
「3行以上、書けない」「そもそも書くことがない」──。
そんな文章コンプレックスもすっきり解消。
コツさえつかめば、3行の文章を20行に膨らませることもできる。
実例を交えながら、文章が肉付けされる過程を丁寧に解説する実践的な一冊。

上記未読本記事でも書いたように、Kindle版なら「23%OFF」とお買い得です!





writing... / lethaargic


【ポイント】

■1.主語と述語の関係を明確にした文をつなぐ
「文を短く書こう」と言われるのは、一文が長くなると修飾語などさまざまな要素が絡み合って、主語と述語の関係があいまいになることが多いからです。できるだけシンプルに、主語と述語の関係を明確にする。そのために、1つの文は1つの要素で完結するように書こうという趣旨なのです。
 とはいえ、読み手に対して話の内容をわかりやすく伝えるには、それぞれの要素について具体的な肉付けをして、ある程度ボリュームのある文章を書く必要があります。言い方を変えると、文章全体の情報量を増やしていくということです。
 そのためには、主語と述語の関係を明確にした短い文をつないで、必要な情報を加えていけばいいということになります。本書ではこの方法を徹底してお伝えしたいと考えています。


■2.「WHY(なぜ・どうして)」の要素を加えていく
きのうデパ地下で晩ご飯買ったよ〜! おいしそう!
 これに写真をつければ、どんな晩ご飯を買ったのかは一目瞭然、説明はいりません。
 これを文章だけで、誰にでもわかるように説明していくための手段として、5W1Hを使っていきます。とりわけ、重要な要素が5番目のW=WHY(なぜ、どうして)です。
「WHY=なぜ、どうして」の要素を書き加えていくと、具体的な情報が肉付けできるからです。「文章が書けない」という人のほとんどは、この「WHY」の要素を書いていないケースが多いのです。つまり、「いつ、どこで、誰が、何を、どうした」という4W1Dでできた骨だけの文で、情報の肉付けができていないということです。


■3.過去の話にも現在形を交ぜる
・銀座に新しいビルができたことを客観的に伝える場合は、過去形
・ビルに能楽堂や屋上庭園、バスの乗降場所があるという部分は、現在形
・最後の感想部分は、過去形
 という構造になっています。これは、映画づくりの手法に似ています。(中略)
 このように、実際にその現場で動きを見せる場合は、現在形を使うのです。そうすると、主体的な動きが出てきます。
 これは先に述べたように、ある状況から、行動を起こし、それによって変化していくのが、人間の行動パターンに似ています。このなかで、「状況」の報告は過去形で表すことが多く、「行動」は現在形で書くことが多くなります。つまり、文章に動きを出すためには、現在形をうまく生かすことです。言い換えれば、「行動」をいかに文章に書き込んでいけるか、ということでもあるのです。過去形ばかりで書いていくと平板な感じがするのは、この裏返しの理由によるのです。


■4.慣用句を使わずに表現する
 父はいつも苦虫をかみつぶしていたような顔をしていた。(中略)
「苦虫をかみつぶしたような顔」という慣用句だけでは、父の様子はうまく描き切れません。眉間に刻まれた皺、こけた頬、無精ひげ、胃の辺りを押さえる左手、爪の色、背中の薄さなど、細部を一つ一つ拾うようにして書いていきます。
 そうすると、読み手にそのイメージが具体的に伝わり、文章に迫力が増してきます。
 観察眼というと何やら難しいことのように思えますが、普段私たちが見落としていることに意識を働かせて、細部を記録することなのです。


■5.書きだしに困ったら、主題をさらけ出す
 カルチャーセンターで「夏」というお題のエッセイを書いてもらいます。すると、
「夏といえば、故郷・山形の夏の風景を思い出す」
 という書き出しをする方が、結構多いことに気づきます。
「夏」というお題を受けて、「夏といえば」と書いてしまうのです。(中略)
 それほど、文章の書き出しは難しいし、怖いのです。書き出しに困ったときに、私がいつも参考にしているものがあります。
春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこし明かりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。
 清少納言の『枕草子』です。「春はあけぼの」と言い切るところがいいですね。冒頭の例でいけば、「夏は山形」と言い切ってもいいように思うのです。その方が、インパクトがあると思いませんか。


【感想】

◆文章術本にも色々タイプがあると思うのですが、大まかに分けると「何を書くか」と「どう書くか」に分けられるかな、と。

たとえば「人を説得する本」なら前者ですし、「てにをはから指導する本」なら後者。

なお、あくまで一般論ですが、後者の方が「ルール」を重視する関係上、どの本もある程度同じ結論に落ち着くハズです。

対して前者は、ある程度「ルール」を踏まえているという前提で、「何を書くか」について著者が独自に論じていると思われ。

つまり、書かれている内容は、結構バラエティに富んでいるという印象があります。


◆そこで本書なのですが、そもそもタイトルにあるように「3行」レベルの例文を、どんどん肉付けしていく仕様。

長い文を削るパターンは良く見かけますが、逆に増量していく本というのは、おそらく当ブログでは初めてだと思います。

たとえば本書の例から1つ引用すると、
きのう、デパ地下で私は晩ご飯を買って帰った。
という短い文があって、これに上記ポイントの2番目のように「5W1H」によって、どんどん情報を加えていくという(詳細は本書を)。

もちろん、その背景やら理由は、こちら側では分かりませんから、「どう改善したらいいか」とか考えようはないのですが、あれやこれやと情報が加わって、この例文の最終的な改善例だと、20字ほどの短文が、200字を超える文章(6文)になっています。

ちなみに、「6文」と書いたように、上記の文を「1文のまま」増やすのではなくて、上記ポイントの1番目にあるように、「主語と述語の関係を明確にした短い文をつないで、必要な情報を加えて」いますので、その点はご留意を。


◆また、個人的になるほど、と思ったのが、上記ポイントの3番目の「過去の話に現在形を使う」というTIPS。

引用が長くなるのを避けるため、上記では例文を割愛したのですが、意味が分かりにくいので、ここで改めて引用を。
 銀座に新しいビルができたというので、遊びに出かけた。ビルに入るだけで2時間も行列に並ばなければならなかった。さまざまなブランドがビルのなかに収まっているが、単なる高級ブランドの集合ではないのだという。「人生を豊かにする」がコンセプトになっており、地下には能楽堂があり、屋上庭園も造られている。昨今の海外観光客のために観光バスの乗降場所もあり、そこから直接ビルに入ることができるという。
 それにしても、この人の多さには驚いた。この賑わいが落ち着いたころ、もう一度遊びに行こうと思った。
なるほど、このように現在形を用いることで、「行動」が盛り込めるのだな、と。

なお、過去形ばかりだと「平坦な感じ」と指摘されていますが、私の場合、単に文末のリズムを考えて、現在形を使うことが多かったです。

……「行動」とかは、あまり関係なさげなヨカン(ダメじゃんw)。


◆一方、上記ポイントの4番目の「慣用句を使わない」TIPSも、類書に比べると、かなり細かいです。

上記ではどういう部分に注目しているかが書かれていますが、実際の改善例だと、「苦虫をかみつぶしていたような顔」に「どうしてなったのか」から始まり、具体的な顔のパーツの状態にまで言及。

上記にあるように「文章に迫力が増してきます」というのも納得です。

ただ、「例文」と「改善文」のような「Before & After」がある場合、類書だと文を短くしたり、表現を変える改善がほとんどだと思うので、読者も自分で考えることはできるのですが、本書のパターンだと、この例に限らず「言われるがまま」に読み進めるしかないんですよね。

……もっとも私の場合は、自分でトライせずサクサク読んでしまうので、あまり気にならなかったのですがw


何を書くべきかの指針が分かる1冊!

4023315990
3行しか書けない人のための文章教室
第1章 3行以上書くための基本

第2章 具体的に書くためのコツ

第3章 「観察眼」を身につける


【関連記事】

【文章術】『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』山口拓朗(2016年11月05日)

【文章術】『必ず書ける「3つが基本」の文章術』近藤勝重(2015年11月28日)

【オススメ】『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』唐木 元(2015年08月14日)

【文章術】『文章は読むだけで上手くなる』渋谷和宏(2014年12月25日)

【文章術】『150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方』高橋フミアキ(2011年11月10日)


【編集後記】

◆昨日、土井英司さんがメルマガで激賞していたこの本なのですが。

生涯投資家 (文春e-book)
生涯投資家 (文春e-book)

「著者の与太話を書いて、話題性だけで売れている『多動力』と比べると、100倍価値のある本」とまで言い切っちゃってるので、今朝、アマゾンで確認したら、バリバリの新刊なのにKindle版が「50%ポイント還元」になっていますね!?

いつまでなのかが分からないので、お求めはお早めに!


【編集後記2】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101 写真がもっと上手くなる101シリーズ
写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101 写真がもっと上手くなる101シリーズ

私はデジタル一眼持ってないんで活用しようがないのですが、「72%OFF」という激安設定のおかげで、Kindle版が500円弱お買い得となっています。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52257439