スポンサーリンク

2017年02月22日

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「幻冬舎 電本フェア」】



/ Olivier Bruchez



【はじめに】

◆昨日同様、本日2本目の記事は、明日2月23日で終了するKindleセールの「終了前日ランキング」。

今回対象となるのは、こちらのセールです。

【最大50%OFF】幻冬舎「電本フェア」始まりました!(2017年02月11日)

比較的セール期間が長かったこともあり、おかげさまで、ご紹介した作品数の割には、多くの方にお求めいただけました。

そんなセールもいよいよ明日が最終日ですから、今一度、買い忘れがないかご確認ください!




【「幻冬舎 電本フェア」上位20冊】

第20位

空気を読んではいけない (幻冬舎単行本)
空気を読んではいけない (幻冬舎単行本)


◆ポジション的には、「Net須藤元気」とでも言うべき(?)青木真也さんの自己啓発書

中古自体のお値段がKindle版と近いので、Kindle版が300円ほどお買い得となっています。


第19位

熱狂宣言 (幻冬舎文庫)
熱狂宣言 (幻冬舎文庫)


◆本書の場合、著者の小松さんがアスリート本等で既知だったため、出た当時から結構気になっていました。

この文庫本ではなくて、単行本の方の中古が、ほぼ底値なのですが、Kindle版と大差ないので、興味のある方はこの機会にぜひ。


第18位

次元上昇日記 ベストセレクション50 (幻冬舎plus+)
次元上昇日記 ベストセレクション50 (幻冬舎plus+)


◆人気コラムニスト・辛酸なめ子さんが、幻冬舎plusの連載「次元上昇日記」で2013年11月〜2016年4月にかけて公開した記事の一部を抜粋し再構成したもの、とのこと。

残念ながら、告知時に比べて値上がりしてしまったのですが、それでも50本で432円なら、1本8円ちょっとですw


第17位

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)


◆今回唯一の「未紹介」からのランク入りを果たしたのがこちら。

新書だけに中古は値崩れしていますが、送料と「20%ポイント還元」を加味すると、Kindle版に軍配が上がります。


第16位

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない (幻冬舎単行本)
日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない (幻冬舎単行本)


◆毎回セールのたびに、読もうかどうか迷う作品なのですが、レビューしたら、Google先生にペナルティ課されそうな気が。

徐々に中古も値下がりしているものの、Kindle版が400円ちょっとお得です。


第15位

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)
うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)


◆いきなりGoogle先生的に危ない作品がランク入りw

中古のプレミアはなくなりましたが、それでもKindle版が800円以上お買い得です。


第14位

作家の収支 (幻冬舎新書)
作家の収支 (幻冬舎新書)


◆出た当時、大変な話題となった、森先生の収支暴露本。

さすがに中古の値段は底値に近くなりましたが、なぜか「52%OFF」に「40%ポイント還元」までついて、実質「中古の送料以下」となっております(謎)。


第13位

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

◆こちらは長期に渡って新刊の在庫切れが続く、橘玲さんの「黄金の羽根」シリーズ最新刊。

Kindle版は「60%OFF」ということで、送料加味した中古よりも1300円ほどお得となっています。

参考記事:【名著再び】『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』橘玲(2014年09月29日)


第12位

日本人はこれから何にお金を落とすのか? (幻冬舎plus+)
日本人はこれから何にお金を落とすのか? (幻冬舎plus+)


◆電子版のみでリリースされる「幻冬舎plus+」のラインナップからの1冊。

この手のテーマが好きな方にとっては、400円ちょっとのこのお値段ならご満足いただけるかと。

参考記事:【マーケティング】『日本人はこれから何にお金を落とすのか?』坂口孝則:マインドマップ的読書感想文(2016年10月31日)


第11位

生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ
生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ


◆アマゾンのページでは紐付けされていませんが、単行本『アドラーに学ぶ―生きる勇気とは何か』のKindle版。

そちらの中古と比較しても、このKindle版が800円弱お得な計算です。


第10位

空気のつくり方 (幻冬舎単行本)
空気のつくり方 (幻冬舎単行本)


◆私が単行本をプロパーで買った作品が、こうしてほぼ「60%OFF」で売られているのを見るのは、気持ち的に複雑ですが、今後はそういうこともどんどん増えるのだろうな、と。

中古もそこそこのお値段ですから、Kindle版が600円ほどお求めやすくなっています。

参考記事:【実践的マーケティング】『空気のつくり方』池田 純(2016年09月05日)


第9位

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)
子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)


◆前々からセールのたびに思っていたのですが、中古があまり値崩れしない人気「脳ネタ」本。

中古に送料足すと、Kindle版が350円ほどお得です。


第8位

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)

◆幻冬舎さんのセールでは、どうしても橘玲さんの作品を数多くご紹介してしまうのですが、本書でランク入りも2冊め。

単行本の中古が底値なのですが、Kindle版は中古の送料とあまり変わらないお値段なので、下記レビューもご参考の上、ぜひご検討ください。

参考記事:【問題作?!】『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘 玲(2010年10月01日)


第7位

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が犲蠱戮讚瓩砲覆訌阿 (幻冬舎単行本)
有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が犲蠱戮讚瓩砲覆訌阿 (幻冬舎単行本)


◆私はこの本が出た当時に、Kindle版をこの倍値で買いましたが、単行本と比べると今回のセール価格は「60%OFF」とのこと。

中古もそれほど値崩れしていませんから、Kindle版が800円以上お得となります。

参考記事:【働き方】『有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が犲蠱戮讚瓩砲覆訌阿法拮攣穫舵(2016年11月01日)


第6位

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気 (幻冬舎単行本)
子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気 (幻冬舎単行本)


◆今朝ご紹介したばかりの、岸見先生による「アドラー流子育て本」。

中古にプレミアが付いているため定価と比較して、Kindle版が700円以上お買い得です。

参考記事:【アドラー流?】『子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気』岸見一郎(2017年02月22日)


第5位

総理 (幻冬舎単行本)
総理 (幻冬舎単行本)


◆実は告知記事でご紹介した、同じ山口敬之さんの新刊『暗闘』の方も、●冊お買い上げいただいているのですが、そもそもそちらはセール対象外なので割愛w

そして肝心のこちらは、Kindle版の方が600円以上お得なせいか、政治本を扱わない当ブログとしては異例の売上を記録しております。


第4位

知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語
知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語


◆上記で「橘玲さんの本が多い」と申し上げましたが、まさかこの本がその中でもっともお買い上げいただくとは思ってもみませんでした。

中古がほぼ底値なのですが、Kindle版が234円で中古の送料以下ですから、ファンなら一応押さえておきたいところかと。


第3位

1分かかる説明が5秒でおわる“伝わる数字”のつくり方  人を動かす!数学的コミュニケーション術1 (幻冬舎plus+)
1分かかる説明が5秒でおわる“伝わる数字”のつくり方  人を動かす!数学的コミュニケーション術1 (幻冬舎plus+)


◆上記12位と同じく「幻冬舎plus+」からの1冊は、いかにも当ブログの読者さんの好きそうな(?)「数字本」。

紙版がないので、ボリュームがさっぱり見当がつかない(画像が含まれているとファイルサイズがピンキリなので)のですが、200円ちょっとなら、気軽にお試しいただけるかと。


第2位

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ (幻冬舎単行本)
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ (幻冬舎単行本)


◆今回もっとも驚いたのが、この本の躍進ぶりであり、思わず私も釣られて(?)買ってしまいましたw

中古のプレミアはなくなったものの、Kindle版が600円以上お得ですから、将来に向けて読んでおくのもいいかもしれません。


第1位

日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)
日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)


◆中古にプレミアが付いている先月出たばかりのこの本が、「60%OFF」とあっては、人気が出ても当然かと。

私もさっそく買って、下記のようにレビューしていますので、よろしかったらご参考まで。

参考記事:【大変革?】『日本3.0 2020年の人生戦略』佐々木紀彦(2017年02月14日)


【関連記事】

【最大50%OFF】幻冬舎「電本フェア」始まりました!(2017年02月11日)


【編集後記】

◆私が欠かさず読んでいるコミックの1つが『ベイビーステップ』というテニスマンガなのですが、こちらが現在、なぜか「34%ポイント還元」というお買い得状態になっておりまして。



最新刊である43巻も、このように「34%ポイント還元」。

ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ(43) (週刊少年マガジンコミックス)


何冊かは「20%ポイント還元」だったりするものの、どういう切り分けなのかは謎と言いますかw

たまに多めのポイント還元のときに、対象作を何冊か買っていたのですが、今回かれこれ20冊近く買ってしまいましたよ……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:00
TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52246867