スポンサーリンク

2017年02月14日

【大変革?】『日本3.0 2020年の人生戦略』佐々木紀彦


日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)
日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)



【本の概要】

◆今日お送りするのは、先日の幻冬舎「電本フェア」の記事にてご紹介した1冊。

先月末に出た作品なのに、このKindle版はいきなり「60%OFF」と激安状態になっております。

アマゾンの内容紹介から。
日本人よ、挑戦に身を投げろ!2020年を境に日本が根幹から変わる。そんな「日本3.0」時代を生き抜くための必読書!
70年周期で日本にやって来るガラガラポン革命がまもなく起こり、日本は第3ステージを迎える。明治維新から敗戦までの「日本1.0」、敗戦から現在までの「日本2.0」。そして、それに続く「日本3.0」時代は、国家、経済、働き方、そのすべてに衝撃的なまでの変化が起こり、対応できない者は生き残れない。そんな激動の「日本3.0」時代を生き抜くための必携の書。

一応単行本も中古がお安くなってきましたが、セール期限の2月23日までは、このKindle版がお買い得です!





Fortune Global Forum 2013 / Fortune Live Media


【ポイント】

■1.第3の「ガラガラポン革命」を引き起こす「10のファクター」
(1)年功序列の終わり
(2)正社員と非正規社員の格差解消
(3)男女逆転
(4)外国人労働者の登用
(5)難民
(6)業界再編・伝統企業の倒産
(7)スタートアップの興隆
(8)第4次産業革命
(9)交通革命
(10)グローバル化

(詳細は本書を)


■2.日本のスタートアップが物足りない3つの理由
 ひとつ目は、ビジョンや理念が弱いということです。もちろん、スタートアップは明日をも知れぬ存在ですから、当初はビジョンどころではありません。ただ、企業として形ができてきたら、やっぱり心沸き立つビジョンが欲しい。(中略)
 2つ目のスタートアップの問題は、ひとつ目の理由とも絡んできますが、まだ真の一流の人材が十分に参入していないことです。(中略)
 最後に、スタートアップの3つ目の課題は、テクノロジーに精通した経営者が少ないことです。
 スタートアップは弱小勢力です。小さいものが、大きなものに勝つには、テクノロジーの力が不可欠です。テクノロジーはいわば能力増幅器です。テコの原理が働きますので、1を10、100にすることができます。しかし、日本の起業家には文系が多く、テクノロジーを知り尽くした人材があまりいません。そのため、どうしてもテクノロジーのパワーを十分に活かせず、人材の力がモノをいう「労働集約的なビジネス」になってしまうのです。そうなると、人の数と質で優れる大企業に勝てません。


■3.会社に残れる7つのプロ
(1)少人数のトップマネジメント
(2)スリム化されたバックオフィス  
(3)チーム作りに長けた中間管理職
(4)人間力あふれる営業  
(5)ストーリーを創れるマーケティング・ブランディング  
(6)センスと粘りのある商品・サービス開発(+製造)  
(7)成長を生む「海外事業」「M&A」「新規事業」のプロ

(詳細は本書を)


■4.日米エリートの差は教養にあり
 日本の受験勉強を中心にしたシステムは、物知りな「クイズ王」を生むことはできます。ただし、古典や芸術に親しんだ「教養人」を生むことはできません。日本には頭がいい人はたくさんいますが、教養人はほぼ皆無です。
 教養とは、単に知識が豊富なことでも、IQが高いことでも、論理的思考能力が高いことでもありません。それは、思考法、倫理、芸術的センス、学ぶことへの姿勢、好奇心などを包括した「知の総体」とでも言うべきものです。知の基礎体力とも言えます。
一方、米国には、勉強秀才を超え、本物の知を体得した「知の怪物」がいます。米国製エリートは、若い頃から古典を山ほど読み、山ほど文章を書き、山ほど議論を重ねることで、知力を鍛え抜いています。それこそが日本製エリートとの違いです。


■5.日本にリーダーがいない3つの理由
 ひとつ目は、時代背景です。戦後の日本では、長らく、「決断型リーダー」が不要だったのです。
 高度経済成長期のビジネスには、戦略は要りませんでした。ひたすら市場が右肩上がりで伸びるのですから、とにかく攻めまくればいい。「攻める」という戦略が正しければ、戦術の多少のミスは成長が覆い隠してくれました。「調整型リーダー」がいてくれれば事足りたのです。(中略)
 2つ目は、育成問題です。「決断型のリーダー」がいなくてもよかった期間が長すぎたがゆえに、リーダーを発掘・育成するシステムとノウハウが日本から失われてしまいました。(中略)
 3つ目は、損得の問題です。
 損得というとセコくなりますが、リーダーになることが損な時代になっているということです。ただし、ここでいう損得とは単純にお金の話ではありません。社会からの尊敬や、リーダーを見る人々の気持ちなども含みます。

(詳細は本書を)


【感想】

◆何やら、やたらと項目列挙ばかりで恐縮です。

実際はこれら以外にもやたらハイライトしまくった(過去最多かそれに近い量でした)のですが、その多くがたとえば上記の項目における、個々の中身の解説だったりするので、レイヤーをできるだけ上の方で合わせたと言いますか。

さて、本書の主たるテーマは、冒頭の内容紹介にもあるように、2020年辺りから起こるのではないか、と著者の佐々木さんが予想している「大転換」以降の時代、「日本3.0」になります。

これは過去における「明治維新以降」や「第二次世界大戦の敗戦以降」のように、それまでの時代と大きな変化があるもの。

それを「国家」「経済」「仕事」等の観点から、それぞれ章を分けて分析されているのは、下記目次のとおりです。


◆まず第1章では、総論的なお話からスタートしており、上記ポイントの1番目もここからのもの。

この「10のファクター」のうち、前半5つは「人の移動」や「下克上」をもたらす「ミクロの要因」であり、後半5つは、国や企業に変化をもたらす「マクロの要因」になります。

ただ、2020年までに起こりうるか、と考えると、ちと微妙な気が。

特に(3)の「男女逆転」や「難民」辺りは、ここ数年でドラスティックに変わるとは、個人的には思えませぬ。

……もっとも、アメリカは大統領が変わっただけで、別の国のようになりましたから、日本だって分かりませんか。


◆続く上記ポイントの2番目は、章で言うと1つ飛ばして第3章の「経済」からになります。

安倍内閣は「第4次産業革命」を成長戦略の柱に据えていますが、そのキーとなるのがスタートアップ。

ただし米国に比べて、日本のスタートアップが今ひとつな理由が、このポイントの2番目では述べられています。

特に3番目の「テクノロジーに精通した経営者が少ない」という点については、本書では「日本のネット業界における時価総額トップ10」がリスト化されているのですが、韓国系の2社以外は、創業者は皆「文系」とのこと(詳細は本書を)。

ゲイツやジョブズ、ザッカーバーグ、ベゾズらが、こぞって理系である米国とはずいぶんと違います。

日本だって、昔の創業者(本田総一郎、松下幸之助、井深大、等)は理系だったんですけどね……。


◆そして当ブログの読者さんにとって、一番気になるであろうパートが、第4章の「仕事」です。

上記ポイントの3番目では、AI時代であっても生き残る「7つのプロ」を列挙。
端的に言えば、「決めるプロ」と「サポートのプロ」と「チーム作りのプロ」と「売るプロ」と「伝えるプロ」と「創るプロ」と「買うプロ」。この7つのプロが会社の主役となり、企業をリードしていきます。
なお、そのほかの社員は、各領域のリーダーのフォロワーとして働く、とのこと。

逆に「中途半端なホワイトカラー」はどんどん居場所を失っていく、というのが佐々木さんの見立てです。

また、こうしたカテゴリーとは別に、「働き方のコース」も4つに分けて解説されているので、こちらもぜひお見逃しなく。


◆さらに、第5章では「大学教育」、第7章では「リーダー」に関しても、かなり掘り下げているのですが、当ブログではどちらも微妙なテーマなので、ここでは割愛(一応それぞれからポイントを4番目と5番目を抜き出しましたが)。

ただ、前者は、かつてこのな本を書かれた佐々木さんの面目躍如かな、と。

米国製エリートは本当にすごいのか?
米国製エリートは本当にすごいのか?


参考記事:【国際派?】『米国製エリートは本当にすごいのか?』佐々木紀彦(2011年07月21日)

後者に関しても「リーダーが生まれない理由」だけでなく、割愛しましたが「新時代のリーダーに求められる7つの力」のように前向きなお話もありますからご安心を。

いずれにせよ本書は、グラフや表を多用して理解を促しており、また、引用や参考文献がすべて注釈されている(Kindleですとリンクで飛べます)「グローバル」な構成でした。


近未来を知るために、セール期間内に買うべし!

日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)
日本3.0 2020年の人生戦略 (幻冬舎単行本)

第1章 日本3.0の始まり
第2章 日本3.0と国家
第3章 日本3.0と経済
第4章 日本3.0と仕事
第5章 日本3.0と教育
第6章 日本3.0とリーダー


【関連記事】

【国際派?】『米国製エリートは本当にすごいのか?』佐々木紀彦(2011年07月21日)

【STEAM?】『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』成毛 眞(2017年01月08日)

【文系必読?】『理系に学ぶ。』川村元気(2016年05月02日)

【キャリア】『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(2013年09月01日)

【必読!】『10年後に食える仕事、食えない仕事』渡邉正裕(2012年02月04日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる! (SB新書)
非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる! (SB新書)


目次やレビュー等を読む限り、練習方法ではなくて、ホントに「直前24時間内」にできることばかり書いてある模様。

実際にフルマラソンを走る方は少ないと思いますが、ご参考まで。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52246172