スポンサーリンク

2017年02月02日

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「早川書房ポイント還元セール」】



Amazon Kindle / robertnelson



【はじめに】

◆本日2本目の記事は、明日2月3日で終了するKindleセールの「終了前日ランキング」。

今回対象となるのは、こちらのセールです。

【メモ】早川書房Kindle本ポイント還元セール開催中!(2017年01月29日)

冊数的には少な目でしたが、さすがすべて翻訳本だけあって、意外と多くの方にお求めいただきました。

なお、セール期限はkoboの楽天スーパーDEALキャンペーンの追随と考えると、「2月3日午前9時59分」まで!

もう21時間しかありませんから、今一度、ご確認よろしくお願いします!





Kindle 2 / bfishadow


【「早川書房ポイント還元セール」上位10冊】

第10位

超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)
超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)


◆著者のテトロックは「専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げ並みのお粗末さ」という調査結果で注目を浴びたペンシルベニア大学経営学・心理学教授。

セール期間中に中古が値上がりしており、Kindle版が500円以上お買い得となっています。

参考記事:【全20冊】未読本・気になる本(2016年10月27日)(2016年10月27日)


第9位

決定力! 正解を導く4つのプロセス
決定力! 正解を導く4つのプロセス


◆基本的に、チップ&ダンのハース兄弟の作品は、当ブログの読者さんなら全部読んでいただきたいところ。

相変わらずギリギリで中古の方がお得なのですが、下記レビューにあるように、付箋を貼りまくった作品ですので、ぜひご検討ください!

参考記事:【スゴ本!】『決定力! :正解を導く4つのプロセス』チップ・ハース,ダン・ハース(2013年09月20日)


第8位

ずる 嘘とごまかしの行動経済学
ずる 嘘とごまかしの行動経済学


◆今回のセールは「行動経済学ネタ」が多かったのですが、こちらもその中の1冊。

「60%OFF」&「39%ポイント還元」のコンボのおかげで、Kindle版の方がお買い得です。

参考記事:【オススメ】『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー(2012年12月11日)


第7位

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略


◆私のように、オリジナルの『競争の戦略』を見ただけで挫折した方にオススメ(?)なのが、ポーター本人が「全面協力」したという本書。

中古がやや値上がりした結果、Kindle版が500円以上お得な計算です。


第6位

小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード (ハヤカワ文庫NF)
小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード (ハヤカワ文庫NF)


◆よくよく考えたら、この本、下記のとおり新書版を読んでいたのですが、「イラスト収録版」ということで、私のよりもバージョンアップした模様。

そちらの中古は底値ではありますが、文庫版の中古はまだ高いのと、旧版はKindle化されていないので、Kindleユーザーの方は、本書一択かと。

参考記事:【起業&仕事術】「小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則」(2010年02月26日)


第5位

スイッチ!
スイッチ!


◆9位の本に続いて、もう1冊ハース兄弟の作品を。

こちらも中古が告知時より値上がりして、Kindle版が300円弱お得になりましたが、旧版の方だと中古に軍配が上がるので、お好きな方で。

参考記事:【オススメ】『スイッチ! 「変われない」を変える方法』チップ・ハース, ダン・ハース(2010年08月11日)


第4位

会議でスマートに見せる100の方法 (早川書房)
会議でスマートに見せる100の方法 (早川書房)


◆昨年末にレビューしたばかりのこの作品も、いきなり600円弱ポイント還元となりました。

中古に送料を足すと定価を超えますから、その定価と比較しても、Kindle版が700円以上お買い得です。

参考記事:【ネタ?】『会議でスマートに見せる100の方法』サラ・クーパー(2016年12月20日)


第3位

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


◆内容紹介の初っ端に「行動経済学ブームに火をつけたベストセラー」とありますが、まさに私も同意の名著。

引き続きKindle版は、文庫本の中古よりは400円弱お得であり、単行本の中古と比べても、Kindle版の方がお求めやすくなっています。

参考記事:【スゴ本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー(2008年12月15日)


第2位

ファスト&スロー (上)
ファスト&スロー (上)


◆一般的に言うところの「行動経済学の名著」という意味では、むしろ本書の方がふさわしく、著者のダニエル・カーネマンは、ノーベル経済学賞受賞者。

なぜか表示されない(?)文庫の中古も、送料を足すと定価を超えますから、圧倒的にこのKindle版がお得です。

参考記事:【速報!】プレミア付きの名著『ファスト&スロー』がいよいよ文庫化!(2014年06月17日)


第1位

いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学 (早川書房)
いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学 (早川書房)


◆告知記事でも触れたように、単行本に付箋を貼りまくったスゴ本。

在庫が復活しましたが、中古がほとんど値崩れしていないため、Kindle版が900円弱お得な計算です。

参考記事:【オススメ!】『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』センディル・ムッライナタン,エルダー・シャフィール(2015年03月01日)


【編集後記】

◆今回、惜しくも11位となったのはこちらでした。

貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで (早川書房)
貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで (早川書房)


中古が値上がりしたため、Kindle版が900円以上お得となっています(内容的には下記のHONZさんのレビューをご参考まで)。

参考記事:『貨幣の「新」世界史』ハンムラビ法典からビットコインまで - HONZ


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 13:00
TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52245253