スポンサーリンク

2017年01月29日

<終了済み>【メモ】早川書房Kindle本ポイント還元セール開催中!


https://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1?rh=n%3A2250738051%2Cn%3A%212250739051%2Cn%3A2275256051&hidden-keywords=B01MTYDZL2%7CB01NCJVL06%7CB01MDQ77JG%7CB01J1K35KQ%7CB01ENAMQV8%7CB014F70PU8%7CB012LXV9N0%7CB010COOG9O%7CB012LXVDM2%7CB00HS9IP26%7CB00FJ1DWBE%7CB00K1A75N4%7CB00ARDNMEQ%7CB00AO5R6QC%7CB009DEMPT8%7CB009SJNCJ0%7CB00JFLJ13W%7CB00B8PN4JU&ie=UTF8&qid=1485609412


【はじめに】

◆今日は朝から、久しぶりにKindleセールのご紹介を。

……ホントはKindleで買った新刊本にハイライトを引いたのが、Kindleハイライトに反映されていなかったので、急遽予定を変更したのですが。

ということで、きんどうさんの記事で知ったのが、こちらの早川書房さんのポイント還元セールです。

Amazon.co.jp: 早川書房 Kindle本 35%ポイント還元: Kindleストア

ラインナップを見る限り、早川書房さんの実用書の一部のようで、フィクションはすべて対象外。

その結果、規模的にはこじんまりとしたものとなっているので、買い損ね本や気になる本があったらラッキー、というスタンスがよろしいかと。

なおセール期限は、きんどうさん情報によると、「2月3日(金)」の午前中までとのこと。

ただし非公式セールゆえ、いきなり終了しても文句が言えないので、お求めはお早めに!

注:このセールは終了しました。





P1020191 / kenming_wang


【早川書房「35%ポイント還元セール」より】

会議でスマートに見せる100の方法 (早川書房)
会議でスマートに見せる100の方法 (早川書房)

会議に悩むビジネスパーソン必携!会議でスマートに見えること。それがトッププレイヤーになる一番の近道だ。でも、会議中は眠くなったり、つぎの休暇やランチのことで頭がいっぱいになったりしてスマートに見せるのが難しくなるときもある。そんなときこそ本書の出番だ。著者がYahoo!とGoogleで働きながら、会議に集中するふりをして書きとめた裏ワザの数々を大公開。これを実践すれば、すぐにデキる人の仲間入り!(会議の暇つぶしにもなるはず。)全世界500万ビューのビジネスあるあるブログが、ついに書籍化。

◆先月私がフツーに買ったこの本も、いきなり500円以上ポイント還元に!

中古もまだ値崩れしていませんから、600円以上お得となっています。

参考記事:【ネタ?】『会議でスマートに見せる100の方法』サラ・クーパー(2016年12月20日)


ファスト&スロー (上)
ファスト&スロー (上)

我々の直感は間違ってばかり? 意識はさほど我々の意思決定に影響をおよぼしていない? 心理学者ながらノーベル経済学賞受賞の離れ業を成し遂げ、行動経済学を世界にしらしめた、伝統的人間観を覆す、カーネマンの代表的著作。2012年度最高のノンフィクション。待望の邦訳。

◆行動経済学の名著中の名著のKindle版は、やはり中古がそこそこ高くて600円弱のお買い得。

ただ、下巻の方は「20%ポイント還元」なのが、ちと残念かな、と。

参考記事:【速報!】プレミア付きの名著『ファスト&スロー』がいよいよ文庫化!(2014年06月17日)


超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)
超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)

「専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げ並みのお粗末さ」という調査結果で注目を浴びた本書の著者テトロックは、一方で実際に卓越した成績をおさめる「超予測者」が存在することも知り、その力の源泉を探るプロジェクトを開始した。その結果見えてきた鉄壁の10カ条とは……政治からビジネスまであらゆる局面で鍵を握る予測スキルの実態と、高い未来予測力の秘密を、米国防総省の情報機関も注目するリサーチプログラムの主催者自らが、行動経済学などを援用して説く。《ウォール・ストリート・ジャーナル》《エコノミスト》《ハーバードビジネスレビュー》がこぞって絶賛し、「人間の意思決定に関する、『ファスト&スロー』以来最良の解説書」とも評される全米ベストセラー。

◆その『ファスト&スロー』を引き合いに出すほどの全米ベストセラーに関しては、下記未読本記事にて注目しておりました。

やや値崩れ気味とはいえ、Kindle版が300円以上はお得な計算です。

参考記事:【全20冊】未読本・気になる本(2016年10月27日)(2016年10月27日)


いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学 (早川書房)
いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学 (早川書房)

いつも時間に追われていて、思うとおりに物事が片付けられない。それなりの収入はあるのに、目の前の出費のために、借金を重ねてしまう。ダイエットをしようとたびたび取り組むけれど、長続きしない。人の気を引こうと熱をもって話しかけるが、いつも相手はつまらなそうなだけ。薬を処方通りキチンと飲まないから、いつまでも治らない。こうした、同じ状態から抜け出せない人は多いですが、じつはこれらはすべて、必ずしもその人の資質によらない、ある共通の要因がもとで起こっていたのです。さまざまのめざましい実験・研究成果を応用し、期待の行動経済学者コンビが初めて世に贈る1冊。

◆下記レビューの画像でもお分かりのように、単行本に付箋を貼りまくったオススメ作。

在庫がなく、中古もほとんど値崩れしていないため、Kindle版が800円以上お求めやすくなっています。

参考記事:【オススメ!】『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』センディル・ムッライナタン,エルダー・シャフィール(2015年03月01日)


予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」―。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!行動経済学ブームに火をつけたベストセラーの文庫版。

◆今や行動経済学分野をリードする、ダン・アリエリーのデビュー作の文庫版。

Kindle版は、この文庫本の中古よりは300円弱お得であり、単行本の中古と比べても、Kindle版に軍配が上がります。

参考記事:【スゴ本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー(2008年12月15日)


行動経済学の逆襲 (早川書房)
行動経済学の逆襲 (早川書房)

伝統的な経済学の大前提に真っ向から挑んだ行動経済学。そのパイオニアが、自らの研究者人生を振り返りつつ、“異端の学問”が支持を集めるようになった過程をユーモアたっぷりに描く。行動経済学は、学界の権威たちから繰り返し糾弾されながらも、どのように反撃して強くなっていったのか?これからどう発展し、世界を変えていけるのか?“ナッジ”の提唱者がすべてを書き尽くした渾身の力作。

◆何やら行動経済学の本が続きますが、こちらは真正面からタイトルにうたった分厚い1冊(単行本:527ページ)。

元値も高いだけあって、Kindle版が1100円弱お買い得となっています。


小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード (ハヤカワ文庫NF)
小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード (ハヤカワ文庫NF)

ビジネスの常識なんてウソっぱちだ。会社を成功させるのに、事業拡大も、派手な広告も、会議も、徹夜も、長期計画も、オフィスも必要ない。少人数でシンプルに、臨機応変に―自分流のやり方を作り上げながら僕たちは成長してきた。世界的ソフトウェア開発会社「37シグナルズ(現・ベースキャンプ)」の創業者と開発者が、成功をつかむための常識破りな手法を伝授する。いま、ビジネスに真に必要な考え方を示す必読の書。

◆こちらは一転して、当ブログでも人気のある仕事術本

中古に送料を加味すると定価を超えるので、その定価と比べても、Kindle版が300円弱お求めやすくなっています。


〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

マイケル・ポーター全面協力。ポーターの競争戦略論をシンプルかつ十全に学べる「エッセンシャル版」。競争優位、バリューチェーン、五つの競争要因、差別化、トレードオフ、適合性―企業の持続的な成功に不可欠な競争戦略のアイデアを豊富な事例と最新の理論にもとづいて解説。必携のビジネス・ベーシック。巻末にはマイケル・ポーターとのQ&Aを収録。近年の講演で頻出する経営者からの質問に教授本人が答える。

◆ご存知のように、オリジナルの『競争の戦略』はかなり分厚いですし、Kindle版も未だ配信されていない模様。

ポーター本人が「全面協力」していますし、Kindle版が400円以上お得ですから、本家に挫折した方はご検討を。


スイッチ!
スイッチ!

人間や組織がいつまでたっても変われないのってなぜだろう?それは、私たちのなかで「象(感情)」と「象使い(理性)」が戦っているから。怠け者で気まぐれだけれど、エネルギーのみなもとになる「象」。計画的なリーダーだけれど、頭でっかちで空回りすることもある「象使い」。両者が協力しあうためのちょっとした工夫をとりいれたら、驚くほど簡単に変化は起きる。平社員が会社全体に変革を巻き起こすことも可能だし、一人の若者が絶滅危惧種を救うことだってできるのだ。10カ月以上にわたり、ニューヨーク・タイムズのベストセラー・リスト入りを果たしたハース兄弟の人気作。

『アイデアのちから』に続くハース兄弟の作品。

この新版だとギリギリKindle版がお買い得なのですが、下記レビューの旧版だと中古に軍配が上がるので、お好きな方で。

参考記事:【オススメ】『スイッチ! 「変われない」を変える方法』チップ・ハース, ダン・ハース(2010年08月11日)


スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術 (早川書房)
スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術 (早川書房)

あなたの仕事の85%はムダ!「会議は15分で強制終了」「マルチタスクは厳禁」「リーダーは"ボス"ではない」――いまや世界的に絶大な支持を集めるプロジェクト管理法「スクラム」。納期遅れ・予算オーバーが当たり前だったソフトウェア開発の現場に大変革をもたらしたスクラムの生みの親が、最少の時間と労力で最大の成果を出すチームの作り方を伝授する。住宅リフォームや結婚式の計画から、FBIのデータ管理、さらに宇宙船の開発まで、スクラムが革命を起こす!

◆上記内容紹介を読む限り、結構面白そうな内容だと思うのですが、何故かスルーしていた模様。

出てから1年以上経っているものの、意外と中古が健闘しており、Kindle版が300円以上はお得な計算です。


貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで (早川書房)
貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで (早川書房)

私たちはなぜこれほど「お金」に翻弄されるのか?――2008年の金融危機の渦中でこんな疑問を抱いたウォール街の投資銀行家が、日本を含む25カ国以上を訪れ、脳科学、行動経済学、歴史学、宗教学、古銭学などの専門家に取材を重ね、「お金」の起源とその魔力に迫る。ポール・ヴォルカー、リチャード・ブランソン、ジミー・カーターら名だたる著名人が賛辞を寄せ、《ニューヨーク・タイムズ》、《フィナンシャル・タイムズ》などの主要メディアで絶賛を浴びたベストセラー。序文・ムハマド・ユヌス(グラミン銀行創設者、ノーベル平和賞受賞者)。

◆中古がまだ値崩れしておらず、Kindle版が700円ほどお買い得な作品。

下記のHONZさんの記事に、本書の「訳者あとがき」が掲載されていますので、そちらもご確認ください。

参考記事:『貨幣の「新」世界史』ハンムラビ法典からビットコインまで - HONZ


強いチームはオフィスを捨てる
強いチームはオフィスを捨てる

どこにいても世界中の人と簡単にコミュニケーションできるのに、なぜオフィスが必要?人生の大切な時間を通勤に費やすのはナンセンス!優秀な人材と一緒に働きたければ、物理的距離なんて関係ない!前作『小さなチーム、大きな仕事』で圧倒的な支持を集めたカリスマ経営者たちが、今回取り上げたのは「リモートワーク」。世界に散らばる36人の社員を率いて、数百万人ものユーザーにふさわしい働き方を伝授する。会社や組織にまつわる固定観念が、根底からくつがえる!

◆上記『小さなチーム、大きな仕事』の続編とも言える作品がこちら。

ただしこちらはまだ文庫版が出ておらず、単行本のKindle化なので、中古の方がお買い得となっています。


ずる 嘘とごまかしの行動経済学
ずる 嘘とごまかしの行動経済学

偽物を身につけるとごまかしをしたくなり、創造性の高い人は不正をする度合いも高い!? イグノーベル賞を受賞したデューク大学教授が、今度はユニークな実験で誠実さとウソの本質を解明する!

◆再びダン・アリエリーお得意の「行動経済学本」が登場!

中古は値崩れしているのですが、ポイント還元の前に「60%OFF」となっているため、500円ちょっとで買えるKindle版に軍配が上がります。

参考記事:【オススメ】『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー(2012年12月11日)


決定力! 正解を導く4つのプロセス
決定力! 正解を導く4つのプロセス

大ヒット作『アイデアのちから』、『スイッチ!』のハース兄弟が放つ新たなる全米ベストセラー・ビジネス書。ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のツアーを成功させた独創的な工夫から、命にかかわる選択を迫られた男性がとった行動まで、目からウロコのヒントが満載。4つの「WRAP」プロセスを使えば、あなたの仕事も人生もきっとうまくいく!

◆「意思決定」は当ブログでも人気のテーマですし、下記レビューにあるように、付箋を貼りまくった作品。

ギリギリで中古の方がお得なのですが、400ページ超の厚さゆえ、Kindle版がオススメです。

参考記事:【スゴ本!】『決定力! :正解を導く4つのプロセス』チップ・ハース,ダン・ハース(2013年09月20日)


幸せな選択、不幸な選択──行動科学で最高の人生をデザインする (早川書房)
幸せな選択、不幸な選択──行動科学で最高の人生をデザインする (早川書房)

ダニエル・カーネマンの序文を特別収録。賢く、合理的に日々の満足度を高める戦略とは? 「最先端の研究にもとづいた意義深い傑作」 ――ナシーム・ニコラス・タレブ(『ブラック・スワン』) 不幸な選択、してませんか? 影響されやすくて矛盾だらけ、先延ばししがちで注意力が散漫。そんな人間の特性をうまく活かせば、人生の幸せを「デザイン」できる! ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授が、人間の本能のままに生きつつも、合理的で賢い選択によって人生の満足度を高める方法を徹底的に考える。

◆ダニエル・カーネマン、ナシーム・ニコラス・タレブといったビッグネームも推奨する1冊。

こちらも中古の方が300円ほどお得なので、Kindleで読みたい方に。


さっさと不況を終わらせろ
さっさと不況を終わらせろ

リーマンショック以降、いまだに好転の兆しを見せない世界経済。
なぜ目下の増税や財政緊縮は愚策なのか? 失業者増加のダメージは一時的なものではなく、長期的にも経済をむしばむ?
では、各国政府と中央銀行、そしてわれわれが本当になすべきこととは——?
いま最も信頼できるノーベル賞経済学者が、ついに叩きつけた最終解答。

◆日本の政策にも大きな影響を与えていると思われる、クルーグマン教授の問題作。

すでに単行本の中古は底値だけに、オススメはしにくいところですが一応。


なぜデータ主義は失敗するのか? 人文科学的思考のすすめ (早川書房)
なぜデータ主義は失敗するのか? 人文科学的思考のすすめ (早川書房)

ブレインストーミングからデザイン思考、ビッグデータまで、魔法のビジネスツールはどうして難局を乗り越えられないのか。人文科学的思考法をビジネスの場で用いるというのは、具体的にはどういうことなのか。データ分析だけでは激動の状況に対応できない。ならばどうすればいいか…多数の一流企業と協働するコンサルタントが明かす、難局を乗り越える思考法。

◆タイトルからは想像していなかったのですが、上記内容紹介を見る限りでは、思考法の本のよう。

数冊前あたりから、中古の方がお得な作品が続いており、本書も一応中古の方が300円弱お求めやすくなっていますので、ご留意を。


全貌ウィキリークス
全貌ウィキリークス

門外不出の戦争日誌や外交公電など、各国政府のトップシークレットを次々と暴露する、前代未聞の内部告発組織ウィキリークス。本書の著者2人は、以前からこの組織を取材し、創設者ジュリアン・アサンジの信頼を勝ち取った、独「シュピーゲル」誌のトップ記者である。密着取材を許され、ウィキリークスのメディア・パートナーとして活動を共にする2人。彼らはこの組織の「偉業」だけでなく、謎に包まれたシステムの意外な脆さ、そしてアサンジがひた隠す数々の汚点をも浮き彫りにしていく―。いま世界でもっとも注目される組織のすべてに迫る、決定版ドキュメント。

◆本書で意外だったのが、アマゾンレビューの高さであり、そのせいなのか中古も値崩れはしているものの、底値にまではなっていません。

中古がお得とはいえ、Kindle版と50円も差はないので、400ページ超の本を持ち歩くことを考えたら、このKindle版の方が良いと思われ。


【関連記事】

◆現在開催中のKindleセールを。

【メモ】小学館Kindle本「2016年売上ランキング ベスト300」セール中です!(2017年01月20日)←1月26日までのところ、ポイント還元に移行して延長中

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2017年01月)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

ハーバード・ビジネス・スクールの投資の授業
ハーバード・ビジネス・スクールの投資の授業


昨年夏、土井英司さんがメルマガで「あまりの充実ぶりに思わず『買い』推奨」と激賞していた作品。

それが「72%OFF」と激安設定となっているため、送料加味した中古より1300円ほどお買い得です!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52244831