スポンサーリンク

2017年01月04日

【Amazon】このブログでの人気本(2016年度総合ランキング その2)



Happy New Year 2017 / mastermaq



【本の概要】

◆今日は昨日に続いて、当ブログにおける「2016年度アマゾンアソシエイト総合ランキング」をお送りします。

参考記事:【Amazon】このブログでの人気本(2016年度総合ランキング)(2017年01月03日)

本日は、昨日の続きで上位25位〜1位まで。

今回、年間トップの栄光に輝いたのは、なるほど納得の「あの本」でした!




第25位

世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書)
世界で一番やさしい会議の教科書(日経BP Next ICT選書)

◆日経BPさんのセールではお馴染みの作品。

相変わらず中古にプレミアが付いているため、現時点でもKindle版が400円弱お得です。


第24位

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?
日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?


◆こちらはクロスメディアさんのセール等で何度かご紹介したことが。

リサーチ不足で申し訳ないのですが、本書は現時点で「50%ポイント還元」の対象(期限は不明です)となっているため、Kindle版が300円以上お買い得です。


第23位

いつもの仕事を10倍速く終わらせるExcel時短術
いつもの仕事を10倍速く終わらせるExcel時短術

◆学研さんのセールで、一度激安となったため、私もつい買ってしまった(積読ですがw)Excel本。

どうも学研さんがセールをやっているらしく、本書は「55%OFF」&「20%ポイント還元」のダブル適用で、Kindle版が1200円弱もお得な計算です。


第22位

体脂肪を落とす×ためない スピードトレーニング
体脂肪を落とす×ためない スピードトレーニング

◆元値が書かれていないため、何%OFFなのかが分からないのですが、西東社さんお得意の激安本としてランク入り。

現時点でも100円しませんから、「今年こそはトレーニングを!」と思われている方は、まずは本書から!?


第21位

ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術 (角川書店単行本)
ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術 (角川書店単行本)

◆個人的にプッシュしている、小林敬幸さんの作品も、何度かのKindleセールを経て見事ランク入りを果たしました。

現時点でカドカワセールの対象となっていますから、5日までならKindle版に軍配が上がります。

参考記事:【情報処理】『ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術』小林敬幸(2015年02月06日)


第20位

最速の仕事術はプログラマーが知っている
最速の仕事術はプログラマーが知っている


◆本書もクロスメディアさんのセール等で、たくさんの方にお買い上げいただきました。

残念ながら現時点では、中古の方がお買い得なので、またの機会にKindle版をお求めいただきたく。

参考記事:【仕事術】『最速の仕事術はプログラマーが知っている』清水 亮(2015年07月24日)


第19位

やり抜く力
やり抜く力

◆昨年、多くの翻訳本で目にした概念である「グリット」のネタ本。

中古がまだあまり値崩れしていないため、Kindle版が400円弱お得な計算です。

参考記事:【グリット?】『やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』アンジェラ・ダックワース(2016年09月12日)


第18位

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

◆日経BPさんのセールではお馴染みであり、私も長らく「積読」している名著。

現在「35%ポイント還元」(期限不明)の対象なため、送料加味した中古よりも、Kindle版が800円ほどお得です。


第17位

未来から選ばれる働き方 「会社がなくなる時代」のキャリア革命 PHPビジネス新書
未来から選ばれる働き方 「会社がなくなる時代」のキャリア革命 PHPビジネス新書

◆「GooglePlay追随夏セール」等で、多くの方にお求めいただいた作品。

これまた何のセールか分からないものの、現時点で「50%ポイント還元」の対象であり、Kindle版の方がお買い得となっています。

参考記事:【働き方】『未来から選ばれる働き方』神田昌典,若山陽一(2016年04月21日)


第16位

外資系コンサルの知的生産術〜プロだけが知る「99の心得」〜 (光文社新書)
外資系コンサルの知的生産術〜プロだけが知る「99の心得」〜 (光文社新書)

◆当ブログの一昨年の年間ランキング第3位の人気作。

現在、光文社セールによって「55%OFF」ではあるのですが、Kindle Unlimitedの対象になってしまったんですよね……。

参考記事:【スゴ本!】『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』山口 周(2015年01月15日)


第15位

B00JGR3T7O
メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

◆月替わりセール等の対象のほか、何度か激安設定になっていたこともあってか、順当にランク入り。

どうも日本実業出版社さんのこのシリーズ(?)が、どれも702円となっているらしく、本書も500円弱お得な計算です。


第14位

アイデアのちから
アイデアのちから

◆個人的にはハース兄弟の作品の中ではベストだと思っている「名著」。

現在、セールではないものの、中古があまり値崩れしていないため、Kindle版が200円ちょっとお買い得です。

参考記事:【オススメ】「アイデアのちから」が予想以上に面白かった件(2008年11月25日)


第13位

B00FMI2XIW
アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

◆「角川EPUB選書」は、セールとなると激安設定になることが多いため、私も「積読上等!」で買ってしまいましたw

現在も、1月5日までのカドカワセールの対象であり、実質400円ほどですから、お求めはお早めに!


第12位

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論
無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論

◆この本は月替わりセールやプレジデントセールで人気でした。

元々Kindle版が「25%OFF」設定のようで、そこに今も「20%ポイント還元」が加味されますから、中古よりも500円弱お求めやすくなっています。


第11位

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

◆こちらはインプレスさんのセールでゲットして下記レビューを書いたところ、10月の月間ランキングでトップとなった作品。

そして、これまた現在も何かのセール対象となっていて「56%OFF」であり、Kindle版が500円以上お得です。

参考記事:【内省?】『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』永谷研一(2016年10月10日)


第10位

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)
言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

◆上記17位の本と同じく、「GooglePlay追随夏セール」で爆買いされたおかげで、ベスト10入りを果たしました。

同じくこの本も何かのセールで「46%OFF」となっており、Kindle版がお買い得です。

参考記事:【R指定?】『言ってはいけない 残酷すぎる真実』橘 玲(2016年04月17日)


第9位

ツカむ!話術 (角川oneテーマ21)
ツカむ!話術 (角川oneテーマ21)

◆この本は根強い人気というか、カドカワさんのセールのたびにお買い上げいただいており、現在も5日までのカドカワセールの対象となっています。

さすがに中古が値崩れしてはいるのですが、ギリギリKindle版がお得な計算にw

参考記事:『ツカむ! 話術』が想像以上に凄い件について(2014年04月10日)


第8位

一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ
一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ

◆「一流のこだわりシリーズ」からのこの作品は、クロスメディアさんのセールでは大活躍でした。

ところで、「一流のこだわりシリーズ」は、その多くがKindle Unlimited対象だったハズなんですが、現在はすべて外れていますね……。

参考記事:【戦略的雑談?】『一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか?』小川晋平,俣野成敏(2015年10月11日)


第7位

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?
仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?


◆12位の本同様、「カドカワセール」からのこの作品は、「70%OFF」という激安設定なのが魅力です。

送料加味した中古よりも700円弱お得ですから、セール期限である1月5日までにお求めください。

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』(2016年05月25日)


第6位

3時間の仕事がたった3秒で終わるExcelマクロ術 仕事の教科書BOOKS
3時間の仕事がたった3秒で終わるExcelマクロ術 仕事の教科書BOOKS

◆12月の1位となった「年末感謝祭」の激安本(私も買いましたw)。

いつまでか分からないものの、相変わらず実質100円しないので、未読の方はとりあえずどうぞ。


第5位

悪用厳禁!女心を操る人心掌握術「モテの奥義」
悪用厳禁!女心を操る人心掌握術「モテの奥義」

◆こちらは、私自身は現在と同じ1080円で買いましたが、一時期100円にて提供されていたため、大人気となりました。

現在も「90%ポイント還元」で同じ100円ですから、このお値段なら買ってもいいかな、と(Kindle Unlimited対象ですが)。

参考記事:【お買い得?】『悪用厳禁!女心を操る人心掌握術「モテの奥義」』が激安で放出されている件(2016年09月26日)


第4位

大富豪が実践しているお金の哲学
大富豪が実践しているお金の哲学

◆7月の月替わりセールの対象となった際に、下記レビューを書いたところ、月間ランキングで2位になった人気作。

ただ、「この本が年間4位」と言われても、今ひとつピンとこないワタクシ……。

参考記事:絶対に公開してはいけない『大富豪が実践しているお金の哲学』(2016年07月05日)


第3位

新訳 道は開ける 角川文庫
新訳 道は開ける 角川文庫

◆こちらも昨年のカドカワさんのセールで何度か登場して人気となった作品。

現在も1月5日までのセール対象で「50%OFF」ですから、積読前提で買われてもいいと思います(私も未だ積読ですw)。


第2位

「時間の使い方」を科学する 思考は10時から14時、記憶は16時から20時 PHP新書
「時間の使い方」を科学する 思考は10時から14時、記憶は16時から20時 PHP新書

◆下記エントリーは、当ブログの2016年唯一のホッテントリ入り記事ですから、この順位もある意味当然かと。

現在は特にセール対象ではないのですが、中古がそこそこ高く、「20%ポイント還元」のおかげでKindle版がお得になっています。

参考記事:『「時間の使い方」を科学する』が想像以上に凄い件について(2016年07月17日)


第1位

鬼速PDCA
鬼速PDCA

◆本書は新刊時の時点で、セール関係なくお買い上げいただき、その後セールでも大人気となりましたから、「年間1位」というのは順当な結果かと。

相変わらず中古がほとんど値崩れしていないため、Kindle版が400円弱お買い得となっています。

参考記事:『鬼速PDCA』が想像以上に凄い件について(2016年10月24日)


【感想】

◆今回は未だかつてなかったくらい、順位がまったく読めませんでした。

とにかく、繰り返しセール対象になる作品はあるわ、いきなり「90%OFF」的な激安攻勢をかける作品はあるわで、まさに「一寸先は闇」状態。

正直、3位の本は確かに名著ではありますが、ひとえにKindleセールで激安となっていたからお買い上げいただいたわけですし、今回集計するまで、本の存在自体を忘れていました。

……と言うか、そもそも読んでもいない本を、ここまで売り捌いていいのかギモンなんですが(真顔)。


◆その「読んでもいない本」に関して言うなら、ここ数年になってKindleセールをご紹介するようになるまでは、未読本は年間ランキングには入りようがなかったワケです。

また、Kindleセールをコンスタントに記事にするようになった前回ですら、一応25位までなら「読んでもいない本」はゼロでしたし(50位までなら3冊)。

ところが今回は25位に10冊、50位までなら21冊と、「未読本」が半分に迫るイキオイという……。

もはや当ブログは、「レビューサイト」というより、「情報提供サイト」としての役割に移行しつつある感じです。


◆また、当ブログの得意分野であった「恋愛本」や「勉強本」が全然ランク入りできなくなったのも、大きな変化かな、と。

一応「恋愛本」は、28、31、40、49と4冊入りましたが、勉強本は35位の1冊きりで、しかもそれは未読なワケです。

そもそも以前ほど、これらのジャンルの新刊を積極的にはレビューしなくはなったのですが、以前との一番大きな違いが、「定番本」がランク入りできなくなったこと。

かつては31位のような「ほぼ毎年ランク入りする」定番本が、数冊ずつあったものですが、それも消滅しつつあるという。

過去年間ランキングで2連覇と3連覇を1回ずつ達成し、計5回の年間トップに輝いたこの本も、前回の4位から、今回はとうとう圏外(100位外)にまで転落してしまいました。

超高速勉強法
超高速勉強法


参考記事:【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三(2008年05月04日)


◆結局これらの流れも、繰り返しになりますが、Kindle並びにKindleセールの影響が大きい次第。

今まで月間ランキングレベルなら、何とかランク入りできた冊数でも、今やKindleセールのおかげでハードルが高くなり、ランク入りできなくなってしまいました。

それはもちろん定番本だけでなく、新刊も同様です。

以前なら、出てすぐにレビューすれば一番売れていたのが、今や、たとえ読まなくとも、セール時に告知した方が売れてしまうというジレンマ。

おかげで、かつては年間ランキングを眺めれば、だいたいその年の流れが見えたのですが、今回は、それがよく分からないランキングとなってしまいました。

また、セール以前に、作品としてKindle版がないと、まともに売上すら立たないというくらい。

当ブログも、数年前からやっとKindle版の売上もカウントするようになったのですが、まさかここまでKindleが勢力を伸ばすとは予想していませんでした。


◆さらには私自身も、1年前の同じ記事で
私は相変わらず、ほぼすべてのレビューを紙版で行っており、Kindleに完全に移行するのはまだまだ先になると思います。
と言っていたのが、実は昨年11月くらいから、Kindleでレビューを書くことが多くなりつつあります。

もちろん、通常紙版の方が早くリリースされることが多いので、急ぎの時はリアル書店に駆け込むのですが、割合的にはKindle版が優勢な感じ。

この「Kindle版への移行」が思ったよりも早く移行しているので、今後はKindle版がない、もしくはあっても単行本から遅れて出る作品は、優先順位が低くなるかもしれません。

ただし、あくまで「いい本をいち早くご紹介する」のが、当ブログのモットーですから、そこからは外れないようにしたいな、と。


皆さま、本年もよろしくご贔屓のほどを!


【関連記事】

【Amazon】このブログでの人気本(2015年度総合ランキング その2)(2016年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2014年度総合ランキング その2)(2015年01月05日)

【Amazon】このブログでの人気本(2013年度総合ランキング その2)(2014年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2013年度総合ランキング その2)(2014年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2012年度総合ランキング その2)(2013年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2011年度総合ランキング その2)(2012年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2010年度総合ランキング その2)(2011年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2009年度総合ランキング その2)(2010年01月04日)

【Amazon】このブログでの人気本(2008年度総合ランキングその2)(2009年01月06日)

【Amazon】このブログでの人気本(2007年度総合ランキング)(2008年01月04日)

2006年のこのブログでの人気本ベスト10(2007年01月06日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52242622